矢島 秀伸

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/24 00:55
 
アバター
研究者氏名
矢島 秀伸
 
ヤジマ ヒデノブ
eメール
yajimaccs.tsukuba.ac.jp
URL
https://www2.ccs.tsukuba.ac.jp/Astro/Members/yajima/
所属
筑波大学
部署
計算科学研究センター
職名
准教授
学位
物理学博士 (物理学)(筑波大学), 物理学修士 (物理学)(筑波大学)
科研費研究者番号
10756357

研究分野

 
 

経歴

 
2018年6月
 - 
現在
筑波大学 計算科学研究センター 准教授
 
2015年4月
 - 
2018年5月
東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教
 
2014年11月
 - 
2015年3月
大阪大学 宇宙地球科学専攻 特任助教
 
2013年6月
 - 
2014年11月
英国エディンバラ大学 Institute for Astronomy 博士研究員
 
2010年4月
 - 
2013年6月
米国ペンシルバニア州立大学 Department of Astronomy and Astrophysics 博士研究員
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
筑波大学 大学院数理物質科学研究科 物理学専攻
 
2005年4月
 - 
2007年3月
筑波大学 大学院数理物質科学研究科 物理学専攻
 

論文

 
Stellar mass dependence of the 21-cm signal around the first star and its impact on the global signal
Toshiyuki Tanaka, Kenji Hasegawa, Hidenobu Yajima, Masato I. N. Kobayashi, Naoshi Sugiyama
Monthly Notices of the Royal Astronomical Society   480(2) 1925-1937   2018年10月   [査読有り]
Detectability of the 21-cm signal during the epoch of reionization with 21-cm Lyman α emitter cross-correlation - I
Kenji Kubota, Shintaro Yoshiura, Keitaro Takahashi, Kenji Hasegawa, Hidenobu Yajima, Masami Ouchi, B. Pindor, R. L. Webster
Monthly Notices of the Royal Astronomical Society   479(2) 2754-2766   2018年9月   [査読有り]
Stunted accretion growth of black holes by combined effect of the flow angular momentum and radiation feedback
Kazuyuki Sugimura, Takashi Hosokawa, Hidenobu Yajima, Kohei Inayoshi, Kazuyuki Omukai
Monthly Notices of the Royal Astronomical Society   478(3) 3961-3975   2018年8月   [査読有り]
Modelling of Lyman-alpha emitting galaxies and ionized bubbles at the epoch of reionization
Hidenobu Yajima, Kazuyuki Sugimura, Kenji Hasegawa
Monthly Notices of the Royal Astronomical Society   477(4) 5406-5421   2018年7月   [査読有り]
SILVERRUSH. VI. A simulation of Lyα emitters in the reionization epoch and a comparison with Subaru Hyper Suprime-Cam survey early data
Akio K. Inoue, Kenji Hasegawa, Tomoaki Ishiyama, Hidenobu Yajima, Ikkoh Shimizu, Masayuki Umemura, Akira Konno, Yuichi Harikane, Takatoshi Shibuya, Masami Ouchi, Kazuhiro Shimasaku, Yoshiaki Ono, Haruka Kusakabe, Ryo Higuchi, Chien-Hsiu Lee
Publications of the Astronomical Society of Japan   70(3) 55   2018年6月   [査読有り]

Misc

 
ライマンアルファ輝線輻射輸送計算で探る銀河形成
Hidenobu Yajima
天文月報      2015年12月

講演・口頭発表等

 
Panchromatic study of the first galaxiesin cosmological simulations
矢島 秀伸
IAU Symposium 341, PanModel 2018: Challenges in Panchromatic Galaxy Modelling with Next Generation Facilities   2018年11月   
Formation of Lyα emitting galaxies in overdense regions at the epoch of reionization [招待有り]
矢島 秀伸
Tokyo Spring Cosmic Lyman-Alpha Workshop   2018年3月   
銀河形成シミュレーションにおけるガス・星形成・フィードバックの物理 [招待有り]
矢島 秀伸
第4回銀河進化研究会   2017年6月   
Cosmological simulation of high-redshift galaxies in the epoch of reionization [招待有り]
矢島 秀伸
Ultimate-Subaru Science Workshop 2016   2016年6月   
初代銀河内での大質量ブラックホール形成
第28回理論懇シンポジウム『宇宙における天体形成から生命まで』   2015年12月   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
高分解能数値シミュレーションで迫る初期宇宙の銀河進化メカニズム:多様性の解明へ
日本学術振興会: 科研費若手研究A
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 矢島 秀伸
ライマンアルファ輻射流体計算による初代銀河形成過程の解明
基礎科学研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年6月
輻射流体数値シミュレーションで解き明かす初代銀河形成過程
日本学術振興会: 科研費研究活動スタート支援
研究期間: 2015年8月 - 2017年3月    代表者: 矢島 秀伸
初代銀河と共存する初代星の形成メカニズムの理論的研究
日本学術振興会: 科研費新学術領域研究(研究領域提案型)
代表者: 矢島 秀伸

その他

 
2016年1月   重元素を含むガス雲内におけるブラックホールの成長
宇宙初期において超巨大ブラックホールが見つかっている。しかしながら、ブラックホールがどのようにガスを吸収し、質量が大きくなるのかはいまだ理解されていない。特に、銀河中心付近では超新星爆発により重元素ガス、それらが固体になったダストが存在する。このダストはブラックホール降着円盤から放射される光を効率良く吸収し、それによってガスダイナミクスにも大きく影響を与える可能性がある。我々は数値シミュレーションにより、ダストが及ぼすガスダイナミクスへの影響、ブラックホール成長過程を調べている。