松倉 啓太

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/07 09:25
 
アバター
研究者氏名
松倉 啓太
 
マツクラ ケイタ
所属
同志社大学
部署
スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科
職名
助教

経歴

 
2012年9月
 - 
2015年3月
筑波大学 体育系 特任助教
 
2011年2月
 - 
2012年1月
柏レイソル アカデミー コーチ
 
2010年2月
 - 
2011年1月
ベガルタ仙台 育成部 ゴールキーパーコーチ
 
2008年2月
 - 
2010年1月
横浜FC 育成部 ゴールキーパーコーチ
 

学歴

 
 
 - 
2014年
筑波大学 人間総合科学研究科 コーチング学専攻
 
 
 - 
2007年
筑波大学 人間総合科学研究科 体育学専攻
 
 
 - 
2005年
筑波大学 体育専門学群 
 

Misc

 
サッカーゴールキーパーのダイビング動作におけるシュートコースの違いに応じた地面反力発揮方向の変化を生むメカニズム
松倉 啓太
バイオメカニクス研究   18(4) 223-231   2015年4月   [依頼有り]
松倉 啓太
The Engineering of Sport 10   72 44-49   2014年   [査読有り]
松倉 啓太
Science & Football VII   249-254   2013年   [査読有り]
サッカーにおける得点力向上のためのランニングからのジャンプヘッドの指導に関する研究
松倉啓太
東京経済大学人文自然科学論集   133 69-88   2012年

講演・口頭発表等

 
Characteristics of lower limb force exertion during diving motions by collegiate male soccer goalkeepers.
World conference on science & soccer-WCSS2017 Rennes   2017年6月1日   
サッカーのスモールサイドゲームにおけるゲーム様相が 選手個々の体力的負荷に与える影響
松倉 啓太 小井土 正亮
日本コーチング学会第28回大会   2017年3月22日   
Characteristics of Movement and Force Exerted by Soccer Goalkeepers During Diving Motion
Keita, Matsukura; Takeshi, Asai; Keiko,Sakamoto
The 2014 Conference of the International Sports Engineering Association   2014年7月   
サッカーのゴールキーパーにおけるダイビング動作の力発揮特性
松倉 啓太 浅井 武
日本フットボール学会 10th Congress   2012年12月23日   
AREA COVERED BY DIVING ACTION PERFORMANCE BY SOCCER GOALKEEPERS
Ⅶth World Congress on Science & Football   2011年6月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
サッカーゴールキーパーのダイビング動作時における下肢の力発揮特性
筑波大学ヒューマンハイパフォーマンス先端研究センター: 平成30年度ARIHHP研究プロジェクト
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 松倉 啓太
サッカーゴールキーパーのダイビング動作分析からみるパフォーマンス向上の要素の解明
日本学術振興会: 科学研究費 若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 松倉 啓太