KANNO Atsushi

J-GLOBAL         Last updated: May 12, 2019 at 17:49
 
Avatar
Name
KANNO Atsushi
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/54fe8c3ff6da3444f47068e11f848238.html
Affiliation
Tohoku University
Section
University Hospital University Hospital Internal Medicine Gastroenterology
Job title
Assistant Professor

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Apr 2010
 - 
Today
日本胆道学会  評議員
 

Published Papers

 
Miura S, Kanno A, Fukase K, Tanaka Y, Matsumoto R, Nabeshima T, Hongou S, Takikawa T, Hamada S, Kume K, Kikuta K, Nakagawa K, Unno M, Masamune A
Surgical endoscopy      May 2019   [Refereed]
Yoshida T, Hijioka S, Hosoda W, Ueno M, Furukawa M, Kobayashi N, Ikeda M, Ito T, Kodama Y, Morizane C, Notohara K, Taguchi H, Kitano M, Yane K, Tsuchiya Y, Komoto I, Tanaka H, Tsuji A, Hashigo S, Mine T, Kanno A, Murohisa G, Miyabe K, Takagi T, Matayoshi N, Sakaguchi M, Ishii H, Kojima Y, Matsuo K, Yoshitomi H, Nakamori S, Yanagimoto H, Yatabe Y, Furuse J, Mizuno N
Annals of surgical oncology   26(5) 1385-1393   May 2019   [Refereed]
Kanno A, Masamune A, Hanada K, Kikuyama M, Kitano M
Diagnostics (Basel, Switzerland)   9(1)    Feb 2019   [Refereed]
Hata T, Mizuma M, Motoi F, Ishida M, Morikawa T, Takadate T, Nakagawa K, Hayashi H, Kanno A, Masamune A, Kamei T, Furukawa T, Naitoh T, Unno M
Pancreas   48(1) 99-106   Jan 2019   [Refereed]
Ito T, Kawa S, Matsumoto A, Kubota K, Kamisawa T, Okazaki K, Hirano K, Hirooka Y, Uchida K, Masuda A, Ohara H, Shimizu K, Arakura N, Masamune A, Kanno A, Sakagami J, Itoi T, Ito T, Ueki T, Nishino T, Inui K, Mizuno N, Yoshida H, Sugiyama M, Iwasaki E, Irisawa A, Shimosegawa T, Chiba T
Pancreas   48(1) 49-54   Jan 2019   [Refereed]
Kamisawa T, Nakazawa T, Tazuma S, Zen Y, Tanaka A, Ohara H, Muraki T, Inui K, Inoue D, Nishino T, Naitoh I, Itoi T, Notohara K, Kanno A, Kubota K, Hirano K, Isayama H, Shimizu K, Tsuyuguchi T, Shimosegawa T, Kawa S, Chiba T, Okazaki K, Takikawa H, Kimura W, Unno T, Yoshida M
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   26(1) 9-42   Dec 2018   [Refereed]
Shimizu Y, Hijioka S, Hirono S, Kin T, Ohtsuka T, Kanno A, Koshita S, Hanada K, Kitano M, Inoue H, Itoi T, Ueki T, Matsuo K, Yanagisawa A, Yamaue H, Sugiyama M, Okazaki K
Annals of surgery      Nov 2018   [Refereed]
[Conversion Surgery for Pancreatic Head Cancer with Peritoneal Dissemination Following Chemotherapy for Two Years - A Case Report].
Hatsuzawa Y, Mizuma M, Motoi F, Hata T, Iseki M, Takadate T, Ohtsuka H, Sakata N, Morikawa T, Nakagawa K, Hayashi H, Naitoh T, Kanno A, Shimosegawa T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45(2) 347-349   Feb 2018   [Refereed]
Isayama H, Tazuma S, Kokudo N, Tanaka A, Tsuyuguchi T, Nakazawa T, Notohara K, Mizuno S, Akamatsu N, Serikawa M, Naitoh I, Hirooka Y, Wakai T, Itoi T, Ebata T, Okaniwa S, Kamisawa T, Kawashima H, Kanno A, Kubota K, Tabata M, Unno M, Takikawa H, PSC guideline committee Members: Ministry of Health,Labour and Welfare (Japan) Research Project,The Intractable Hepatobiliary Disease Study Group.
Journal of gastroenterology   53(9) 1006-1034   Sep 2018   [Refereed]
Hirota, Morihisa Shimosegawa, Tooru Masamune, Atsushi Kikuta, Kazuhiro Kume, Kiyoshi Hamada, Shin Kanno, Atsushi Kimura, Kenji Tsuji, Ichiro Kuriyama, Shinichi Research Committee of Intractable Pancreatic Diseases
Pancreatology   14(6) 490-496   Sep 2014   [Refereed]
Unno, Jun Kanno, Atsushi Masamune, Atsushi Kasajima, Atsuko Fujishima, Fumiyoshi Ishida, Kazuyuki Hamada, Shin Kume, Kiyoshi Kikuta, Kazuhiro Hirota, Morihisa Motoi, Fuyuhiko Unno, Michiaki Shimosegawa, Tooru
Scand J Gastroenterol   49(11) 1-8   Sep 2014   [Refereed]
Yoshida N, Kanno A, Masamune A, Nabeshima T, Hongo S, Miura S, Takikawa T, Hamada S, Kikuta K, Kume K, Ueno M, Shimosegawa T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(24) 3529-3535   Aug 2018   [Refereed]
Hanzawa T, Matsunaga T, Koike T, Kanno A, Masamune A, Iijima K, Shimosegawa T, Haga Y
Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy   27(4) 226-232   Aug 2018   [Refereed]
Kamisawa, Terumi Ohara, Hirotaka Kim, Myung Hwan Kanno, Atsushi Okazaki, Kazuichi Fujita, Naotaka
Dig Endosc   26(5) 627-635   Sep 2014   [Refereed]
Kanno, Atsushi Masamune, Atsushi Shimosegawa, Tooru
Dig Endosc   27(2) 250-258   Aug 2014   [Refereed]
Kubota K, Kamisawa T, Hirano K, Hirooka Y, Uchida K, Ikeura T, Shiomi H, Ohara H, Shimizu K, Arakura N, Kanno A, Sakagami J, Itoi T, Ito T, Ueki T, Nishino T, Inui K, Mizuno N, Yoshida H, Sugiyama M, Iwasaki E, Irisawa A, Okazaki K, Kawa S, Shimosegawa T, Takeyama Y, Chiba T
Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   25(4) 223-230   Apr 2018   [Refereed]
Nabeshima T, Kanno A, Masamune A, Hayashi H, Hongo S, Yoshida N, Nakano E, Miura S, Hamada S, Kikuta K, Kume K, Hirota M, Unno M, Shimosegawa T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(3) 357-362   Feb 2018   [Refereed]
Kanno A, Masamune A, Hanada K, Maguchi H, Shimizu Y, Ueki T, Hasebe O, Ohtsuka T, Nakamura M, Takenaka M, Kitano M, Kikuyama M, Gabata T, Yoshida K, Sasaki T, Serikawa M, Furukawa T, Yanagisawa A, Shimosegawa T, Japan Study Group on the Early Detection of Pancreatic Cancer (JEDPAC).
Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   18(1) 61-67   Jan 2018   [Refereed]
Basturk O, Berger MF, Yamaguchi H, Adsay V, Askan G, Bhanot UK, Zehir A, Carneiro F, Hong SM, Zamboni G, Dikoglu E, Jobanputra V, Wrzeszczynski KO, Balci S, Allen P, Ikari N, Takeuchi S, Akagawa H, Kanno A, Shimosegawa T, Morikawa T, Motoi F, Unno M, Higuchi R, Yamamoto M, Shimizu K, Furukawa T, Klimstra DS
Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc   30(12) 1760-1772   Dec 2017   [Refereed]
Takikawa, Tetsuya Kanno, Atsushi Masamune, Atsushi Hamada, Shin Nakano, Eriko Miura, Shin Ariga, Hiroyuki Unno, Jun Kume, Kiyoshi Kikuta, Kazuhiro Hirota, Morihisa Yoshida, Hiroshi Katayose, Yu Unno, Michiaki Shimosegawa, Tooru
World J Gastroenterol   19(31) 5182-5186   Aug 2013   [Refereed]
Mine T, Morizane T, Kawaguchi Y, Akashi R, Hanada K, Ito T, Kanno A, Kida M, Miyagawa H, Yamaguchi T, Mayumi T, Takeyama Y, Shimosegawa T
Journal of gastroenterology   52(9) 1013-1022   Sep 2017   [Refereed]
Kubota K, Kamisawa T, Okazaki K, Kawa S, Hirano K, Hirooka Y, Uchida K, Shiomi H, Ohara H, Shimizu K, Arakura N, Kanno A, Sakagami J, Itoi T, Ito T, Ueki T, Nishino T, Inui K, Mizuno N, Yoshida H, Sugiyama M, Iwasaki E, Irisawa A, Shimosegawa T, Takeyama Y, Chiba T
Journal of gastroenterology   52(8) 955-964   Aug 2017   [Refereed]
Masamune A, Kikuta K, Nabeshima T, Nakano E, Hirota M, Kanno A, Kume K, Hamada S, Ito T, Fujita M, Irisawa A, Nakashima M, Hanada K, Eguchi T, Kato R, Inatomi O, Shirane A, Takeyama Y, Tsuji I, Shimosegawa T, Research Committee of Intractable Pancreatic Diseases in Japan.
Journal of gastroenterology   52(8) 992-1000   Aug 2017   [Refereed]
Hijioka S, Hosoda W, Matsuo K, Ueno M, Furukawa M, Yoshitomi H, Kobayashi N, Ikeda M, Ito T, Nakamori S, Ishii H, Kodama Y, Morizane C, Okusaka T, Yanagimoto H, Notohara K, Taguchi H, Kitano M, Yane K, Maguchi H, Tsuchiya Y, Komoto I, Tanaka H, Tsuji A, Hashigo S, Kawaguchi Y, Mine T, Kanno A, Murohisa G, Miyabe K, Takagi T, Matayoshi N, Yoshida T, Hara K, Imamura M, Furuse J, Yatabe Y, Mizuno N
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   23(16) 4625-4632   Aug 2017   [Refereed]
Hata, Tatsuo Sakata, Naoaki Aoki, Takeshi Yoshida, Hiroshi Kanno, Atsushi Fujishima, Fumiyoshi Motoi, Fuyuhiko Masamune, Atsushi Shimosegawa, Tooru Unno, Michiaki
Case Rep Gastroenterol   7(3) 442-448   2013   [Refereed]
Masamune A, Nishimori I, Kikuta K, Tsuji I, Mizuno N, Iiyama T, Kanno A, Tachibana Y, Ito T, Kamisawa T, Uchida K, Hamano H, Yasuda H, Sakagami J, Mitoro A, Taguchi M, Kihara Y, Sugimoto H, Hirooka Y, Yamamoto S, Inui K, Inatomi O, Andoh A, Nakahara K, Miyakawa H, Hamada S, Kawa S, Okazaki K, Shimosegawa T, Research Committee of Intractable Pancreas Diseases in Japan.
Gut   66(3) 487-494   Mar 2017   [Refereed]
Kanno A, Masamune A, Fujishima F, Iwashita T, Kodama Y, Katanuma A, Ohara H, Kitano M, Inoue H, Itoi T, Mizuno N, Miyakawa H, Mikata R, Irisawa A, Sato S, Notohara K, Shimosegawa T
Gastrointestinal endoscopy   84(5) 797-804.e1   Nov 2016   [Refereed]
Miura S, Kanno A, Masamune A
Endoscopy   48(11) 1049-1050   Nov 2016   [Refereed]
Miura S, Kanno A, Masamune A, Hamada S, Hongou S, Yoshida N, Nakano E, Takikawa T, Kume K, Kikuta K, Hirota M, Yoshida H, Katayose Y, Unno M, Shimosegawa T
Endoscopy   48(6) 536-545   Jun 2016   [Refereed]
Tokodai K, Kawagishi N, Miyagi S, Nakanishi C, Hara Y, Fujio A, Kashiwadate T, Kanno A, Goto H, Kamei T, Ohuchi N
Pediatric transplantation   20(2) 316-320   Mar 2016   [Refereed]
Takikawa T, Kanno A, Masamune A, Hongo S, Yoshida N, Nakano E, Miura S, Hamada S, Kume K, Kikuta K, Hirota M, Shimosegawa T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(9) 1097-1102   2016   [Refereed]
Notohara K, Nishimori I, Mizuno N, Okazaki K, Ito T, Kawa S, Egawa S, Kihara Y, Kanno A, Masamune A, Shimosegawa T
Pancreas   44(7) 1072-1077   Oct 2015   [Refereed]
Nakano E, Kanno A, Masamune A, Yoshida N, Hongo S, Miura S, Takikawa T, Hamada S, Kume K, Kikuta K, Hirota M, Nakayama K, Fujishima F, Shimosegawa T
World journal of gastroenterology   21(33) 9808-9816   Sep 2015   [Refereed]
Miura S, Kanno A, Masamune A, Hamada S, Takikawa T, Nakano E, Yoshida N, Hongo S, Kikuta K, Kume K, Hirota M, Yoshida H, Katayose Y, Uuno M, Shimosegawa T
Surgical endoscopy   29(7) 1862-1870   Jul 2015   [Refereed]
Kanno A, Masamune A, Okazaki K, Kamisawa T, Kawa S, Nishimori I, Tsuji I, Shimosegawa T, Research Committee of Intractable Diseases of the Pancreas.
