大江 知之

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/14 09:57
 
アバター
研究者氏名
大江 知之
 
オオエ トモユキ
ハンドル
handle00013036
所属
慶應義塾大学
部署
薬学部薬科学科
職名
准教授
学位
博士(薬学)(東京大学)
科研費研究者番号
30624283

研究分野

 
 

経歴

 
1996年4月
 - 
1997年3月
日本学術振興会 特別研究員
 
1997年
 - 
1999年
万有製薬株式会社(MSD) つくば研究所 創薬研究所
 
1999年
 - 
2000年
Merck Research Laboratories(West Point, PA, USA)
 
2000年
 - 
2009年
万有製薬株式会社(MSD) つくば研究所 薬物動態研究所
 
2009年
 - 
2011年
大鵬薬品工業株式会社 創薬センター 分子標的薬研究所
 

学歴

 
 
 - 
1997年3月
東京大学 薬学系研究科 生命薬学
 

委員歴

 
2017年4月
   
 
慶應義塾  学生相談室芝共立キャンパス兼担カウンセラー
 
2017年10月
   
 
慶應義塾  芝共立キャンパスITC所長
 
2014年4月
   
 
慶應義塾大学薬学部  CBT実施委員長
 

論文

 
Synthesis of novel benzbromarone derivatives designed to avoid metabolic activation
Ohe T, Umezawa R, Kitagawara Y, Yasuda D, Takahashi K, Nakamura S, Abe A,Sekine S, Ito K, Okunushi K, Morio H, Furihata T, Anzai N, Mashino T.
Bioorg Med Chem Lett   28 3708-3711   2018年12月   [査読有り]
Discovery of benzo[g]indoles as a novel class of non-covalent Keap1-Nrf2 protein-protein interaction inhibitor
Yasuda, D., Yuasa, A., Obata, R., Nakajima M., Takahashi, K., Ohe, T., Ichimura, Y., Komatsu, M., Yamamoto, M., Imamura, R., Kojima, H., Okabe, T., Nagano, T., and Mashino, T.
Bioorg Med Chem Lett   27(22) 5006-5009   2017年11月   [査読有り]
alpha-Tocopherol attenuates the anti-tumor activity of crizotinib against cells transformed by NPM-ALK
Uchihara Y, Ueda F, Tago K, Nakazawa Y, Ohe T, Mashino T, Yokota S, Kasahara T, Tamura H, and Funakoshi-Tago M
PLOS ONE   12(8) e0183003   2017年8月
Synthesis of Keap1-phosphorylated p62 and Keap1-Nrf2 protein-protein interaction inhibitors and their inhibitory activity
Yasuda, D., Nakajima, M., Yuasa, A., Obata, R., Takahashi, K., Ohe, T., Ichimura, Y., Komatsu, M., Yamamoto, M., Imamura, R., Kojima, H., Okabe, T., Nagano, T., and Mashino, T.
Bioorg Med Chem Lett   26(24) 5956-5959   2016年12月   [査読有り]
Preparation and antioxidant/pro-oxidant activities of 3-monosubstituted 5-hydroxyoxindole derivatives
Yasuda, D., Takahashi, K., Ohe, T., Nakamura, S., and Mashino, T.
J Clin Biochem Nutr   59(3) 165-173   2016年11月

Misc

 
アカデミアにおける Hit-to-Lead の実践 ~Keap1-Nrf2 タンパク間相互作用阻害剤の創製~
安田大輔,小畠りか,高橋恭子,大江知之,増野匡彦
薬学雑誌   138(8) 1059-1065   2018年8月   [査読有り]
ヒトや野生生物における医薬品、環境化学物質の安全性評価の精度向上にむけて -代謝的活性化、種差、エピジェネティクスの観点から 肝毒性を示す医薬品の代謝活性化機構の解析とそれに基づいた創薬戦略
大江知之, 高橋恭子, 中村成夫, 増野匡彦
薬学雑誌   137(3) 249-255   2017年3月   [査読有り]
反応性代謝物とその評価.
Ohe T.
日本薬理学雑誌   134 338-341   2009年12月
Evaluation of drug interactions with P-glycoprotein in drug discovery: in vitro assessment of the potential for drug-drug interactions with P-glycoprotein.
Hochman JH, Yamazaki M, Ohe T, Lin JH.
Curr Drug Metab   3 257-273   2002年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
化学系薬学Ⅱ 生体分子・医薬品の化学による理解
日本薬学会編 (担当:分担執筆, 範囲:SBO19, 20, 41)
東京化学同人   2016年3月   
フラーレン誘導体・内包技術の最前線.
Ohe T, Mashino T. (担当:共著, 範囲:237-247)
シーエムシー出版, 東京   2014年4月   
創薬研究のストラテジー.
岩尾洋, 飯野正光, 赤池昭紀監修. (担当:共著, 範囲:232-239)
金芳堂, 日本   2012年2月   

講演・口頭発表等

 
Synthesis and biological evaluation of novel nevirapine analogs designed to avoid metabolic activation
Yasuhiro Tateishi, Tomoyuki Ohe, Kyoko Takahashi, Shigeo Nakamura, Tadahiko Mashino
2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX   2018年10月4日   
新規アザフレロイド誘導体の合成と HCV RNA ポリメラーゼ阻害活性
薮内大貴、片岡裕樹、高橋 恭子、中村 成夫、大江 知之、増野 匡彦
第62回日本薬学会関東支部大会   2018年9月15日   
がん細胞増殖抑制効果を有するカチオン型フラーレン誘導体による活性酸素産生およびその構造活性相関
池田 瞳、安田 大輔、高橋 恭子、中村 成夫、大江 知之、増野 匡彦
第62回日本薬学会関東支部大会   2018年9月15日   
銅触媒を用いた脱フッ素ホウ素化反応を鍵とするアミド医薬品のフルオロアルケンミミック化合物合成と その評価
丹羽節、植竹裕太、磯田紀之、大江知之、安田大輔、増野匡彦、細谷孝充
日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会   2018年6月12日   
抗がん剤耐性克服を志向したKeap1-リン酸化p62タンパク質間相互作用阻害剤の創薬研究
安田大輔、中島真央、大江知之、高橋恭子、小松雅明、一村義信、山本雅之、 今村理世、小島宏建、岡部隆義、長野哲雄、増野匡彦
第71回日本酸化ストレス学会   2018年5月18日   

競争的資金等の研究課題

 
次世代測定技術を用いた生体内オートファジー動態解析
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 小松 雅明
成功確率の高いリード創出を支援する高機能ADMET評価基盤の構築
日本医療研究開発機構: 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 増野匡彦
神経細胞死保護作用を有するテトラロン型新規パーキンソン病治療薬の創製
日本医療研究開発機構: 橋渡し研究戦略的推進プログラム シーズ A
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 増野匡彦
肝障害を有する医薬品の代謝活性化機構の解明とそれを基盤にした低毒性医薬品の創製
公益財団法人篷庵社: 研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 大江知之
肝毒性を示す医薬品の代謝活性化機構の解明とそれを基盤にした改良型医薬品の創製
文部科学省: 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 大江知之

特許

 
特願2013-030455 : 潰瘍性大腸炎の予防または治療剤と新規フラーレン誘導体
堤康央、吉岡靖雄、東阪和馬、増野匡彦、大江知之、山名修一、青島央江
WO2014/129513 : 潰瘍性大腸炎の予防または治療剤と新規フラーレン誘導体
堤康央、吉岡靖雄、東阪和馬、増野匡彦、大江知之、山名修一、青島央江