Kagaya Hitoshi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 25, 2018 at 23:01
 
Avatar
Name
Kagaya Hitoshi
Affiliation
Fujita Health University
Section
School of Medicine Faculty of Medicine

Published Papers

 
Pongpipatpaiboon K, Inamoto Y, Saitoh E, Kagaya H, Shibata S, Aoyagi Y, Fujii N, Palmer JB, Fernández MG
Journal of oral rehabilitation   45(12) 959-966   Dec 2018   [Refereed]
Wattanapan P, Kagaya H, Inamoto Y, Saitoh E, Shibata S, Iida T
The Annals of otology, rhinology, and laryngology   127(12) 888-894   Dec 2018   [Refereed]
Hishikawa N, Tanikawa H, Ohtsuka K, Mukaino M, Inagaki K, Matsuda F, Teranishi T, Kanada Y, Kagaya H, Saitoh E
Topics in stroke rehabilitation   1-6   Sep 2018   [Refereed]
Inamoto Y, Saitoh E, Ito Y, Kagaya H, Aoyagi Y, Shibata S, Ota K, Fujii N, Palmer JB
Dysphagia   33(4) 419-430   Aug 2018   [Refereed]
Tanikawa H, Kagaya H, Inagaki K, Kotsuji Y, Suzuki K, Fujimura K, Mukaino M, Hirano S, Saitoh E, Kanada Y
Gait & posture   62 409-414   May 2018   [Refereed]
Kagaya H, Ogawa M, Mori S, Aoyagi Y, Shibata S, Inamoto Y, Mori H, Saitoh E
Neuromodulation : journal of the International Neuromodulation Society      Apr 2018   [Refereed]
Yatsuya K, Hirano S, Saitoh E, Tanabe S, Tanaka H, Eguchi M, Katoh M, Shimizu Y, Uno A, Kagaya H
The journal of spinal cord medicine   41(1) 48-54   Jan 2018   [Refereed]
Effect of tongue-palate contact mode on food transport during mastication.
Iizumi T, Yoshino M, Kagaya H, Hori K, Ono T
J Oral Rehabil   45 605-611   2018   [Refereed]
Dysphagia associated with acute-phase brainstem cerebrovascular disorder.
Akahori R, Kagaya H, Ozeki M, Shibata S, Aoyagi Y, Onogi K, Saitoh E
Jpn J Compr Rehabil Sci   9 43-51   2018   [Refereed]
Iida T, Kagaya H, Inamoto Y, Shibata S, Saitoh E, Kanamori D, Hashimoto S, Katada K, Tohara H, Ueda K
Dysphagia   32(6) 749-758   Dec 2017   [Refereed]
Ozaki K, Kondo I, Hirano S, Kagaya H, Saitoh E, Osawa A, Fujinori Y
Geriatrics & gerontology international   17(11) 1982-1990   Nov 2017   [Refereed]
Matsuda F, Mukaino M, Ohtsuka K, Tanikawa H, Tsuchiyama K, Teranishi T, Kanada Y, Kagaya H, Saitoh E
Topics in stroke rehabilitation   24(3) 177-182   Apr 2017   [Refereed]
Shibata S, Inamoto Y, Saitoh E, Kagaya H, Aoyagi Y, Ota K, Akahori R, Fujii N, Palmer JB, González-Fernández M.
J Oral Rehabil   44 974-981   2017   [Refereed]
Improvement in Disability Assessment Scale after Botulinum toxin A treatment for upper limb spasticity.
Fujimura K, Kagaya H, Onaka H, Okochi Y, Yamada M, Teranishi T, Kanada Y, Saitoh E
Jpn J Compr Rehabil Sci   8 4-9   2017   [Refereed]
Hirano S, Saitoh E, Tanabe S, Tanikawa H, Sasaki S, Kato D, Kagaya H, Itoh N, Konosu H
NeuroRehabilitation   41(1) 77-84   2017   [Refereed]
Tanikawa H, Ohtsuka K, Mukaino M, Inagaki K, Matsuda F, Teranishi T, Kanada Y, Kagaya H, Saitoh E
Topics in stroke rehabilitation   23(5) 311-317   Oct 2016   [Refereed]
Imada M, Kagaya H, Ishiguro Y, Kato M, Inamoto Y, Tanaka T, Shibata S, Saitoh E
International journal of rehabilitation research   39(2) 181-184   Jun 2016   [Refereed]
Mizokoshi E, Kagaya H, Oguchi K, Aoyagi Y, Shibta S, Inamoto Y, Hattori A, Yamamoto A, Ota N, Hota S, Kondo T, Saitoh E
Jpn J Compr Rehabil Sci   7 73-79   2016   [Refereed]
Kagaya H, Saitoh E, Yokoyama M, Shibata S, Aoyagi Y, Kanamori D, Inamoto Y.
