KAVANAGH BARRY

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/16 19:56
 
アバター
研究者氏名
KAVANAGH BARRY
 
ガヴアナ バリー
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/119d2db71b776c38ae927944ebfb52cc.html
所属
東北大学
部署
高度教養教育・学生支援機構 教育内容開発部門 言語・文化教育開発室
職名
講師
学位
博士(国際文化、東北大学)(東北大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2016年10月
 - 
2016年11月
Communication quarterly  査読者
 
2016年6月
   
 
International Conference on Intercultural Pragmatics and Communication  Conference chair
 
2012年11月
 - 
2013年3月
JALT Pragmatics SIG  査読者
 

受賞

 
2013年11月
青森保健大学 青森保健大学 学長賞受賞 研究部門
受賞者: 学長賞受賞 研究部門
 

論文

 
The balanced bilingual child: Is it akin to the quest for the holy grail?
Barry Kavanagh
東北大学言語・文化教育センター年報   (2) 25-27   2017年3月   [査読有り]
Does having an older sibling support or hinder the development of bilingualism in younger siblings? : A case study of British and Japanese families
Barry Kavanagh
国際文化研究   23 211-226   2017年3月   [査読有り]
日本及び英国在住日系国際児のエスニックアイデンティティについて大会プロシーディング
Barry Kavanagh
The Japanese Society for Language Sciences 18th Annual International Conference.   18 214-216   2016年6月   [査読有り]
Native speakerism and English language education in Japan
Barry Kavanagh
高度教養教育・学生支援機構紀要   2    2016年6月   [査読有り]
Building for a better TOEFL future
Barry Kavanagh
東北大学平成27年度TOEFL ITPテスト実施報告書      2016年4月   [招待有り]

講演・口頭発表等

 
A contrastive analysis of bicultural children’s identity and bilingual development within the UK and Japan
1st INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOCIOLINGUISTICS Insights from Superdiversity, Complexity and Multimodality.Eötvös Loránd University, Budapest.   2016年9月6日   
A Cross-Linguistic Study Of Object Classification and Perception within Bicultural Bilingual Children Living in the UK and Japan
The 7th International Conference on Intercultural Pragmatics and Communication INPRA. University of Split (Croatia)   2016年6月10日   
日本及び英国在住日系国際児のエスニックアイデンティティについて
The Japanese Society for Language Sciences 18th Annual International Conference.   2016年6月4日   
Sociolinguistic factors that influence the bringing up of biracial bilingual child in England and Japan
1st Bristol Postgraduate Conference on Language and Society Clifton Hill House, University of Bristol. 4th March 2016.   2016年3月4日   
英国在住日系国際児のバイリンガル育成に関する要因
第26回第二言語習得研究会(JASLA)全国大会2015年12月19日—20日 東北大学(川内キャンパス)   2015年12月19日   

競争的資金等の研究課題

 
社会言語学、英語学、応用言,バイリンガリズム
科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 現在

社会貢献活動

 
Teacher interviews and cultural exchange / talk on Japanese culture (UK primary school)
【その他】  2017年2月20日
Teacher interviews regarding Japanese / UK education and cultural exchange with students
Team teaching / professional teacher exchange (UK primary school)
【その他】  2017年2月10日
Team teaching /teacher interviews
International collaboration through content and language integrated learning. Yamagata University.
【その他】  2016年9月24日
This presentation gives an account of a Karate and culture course carried out at Tohoku University that was created for English native speaking foreign exchange students and advanced level Japanese English language learners.
Took University Open Campus English language demo lesson
【その他】  2015年7月29日
Demonstration of English language lesson at Tohoku University.
2014年8月 第19回ケア付きねぶた”じょっぱり隊”
【その他】  2014年8月
ボランティア

その他

 
2015年4月   栄養バランス、子供の生活、喫煙
Examination of the relationship between smoking mothers and their children's lifestyle