米山 一樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/01 03:14
 
アバター
研究者氏名
米山 一樹
 
ヨネヤマ カズキ
URL
http://www.yoneyama-lab.jp/
所属
茨城大学
部署
理工学研究科(工学野)情報科学領域
職名
准教授
学位
修士(工学)(電気通信大学), 博士(工学)(電気通信大学)
科研費研究者番号
50759579

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年10月
 - 
2009年3月
電気通信大学 研究員(学振PD) 電気通信学研究科
 
2009年4月
 - 
2012年3月
日本電信電話株式会社 研究員(情報流通プラットフォーム研究所)
 
2012年4月
 - 
2014年6月
日本電信電話株式会社 研究員(セキュアプラットフォーム研究所)
 
2014年7月
 - 
2015年3月
日本電信電話株式会社 研究主任(セキュアプラットフォーム研究所)
 
2015年4月
   
 
茨城大学工学部情報工学科 准教授
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2004年3月
電気通信大学 電気通信学部 情報通信工学科
 
2004年4月
 - 
2006年3月
電気通信大学 電気通信学研究科 情報通信工学専攻
 
2006年4月
 - 
2008年9月
電気通信大学 電気通信学研究科 情報通信工学専攻
 

論文

 
On Hiding Access Timings in ORAM
Yuma Kanai, Kazuki Yoneyama
ISITA 2018      2018年10月   [査読有り]
Improved Verifiable Delegated Private Set Intersection
Shintaro Terada, Kazuki Yoneyama
ISITA 2018      2018年10月   [査読有り]
Single Private-Key Generator Security Implies Multiple Private-Key Generators Security
Atsushi Fujioka, Kazuki Yoneyama
ProvSec 2018      2018年10月   [査読有り]
Multi-cast key distribution: scalable, dynamic and provably secure construction
Kazuki Yoneyama, Reo Yoshida, Yuto Kawahara, Tetsutaro Kobayashi, Hitoshi Fuji, Tomohide Yamamoto
International Journal of Information Security   17(5) 513-532   2018年10月   [査読有り]
Verification of LINE Encryption Version 1.0 using ProVerif
Cheng Shi, Kazuki Yoneyama
IWSEC 2018   158-173   2018年9月   [査読有り]

Misc

 
Gateway Threshold Password-based Authenticated Key Exchange Secure against Undetectable On-line Dictionary Attack
Yukou Kobayashi, Naoto Yanai, Kazuki Yoneyama, Takashi Nishide, Goichiro Hanaoka, Kwangjo Kim, Eiji Okamoto
SECRYPT 2015      2015年7月   [査読有り]
Accumulable Optimistic Fair Exchange from Verifiably Encrypted Homomorphic Signatures
Jae Hong Seo, Keita Emura, Keita Xagawa, Kazuki Yoneyama
ACNS 2015      2015年6月   [査読有り]
Formal Modeling of Random Oracle Programmability and Verification of Signature Unforgeability Using Task-PIOAs
Kazuki Yoneyama
ICISC 2014      2014年12月   [査読有り]
Computational Soundness of Asymmetric Bilinear Pairing-based Protocols
Kazuki Yoneyama
ProvSec 2014      2014年10月   [査読有り]
Compact Public Key Encryption with Minimum Ideal Property of Hash Functions
Kazuki Yoneyama, Goichiro Hanaoka
ProvSec 2014      2014年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
"I/O オートマトン" 「日本応用数理学会 監修/薩摩順吉・大石進一・杉原正顕(編), 応用数理ハンドブック」第16-6章
米山 一樹 (担当:共著)
2013年11月   
"タスク構造確率I/O オートマトンを用いた安全性証明"「萩谷昌己・塚田恭章(編), 数理的技法による情報セキュリティ(シリーズ応用数理)」第5章
米山 一樹, 太田 和夫 (担当:共著)
2010年7月   

講演・口頭発表等

 
LINE Encryption Version 1.0のProVerifによる検証
師 成, 米山 一樹
暗号と情報セキュリティシンポジウム   2017年1月   
検証可能フォワード安全動的検索可能暗号の改良
木村 翔吾, 米山 一樹
暗号と情報セキュリティシンポジウム   2017年1月   
ビジネスチャットにおけるエンドツーエンド暗号化を実現するためのグループメッセージングプロトコルの提案
岡野 裕樹, 小林 鉄太郎, 西巻 陵, 吉田 麗生, 米山 一樹
暗号と情報セキュリティシンポジウム   2017年1月   
長期秘密鍵漏洩時の動的多者鍵配布プロトコルにおける後方鍵の安全性について
松井 政裕, 岡野 裕樹, 吉田 麗生, 小林 鉄太郎, 米山 一樹
暗号と情報セキュリティシンポジウム   2017年1月   
非対話参加可能なIDベース動的多者鍵配布プロトコルの提案とその実装評価
吉田 麗生, 米山 一樹, 川原 祐人, 小林 鉄太郎, 冨士 仁, 山本 具英, 岡野 裕樹, 奥田 哲矢
暗号と情報セキュリティシンポジウム   2017年1月