Prog Rehabil Med   1(20160002)    2016   [Refereed]
Tanikawa H, Kagaya H, Saitoh E, Ozaki K, Hirano S, Itoh N, Yamada J, Kanada Y
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   24(10) 2416-2422   Oct 2015   [Refereed]
Kagaya H, Saitoh E, Shibata S, Onogi K, Aoyagi Y, Inamoto Y, Ozeki M, Ota K
Journal of the American Geriatrics Society   63(8) 1698-1699   Aug 2015   [Refereed]
Kagaya H, Yokoyama M, Saitoh E, Kanamori D, Susa C, German RZ, Palmer JB
The Tohoku journal of experimental medicine   236(1) 39-43   May 2015   [Refereed]
Susa C, Kagaya H, Saitoh E, Baba M, Kanamori D, Mikushi S, Ozaki K, Uematsu H, Minakuchi S
American journal of physical medicine & rehabilitation   94(1) 38-43   Jan 2015   [Refereed]
Hirano S, Saitoh E, Tanabe S, Katoh M, Shimizu Y, Yatsuya K, Tanaka H, Kagaya H, Ishihara K, Uno A
Jpn J Compr Rehabil Sci   6 21-26   2015   [Refereed]
Ohtsuka K, Saitoh E, Kagaya H, Itoh N, Tanabe S, Matsuda F, Tanikawa H, Yamada J, Aoki T, Kanada Y
Jpn J Compr Rehabil Sci   6 33-42   2015   [Refereed]
Toda F, Kagaya H, Baba M, Shibata S, Ozeki Y, Kanamori D, Tanaka T, Miki T, Ishigame K, Nishimura K, Onogi K, Saitoh E
Jpn J Compr Rehabil Sci   6 50-55   2015   [Refereed]
Inamoto Y, Saitoh E, Okada S, Kagaya H, Shibata S, Baba M, Onogi K, Hashimoto S, Katada K, Wattanapan P, Palmer JB
J Oral Rehabil   42 670-677   2015   [Refereed]
Mikushi S, Kagaya H, Baba M, Tohara H, Saitoh E
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   23(2) 310-314   Feb 2014   [Refereed]
Inamoto Y, Saitoh E, Shibata S, Kagaya H, Nakayama E, Ota K, Onogi K, Kawamura Y
Jpn J Compr Rehabil Sci   5 33-38   2014   [Refereed]
Onogi K, Saitoh E, Kondo I, Ozeki M, Kagaya H.
Jpn J Compr Rehabil Sci   5 87-92   2014   [Refereed]
Ozaki K, Kagaya H, Kondo I, Saitoh E, Imai S, Sonoda S, Itoh N
Jpn J Compr Rehabil Sci   5 109-116   2014   [Refereed]
González-Fernández M, Huckabee ML, Doeltgen SH, Inamoto Y, Kagaya H, Saitoh E
Current physical medicine and rehabilitation reports   1(4) 296-306   Dec 2013   [Refereed]
Okada T, Aoyagi Y, Inamoto Y, Saitoh E, Kagaya H, Shibata S, Ota K, Ueda K
Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985)   115(8) 1138-1145   Oct 2013   [Refereed]
Ozeki Y, Ota K, Kagaya H, Baba M, Saitoh E, Shibata S, Tanaka T, Okada S, Mikushi S
Jpn J Compr Rehabil Sci   3 1-5   2012   [Refereed]
Tsuzuki A, Kagaya H, Takahashi H, Shioya T, Sakakibara H, Kanada Y, Saitoh E
J Am Geriatr Soc   60 1580-1582   2012
Inamoto Y, Kagaya H, Saitoh E, Kanamori D, Shibata S, Fujii N, Katada K, Palmer JB
Jpn J Compr Rehabil Sci   3 59-65   2012   [Refereed]
Itoh N, Kagaya H, Saitoh E, Ohtsuka K, Yamada J, Tanikawa H, Tanabe S, Itoh N, Aoki T, Kanada Y
Jpn J Compr Rehabil Sci   3 66-71   2012   [Refereed]
Takahashi H, Sugawara K, Satake M, Shioya T, Kagaya H, Kawatani M
Jpn J Compr Rehabil Sci   2 5-12   2011
Shibata S, Kagaya H, Inamoto Y, Saitoh E, Okada S, Ota K, Kanamori D
Jpn J Compr Rehabil Sci   2 54-62   2011
Ota K, Saitoh E, Kagaya H, Sonoda S, Shibata S
Jpn J Compr Rehabil Sci   2 36-41   2011
Body positions and functional training to reduce aspiration in patients with dysphagia
Kagaya H, Inamaoto Y, Okada S, Saitoh E
Japan Medical Association Journal   54 35-38   2011
Kagaya H, Baba M, Saitoh E, Okada S, Yokoyama M, Muraoka Y
Neuromodulation   14 278-283   2011
Kagaya H, Okada S, Shigeta R, Ogata N, Ota K, Shibata S, Saitoh E
Am J Phys Med Rehabil   90 901-907   2011
Hyoid Bone and Larynx Movements During Electrical Stimulation by Using Surface or Implanted Electrodes
Kagaya Hitoshi, Baba M., Saitoh E., Okada S., Ozeki Y.
