Mami Iima

J-GLOBAL         Last updated: Nov 11, 2019 at 10:35
 
Avatar
Name
Mami Iima
Affiliation
Kyoto University
ORCID ID
0000-0002-1991-2494

Published Papers

 
Kanao S, Kataoka M, Iima M, Ikeda DM, Toi M, Togashi K
Magnetic resonance imaging   50 38-44   Mar 2018   [Refereed]
Iima M, Yamamoto A, Kataoka M, Yamada Y, Omori K, Feiweier T, Togashi K
Journal of magnetic resonance imaging : JMRI   50(1) 88-95   Dec 2018   [Refereed]
Honda M, Kataoka M, Onishi N, Iima M, Ohashi A, Kanao S, Nickel MD, Toi M, Togashi K
Journal of magnetic resonance imaging : JMRI      Jun 2019   [Refereed]
Iima M, Honda M, Sigmund EE, Ohno Kishimoto A, Kataoka M, Togashi K
Journal of magnetic resonance imaging : JMRI      Sep 2019   [Refereed]
Förnvik D, Kataoka M, Iima M, Ohashi A, Kanao S, Toi M, Togashi K
European radiology   28(8) 3194-3203   Feb 2018   [Refereed]
Ohashi A, Kataoka M, Kanao S, Iima M, Murata K, Weiland E, Onishi N, Kawai M, Toi M, Togashi K
European journal of radiology   118 285-292   Jun 2019   [Refereed]
Iima M, Nobashi T, Imai H, Koyasu S, Saga T, Nakamoto Y, Kataoka M, Yamamoto A, Matsuda T, Togashi K
Acta radiologica open   7(1) 2058460117751565   Jan 2018   [Refereed]
Mami Iima, Masako Kataoka, Rena Sakaguchi, Shotaro Kanao, Natsuko Onishi, Makiko Kawai, Akane Ohashi, Katsutoshi Murata, Kaori Togashi
European Journal of Radiology Open   5 24-30   Jan 2018   [Refereed]
Iima M, Kataoka M, Kanao S, Kawai M, Onishi N, Koyasu S, Murata K, Ohashi A, Sakaguchi R, Togashi K
PloS one   13(3) e0193444   2018   [Refereed]
Kawai M, Kataoka M, Kanao S, Iima M, Onishi N, Ohashi A, Sakaguchi R, Toi M, Togashi K
Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine   17(3) 203-210   Dec 2017   [Refereed]

Misc

 
飯間麻美, 飯間麻美, 本田茉也, 片岡正子
臨床画像   35(9) 1062‐1072-1072   Sep 2019
拡散強調像(DWI)は多くの施設でルーチンの乳房MRI撮像に組み込まれており,病変の検出から良・悪性腫瘍の識別,乳癌の治療効果判定予測,予後予測評価に至るまで多くの検討が行われている。DWIは非造影MRスクリーニング法として役立つ可能性もある。DWIの一般的な定量法としてよく知られているADC以外にも,IVIM,非ガウス拡散MRI,DTIなど,さまざまなDWIモデルが検討されている。拡散MRIは造影剤を使用せずとも腫瘍の微細構造や灌流評価を可能にし,診断精度を向上させるとの報告が多数みられ...
【Women's Imaging 2019 Breast Imaging(Vol.14) Precision Medicine時代におけるライフステージと乳がん画像診断】画像診断技術の動向と臨床応用 乳房MRIにおける読影のポイント
太田 理恵, 片岡 正子, 飯間 麻美
INNERVISION   34(8) 24-27   Jul 2019
乳房疾患の基本は、視触診と併せてマンモグラフィ、超音波といった基本的な画像診断を行うことから始まる。したがって、乳房MRIの役割は、これらの基本的な画像診断で良悪性の鑑別がつかない場合や、既知の乳がんの治療前広がり診断、多発病変検出である。最近では、遺伝性乳がん卵巣がん症候群(以下、HBOC)など、ハイリスク女性のスクリーニングとしての役割も注目されている。ただし、乳房MRIの読影に精通した放射線科医は多くはない。乳房MRIの撮像技術がこの10年で画期的な進歩を遂げたのにもかかわらず、乳房...
【Women's Imaging 2019 Breast Imaging(Vol.14) Precision Medicine時代におけるライフステージと乳がん画像診断】画像診断技術の動向と臨床応用 非造影MRIによる新たな乳房MR画像診断の展開
大野 文美, 飯間 麻美, 片岡 正子
INNERVISION   34(8) 28-31   Jul 2019