論文

査読有り
2018年12月

重複腸管捻転によるイレウスの1例

日本小児外科学会雑誌
  • 近藤 靖浩
  • ,
  • 清水 保延
  • ,
  • 宇賀 菜緒子
  • ,
  • 直江 篤樹
  • ,
  • 渡邉 俊介
  • ,
  • 安井 稔博
  • ,
  • 原 普二夫
  • ,
  • 鈴木 達也

54
7
開始ページ
1347
終了ページ
1350
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(NPO)日本小児外科学会

症例は10ヵ月、男児。胆汁性嘔吐および経口摂取不良を主訴に来院し、熱源不明の発熱およびイレウスの診断で入院した。翌日の腹部CTにて絞扼による小腸イレウスを疑い、緊急手術を行った。トライツ靱帯から約80cmの部位に捻転した重複腸管を認め先端が炎症性に大網と癒着し、付着部を閉塞起点とした小腸イレウスを来していたため、重複腸管および付着部を含む約20cmの小腸切除を施行した。病理所見では捻転部は腸管粘膜上皮や平滑筋など腸管構造を有し、重複腸管壁は捻転による絞扼で壊死を来していた。膵組織や胃粘膜の迷入は認めなかった。術後にイレウスは順調に改善したが、腹腔内感染による筋膜離開と皮下膿瘍のためドレナージ術を施行し、退院後1ヵ月で腹壁再建術を行った。重複腸管はしばしば遭遇するが本症例は捻転形式が稀で、術前診断が困難であった。今回我々は、まれな重複腸管自体の捻転によりイレウスを発症した1例を経験したので報告する。(著者抄録)

リンク情報
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20190110110007&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007535908&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

エクスポート
BibTeX RIS