若林 利男

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:12
 
アバター
研究者氏名
若林 利男
 
ワカバヤシ トシオ
eメール
toshio.wakabayashiqse.tohoku.ac.jp
所属
東北大学
部署
大学院工学研究科・工学部
職名
教授
学位
工学博士(東北大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1973年3月
東北大学 工学研究科 原子核工学専攻
 
 
 - 
1971年3月
東北大学 工学部 原子核工学科
 

委員歴

 
2008年7月
 - 
現在
日本原子力学会 国際活動委員会  委員
 
2005年11月
 - 
現在
日本原子力学会 「分離変換サイクル」研究専門委員会  委員
 
2005年10月
 - 
現在
日本原子力学会 「核燃料サイクルにおける物質利用」研究専門委員会  委員
 
2004年4月
 - 
現在
日本原子力学会 「先端科学と原子力技術」研究専門委員会  委員
 
2007年7月
 - 
2009年6月
日本原子力学会  編集委員会 委員
 

論文

 
T. Wakabayashi
Progress in Nuclear Energy   40 457-464   2002年3月   [査読有り]
Feasibility Studies on Plutonium and Minor Actinide Burning in Fast Reactors
T. Wakabayashi, K. Takahashi and T. Yanagisawa
Nuclear Technology   118 14-25   1997年4月   [査読有り]
M. Yamaoka and T. Wakabayashi
Nuclear Engineering and Design   154 239-250   1995年1月   [査読有り]
T. Wakabayashi, H. Mochizuki, H. Midorikawa, Y. Hayamizu and T. Kitahara
Nuclear Engineering and Design   103 151-164   1987年4月   [査読有り]
Critical Experiments on Gadolinium Poisoned Cluster-Type Fuel Assemblies in Heavy Water Lattices
Toshio Wakabayashi and Isao Minatsuki
Nuclear Science and Engineering   83 50-62   1983年1月   [査読有り]

Misc

 
我が国におけるプルトニウム利用-各炉型における利用特性-
竹田敏一、若林利男、古澤厚文、安積聡、古田照夫、速水義孝、松本光雄、林卓、鈴木惣十、西田優顕、稲垣達敏、高野秀機
日本原子力学会誌   37 561-583   1995年7月
向山武彦、平川直弘、高橋博、滝塚貴和、木村逸郎、小川徹、小泉益通、小寺正俊、安俊弘、若林利男、原田秀男、高木直行、井上正
日本原子力学会誌   37 159-193   1995年3月
チェルノブイル原発事故 ソ連発表改善策の技術的評価
若林利男、速水義孝
原子力工業   33 49-58   1987年4月
チェルノブイル原子力発電所の事故シナリオに関する考察―原子炉出力の異常な上昇から黒鉛火災に至るまでー
石川迪夫、若林利男、塩沢周策、望月弘保、大西信秋
原子力工業   32 17-31   1986年12月

書籍等出版物

 
エネルギー便覧(資源編)
飯田義正,飯田義正、池本一郎、石堂昭夫、岡崎博、岡田光浩、岡野邦彦、若林利男他 (担当:共著, 範囲:II編6章 254頁~255頁)
日本エネルギー学会編、コロナ社   2004年5月   
エネルギー便覧(プロセス編)
相原賢治、青木栄治、飯田義正、池本一郎、石堂昭夫、岡崎博、岡田光浩、岡野邦彦、小木知子、若林利男他 (担当:共著, 範囲:9.4節 426頁~429頁)
2005年4月   
Actinide and Fission Product Partitioning and Transmutation –Status and Assessment Report
L.H.Baestle, T. Mukaiyama, T. Wakabayashi, et al. (担当:共編者, 範囲:Part II, Chapter 2.3, 2.4, 3.1.1, 3.2.2.1)
OECD/NEA   1999年5月   
消滅処理研究の現状-新しい原子力技術の可能性を求めて
安成弘、向山武彦、若林利男他 (担当:共著, 範囲:第2.1章2)、第6.1章、第6.3章2)、5)、6))
日本原子力学会   1994年8月   
総説 分離変換工学
井上正、代谷誠治、横尾健、池上哲雄、大井川宏之、大久保良幸、三田敏男、関本博、高野秀樹、高木直行、瀧塚貴和、若林利男、荒井康夫、小川徹、小澤正基、北本朝史、木下賢介、久保田益充、桑子彰、駒義和、坂村義治、竹下健二、中島靖雄、難波隆司、藤田玲子、森田泰治、湊和生、岡嶋成晃、篠原伸夫、中川庸雄、大江俊昭、塩月正雄、中山真一、向山武彦 (担当:共著)
日本原子力学会   2004年2月   

講演・口頭発表等

 
Status and Assessment Report on Actinide and Fission Product Partitioning and Transmutation
L.H. Baestle, S. Sakurai
the 5th OECD/NEA Information Exchange Meeting on Actinide and Fission Product Partitioning and Transmutation   1998年11月25日   
Status of Transmutation Studies in a Fast Reactor at JNC
the 5th OECD/NEA Information Exchange Meeting on Actinide and Fission Product Partitioning and Transmutation   1998年11月25日   
High level waste incineration and Pu management by recycling in LMFRs
K. Ono
Workshop on the Back-End of the Fuel Cycle in a 1000GWe Nuclear Scenario   1998年10月6日   
Measurement of Fission Cross Sections of Minor Actinides at YAYOI Reactor
S. Ohki, Y. Ohkawachi, M.Yamawaki and K. Yamaguchi
International Conference on Future Nuclear Systems   1997年10月5日   
Measurement of Fission Cross Sections for Nuclear Transmutation on Am-241, Am-242m and Am-243 Using Lead Slowing-Down Spectrometer
K. Kobayashi, S. Yamamoto, T. Kai, Y.Fugita, I. Kimura, M. Miyoshi, I. Kanno, Y. Ohkawachi and S. Ohki
International Conference on Future Nuclear Systems   1997年10月5日   

特許

 
US Patent 6233299 : Assembly for transmutation of a long-lived radioactive material
Wakabayashi , Toshio
FR2784220 : Ensemble pour la transmutation d’une matiere radioactive a longue duree de vie et cœur de réacteur charge de tells ensembles
Wakabayashi , Toshio
2869312 : 超長寿命高速炉用炉心
2668643 : マイナーアクチニド核種の消滅処理方法
2668646 : 高速炉炉心

社会貢献活動

 
核燃料サイクルと核不拡散
【その他】  2007年3月6日
八戸商工会議所、原子力文化振興財団
核燃料サイクルの現状と今後の展望
【その他】  2006年10月25日
六ヶ所村役場
原子力をめぐる最近の話題
【その他】  2006年10月13日
北秋田市公民館、原子力文化振興財団
原子力発電について、 主催:原子力文化振興財団
【その他】  2006年7月21日
白石中学校での講演
エネルギーに関する講演会 主催:弘前商工会議所、資源エネルギー庁
【その他】  2006年3月17日
核燃料サイクルの現状について講演