DYSPHAGIA   25(4) 376   Dec 2010   [Refereed]
Ozaki K, Kagaya H, Yokoyama M, Saitoh E, Okada S, Gonzalez-Fernandez M, Palmer JB, Uematsu H
Tohoku J Exp Med   220 41-46   2010
Teranishi T, Kondo I, Sonoda S, Kagaya H, Wada Y, Miyasaka H, Tanino G, Narita W, Sakurai H, Okada M, Saitoh E
Jpn J Compr Rehabil Sci   1 11-16   2010
Kagaya H, Takahashi H, Sugawara K, Kasai C, Kiyokawa N, Shioya T
Tohoku J Exp Med   218 215-219   2009
Kagaya H, Shimada Y.
Crit Rev Phys Rehabil Med   19 97-113   2007   [Refereed]
Kagaya H, Takahashi H, Sugawara K, Kuroda T, Takahama M
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   10(5) 486-489   Sep 2005   [Refereed]
Nakayama E, Kagaya H, Saitoh E, Inamoto Y, Hashimoto S, Fujii N, Katada K, Kanamori D, Tohara H, Ueda K
Dysphagia   28(2) 199-204   Jun 2013   [Refereed]
Kagaya H, Takahashi H, Sugawara K, Dobashi M, Kiyokawa N, Ebina H
American journal of physical medicine & rehabilitation   84(1) 46-51   Jan 2005   [Refereed]
Inamoto Y, Saitoh E, Okada S, Kagaya H, Shibata S, Ota K, Baba M, Fujii N, Katada K, Wattanapan P, Palmer JB
Dysphagia   28(1) 33-42   Mar 2013   [Refereed]
Kagaya H, Ito S, Iwami T, Obinata G, Shimada Y
The Tohoku journal of experimental medicine   200(1) 31-37   May 2003   [Refereed]
Ozaki K, Kagaya H, Hirano S, Kondo I, Tanabe S, Itoh N, Saitoh E, Fuwa T, Murakami R
Archives of physical medicine and rehabilitation   94(1) 59-66   Jan 2013   [Refereed]
Saitoh E, Kagaya H, Tanikawa H
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   52(11) 1275   2012   [Refereed]
Reconstruction of gait in paraplegics with medial linkage knee-ankle-foot orthoses using functional electrical stimulation.
Minato T, Shimada Y, Kagaya H, Hatakeyama K, Itoi E.
Akita J Med   30 79-89   2003   [Refereed]
Kagaya H, Abe E, Sato K, Shimada Y, Kimura A.
Spine   25 268-272   2000   [Refereed]
Miyamoto S, Shimada Y, Sato K, Kagaya H, Matsunaga T, Obinata G.
Arch Phys Med Rehabil   80 40-47   1999   [Refereed]
Watanabe H, Shimada Y, Kagaya H, Sato K.
J Orthop Sci   4 89-98   1999   [Refereed]
Reliability of closed double helix electrode for functional electrical stimulation.
Kagaya H, Sharma M, Polando G, Marsolais EB.
Clin Orthop   346 215-222   1998   [Refereed]
Kagaya H, Sharma M, Kobetic R, Marsolais EB.
Am J Phys Med Rehabil   77 49-54   1998   [Refereed]
Konishi N, Shimada Y, Sato K, Kagaya H, Sato M
Arch Phys Med Rehabil   79 1062-1068   1998   [Refereed]
Kagaya H, Shimada Y, Sato K, Sato M, Iizuka K, Obinata G.
Arch Phys Med Rehabil   77 870-873   1996   [Refereed]
Changes in muscle force following therapeutic electrical stimulation in patients with complete paraplegia.
Kagaya H, Shimada Y, Sato K, Sato M
Paraplegia   34 24-29   1996   [Refereed]
Split posterior tibial tendon transfer for varus deformity of hindfoot.
Kagaya H, Yamada S, Nagasawa T, Ishihara Y, Kodama H, Endoh H
Clin Orthop   323 254-260   1996   [Refereed]
Standing-up in complete paraplegics using multichannel FES.
