NAGASAWA Kazue

J-GLOBAL         Last updated: Jun 17, 2019 at 14:54
 
Avatar
Name
NAGASAWA Kazue
E-mail
kazue.nagasawa.d6tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/fd02f346a560dbd1d864517877fee666.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Agriculture Division of Biological Resource Sciences Department of Applied Aquatic Bio-Science Laboratory of Aquacultural Biology
Job title
Assistant Professor
Degree
Marine Science(Tokyo University of Marine Science and Technology)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2009
 - 
Sep 2013
Doctoral research fellow, Faculty of Biosciences and Aquaculture, University of Nordland
 

Awards & Honors

 
Mar 2017
分子マーカーによる水産上有用魚貝類の生殖細胞の同定に関する研究, 日本水産学会 水産学奨励賞, 日本水産学会
 
Sep 2015
ホタテガイvasa 遺伝子の同定, 日本水産学会 東北支部長賞, 日本水産学会東北支部
 
May 2006
精原細胞EST解析による細胞表面抗原マーカーの同定 −特異抗体を用いた魚類生殖細胞の単離を目指して−, マリンバイオテクノロジー学会 特別ポスター賞, マリンバイオテクノロジー学会
 

Published Papers

 
Thitiphuree T, Nagasawa K, Osada M
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology   186 22-33   Sep 2018   [Refereed]
Nagasawa K, Thitiphuree T, Osada M
Animals : an open access journal from MDPI   9(5)    May 2019   [Refereed]
Nagasawa K, Matsubara S, Satake H, Osada M
General and comparative endocrinology      Jun 2019   [Refereed]
Nagasawa, K, Sarropoulou, E, Edvardsen, V, Fernandes, J.M.O
PLoS ONE   11(2) e0148374   2016   [Refereed]
Nagasawa K, Ishida M, Octavera A, Kusano K, Kezuka F, Kitano T, Yoshiura Y, Yoshizaki G
Biology of reproduction   100(2) 535-546   Sep 2018   [Refereed]

Misc

 
Kazue Naqasawa
Nippon Suisan Gakkaishi   83 558-561   Jul 2017
Makoto Osada, Kazue Nagasawa, Ayami Sekizawa
Nippon Suisan Gakkaishi (Japanese Edition)   84 1070-1073   Jan 2018
尾定誠、長澤一衛、高橋大介、高橋計介、伊藤直樹
日本水産学会誌   82(2) 151-151   Jan 2016
震災後の宮城県雄勝湾における養殖ホタテガイの成育状況と新たな二枚貝類の人為催熟技法の開発
長澤一衛、高橋大介、大内仁志、伊藤直樹、高橋計介、尾定誠
日本水産学会東北支部会報   66 10-10   Mar 2016
Alavi S.M.H., Nagasawa, K., Takahashi, K.G., Osada, M.
Serotonin - A Chemical Messenger Between All Types of Living Cells      Jul 2017

Books etc

 
Nagasawa K., Lazado C.C. & Fernandes J.M.O. (Part:Joint Work, Validation of endogenous reference genes for qPCR quantification of muscle transcripts in Atlantic cod subjected to different photoperiod regimes)
InTech   Jan 2012   ISBN:978-953-307-974-5

Conference Activities & Talks

 
マーカー分子を利用した水産生物における生殖細胞の可視化
平成29年度日本水産学会東北支部例会受賞講演   16 Feb 2018   
二枚貝類の繁殖生理機構
第55回東北大学農学カルチャー講座   20 Jan 2018   
ホタテガイGnRH受容体の機能解析
長澤一衛・松原伸・佐竹炎・尾定誠
第42回日本比較内分泌学会およびシンポジウム   17 Nov 2017   
ホタテガイ養殖漁場におけるMODISデータを用いたクロロフィルa濃度推定
関澤彩眞・米澤千夏・高橋大介・長澤一衛・尾定誠
第26回地理情報システム学会研究発表大会   28 Oct 2017   
Gametogenesis and mRNA expression of steroidogenic enzyme genes during reproductive cycle in Japanese scallop
Thitiphuree T., Nagasawa K., Osada M.
18th International Congress of Comparative Endocrinology   4 Jun 2017   
Characterization and possible functions of gonadotropin-releasing hormone-like peptides in bivalve
Nagasawa K., Thitiphuree T., Osada M.
18th International Congress of Comparative Endocrinology   4 Jun 2017   
マガキの胚 ・幼生発におけるモノアミン動態とGnRH
木谷 賛・内木敏人・加藤元一・長澤一衛・TongchaiThitiphuree・関澤彩眞・尾定 誠
平成29度東北マリンサイエンス拠点形成事業全体会議   27 May 2017   
マガキモノアミン生合成酵素遺伝子のモノアミン生合成酵素遺伝子のcDNAクローニング
馬上大祐・Tongchai Thitiphuree・関澤彩眞・長澤一衛・尾定誠
平成29度東北マリンサイエンス拠点形成事業全体会議   27 May 2017   
宮城県沿岸域ホタテガイ養殖場におけるMODIS MODISMODIS データを用いたクロフィルa濃度推定
関澤彩眞・米澤千夏・高橋大介・長澤一衛・尾定誠
平成29度東北マリンサイエンス拠点形成事業全体会議   27 May 2017   
養殖ホタテガイにおける性の可塑性と性分化マーカーの単離
長澤一衛・Tongchai Thitiphuree・尾定誠
平成29度東北マリンサイエンス拠点形成事業全体会議   27 May 2017   

Patents

 
WO2009-118778 : 魚類未成熟細胞表面特異的タンパク質を利用した、魚類未成熟生殖細胞の分離方法
吉崎 悟朗、長澤 一衛
2008-263967 : 魚類のVasa遺伝子を用いた生殖細胞マーカー
吉崎 悟朗、竹内 裕、長澤 一衛、樋口 健太郎、壁谷 尚樹、森田 哲朗

Others

 
Oct 2016   二枚貝類の種苗生産高度化を目指したホルモン投与法の開発
申請者らはホルモン投与による海産二枚貝類の性成熟の制御を目的として研究を行っている。しかし、これまで開発した投与法は斃死率が高く、本法が海産二枚貝類に対する最適なホルモン投与法とは言えない状況である。したがって本研究では高い生残率を保ちつつ、持続的なホルモンの供給が可能な投与法を見出すことを目的とする。