高谷 雄太郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/07 02:51
 
アバター
研究者氏名
高谷 雄太郎
 
タカヤ ユウタロウ
eメール
y-takayaaoni.waseda.jp
所属
早稲田大学
部署
理工学術院 創造理工学部
職名
講師(任期付)
学位
博士 (工学)(東京大学)
その他の所属
国立研究開発法人海洋研究開発機構千葉工業大学
科研費研究者番号
10636872

研究分野

 
 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
千葉工業大学 次世代海洋資源研究センター(ORCeNG) 招聘研究員
 
2017年8月
 - 
現在
国立研究開発法人海洋研究開発機構 招聘研究員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
早稲田大学 創造理工学部 助教
 
2014年4月
 - 
2015年3月
海洋研究開発機構 学振研究員 (PD)
 
2013年4月
 - 
2014年3月
東京大学大学院工学系研究科 特任研究員
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
東京大学大学院 工学系研究科 システム創成学専攻
 
2007年4月
 - 
2009年3月
東京大学大学院 工学系研究科 地球システム工学専攻
 
2003年4月
 - 
2007年3月
慶應義塾大学 理工学部 機械工学科
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
資源地質学会  評議員
 

受賞

 
2016年6月
資源地質学会 研究奨励賞
 
2012年8月
エスペック環境研究奨励賞
 

論文

 
Yutaro Takaya, Meiqi Wang, Koichiro Fujinaga, Etsuo Uchida, Tatsuo Nozaki, Yasuhiro Kato
Minerals   9(4) 239   2019年4月   [査読有り]
Takaya Yutaro, Wu Miao, Kato Yasuhiro
ACS EARTH AND SPACE CHEMISTRY   3(2) 285-294   2019年2月   [査読有り]
Yasukawa Kazutaka, Ohta Junichiro, Mimura Kazuhide, Tanaka Erika, Takaya Yutaro, Usui Yoichi, Fujinaga Koichiro, Machida Shiki, Nozaki Tatsuo, Iijima Koichi, Nakamura Kentaro, Kato Yasuhiro
ORE GEOLOGY REVIEWS   102 260-267   2018年11月   [査読有り]
Yoshino Soichi, Thornton Blair, Takahashi Tomoko, Takaya Yutaro, Nozaki Tatsuo
SPECTROCHIMICA ACTA PART B-ATOMIC SPECTROSCOPY   145 1-7   2018年7月   [査読有り]
Takaya Yutaro, Yasukawa Kazutaka, Kawasaki Takehiro, Fujinaga Koichiro, Ohta Junichiro, Usui Yoichi, Nakamura Kentaro, Kimura Jun-Ichi, Chang Qing, Hamada Morihisa, Dodbiba Gjergj, Nozaki Tatsuo, Iijima Koichi, Morisawa Tomohiro, Kuwahara Takuma, Ishida Yasuyuki, Ichimura Takao, Kitazume Masaki, Fujita Toyohisa, Kato Yasuhiro
SCIENTIFIC REPORTS   8    2018年4月   [査読有り]
Takaya Yutaro, Nakamura Kentaro, Kato Yasuhiro
RESOURCE GEOLOGY   68(1) 93-100   2018年1月   [査読有り]
Triassic marine Os isotope record from a pelagic chert succession, Sakahogi section, Mino Belt, southwest Japan
Tatsuo Nozaki, Takashi Nikaido, Tetsuji Onoue, Yutaro Takaya, Keiko Sato, Jun-Ichi Kimura, Qing Chang, Daisuke Yamashita, Honami Sato, Katsuhiko Suzuki, Yasuhiro Kato, Atsushi Matsuoka
Journal of Asian Earth Sciences: X   100004   2018年12月   [査読有り]
Nozaki Tatsuo, Takaya Yutaro, Toyofuku Takashi, Tokumaru Ayaka, Goto Kosuke T., Chang Qing, Kimura Jun-ichi, Kato Yasuhiro, Suzuki Katsuhiko, Augustin Adolpho Herbert, Kitazato Hiroshi
RESOURCE GEOLOGY   67(4) 442-450   2017年10月   [査読有り]
Haraguchi Satoru, Kimura Jun-Ichi, Senda Ryoko, Fujinaga Koichiro, Nakamura Kentaro, Takaya Yutaro, Ishii Teruaki
CONTRIBUTIONS TO MINERALOGY AND PETROLOGY   172(5)    2017年5月   [査読有り]
Nozaki Tatsuo, Ishibashi Jun-Ichiro, Shimada Kazuhiko, Nagase Toshiro, Takaya Yutaro, Kato Yasuhiro, Kawagucci Shinsuke, Watsuji Tomoo, Shibuya Takazo, Yamada Ryoichi, Saruhashi Tomokazu, Kyo Masanori, Takai Ken
SCIENTIFIC REPORTS   6    2016年2月   [査読有り]

