遠田 敦

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 02:50
 
アバター
研究者氏名
遠田 敦
 
エンタ アツシ
所属
日本大学
部署
生産工学部創生デザイン学科
職名
専任講師
学位
博士(建築学)(早稲田大学)
科研費研究者番号
90468851

研究分野

 
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
早稲田大学 理工学部 建築学科
 
2003年4月
 - 
2005年3月
早稲田大学 理工学研究科 建築学専攻
 

Misc

 
遠田 敦,林田 和人,吉岡 陽介,佐野 友紀,高橋 正樹,渡辺 秀俊
日本建築学会計画系論文集   79(696) 329-337   2014年6月   [査読有り]
吉岡 陽介,高橋 正樹,渡辺 秀俊,遠田 敦,佐野 友紀,林田 和人
日本建築学会計画系論文集   79(700) 1301-1307   2014年2月   [査読有り]
Collective Background Extraction for Station Market Area by using Location Based Social Network
Kousuke Kikuchi, Tatsuto Kihara, Atsushi Enta, Hideaki Takayanagi, Kazuto Hayashida, Hitoshi Watanabe
ISAIA2012      2012年10月   [査読有り]
Study of Low-cost Architectural Monitoring Infrastructure based on Open Source Hardware
Atsushi Enta, Kousuke Kikuchi, Hitoshi Watanabe
UIA2011      2011年9月   [査読有り]
初期火災時の煙の視覚的影響による異変感知に関する研究
進藤 友紀, 大宮 喜文, 萩原 一郎, 佐野 友紀, 遠田 敦
日本建築学会環境系論文集   76(659) 1-7   2011年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
スマートライフ
渡辺仁史研究室 (担当:共著)
パレード   2011年9月   
生活空間の体験ワークブックテーマ別 建築人間工学からの環境デザイン
日本建築学会 (担当:共著)
彰国社   2010年3月   
建築計画における行動モニタリング
遠田 敦
早稲田大学出版部   2009年10月   
行動をデザインする
早稲田大学渡辺仁史研究室 (担当:共著)
彰国社   2009年8月   

講演・口頭発表等

 
主体的快適性に関する基礎的研究:ローコストワイヤレスセンサーネットワークを用いた主体的環境調整行動の観測と推定
遠田 敦, 中川 純, 富樫 英介, 永井 拓生
情報・システム・利用・技術シンポジウム   2015年12月10日   一般社団法人日本建築学会
藤井 皓介,遠田 敦,馬淵 大宇,吉岡 陽介,佐野 友紀
学術講演梗概集   2015年9月4日   一般社団法人日本建築学会
遠田 敦,藤井 皓介,馬淵 大宇,吉岡 陽介,佐野 友紀
学術講演梗概集   2015年9月4日   一般社団法人日本建築学会
馬淵 大宇,吉岡 陽介,遠田 敦,藤井 皓介,佐野 友紀
学術講演梗概集   2015年9月4日   一般社団法人日本建築学会
吉岡 陽介,馬淵 大宇,藤井 皓介,遠田 敦,佐野 友紀
学術講演梗概集   2015年9月4日   一般社団法人日本建築学会

Works

 
GPLの家
建築作品   2009年
箱の家ではない
建築作品   2006年

競争的資金等の研究課題

 
身体密着式腕時計型端末の振動通知を用いた災害時要援護者の自助・共助避難方法の検討
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 遠田 敦
災害時要援護者を含む一時待機を考慮した安全避難情報の個別配信補助設備に関する研究
(財)日本消防設備安全セ ンター: 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
災害時要援護者に向けた災害覚知と不安軽減のための情報配信補助設備に関する研究
(財)日本消防設備安全センター: 
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月
ソーシャルネットワーキングサービスに投稿された記事に基づく都市・建築空間像の解析
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 渡辺仁史
建築空間における生活共存型ロボットの三次元配置に関する研究
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 渡辺秀俊