Pancreas   44(4) 535-539   May 2015   [Refereed]
Hamada S, Masamune A, Kanno A, Shimosegawa T
Digestion   91(4) 263-271   2015   [Refereed]
Kamisawa, Terumi Okazaki, Kazuichi Kawa, Shigeyuki Ito, Tetsuhide Inui, Kazuo Irie, Hiroyuki Nishino, Takayoshi Notohara, Kenji Nishimori, Isao Tanaka, Shigeki Nishiyama, Toshimasa Suda, Koichi Shiratori, Keiko Tanaka, Masao Shimosegawa, Tooru Working Committee of the Japan Pancreas Society and the Research Committee for Intractable Pancreatic Disease supported by the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan
J Gastroenterol   49(6) 961-970   Jun 2014   [Refereed]
Kawa, Shigeyuki Okazaki, Kazuichi Kamisawa, Terumi Kubo, Keishi Ohara, Hirotaka Hasebe, Osamu Fujinaga, Yasunari Irisawa, Atsushi Notohara, Kenji Ito, Tetsuhide Inui, Kazuo Irie, Hiroyuki Nishino, Takayoshi Nishimori, Isao Tanaka, Shigeki Nishiyama, Toshimasa Suda, Koichi Shiratori, Keiko Tanaka, Masao Shimosegawa, Tooru Working Committee of the Japan Pancreas Society and the Research Committee for Intractable Pancreatic Disease supported by the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan
J Gastroenterol   49(5) 765-784   May 2014   [Refereed]
Okazaki, Kazuichi Kawa, Shigeyuki Kamisawa, Terumi Ito, Tetsuhide Inui, Kazuo Irie, Hiroyuki Nishino, Takayoshi Notohara, Kenji Nishimori, Isao Tanaka, Shigeki Nishiyama, Toshimasa Suda, Koichi Shiratori, Keiko Tanaka, Masao Shimosegawa, Tooru Working Committee of the Japan Pancreas Society and the Research Committee for Intractable Pancreatic Disease supported by the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan
J Gastroenterol   49(4) 567-588   Apr 2014   [Refereed]
Kanno A, Masamune A, Hamada S, Kikuta K, Kume K, Hirota M, Shima K, Okada T, Motoi F, Fujishima F, Ishida K, Unno M, Shimosegawa T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   53(22) 2589-2593   2014   [Refereed]
Ohara, Hirotaka Nakazawa, Takahiro Kawa, Shigeyuki Kamisawa, Terumi Shimosegawa, Tooru Uchida, Kazushige Hirano, Kenji Nishino, Takayoshi Hamano, Hideaki Kanno, Atsushi Notohara, Kenji Hasebe, Osamu Muraki, Takashi Ishida, Etsuji Naitoh, Itaru Okazaki, Kazuichi
J Gastroenterol Hepatol   28(7) 1247-1251   Jul 2013   [Refereed]
Hamada, Shin Satoh, Kennichi Miura, Shin Hirota, Morihisa Kanno, Atsushi Masamune, Atsushi Kikuta, Kazuhiro Kume, Kiyoshi Unno, Jun Egawa, Shinichi Motoi, Fuyuhiko Unno, Michiaki Shimosegawa, Tooru
J Cell Physiol   228(6) 1255-1263   Jun 2013   [Refereed]
Masamune, Atsushi Suzuki, Noriaki Kikuta, Kazuhiro Ariga, Hiroyuki Hayashi, Shintaro Takikawa, Tetsuya Kume, Kiyoshi Hamada, Shin Hirota, Morihisa Kanno, Atsushi Egawa, Shinichi Unno, Michiaki Shimosegawa, Tooru
Pancreas   42(2) 308-316   Mar 2013   [Refereed]
Motosugi, Utaroh Yamaguchi, Hiroshi Furukawa, Toru Ichikawa, Tomoaki Hatori, Takashi Fujita, Izumi Yamamoto, Masakazu Motoi, Fuyuhiko Kanno, Atsushi Watanabe, Tomoo Koike, Naoto Koyama, Isamu Kobayashi, Junya Shimizu, Michio
J Comput Assist Tomogr   36(6) 710-717   Dec 2012   [Refereed]
Kume, Kiyoshi Masamune, Atsushi Ariga, Hiroyuki Hayashi, Shintaro Takikawa, Tetsuya Miura, Shin Suzuki, Noriaki Kikuta, Kazuhiro Hamada, Shin Hirota, Morihisa Kanno, Atsushi Shimosegawa, Tooru
J Gastroenterol   47(11) 1267-1274   Nov 2012   [Refereed]
Hirota, Morihisa Satoh, Kennichi Kikuta, Kazuhiro Masamune, Atsushi Kume, Kiyoshi Hamada, Shin Satoh, Akihiko Kanno, Atsushi Unno, Jun Ito, Hiromichi Ariga, Hiroyuki Shimosegawa, Tooru
Pancreas   41(7) 1099-1104   Oct 2012   [Refereed]
