星 貴之

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/01 02:29
 
アバター
研究者氏名
星 貴之
 
ホシ タカユキ
eメール
starhoshistar81.jp
URL
http://hoshistar81.jp/index_j.html
所属
ピクシーダストテクノロジーズ株式会社
職名
CTO
学位
博士(情報理工学)(東京大学)
科研費研究者番号
80537704
Twitter ID
hoshistar81

プロフィール

空中における非接触触覚提示をはじめ、三次元音響浮遊など集束超音波の応用を探索中。
文部科学省NISTEP「科学技術への顕著な貢献(ナイスステップな研究者)2014」選定。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 CTO
 
2016年4月
 - 
2017年9月
 東京大学 助教
 
2011年4月
 - 
2016年3月
 名古屋工業大学事務局 特任教員
 
2008年4月
 - 
2009年3月
 東京大学大学院情報理工学系研究科 日本学術振興会特別研究員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
 熊本大学大学院自然科学研究科 助教
 

学歴

 
 
 - 
2008年
東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻
 
 
 - 
2003年
東京大学 工学部 計数工学科
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
2011年3月
計測自動制御学会  九州支部熊本地区委員長
 

受賞

 
2006年10月
第22回センシングフォーラム研究・技術奨励賞
 
2007年9月
SICE Annual Conference International Award
 

Misc

 
Tactile Sensing Using Nonlinear Elasticity
Takayuki HOSHI and Hiroyuki SHINODA
Proc. SICE Annual Conference 2005   2978-2981   2005年8月
A Tactile Sensing Element for a Whole Body Robot Skin
Takayuki HOSHI and Hiroyuki SHINODA
Proc. 36th International Symposium on Robotics (ISR 2005)      2005年11月
A Sensitive Skin Based on Touch-Area-Evaluating Tactile Elements
Takayuki HOSHI and Hiroyuki SHINODA
Proc. Symposium on Haptic Interfaces for Virtual Environment and Teleoperator Systems (Haptics Symposium 2006)   89-94   2006年3月
Takayuki HOSHI and Hiroyuki SHINODA
Proc. 2006 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2006)   2006 Vol.8 3463-3468   2006年5月
A Whole Body Artificial Skin Based on Cell-Bridge Networking System
Takayuki HOSHI, Akimasa OKADA, Yasutoshi MAKINO, and Hiroyuki SHINODA
Proc. 3rd International Conference on Networked Sensing Systems (INSS 2006)   55-60   2006年6月

講演・口頭発表等

 
材料の非線形特性を利用した触覚センシング
第22回日本ロボット学会学術講演会   2004年   
非線形弾性を利用する触覚センシング
ロボティクス・メカトロニクス講演会 '05 (ROBOMEC '05)   2005年   
Tactile Sensing Using Nonlinear Elasticity
SICE Annual Conference 2005   2005年   
非線形触覚素子による人工皮膚
第22回センシングフォーラム   2005年   
A Tactile Element Based on Nonlinear Elasticity to Sense Contact Area
IEEJ 22nd Sensor Symposium   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
非線形触覚素子による大面積触覚センサ
研究期間: 2003年 - 2006年
自己形状を計測するセンサシート
科学研究費補助金
研究期間: 2006年 - 2008年
空中超音波を利用した非接触触覚ディスプレイ
科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2011年
『触れられないもの』に触れるための技術的プラットフォームの研究
研究期間: 2011年   
本研究では、世の中にある『触れられないもの』に何らかの意味で触れられるようにすることを目指す。ここで『触れられないもの』には「触れると台無しになる」「触れると危険」「触れないほうが良い」「触れたくない」「埋もれている」「隠されている」「離れている」など様々なパターンが有り得る。これらの中で工学的に取扱い可能なものを対象とする。具体的には、集束超音波による非接触作用力の応用展開、細胞工学にもとづく触覚研究、などに取り組む。