当麻 哲哉

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/11 02:52
 
アバター
研究者氏名
当麻 哲哉
 
トウマ テツヤ
URL
http://tomalab.sakura.ne.jp/wp/
所属
慶應義塾大学
部署
システムデザイン・マネジメント研究科
職名
教授
学位
博士(システムデザイン・マネジメント学)(慶應義塾), 工学修士(慶應義塾)
その他の所属
理工学部マサチューセッツ工科大学 システムデザイン・マネジメントプログラム
科研費研究者番号
00513300

プロフィール

1988年、慶應義塾大学大学院理工学研究科応用化学専攻修士課程修了、同年住友スリーエム株式会社(現 スリーエム ジャパン)入社。2001年、米国3M本社へ転籍し、Advanced Product Development Specialistとしてグローバル市場での数々の新製品導入プロジェクトを成功させる。2008年より慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 准教授、2016年より同研究科 教授。博士(システムデザイン・マネジメント学)、PMP (Project Management Professional)。慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュート(KPRI)副所長。2010年より2017年までPMI日本支部理事を務める。 専門分野:コミュニティ(とくに医療・教育・地域)のための コミュニケーションデザインと、プログラム&プロジェクトマネジメント

研究分野

 
 

経歴

 
1988年4月
 - 
2001年3月
住友スリーエム株式会社
 
2001年3月
 - 
2007年9月
3M Company, USA
 
2007年10月
 - 
2008年3月
独立行政法人 科学技術振興機構
 

学歴

 
1986年3月
   
 
慶應義塾 理工学部 応用化学科
 
1988年3月
   
 
慶應義塾 理工学研究科 応用化学専攻
 
2014年3月
   
 
慶應義塾 システムデザイン・マネジメント研究科 システムデザイン・マネジメント専攻
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
現在
慶應義塾大学理工学部附属フォトニクス・リサーチ・インスティテュート  副所長
 
2009年4月
 - 
現在
POFコンソーシアム  幹事(副会長)
 
2010年1月
 - 
2017年12月
PMI日本支部  理事(2010- 教育担当、2014- 研究担当)
 
2020年1月
 - 
2022年12月
日本創造学会  理事
 
2019年1月
 - 
2019年12月
POF2019  Chair of Program Committee
 

論文

 
Suzuki H., Sato T., Toma T.
Emotional Engineering, Vol.7: The Age of Communication   185-199   2019年1月
© Springer Nature Switzerland AG 2019. Nowadays, the globalization is rapidly increasing and many Japanese employees are going overseas. The first author has experienced assignment in the Philippines for globalization, but the first author had a s...
Kataoka M., Maida I., Toma T.
Emotional Engineering, Vol.7: The Age of Communication   167-184   2019年1月
© Springer Nature Switzerland AG 2019. Many people today have trouble socializing and feel uncomfortable and unsatisfied with human relations. Additionally, people must accomplish their life goals within a limited time frame. Based on seminars hel...
Masuda Y., Shepard D., Yamamoto S., Toma T.
Smart Innovation, Systems and Technologies   145 47-57   2019年
© 2019, Springer Nature Singapore Pte Ltd. Clinical Decision-Support (CDS) systems are architected to resolve knowledge-intensive tasks for supporting decision-making processes in the medical fields and the healthcare industry. Furthermore, CDS sy...
Toma T., Masuda Y., Yamamoto S.
Smart Innovation, Systems and Technologies   98 186-197   2019年
© Springer International Publishing AG, part of Springer Nature 2019. Internets of Things (IoT) and Big Data applications and services have spread and are rapidly being deployed in the information services of the healthcare and financial industrie...
Kawamura T., Toma T., Takano K.
IEEE International Conference on Industrial Engineering and Engineering Management   2017-December 1733-1737   2018年2月
© 2017 IEEE. Several studies indicate that roughly 70% of the projects based on the software development have resulted in failure, thereby researchers and practitioners have been tried to develop solutions that will improve project success rates. ...