Ohara, Hirotaka Okazaki, Kazuichi Tsubouchi, Hirohito Inui, Kazuo Kawa, Shigeyuki Kamisawa, Terumi Tazuma, Susumu Uchida, Kazushige Hirano, Kenji Yoshida, Hitoshi Nishino, Takayoshi Ko, Shigeru B H Mizuno, Nobumasa Hamano, Hideaki Kanno, Atsushi Notohara, Kenji Hasebe, Osamu Nakazawa, Takahiro Nakanuma, Yasuni Takikawa, Hajime Research Committee of IgG4-related Diseases Research Committee of Intractable Diseases of Liver and Biliary Tract Ministry of Health, Labor and Welfare, Japan Japan Biliary Association
J Hepatobiliary Pancreat Sci   19(5) 536-542   Sep 2012   [Refereed]
Kanno, Atsushi Ishida, Kazuyuki Hamada, Shin Fujishima, Fumiyoshi Unno, Jun Kume, Kiyoshi Kikuta, Kazuhiro Hirota, Morihisa Masamune, Atsushi Satoh, Kennichi Notohara, Kenji Shimosegawa, Tooru
Gastrointest Endosc   76(3) 594-602   Sep 2012   [Refereed]
Kanno, Atsushi Nishimori, Isao Masamune, Atsushi Kikuta, Kazuhiro Hirota, Morihisa Kuriyama, Shinichi Tsuji, Ichiro Shimosegawa, Tooru Research Committee on Intractable Diseases of Pancreas
Pancreas   41(6) 835-839   Aug 2012   [Refereed]
Kanno, Atsushi Masamune, Atsushi Hirota, Morihisa Kikuta, Kazuhiro Shimosegawa, Tooru
Dig Endosc   24 Suppl 1 43-48   May 2012   [Refereed]

Misc

 
【胆膵疾患内視鏡アトラス】 膵臓 嚢胞性 非腫瘍性嚢胞 仮性嚢胞、貯留嚢胞
菅野 敦, 正宗 淳
消化器内視鏡   30(増刊) 82-85   Oct 2018
画像を診る 鑑別診断のポイント IgG4関連硬化性胆管炎
粂 潔, 菅野 敦, 宗正 淳
消化器の臨床   21(3) 197-199   Aug 2018
【Acute on chronic-慢性病態の急性増悪-】 膵臓 慢性膵炎の急性増悪
滝川 哲也, 本郷 星仁, 鍋島 立秀, 三浦 晋, 濱田 晋, 粂 潔, 菊田 和宏, 菅野 敦, 正宗 淳
肝・胆・膵   76(6) 1137-1145   Jun 2018
画像を診る 鑑別診断のポイント IgG4関連硬化性胆管炎
粂 潔, 菅野 敦, 宗正 淳
消化器の臨床   21(3) 197-199   Aug 2018
自己免疫性膵炎の内視鏡診断と治療の最前線
菅野 敦, 正宗 淳, 下瀬川 徹
Gastroenterological Endoscopy   60(7) 1295-1308   Jul 2018
自己免疫性膵炎(AIP)は、膵腫大と主膵管の不整狭細像を特徴とし、しばしば胆管が狭窄するIgG4関連硬化性胆管炎(IgG4-SC)を合併する。内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)による膵管の不整狭細像はAIPに特徴的であるが、限局性のAIPと膵癌を膵管像から鑑別することは難しい。IgG4-SCにおける胆管狭窄は、胆管癌と比較して狭窄長が長いといった特徴を有するが、胆管像のみによる鑑別は困難である。ERCPに引き続いて行われる管腔内超音波検査による胆管壁の所見は、IgG4-SCと胆管癌の鑑...
自己免疫性膵炎の内視鏡診断と治療の最前線
菅野 敦, 正宗 淳, 下瀬川 徹
Gastroenterological Endoscopy   60(7) 1295-1308   Jul 2018
自己免疫性膵炎(AIP)は、膵腫大と主膵管の不整狭細像を特徴とし、しばしば胆管が狭窄するIgG4関連硬化性胆管炎(IgG4-SC)を合併する。内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)による膵管の不整狭細像はAIPに特徴的であるが、限局性のAIPと膵癌を膵管像から鑑別することは難しい。IgG4-SCにおける胆管狭窄は、胆管癌と比較して狭窄長が長いといった特徴を有するが、胆管像のみによる鑑別は困難である。ERCPに引き続いて行われる管腔内超音波検査による胆管壁の所見は、IgG4-SCと胆管癌の鑑...
菅野 敦 正宗 淳 藤島 史喜 石田 和之 入澤 篤志 下瀬川 徹
Gastroenterological Endoscopy   55(12) 3795-3807   Dec 2013   [Invited]
1995年に疾患概念が提唱されてから、自己免疫性膵炎(AIP)に関する様々な知見が積み重ねられた。現在、AIPは、主に国際コンセンサス診断基準(ICDC)に基づき診断される。ICDCは、組織学的診断を重要視しているが、EUS-FNAにより採取された組織は対象とされていない。近年、EUS-FNAを用いて採取した組織を用いたAIP診断の報告が散見される。本稿では、EUS-FNAを用いてAIPの組織を採取し診断する要点につき概説する。本稿で紹介した手技が普及し、AIPの診断と研究がさらに発展する...
【胆嚢癌-術前診断に応じた治療を再考する-】 胆嚢癌の鑑別診断と進展度診断 超音波内視鏡
菅野 敦, 正宗 淳, 鍋島 立秀, 本郷 星仁, 滝川 哲也, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 下瀬川 徹, 海野 倫明
胆と膵   39(3) 217-227   Mar 2018
超音波内視鏡(endoscopic ultrasonography:EUS)は、胆嚢を詳細に観察することができる画像診断のmodalityであり、先端プローブの形状や超音波の特性を理解して診断を行う必要がある。EUSは、胆嚢病変の診断や胆嚢癌の進展度診断に有用である。近年EUS-fine needle aspiration(FNA)を用いた胆嚢癌の病理組織学的診断の報告も散見される。EUSを使いこなすことが胆嚢病変の診断に重要である。(著者抄録)
2年間の化学療法でDown-Stagingし根治切除を施行した腹膜転移を伴う膵頭部癌の1例
初沢 悠人, 水間 正道, 元井 冬彦, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 森川 孝則, 中川 圭, 林 洋毅, 内藤 剛, 菅野 敦, 下瀬川 徹, 海野 倫明
癌と化学療法   45(2) 347-349   Feb 2018
腹膜転移を伴う膵頭部癌に対して2年間の化学療法後にdown-stagingが得られ根治切除し得た症例を経験した。症例は55歳、女性。腹部CTで膵頭部に径3.0cmの腫瘤を認め、総肝動脈に接触する切除可能境界膵癌に対して審査腹腔鏡(SL)を施行したところ、腹腔洗浄細胞診が陽性(CY1)であった。gemcitabine(Gem)+S-1併用療法(GS)を開始し、10ヵ月後のSLで右下腹部に播種結節を認め、CY1であったことからGem+nab-paclitaxel療法(Gem+nab-PTX)に...
