國谷 紀良

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/18 09:41
 
アバター
研究者氏名
國谷 紀良
 
クニヤ トシカズ
所属
神戸大学
部署
大学院システム情報学研究科 システム科学専攻
職名
講師
学位
博士(数理科学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
神戸大学大学院 システム情報学研究科 講師
 
2013年4月
 - 
2014年3月
東京大学数物フロンティアリーディング大学院 教育支援員
 
2010年4月
 - 
2013年3月
日本学術振興会 特別研究員DC1
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
東京大学大学院 数理科学研究科 数理科学専攻  
 
2008年4月
 - 
2010年3月
早稲田大学大学院 基幹理工学研究科 数学応用数理専攻  
 
2004年4月
 - 
2008年3月
早稲田大学 理工学部 数理科学科  
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本応用数理学会  学会誌「応用数理」編集委員
 

受賞

 
2018年6月
日本応用数理学会 2017年度若手優秀講演賞
 
2016年9月
日本数理生物学会 研究奨励賞
 
2013年3月
東京大学大学院数理科学研究科 研究科長賞
 

論文

 
WANG Jinliang, WANG Jing, KUNIYA Toshikazu
Applied Mathematics and Computation   347 78-100   2019年4月   [査読有り]
KUNIYA Toshikazu, WANG Jinliang
Nonlinear Analysis: Real World Applications   43 262-282   2018年10月   [査読有り]
KUNIYA Toshikazu
Mathematics   6(9)    2018年8月   [査読有り]
KUNIYA Toshikazu, INABA Hisashi, YANG Junyuan
Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics   35(2) 669-706   2018年7月   [査読有り]
CHEKROUN Abdennasser, KUNIYA Toshikazu
Journal of Mathematical Analysis and Applications   463 1147-1168   2018年7月   [査読有り]

Misc

 
拡散項を含む年齢構造化SIS感染症モデルの解析
國谷 紀良
第36回発展方程式若手セミナー報告集   147-152   2014年

書籍等出版物

 
人口と感染症の数理:年齢構造ダイナミクス入門
ミンモ イアネリ, 稲葉 寿, 國谷 紀良 (担当:共著)
東京大学出版会   2014年5月   

講演・口頭発表等

 
時間遅れを持つ非局所的な造血幹細胞ダイナミクスの数理モデル解析
國谷 紀良
日本数学会2018年度年会   2018年3月   
再発を伴う感染症の数理モデリング:性器ヘルペス感染症の場合
國谷 紀良
第1回松江数理生物学・現象数理学ワークショップ   2017年12月   
Spectral approximation theory for the numerical computation of Ro in age-structured epidemic models
KUNIYA Toshikazu
Innovative Mathematical Modeling for the Analysis of Infectious Disease Data   2017年10月   
The semi-discretization method for numerical computation of the basic reproduction number Ro [招待有り]
KUNIYA Toshikazu
The Fourth International Workshop on Biomathematics Modelling and Its Dynamical Analysis   2017年10月   
構造化感染症モデルの安定性解析 [招待有り]
國谷 紀良
第27回日本数理生物学会年会   2017年10月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 國谷 紀良
科学研究費補助金/研究活動スタート支援
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 國谷 紀良