Misc

 
伝統工芸技術を先端技術に発展させた企業のクラスターにおけるイノベーション ~京都ナノテククラスターを事例として~
大島裕市、当麻哲哉
計画行政   40(3) 54-61   2017年   [査読有り]
慶應義塾大学大学院SDM研究科の英語でのPM講座の事例紹介
永谷裕子、当麻哲哉
工学教育   61(5) 51-54   2013年   [査読有り]
世界のプロジェクトマネジメント教育の現状と教育プログラムの国際認定制度“GAC”
当麻 哲哉
工学教育   61(5) 16-21   2013年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 (担当:分担執筆, 範囲:共著)
慶應義塾大学出版会   2016年11月   ISBN:978-4-7664-2378-5
▼技術・情報・社会システムの未来をデザインする!
大規模化・複雑化する現代社会において、私たちはどのような問題意識をもち、どのように解決方法を考えていくべきか?
強力な学問体系である「SDM学」の全体像を初めて紹介する。
グローバルプロジェクトチームのまとめ方 リーダーシップの新たな挑戦
当麻 哲哉、監訳 長嶺 七海 訳 ルス・マルティネリ 著 ティム・ラシュルト 著 ジェームズ・ワデル 著 (担当:共訳, 範囲:監訳)
慶應義塾大学出版会   2015年7月   
あらゆる企業がグローバルでの戦いを余儀なくされるこの時代、事業を継続しながらドメスティック企業がグローバル企業へと生まれ変わるために、経営者や変革プログラムマネージャーが果たすべき役割とは何か、フレームワークを用いて徹底解説する。
そして、分散組織を預かるグローバルプロジェクトマネジャーが備えるべき資質とは?国内での成功体験は、そのままではグローバルで通用しない。何を捨て、何を伸ばすと、グローバルでの成功につながるのか。さまざまな事例をもとにわかりやすく学べる、まさに腹落ちする一冊。
PM...

講演・口頭発表等

 
A Business Game for “Eigyou” Practitioners to Understand the Importance of “Integrative Bargaining”
Motoki Asai, Tetsuya Toma, and Masaru Nakano
49th International Simulation and Gaming Association Conference   2018年7月10日   ISAGA2018
Vision paper for enabling Digital Healthcare applications in OHP2030
Tetsuya Toma, Yoshimasa Masuda, and Shuichiro Yamamoto
6th KES International Conference on Innovation in Medicine and Healthcare   2018年6月21日   KES-InMed-18
Proposal of a Methodology for Redesigning Concept for Lost Traditional Craft Industries
Masahiro Yoritama, and Tetsuya Toma
Council of Engineering Systems Universities Global Conference Tokyo   2018年6月21日   CESUN2018
Outcome Prediction of Software Projects for Information Technology Vendors
Tomoyuki Kawamura, Tetsuya Toma, and Kenichi Takano
2017 IEEE International Conference on Industrial Engineering and Engineering Management   2017年12月12日   IEEM
Effective Training Method for Reducing the Risk of Visual Delay Assuming Telesurgery Application
Iwane Maida, and Tetsuya Toma
The 4th International Conference on Serviceology   2016年9月7日   ICServ2016

Works

 
超高精細映像伝送のための新規光インターコネクトの提案
当麻 哲哉   その他   2013年12月
フォトニクスポリマー領域におけるR&Dと実用化に向けた課題
当麻 哲哉   その他   2013年10月
世界最速プラスチック光ファイバーによる革新的ボールペン型光インターコネクトを初公開
当麻 哲哉   その他   2013年6月
Latest Research Findings at KPRI for Face-to-Face Communication
当麻 哲哉   その他   2013年3月
高精細画像システム ハード面からみた医学教育における3Dの可能性
小池 康博当麻 哲哉   その他   2012年7月
Possibility of Integration of Medical Data Using Mobile Van Clinic and Virtual Conference
当麻 哲哉   その他   2012年3月 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
飯能市の地域活性化および地域課題解決のためのシステムデザイン研究
飯能市: 
研究期間: 2015年10月 - 2017年3月    代表者: 当麻哲哉
ヘルスリテラシー向上のための生体ログデータ分析に基づく健康情報フィードバック
情報通信研究機構(NICT): ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の研究開発
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 小木哲朗
「世界最速プラスチック光ファイバーと高精細・大画面ディスプレイのためのフォトニクスポリマーが築くFace-to-Faceコミュニケーション産業の創出」(中心研究者 小池康博)
内閣府: 平成21年度内閣府最先端研究開発支援プログラム事業(略称FIRST)
研究期間: 2010年 - 2014年3月    代表者: 小池康博
サブテーマ3リーダー
少子超高齢化社会における大学を中心とした健康町づくり構想「世界最速プラスチック光ファイバを用いた非圧縮フルハイビジョン映像伝送によるチーム医療への応用」
研究推進センター: 研究推進センター研究助成金「ウェルネス・コミュニティ・プロジェクト」課題A
研究期間: 2009年10月 - 2010年9月    代表者: 小池康博
「サステナビリティと導入インセンティブを創発するダイナミックな管理システムに関する研究開発」
総務省: 総務省PREDICT
研究期間: 2009年 - 現在
プロジェクト総額6500万円

特許

 
WO 2007/143341, US7950838 : WO 2007/143341, US7950838, Light Directing Film, 2007

社会貢献活動

 
ICPOF (International Cooperative of Plastic Optical Fiber)
【】
POFコンソーシアム
【】
PMI (Project Management Institute)
【】