滝川 哲也, 正宗 淳, 菊田 和宏, 菅野 敦, 下瀬川 徹
臨床消化器内科   33(2) 211-217   Jan 2018
Yoshidaらにより自己免疫性膵炎(AIP)の疾患概念が提唱されてから約20年が経過し,初期治療に関して多くの検討がなされてきた.初期治療の第一選択はステロイドであり,閉塞性黄疸合併例や持続する腹痛例など臨床的に問題となる症状や徴候を有する症例が積極的な治療適応となる.多くの症例でステロイド治療が著効するが経過とともに再燃をきたす症例も多いため,本邦ではステロイド開始後に漸減を行い,再燃抑制のためステロイドの維持療法が推奨されている.維持療法の期間は3年が目安とされており,3年を経過した...
腹膜転移を有する膵頭部癌に対してAdjuvant Surgeryを企図し切除し得た1例
客本 ゆき恵, 高舘 達之, 水間 正道, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 森川 孝則, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 菅野 敦, 下瀬川 徹, 海野 倫明
癌と化学療法   44(12) 1880-1882   Nov 2017
症例は66歳、男性。検診で主膵管拡張を指摘され精査でCA19-9上昇と胆管狭窄も認めたが、確定診断が得られず当院紹介となった。悪性疾患が否定できないため切除目的に開腹し、術中所見で膵頭部に低エコー域と空腸間膜に8mm大の腺癌の播種結節を認め、腹膜転移を伴う膵頭部癌と診断した。胆管空腸吻合術を施行後、adjuvant surgeryを企図し、化学療法gemcitabine+nab-paclitaxelを5コース施行した。治療効果は画像上response evaluaton criteria ...
【胆膵EUSを極める-私ならこうする(There is always a better way)-】 診断 EUS-FNA 私はこうする
菅野 敦, 正宗 淳, 鍋島 立秀, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 滝川 哲也, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 下瀬川 徹
胆と膵   38(臨増特大) 973-981   Oct 2017
超音波内視鏡下穿刺吸引法(endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration:EUS-FNA)には、さまざまな穿刺針や穿刺方法があり、おのおのの特徴をよく理解したうえで施行する必要がある。十分な組織採取量が得られることから、穿刺針はフランシーン形状のものを用いることが多い。穿刺法は、knocking the door法で行い、吸引は凝血塊の混入を防ぐためslow-pull法を用いている。病理検体の処理は正確な病理診断を行ううえで鍵となるた...
【膵・胆道癌の早期診断を目指せ!】 主膵管発生の上皮内癌 膵上皮内癌をいかに診断するか
菅野 敦, 正宗 淳, 鍋島 立秀, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 滝川 哲也, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 下瀬川 徹
肝・胆・膵   75(3) 589-594   Sep 2017
客本 ゆき恵, 水間 正道, 石田 晶玄, 橘 知睦, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 阿部 友哉, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 森川 孝則, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 佐藤 聡子, 藤島 史喜, 菅野 敦, 下瀬川 徹, 海野 倫明
膵臓   32(4) 767-774   Aug 2017
症例は52歳女性。糖尿病の既往あり。急激な腹痛を主訴に前医受診し、画像検査で膵嚢胞破裂が疑われ当院に紹介された。CTで膵体尾部に径10cmの嚢胞性病変と、周囲に血性を示唆する腹水を認めた。前医MRIで嚢胞はCyst in cyst様であり膵粘液性嚢胞腫瘍(MCN)の破裂が疑われた。超音波内視鏡検査では膵体尾部に多量の凝血塊を内部に含む多房性嚢胞を認め、出血性膵嚢胞性腫瘍と診断された。保存的に止血され、発症2ヵ月後に膵体尾部切除術を施行した。組織学的に嚢胞壁は粘液胞体を有する低異型高円柱細胞...
膵癌の胆道ドレナージ 【カバー型金属ステントにより長期開存が可能に】
北野 雅之, 菅野 敦
日本医事新報   (4861) 54-55   Jun 2017
自己免疫性膵炎の治療における注意点 ステロイドの長期投与による副作用などに注意
菅野 敦, 川嶋 啓揮
日本医事新報   (4854) 57-58   May 2017
【ERCPのエキスパートを目指して】 トラブルシューティング ERCP後膵炎の予防と対処
菅野 敦, 正宗 淳, 鍋島 立秀, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
消化器内視鏡   29(5) 946-951   May 2017
内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)は胆膵疾患の診断や治療に欠かせない手技であるが、偶発症として膵炎の危険性を常に念頭におく必要がある。ERCP後膵炎発症の危険因子として、若年者、女性、Oddi括約筋機能不全疑い、ERCP後膵炎の既往、再発性膵炎などがあげられている。その予防法は、予防的膵管ステント留置やwire-guided cannulationなど内視鏡手技に関連するものと、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)やニトログリセリン製剤などの薬物療法に大別される。輸液療法によるERCP...
自己免疫性膵炎に対する診療の現状と長期予後 当科における1型自己免疫液性膵炎107例の臨床経過
菅野 敦, 正宗 淳, 下瀬川 徹
膵臓   32(3) 353-353   May 2017
菅野 敦, 正宗 淳, 花田 敬士, 真口 宏介, 清水 泰博, 植木 敏晴, 長谷部 修, 大塚 隆生, 中村 雅史, 竹中 完, 北野 雅之, 菊山 正隆, 蒲田 敏文, 吉田 浩司, 佐々木 民人, 芹川 正浩, 古川 徹, 柳澤 昭夫, 下瀬川 徹
膵臓   32(1) 16-22   Feb 2017
膵癌早期診断研究会が主導して行った。早期診断された膵癌の実態調査について報告する。40例のStage 0膵癌と119例のStage I膵癌が集積された。膵癌全体に占めるStage 0膵癌とStage I膵癌の割合は約2%であり、Stage 0膵癌は0.6%であった。症状を認めたために医療機関を受診した症例は38例(23.9%)と少なかったのに対して、検診にて異常を指摘され受診した症例は27例(17.0%)、他疾患の経過観察中に異常を指摘された症例は85例(53.5%)と無症状で医療機関を受...
【胆膵内視鏡自由自在〜基本手技を学び応用力をつける集中講座〜】 ERCP関連手技編 トラブルシューティング ERCP後膵炎への対処と予防
川口 義明, 明石 隆吉, 伊藤 鉄英, 木田 光広, 菅野 敦, 花田 敬士, 宮川 宏之, 森實 敏夫, 山口 武人, 竹山 宜典, 真弓 俊彦, 下瀬川 徹, 峯 徹哉
胆と膵   37(臨増特大) 1295-1300   Nov 2016
ERCPは胆膵疾患の診断・治療において必要欠くべからざるものであるが、問題点としてERCP後膵炎があげられる。ときに重症化して死亡事故に至るケースもあり、胆膵内視鏡医としては回避しなければならないものである。2015年厚労省難治性膵疾患研究班・日本膵臓学会からERCP後膵炎ガイドラインが発表された。重要なポイントとして、ERCPの適応があるかどうかの判断、ERCP後膵炎発症機序の理解、ERCP後膵炎危険因子の把握、患者へのインフォームドコンセント、ERCP後膵炎の早期診断と治療法、そしてE...