Misc

 
髙谷 雄太郎
文芸春秋   96(7) 86-88   2018年7月
野崎 達生, 飯島 耕一, 藤永 公一郎, 中村 謙太郎, 髙谷 雄太郎, 安川 和孝, 大田 隼一郎, 加藤 泰浩
日本海水学会誌   70(2) 90-96   2016年
石井 輝秋, 町田 嗣樹, 飯島 耕一, 山本 浩文, 野崎 達生, 金子 純二, 大田 隼一郎, 藤永 公一郎, 安川 和孝, 下村 遼, 高谷 雄太郎, 南澤 智美, 藤島 恵介, 黒崎 智雄, 梅原 淑行
公益財団法人深田地質研究所年報 = Annual report   (17) 1-28   2016年
REY-rich mud: A deep-sea mineral resource for rare earths and yttrium
Nakamura, K., Fujinaga, K., Yasukawa, K., Takaya, Y., Ohta, J., Machida, S., Haraguchi, S. and Kato, Y.
Handbook on the Physics and Chemistry of Rare Earths   46 79-127   2015年
高谷 雄太郎, 野崎 達生
資源地質   61(3) 249-254   2011年12月

競争的資金等の研究課題

 
二酸化炭素の新規産業利用手法:炭酸塩鉱物化を利用した地盤改良技術の構築
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月
太陽系天体における水-岩石反応
研究期間: 2017年6月 - 2022年3月
本計画研究では、現在と過去の火星、エンセラダス、エウロパ、リュウグウ母天体を主要な研究対象とし、(1)リュウグウ母天体で起きていたと予想される水-岩石反応の予測と検証、(2)火星、エンセラダス、エウロパの海水化学組成の推定、(3)高温高圧下での水-岩石反応で発生する熱水組成の推定、(4)海底熱水環境と氷-海水境界における代謝可能エネルギーの推定、を目的としている。平成29年度は、リュウグウ母天体、火星、氷天体の水-岩石反応を模した実験・熱力学モデリングを開始した。渋谷(代表)は、リュウグウ...
層状鉄マンガン鉱床におけるレアアース回収手法の開発と資源ポテンシャル評価
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
本年度はまず,岐阜県根尾地域に分布する鉄マンガン鉱石の採取を行った.また,既に確保済みの高知県国見山地域,高知県安芸地域およびキプロスの鉄マンガン鉱石試料について,薄片観察,粉末X線回折(XRD),蛍光X線分析装置(XRF)および誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)を用いた基礎記載・全岩化学分析を行い,基礎データの蓄積を行った.さらに,これらの試料について(1) 試料の粒径,(2)リーチング液の種類,(3)リーチング時間,の条件を変えた化学リーチング実験(全120パターン)を行い,...
ドーソナイト形成・保存条件の解明に向けた包括的研究
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月
本研究は,ドーソナイトの形成・保存条件を明らかにすることで,二酸化炭素地中貯留の長期的な反応シミュレーションや,これに基づく安全性評価の精度向上を目的とする.さらに,ドーソナイトが観察される地域の,特異的な過去環境を明らかにすることも併せて目的とした.本年度は,野外調査によりドーソナイトの観察・採取を行うとともに,実験的にその合成を試みた.野外調査は,大阪府泉南市の和泉層群内にて行い,ドーソナイトを含む泥岩を採取した.現在,ドーソナイトの産状記載を行うとともに,母岩や他の炭酸塩鉱物 (方解...