論文

2017年3月

『篁物語』成立年代考―「角筆」を手がかりとして―

『国士舘大学文学部国士舘人文学』

7
開始ページ
147
終了ページ
153
記述言語
日本語
掲載種別

本学の中村一夫氏・仁藤智子氏と行っている共同研究「『篁物語』の総合的研究」の第1回目の成果の単著部分である。『篁物語』は、平安前期に活躍した貴族の小野篁(802~853)を主人公とする物語である。この作品の成立時期について、近年の研究では説が分かれているが、本稿では、作品中に登場する「角筆」という語に注目し、作品の成立が、貴族の間で「角筆」という語がよく知られるようになった11世紀末以降であると推定した。

エクスポート
BibTeX RIS