NAKA AKIRA

J-GLOBAL         Last updated: Jan 18, 2020 at 03:02
 
Avatar
Name
NAKA AKIRA
E-mail
akira.naka.drvc.ibaraki.ac.jp
Affiliation
Ibaraki University
Section
Graduate School of Science and Engineering (Engineering), Department of Electrical and Electronic Engineering
Job title
Professor
Research funding number
20765854

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1989
 - 
Jul 1997
日本電信電話株式会社 伝送システム研究所
 
Aug 1997
 - 
Jun 2001
日本電信電話株式会社 国際本部
 
Jul 2001
 - 
Mar 2015
日本電信電話株式会社 ネットワークサービスシステム研究所 主任研究員
 
Apr 2015
   
 
国立大学法人 茨城大学 工学部メディア通信工学科 准教授
 

Education

 
Apr 1983
 - 
Mar 1987
物理学科, 理学部, Tokyo Institute of Technology
 
Apr 1987
 - 
Mar 1989
物理学, 理工学研究科, Tokyo Institute of Technology
 
Apr 2007
 - 
Mar 2008
電気電子工学専攻, 理工学研究科, Tokyo Institute of Technology
 

Awards & Honors

 
Jun 2016
超大容量レイヤ統合トランスポートシステムの研究開発, 平成27年度 電子情報通信学会業績賞
 
Jun 1997
ファイバの非線形屈折率による光増幅中継系の雑音増大と信号対雑音比劣化, 平成7年度 電子情報通信学会論文賞, 電子情報通信学会
 

Published Papers

 
無瞬断光波長信号切替えを実現する波長ダイバシティ方式におけるレーザ位相雑音補償のための信号処理構成法と位相推定法
那賀明、冨田 和希、村山 直駿
電子情報通信学会論文誌 B   J101-B(6) ページ未定   Jun 2018   [Refereed]
BER performance analysis of multi-dimensional modulation with BICM-ID
Akira Naka
IEICE Communications Express   6(12) 645-650   Dec 2017   [Refereed]
Characteristics of Multi-Dimensional Modulation with MIMO signal processing
A. Naka and S. Yamada
IEICE Communications Express   5(12) 461-466   Dec 2016   [Refereed]
Maximum Ratio Combining Characteristics Affected by Laser Phase Noise for Wavelength Diversity Digital Coherent System
Akira Naka, Kohei Saito, Kazuki Tomita, and Hideki Maeda
OECC/PS2016, Niigata, July 3-7   WA2-36   Jul 2016   [Refereed]
Characteristics Investigation of High-Speed Super-High-Density Multi-Carrier Transmission Using MIMO-Based Crosstalk Compensation in Homodyne Detection Scheme
S. Yamamoto, K. Saito, F. Hamaoka, T. Matsuda, A. Naka, and H. Maeda
IEEE J. Lightwave Technol.,   34(11) 2824-2832   Jun 2016   [Refereed]

Books etc

 
Submarine Cable Network Systems
株式会社 エヌ・ティ・ティ・クオリス   2001   

Conference Activities & Talks

 
Effectiveness of BICM-ID for 4-D PS-QPSK Signal in Long-Distance Optical Fiber Transmission and Optimum SNR Setting
Akira Naka
2018年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会 B-10-29   Jul 2018   電子情報通信学会
多値変調における隣接波長間XT補償の特性解析
布施 樹、那賀 明
2018年電子情報通信学会東京支部学生会「研究発表会」講演番号115   Mar 2018   
ディジタルコヒーレント光通信技術を適用した波長ダイバーシティ方式におけるSOP変動の影響
村山 直駿、那賀 明
2018年電子情報通信学会東京支部学生会「研究発表会」講演番号44   Mar 2018   
BICM-IDを適用した4次元PS-QPSK光変復調方式の送受信特性解析
那賀明
2017 年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会 B-10-32   Jul 2017   電子情報通信学会
デジタルコヒーレント光通信技術を適用した波長ダイバーシティ方式における位相雑音の影響
2017年電子情報通信学会東京支部学生会「研究発表会」講演番号119   4 Mar 2017   

Association Memberships

 
 

Research Grants & Projects

 
長距離光ファイバ伝送における符号化変調方式を応用した非線形光学効果の低減・補償法
Project Year: Apr 2019 - Mar 2022    Investigator(s): 那賀 明
長距離光ファイバ通信における根源的な課題である非線形光学効果の低減機能を有し、かつ高感度な新規符号化変調信号を考案する。さらに、この変調信号を適用する光ファイバ伝送路の波長分散条件に限定することで、信号処理による非線形光学補償の効果を最大化する。
 新規符号化変調には、例えば、非線形耐力のある多次元変調信号、或いは非線形低減効果を有するシェーピングを行った変調信号に対し、偏光度を低下させる冗長シンボルを付加した変調信号等を想定し、伝送速度の低下を調整しつつ非線形低減効果を保持し、信号処理に...
High-Speed Super-High-Density Multi-Carrier Transmission System with Multi-Dimensional Coding reducing Crosstalk between wavelength channels
茨城大学: 波長信号間干渉を低減する多次元符号化光変調による超高密度光波長多重伝送方式
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 那賀明
光の位相・振幅に加え、偏波・波長などの各信号空間を統合する多次元符号化技術に着目し、隣接する光波長間の符号間干渉に起因する光波長信号間ユークリッド距離を拡大する多次元符号化変調技術を確立し、MIMO デジタルコヒーレント信号処理技術を融合することで、大容量・高感度な特性を併せ持つ超高密度光波長多重伝送方式の実現を目指す。