久米祐介

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/16 12:43
 
アバター
研究者氏名
久米祐介
所属
藤田保健衛生大学
部署
医学部 医学科 英語
職名
講師
学位
博士(文学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
近代英語協会  編集委員
 
2017年4月
 - 
現在
名古屋大学英文学会  編集委員
 
2014年4月
 - 
2017年3月
日本英文学会中部支部  編集委員
 

論文

 
From Manner Cognate Object to Predicate Nominal: A Syntactic Change in the History of English
Yusuke Kume
IVY   48 81-106   2015年11月   [査読有り][招待有り]
同族目的語構文の歴史的発達
久米祐介
近代英語研究   (31) 19-43   2015年7月   [査読有り][招待有り]
A Corpus-based Analysis of the Historical Change of Cognate Objects in English
Yusuke Kume
Linguistics and Philology   33 21-34   2014年
中学英語カリキュラムにおける生成文法理論の適用について
久米祐介, 茨木正志郎
日本福祉大学全学教育センター紀要   2 41-52   2014年
Have/Take an N構文について
久米祐介
JELS   30 118-124   2013年   [査読有り]
A Synchronic and Diachronic Study of Light Verbs in English: With Special Reference to Grammaticalization
Yusuke Kume
   2012年3月
A Diachronic Approach to Have a N Construction
Yusuke Kume
Linguistics and Philology   31 33-56   2012年
On the Complement Structures and Grammaticalization of See as a Light Verb
Yusuke Kume
English Linguistics   28(2) 206-221   2011年   [査読有り]
A Minimalist Approach to Complex Verbs in English
Yusuke Kume
Linguistics and Philology   30 17-30   2011年
二重動詞構文の歴史的発達とCOME/GO動詞の文法化について
久米祐介
中部英文学   29 115-118   2011年
知覚動詞seeの軽動詞用法について
久米祐介
JELS   28 75-81   2011年   [査読有り]
A Diachronic Analysis of Periphrastic Causative Constructions in English
Yusuke Kume
Linguistics and Philology   29 19-35   2010年
On Double Verb Constructions in English: With Special Reference to Grammaticalization
y
English Linguistics   26(1) 132-149   2009年   [査読有り]
On Double Verb Constructions in English
Yusuke Kume
Linguistics and Philology   28 57-86   2009年
A Syntactic Approach to the Double Verb Construction in English
Yusuke Kume
   2008年3月
On a COME/GO Verb in VV Constructions
yusuke kume
Linguistics and Philology   27 89-104   2008年

Misc

 
Review:Peter Petre (2014) Constructions and Environments: Copular, Passive and Related Constructions in Old and Middle English
久米祐介
English Linguistics   33(2) 580-590   2017年3月   [査読有り]
軽動詞構文と同族目的語構文における叙述名詞の発達について
久米祐介
第87回大会Proceedings      2015年9月
Review: David Denison, et al. (eds.), Analysing Older English
kume yusuke
Studies in English Literature   (56) 193-202   2015年3月   [査読有り][依頼有り]
同族目的語構文の統語・意味変化について
久米祐介
第86回大会Procedings   200-201   2014年9月
書評: Ian Roberts: Diachronic Syntax, Oxford: Oxford University Press, 2007. xiii + 508pp.
久米祐介
中部英文学   32 23-26   2013年

書籍等出版物

 
コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論
久米祐介 (担当:分担執筆, 範囲:軽動詞構文の歴史的発達)
開拓社   2016年11月   
文法変化と言語理論
久米祐介 (担当:編者, 範囲:構文化における文法化の位置づけ)
開拓社   2016年10月   
英語と文学、教育の視座
茨木正志郎 久米祐介 (担当:共著, 範囲:中学校における英語教育で生成文法が果たす役割―中学2年生を対象とした実践)
DTP出版   2015年12月   
英語学・言語学用語辞典
久米祐介 (担当:共著, 範囲:統語論)
開拓社   2015年11月   
言語変化:動機とメカニズム
中野弘三,田中智之 (担当:共著, 範囲:軽動詞構文と同族目的語構文の共時的・通時的関連性について)
開拓社   2013年   

講演・口頭発表等

 
英語の変化と生成文法理論 [招待有り]
久米祐介
日本英文学会北海道支部第61回大会   2016年10月29日   
軽動詞構文における事象名詞の通時的変化について [招待有り]
久米祐介
コーパスからわかる言語の可変性と普遍性   2015年9月8日   
軽動詞構文と同族目的語構文における叙述名詞の発達について
久米祐介
日本英文学会第87回大会   2015年5月24日   
同族目的語構文の統語・意味変化について
久米祐介
日本英文学会中部支部大会   2013年10月5日   
“On a Curriculum in English Grammar for Junior High School Students in Japan from Generative Perspective,”
Ibaraki, Seishirou, Yusuke Kume
The 4th Pacific-Rim Conference on Education   2013年   
Have/Take an N構文について
久米祐介
日本英語学会   2012年   
軽動詞構文について
久米祐介
日本英文学会中部支部大会   2011年   
知覚動詞seeの軽動詞用法について
久米祐介
日本英語学会   2010年   
二重動詞構文の歴史的発達とCOME/GO動詞の文法化について
久米祐介
中部英文学会   2009年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
英語の軽動詞についての共時的・通時的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 久米祐介
中間構文の共時的・通時的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 久米祐介