KUJIRAI Ayaki

J-GLOBAL         Last updated: Sep 4, 2017 at 16:44
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Researcher, Tohoku University Graduate School of Arts and Letters
 

Education

 
 
 - 
2015
Graduate School, Division of Letters, Tohoku University
 
 
 - 
2011
Graduate School, Division of Letters, Tohoku University
 
 
 - 
2009
Faculty of Law and Literature, Ehime University
 

Misc

 
[書評]山崎誠(編)(2014)『講座日本語コーパス 2 書き言葉コーパス―設計と構築―』朝倉書店
鯨井綾希
計量国語学   30(7) 427-433   2016
日本語母語話者と中国人・韓国人学習者に見られる文章展開の差異―「物語紹介」の文脈に注目して―
鯨井綾希
言語科学論集   (20) 37-50   2016
同一名詞のくり返しが生じる文章展開-接続表現を指標とした分析-
鯨井綾希
文化   78(3・4) 78-97   2015
連文における名詞句のくり返しの形式分類
鯨井綾希
言語科学論集   (18) 39-50   2014
文章中の内容展開と用語類似度の変化との対応関係-接続表現の前後文脈に注目した分析-
鯨井綾希
国語学研究   53 59-75   2014

Conference Activities & Talks

 
前接名詞に基づく助詞の類似度から見た日本語母語話者と中国人・韓国人学習者の文体差
バリ日本語教育国際研究大会(Bali ICJLE 2016)   2016   
接続表現の前後文脈における同一語句のくり返し量の変動
日本語学会2014年度春季大会   2014   
反復語の使用実態から見る話し言葉と書き言葉の連続性
第1回コーパス日本語学ワークショップ   2012   
名詞の反復的使用と文章の性質との関係性について
社会言語科学会第28回大会   2011   
品詞構成の変動が文章に与える影響について
日本文芸研究会第63回研究発表大会   2011   

Works

 
日本語母語話者/学習者の語彙運用上の差異の解明―コーパスと計量分析を活用して―
2015 - 2017