論文

2019年3月

『篁物語』「橡の衣」についての考察 ―『うつほ物語』藤英から篁へ-

『国士舘人文学』

9
開始ページ
137
終了ページ
145
記述言語
日本語
掲載種別

『篁物語』の「橡の衣」という表現に注目した論文である。平安後期に書かれた『篁物語』で、主人公の篁が「橡の衣」を着用している場面がある。この場面は、平安中期に書かれた『うつほ物語』において、藤英という登場人物が「橡の衣」を着用している場面と類似している。このことを史料から確認すると、「橡の衣」は喪の衣ではなく、晴れの衣として着用していることが確認され、それが『篁物語』の表現にも影響している可能性を指摘した。

エクスポート
BibTeX RIS