【胆膵内視鏡自由自在〜基本手技を学び応用力をつける集中講座〜】 ERCP関連手技編 膵管Intervention 膵管狭窄困難例への対処
菅野 敦, 正宗 淳, 中野 絵里子, 鍋島 立秀, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
胆と膵   37(臨増特大) 1333-1337   Nov 2016
症状を有する膵管狭窄症例は、内視鏡的治療の適応となることが多い。膵管狭窄はさまざまな原因で起こりうるが、治療を行ううえで、その原因を正しく診断することがもっとも重要である。膵管狭窄の内視鏡的治療は、ガイドワイヤーによる狭窄部の突破、狭窄部の拡張、ステント挿入などのいくつかの段階を要する。膵管狭窄に対する安易な内視鏡治療は、膵管損傷などの重篤な偶発症を招くため、多くの症例を経験する必要がある。(著者抄録)
肝動脈走行破格と術前治療により腹腔動脈合併膵頭十二指腸切除で切除し得た膵癌の1例
客本 ゆき恵, 水間 正道, 阿部 友哉, 高舘 達之, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 森川 孝則, 林 洋毅, 内藤 剛, 元井 冬彦, 菅野 敦, 下瀬川 徹, 海野 倫明
癌と化学療法   43(12) 1966-1968   Nov 2016
症例は70歳、女性。糖尿病悪化を契機に施行した腹部超音波検査で膵体頭部に腫瘤を認め、精査にて膵癌と診断された。造影CTで膵体頭部に径2.5cmの腫瘤を認めた。総肝動脈から脾動脈起始部にかけて全周性の接触と腹腔動脈から左胃動脈にかけて半周以下の接触を認め、門脈浸潤も疑われた。肝動脈に破格があり、上腸間膜動脈から分岐する右肝動脈と左胃動脈から分岐する左肝動脈を認めた。明らかな遠隔転移は認めず、動脈因子によるborderline resectable膵体頭部癌と診断した。術前化学放射線療法後、亜...
【Interventional EUSのすべて】 膵実質病変におけるEUS-FNAの実際
菅野 敦, 正宗 淳, 鍋島 立秀, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
消化器内視鏡   28(10) 1593-1599   Oct 2016
超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)には、さまざまな穿刺針や穿刺方法があり、各々の特徴を理解したうえで施行する必要がある。また、病理検体処理の方法は病理診断能を左右する重要な過程であり、内視鏡医と病理部門が密な連携をとって、各施設における最適な方法を行うことが重要である。(著者抄録)
峯 徹哉, 明石 隆吉, 川口 義明, 木田 光弘, 伊藤 鉄英, 花田 敬士, 山口 武人, 宮川 宏之, 菅野 敦, 森實 敏夫, 竹山 宜典, 下瀬川 徹
臨床消化器内科   31(5) 579-584   Apr 2016
ERCPについては偶発症の問題,おもにERCP後膵炎の問題が現在もクローズアップされており,またMRCPの一般化により最近,症例数は減少傾向にあるといわれている.確かにMRCPで診断でき内視鏡的治療を行わない症例にはERCPは行われなくなっている.しかし,ERCP関連手技の応用や普及により,ERCPは今後も胆膵領域にとって重要な手技であることに変わりはないと思われる.ではどうすればよいのか.これについてはERCP後膵炎の診断基準を見直し,より早く治療を行い救命することと同時に,いかに重症の...
志村 充広, 水間 正道, 岡田 恭穂, 片桐 宗利, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 江川 新一, 藤島 史喜, 菅野 敦, 廣田 衛久, 正宗 淳, 下瀬川 徹, 海野 倫明
膵臓   31(1) 93-100   Feb 2016
症例は58歳女性。父が膵癌の家族歴がある。2008年11月に背部痛で発症し、当院で精査を施行。膵鉤部と体尾部に複数の分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)に併存する膵体部の通常型膵癌に対し、2009年4月に膵体尾部切除術を施行した。組織学的には分枝型IPMNに併存した高分化型管状腺癌(tub1)であり、膵癌取扱い規約では、T3N0M0、Stage III、R0であった。膵断端近傍にPanIN1A-1B相当の所見を認めた。術後37ヵ月からCA19-9の上昇を認め、精査で異時性発生膵癌あるいは...
胆・膵 胆道 悪性肝門部胆管狭窄に対する胆道ドレナージ
菅野 敦, 正宗 淳, 三浦 晋, 下瀬川 徹
Annual Review消化器   2016 205-211   Jan 2016
悪性肝門部胆管狭窄の胆道ドレナージには,最初にCTなどを用いて原因疾患を診断し治療方針を決める必要がある.手術を行う場合には,広範囲肝切除を必要とし,内視鏡的経鼻胆道ドレナージ(Endoscopic nasobiliary drainage:ENBD)を用いた残存予定肝側への片葉ドレナージを行うことが基本である.しかし,ドレナージされる肝容積が少ない場合には,複数本のENBDが必要となる.非切除悪性肝門部胆管狭窄症例に対する胆管ドレナージは,uncovered self expandabl...
