加藤 英明

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/16 02:40
 
アバター
研究者氏名
加藤 英明
 
カトウ ヒデアキ
URL
http://shizuokakameken.seesaa.net/
所属
静岡大学
部署
教育学部 - 教科教育学専攻
職名
講師
学位
博士(農学)(岐阜大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
2019年1月
生物多様性はままつ戦略改訂部会 専門委員
 
2015年7月
 - 
2019年3月
静岡市こども読書活動推進協議会委員 学識委員
 
2014年7月
 - 
2018年3月
体験型動物園iZoo国際希少動物繁殖等共同研究推進委員会 学識委員
 
2014年7月
 - 
2015年3月
巴川流域麻機遊水地自然再生協議会 人と自然との持続的な関わりづくりの会 副会長
 
2014年1月
 - 
2019年3月
静岡市生物多様性地域戦略専門家検討会 委員
 

論文

 
石垣島に生息するグリーンイグアナ(Iguana iguana)から得られた蟯虫類Ozolaimus megatyphlonの記録
吉田 圭太, 加藤 英明, 浅川 満彦
JVM獣医畜産新報   71(10) 758-759   2018年10月   [査読有り]
静岡県内の輸入されたカメ、トカゲ類から得られた線虫
吉田 圭太, 加藤 英明, 浅川 満彦
エキゾチックペット研究会誌   20 20-22   2018年9月   [査読有り]
教科専門大学教員による中学生を対象とした科学講座の効果と課題
小南陽亮, 本多和仁, 加藤英明, 延原尊美, 雪田聡
静岡大学教育実践総合センター紀要   ((28)) 117-120   2018年2月   [査読有り]
静岡県産アムールハリネズミErinaceus amurensis から得られた寄生虫
竹内 萌香, 加藤 英明, 浅川 満彦
日本野生動物医学会誌   22((3)) 47-50   2017年10月   [査読有り]
静岡市に生息するニホンアカガエルの現状とDNA多型に関する研究
加藤 英明
静岡大学教育学部研究報告(人文・社会・自然科学篇)   ((67)) 213-218   2017年3月   [査読有り]

Misc

 
静岡市麻機地域におけるホトケドジョウの生息状況と遺伝的地域特異性およびその教育教材としての利用
加藤 英明, 村瀬 亮太
静岡大学教育学部研究報告(人文・社会・自然科学篇)   ((69)) 225-230   2018年11月
静岡県公立学校におけるミシシッピアカミミガメTrachemys scripta elegansの飼育の現状に関する調査
加藤 英明
静岡大学教育実践総合センター紀要   ((28)) 121-124   2018年2月
小学校で飼育されていた淡水カメ類から得られた寄生虫
吉田 圭太, 加藤 英明, 浅川 満彦
爬虫両棲類学会報   2017((1)) 37-39   2017年5月
静岡県内で捕獲されたスウィンホーキノボリトカゲから得られた寄生線虫
吉田 圭太, 加藤 英明, 浅川 満彦
爬虫両棲類学会報   2017((1)) 39-41   2017年5月
インドネシアのカブトガニ類 (その2) カブトガニの分布はウェーバー線かウォレス線か
[責任著者]加藤 英明 [共著者]伊藤富夫
かぶとがに   (25) 10-17   2005年7月

書籍等出版物

 
ビバリウムガイド83号
加藤 英明ほか (担当:共著)
エムピージェー   2019年2月   
池の水をぬいた!ため池の外来生物がわかる本
加藤英明
徳間書店   2018年8月   
ビバリウムガイド82号
加藤 英明ほか (担当:共著)
エムピージェー   2018年8月   
危険SOS! 外来生物図鑑 知る! 見る! 捕まえる!
加藤英明
世界文化社   2018年7月   
図解大事典 超危険生物
加藤英明 (担当:監修)
新星出版社   2018年7月   

講演・口頭発表等

 
学校飼育動物カメ類の寄生虫を教材化する試み―「正しく感染症をおそれる」学習効果を期して
浅川満彦, 加藤英明
日本生物地理学会 2018年度大会   2018年4月   
飼育カメ類の寄生蠕虫保有状況とその問題点
吉田圭太, 加藤英明, 浅川満彦
第19回日本カメ会議   2018年3月   
静岡大学の生物保全実習地におけるニホンイシガメの繁殖の試み
赤堀みなみ, 種本怜, 岡田涼, 前川里奈, 加藤英明
第19回日本カメ会議   2018年3月   
市民参加型で行う外来カメ類の防除の効果
相垣梓, 木ノ内洸也, 内田萌友, 相島諒, 加藤英明
第19回日本カメ会議   2018年3月   
アカミミガメによるイネの食害の現状
嶋田真奈美, 堀川さつき, 加藤英明
第19回日本カメ会議   2018年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
淡水カメ類の現状から生物多様性を学ぶ教材教育プログラムの開発とその普及
若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月