【新たに定義された"肝門部領域胆管癌"の診断と治療】 治療方針決定のための診断法 EUS・IDUSを用いた肝門部領域胆管癌の診断
菅野 敦, 正宗 淳, 三浦 晋, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹, 深瀬 耕二, 海野 倫明
胆と膵   37(1) 37-44   Jan 2016
胆道癌取扱い規約が改訂され、UICC分類に則って肝門部領域胆管癌が新たに定義された。肝門部領域胆管癌は手術を中心に考えられた定義であり、広範囲肝切除を中心に術式が立案される。超音波内視鏡(endoscopic ultrasonograpy:EUS)と管腔内超音波検査(intraductal ultrasonography:IDUS)は、胆管癌の進展度診断に必須の検査であるが、今回の定義変更により、術前診断におけるEUSとIDUSの役割がさらに重要になった。(著者抄録)
膵原発Mixed acinar-endocrine carcinoma(MAEC)の1例
中野 絵里子, 菅野 敦, 正宗 淳, 本郷 星仁, 吉田 直樹, 三浦 晋, 濱田 晋, 粂 潔, 菊田 和宏, 廣田 衛久, 下瀬川 徹, 深瀬 耕二, 元井 冬彦, 海野 倫明, 笠島 敦子
東北医学雑誌   127(2) 186-187   Dec 2015
術前治療施行膵癌切除後3年の残膵再発に対し根治切除を施行した1例
客本 ゆき恵, 水間 正道, 益田 邦洋, 有明 恭平, 前田 晋平, 川口 桂, 岡田 良, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 森川 孝則, 林 洋毅, 内藤 剛, 元井 冬彦, 海野 倫明, 菅野 敦, 下瀬川 徹
東北医学雑誌   127(2) 192-193   Dec 2015
【大きく変化する神経内分泌腫瘍(NET)の概念と治療】 診断 EUS-FNAによる膵神経内分泌腫瘍診断の実際
菅野 敦, 正宗 淳, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
最新医学   70(10) 1955-1965   Oct 2015
消化管や膵臓に発生する神経内分泌腫瘍(NEN)の報告数が増加している.2010年に,細胞分裂所見とKi67標識率に基づいて分類される新しいNENのWHO病理分類が公表された.超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)を用いた膵NEN(PNEN)の診断における有用性が報告され,組織学的診断のみならず,悪性度診断にも応用されている.EUS-FNAを用いてPNENの診断を行うためには十分な組織量が必要であり,穿刺方法や検体処理法を工夫する必要がある.(著者抄録)
若手に役立つ議論・オピニオンリーダーからのメッセージ 胆管狭窄をどのように診断するか? IgG4関連硬化性胆管炎の診断
菅野 敦, 正宗 淳, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
肝臓クリニカルアップデート   1(2) 215-222   Oct 2015
【ERCPマスターへのロードマップ】 基本編 経乳頭的胆管・膵管生検 細胞診
菅野 敦, 正宗 淳, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 三浦 晋, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
胆と膵   36(臨増特大) 947-954   Oct 2015
内視鏡的逆行性胆管膵管造影(Endoscopic retrograde cholangio-pancreatography:ERCP)下細胞診および生検は、膵・胆道疾患の診断上必要であり、胆道腫瘍の良悪性診断や水平方向進展診断の他、膵上皮内癌や膵管内乳頭粘液性腫瘍の診断を行ううえで重要な役割を担っている。さまざまなデバイスの特徴を理解し、安全かつ効率的に膵・胆道疾患の病理組織学的診断を行うことが重要である。(著者抄録)
峯 徹哉, 明石 隆吉, 伊藤 鉄英, 川口 義明, 菅野 敦, 木田 光広, 花田 敬士, 宮川 宏之, 山口 武人, 森實 敏夫, 下瀬川 徹, 竹山 宜典, 真弓 俊彦, 厚生労働省難治性膵疾患調査研究班,厚生労働省難治性膵疾患調査研究班・日本膵臓学会
膵臓   30(4) 541-584   Aug 2015
【膵における超音波検査を今見直す】 膵腫瘍性病変における造影EUSによる鑑別診断
菅野 敦, 正宗 淳, 吉田 直樹, 本郷 星仁, 中野 絵里子, 三浦 晋, 滝川 哲也, 濱田 晋, 菊田 和宏, 粂 潔, 廣田 衛久, 下瀬川 徹
胆と膵   36(7) 691-698   Jul 2015
電子型超音波内視鏡や超音波造影剤の進歩により、造影超音波内視鏡検査が可能になり、組織内の血流をリアルタイムに観察することができるようになった。造影ハーモニック超音波内視鏡は、詳細な血流の観察のみならず、定量的な血流解析による膵腫瘍診断への応用が期待されている。また、超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診・組織診(endoscopic ultrasonography-fine needle aspiration:EUS-FNA)が普及したが、穿刺による播種の問題は解決しておらず、より侵襲の少ない造影超...
【膵癌・胆道癌-基礎と臨床の最新研究動向-】 膵癌 上皮性腫瘍 通常型膵癌 治療 集学的治療 内視鏡的ステント(胆道、十二指腸)
菅野 敦, 正宗 淳, 下瀬川 徹
日本臨床   73(増刊3 膵癌・胆道癌) 168-172   Mar 2015
【膵癌・胆道癌-基礎と臨床の最新研究動向-】 膵癌 上皮性腫瘍 転移性膵腫瘍
菅野 敦, 正宗 淳, 下瀬川 徹
日本臨床   73(増刊3 膵癌・胆道癌) 371-375   Mar 2015
【膵癌・胆道癌-基礎と臨床の最新研究動向-】 胆道癌 腺癌 乳頭部癌 症状・所見・血液検査
菅野 敦, 正宗 淳, 下瀬川 徹
日本臨床   73(増刊3 膵癌・胆道癌) 707-710   Mar 2015
【膵癌・胆道癌-基礎と臨床の最新研究動向-】 胆道癌 腺癌 乳頭部癌 治療 集学的治療(内視鏡ステント・胆道、十二指腸)
菅野 敦, 正宗 淳, 下瀬川 徹
日本臨床   73(増刊3 膵癌・胆道癌) 741-744   Mar 2015
海野 倫明, 吉田 寛, 菅野 敦, 藤島 史喜
胆道   29(1) 163-166   Mar 2015
【自己免疫性膵炎20年の軌跡】 AIPの実態 わが国における実態 2011年全国疫学調査の結果を中心に
正宗 淳, 菅野 敦, 下瀬川 徹
肝・胆・膵   70(2) 185-192   Feb 2015
菅野 敦, 正宗 淳, 下瀬川 徹
膵臓   30(1) 54-61   Feb 2015
Yoshidaらにより疾患概念として自己免疫性膵炎(Autoimmune pancreatitis:AIP)が提唱されてから約20年が経過するが、その全体像については未だ不明な点が少なくない。我が国では厚生労働省の「難治性膵疾患に関する調査研究班」により、全国疫学調査がこれまでに3回行われている。最新の2011年の受療患者を対象として行われた第3回AIP全国調査では、年間推計受療者数は5,745人(95%信頼区間:5,325〜6,164人)、有病率は人口10万人あたり4.6人、罹患率は人口...
【最新肝癌学-基礎と臨床の最新研究動向-】 肝癌の危険因子と発癌機序 非B非C肝癌 非B非C肝癌の危険因子と発癌機序 自己免疫性肝疾患 原発性硬化性胆管炎
菅野 敦, 正宗 淳, 下瀬川 徹
日本臨床   73(増刊1 最新肝癌学) 130-133   Jan 2015
奥坂 拓志, 福冨 晃, 木原 康之, 伊藤 鉄英, 古瀬 純司, 大東 弘明, 中郡 聡夫, 菅野 敦, 上坂 克彦, 中村 聡明, 山口 幸二
膵臓   29(6) 892-897   Dec 2014
膵癌診療ガイドラインは2013年に4年ぶりの改訂版が出版された。切除可能例に対する化学療法(補助療法)に関しては、JASPAC-01試験の結果をうけてS-1単独療法が推奨され、切除不能例に対する化学療法に関しては、PA.3試験の結果をうけてゲムシタビン塩酸塩+エルロチニブ併用療法が、GEST試験の結果をうけてS-1単独療法が、推奨に追加された。また切除不能例に関しては2014年にも改訂が行われ、PRODIGE 4/ACCORD 11試験の結果に基づきFOLFIRINOX療法の推奨が追加され...
【AIPの概念・診断・治療】 自己免疫性膵炎の疫学調査
菅野 敦, 正宗 淳, 下瀬川 徹
消化器内科   59(5) 456-461   Nov 2014
下瀬川 徹, 糸井 隆夫, 佐田 尚宏, 祖父尼 淳, 向井 俊太郎, 乾 和郎, 白鳥 敬子, 廣岡 芳樹, 入澤 篤志, 菅野 敦, 五十嵐 良典, 北野 雅之, 兼田 裕司, 伊佐地 秀司, 武田 和憲, 竹山 宜典, 真弓 俊彦, 木原 康之, 桐山 勢生, 安田 一朗, 厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業難治性膵疾患に関する調査研究班
膵臓   29(5) 777-818   Oct 2014
【消化管術後例における胆膵治療内視鏡】 Billroth II再建における汎用スコープによる内視鏡治療
菅野 敦 正宗 淳 下瀬川 徹
胆と膵   35(2) 113-120   Feb 2014   [Invited]
【PSC・IgG4-SC】 PSC・IgG4-SC治療 IgG4-SCの治療の現状
菅野 敦 正宗 淳 下瀬川 徹
肝・胆・膵   68(1) 69-75   Jan 2014   [Invited]
岡崎 和一 川 茂幸 神澤 輝実 伊藤 鉄英 乾 和郎 入江 裕之 西野 隆義 能登原 憲司 久保 惠嗣 大原 弘隆 入澤 篤志 藤永 康成 長谷部 修 西森 功 田中 滋城 下瀬川 徹 田中 雅夫 白鳥 敬子 須田 耕一 西山 利正 内田 一茂 菅野 敦 窪田 賢輔 洪 繁 阪上 順一 清水 京子 杉山 政則 多田 稔 中沢 貴宏 西野 博一 浜野 英明 廣岡 芳樹 平野 賢二 正宗 淳 増田 充弘 水野 伸匡 山口 幸二 吉田 仁 日本膵臓学会・厚生労働省難治性膵疾患に関する調査研究班
膵臓   28(6) 717-783   Dec 2013   [Refereed]
【IPMN/MCN診療の転換期-日本の成績が示すものは-】 IPMN 臨床病型分類と治療方針 分枝型の画像診断による悪性度診断 High-risk stigmataとworrisome featureが設定された。これまでのデータからみてその有用性は?
菅野 敦 正宗 淳 下瀬川 徹
肝・胆・膵   67(5) 657-665   Nov 2013   [Invited]
中野 絵里子 菅野 敦 正宗 淳 三浦 晋 滝川 哲也 有賀 啓之 海野 純 濱田 晋 粂 潔 菊田 和宏 廣田 衛久 坂田 直昭 元井 冬彦 江川 新一 海野 倫明 藤島 史喜 石田 和之 下瀬川 徹
膵臓   28(5) 627-635   Oct 2013   [Refereed]

Books etc

 
The PANCREAS
Tooru Shimosegawa Morihisa Hirota Atsushi Kanno. (Part:Joint Work, Clinical Manifestation of Type 1 Autoimmune Pancreatitis)
Wiley Blackwell   2018   
IgG4 related sclerosing cholangitis
KANNO Atsushi (Part:Joint Work, Imaging:ERCP)
Springer   2018   
Autoimmune pancreatitis.
KANNO Atsushi
Springer   2015   

Conference Activities & Talks

 
A nationwide epidemiological survey of autoimmune pancreatitis in Japan.
KANNO Atsushi
International Pancreas Research Forum 2017   28 Oct 2017   
Challenges in early detection of pancreastic cancer.
KANNO Atsushi
The joint meeting of 47th JPS/ 20th IAP/ 6th AOPA JPS symposium   4 Aug 2016   
A nationwide epidemiological survey of autoimmune pancreatitis in Japan.
KANNO Atsushi
11 Jul 2014   
Autoimmune pancreatitis in Asian countries and its Diagnostic Guideline
第45回日本膵臓学会   11 Jul 2014   
The usefulness of endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration for the diagnosis of pancreatic neuroendocrine tumors based on the World Health Organization classification
DDW2014   3 May 2014   
AIP-概念、診断、治療のUpdate-
第100回日本消化器病学会総会   23 Apr 2014   
IgG4-related disease and endoscopy
JDDW2013   10 Oct 2013   
中下部胆管癌における造影ハーモニック超音波内視鏡の有用性
49回日本胆道学会学術集会   19 Sep 2013   
自己免疫性膵炎
第44回日本膵臓学会学術集会   25 Jul 2013   
Interventional EUSの進歩
第85回日本消化器内視鏡学会総会   10 May 2013   
消化器領域におけるIgG4関連疾患の診断と治療
第99回日本消化器病学会総会   20 Apr 2013   
自己免疫性膵炎の各診断基準の比較
JDDW2012   10 Oct 2012   
硬化性胆管炎をめぐる諸問題
第48回日本胆道学会学術集会   20 Sep 2012   
IPMNの良悪性診断
第43回日本膵臓学会   28 Jun 2012   
胆膵疾患における造影ハーモニック超音波内視鏡の有用性と限界
85回日本超音波医学会学術集会   25 May 2012   
IPMNの診断・治療における内視鏡の役割
第83回日本消化器内視鏡学会総会   12 May 2012   
Diagnosis of IPMNs
日本消化器病学会総会   19 Apr 2012   
ICDCに基づいた自己免疫性膵炎の診断
日本消化器病学会総会   19 Apr 2012   
IgG4関連疾患の概念と診断
菅野 敦, 下瀬川 徹
JDDW2011   20 Oct 2011   
Autoimmune pancreatitis -Management Update-
Atsushi Kanno, Tooru Shimosegawa
APDW   1 Oct 2011