Kagaya H, Shimada Y, Sato M, Sato K
Artif Organs   20 1248   1996   [Refereed]
Shimada Y, Sato K, Kagaya H, Konishi N, Miyamoto S, Matsunaga T
Arch Phys Med Rehabil   77 1014-1018   1996   [Refereed]
Clinical experience of functional electrical stimulation in complete paraplegia.
Shimada Y, Sato K, Abe E, Kagaya H, Ebata K, Oba M, Sato M
Spinal Cord   34 615-619   1996   [Refereed]
Closed-loop control for functional electrical stimulation with percutaneous electrodes in paraplegics.
Shimada Y, Sato K, Kagaya H, Ebata K, Kodama H, Konishi N, Miyamoto S, Matsunaga T, Sato M
Artif Organs   20 1249-1250   1996   [Refereed]
Energy cost measurement by a mathematical model for restoration of standing up in paraplegics.
Miyamoto S, Shimada Y, Sato K, Kagaya H.
Artif Organs   20 1251   1996   [Refereed]
Toshihiro Yukawa,M. Khalid,Masaru Uchiyama,Hikaru Inooka,T. Ohashi,Goro Obinata,Hitoshi Kagaya,Yoichi Shimada
Proceedings of the 1996 IEEE International Conference on Robotics and Automation, Minneapolis, Minnesota, USA, April 22-28, 1996   1184-1190   1996   [Refereed]
Restoration and analysis of standing-up in complete paraplegia utilizing functional electrical stimulation.
Kagaya H, Shimada Y, Ebata K, Sato M, Sato K, Yukawa T, Obinata G
Arch Phys Med Rehabil   76 876-881   1995   [Refereed]
Kanamori D, Kagaya H, Fujii N, Inamoto Y, Nakayama E, Suzuki S, Mizutani H, Okada S, Katada K, Saitoh E
Jpn J Compr Rehabil Sci   2 18-23   2011

Misc

 
谷川 広樹, 加賀谷 斉, 藤村 健太
The Japanese journal of rehabilitation medicine = リハビリテーション医学   55(9) 740-744   Sep 2018
CHEN Hui, 柴田斉子, 加賀谷斉, 青柳陽一郎, 山岸宏江, 山岸宏江, 布施郁子, 赤堀遼子, 岩田義弘, 才藤栄一
Journal of Clinical Rehabilitation   27(8) 819‐822-822   Jul 2018
症例は52歳男性で、右ワレンベルグ症候群と診断され、発症2週間後に誤嚥性肺炎を併発した。人工呼吸管理の後、気管切開を施行されたが、経口摂取が困難なため、発症5ヵ月後に胃瘻造設された。その後、本人が経口摂取を強く希望し、発症1年2ヵ月後に当科紹介となった。本症例の摂食嚥下障害は、咽頭への食塊送り込み不良、舌骨挙上不良、食道入口部通過不良が原因と考えられ、さらに高解像度マノメトリーと筋電図検査から食道入口部通過不良は咽頭圧低下と食道入口部の弛緩不全に起因すると推測した。保存加療では経口摂取の実...
【歩行障害とリハビリテーション医学・医療】 歩行障害のリハビリテーション治療 ボツリヌス治療
谷川 広樹, 加賀谷 斉, 藤村 健太
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(9) 740-744   Sep 2018
痙縮は上位運動ニューロン症候群の1つであり、歩行などの全身運動時に増悪し、異常歩行を呈する。足内反は発生頻度の高い痙縮による異常歩行であり、トゥクリアランス低下や立脚の不安定性などの歩行障害を引き起こす。痙縮筋に対するボツリヌス毒素注射は、安静時の痙縮を低下させるだけではなく、歩行障害の改善にも有効である。しかし、安静時の評価と歩行(動作)の評価結果が乖離している症例が存在するため、その適応と効果判定には歩行(動作)の評価が重要である。また、歩行(動作)の評価には、わずかな変化も捉えること...
【転倒予防のエビデンス】 転倒予防の試み バランス訓練ロボット、杖ロボット
近藤 和泉, 高野 映子, 加藤 健治, 尾崎 健一, 加賀谷 斉, 平野 哲, 才藤 栄一, 長谷川 泰久, 福田 敏男
Loco Cure   4(3) 246-251   Aug 2018
二足歩行するヒトは転倒しやすく、高齢者はさらにその傾向が顕著となる。高齢者では転倒恐怖がフレイルを助長し、さらに転倒リスクを高くする。このため転倒は積極的に予防するべき事象であるが、実際的には一般転倒と病院転倒を分けて考える必要がある。また高齢化社会における労働資源の不足を前提として、そこにロボットやITの適用が強く望まれている。バランス訓練ロボット、杖ロボットおよび転倒予防システムなど、現在、開発と実証が進んでいる技術を紹介し、それが地域および病院のどのフェーズで適用されるべきかを考察し...
近藤和泉, 小野木啓子, 加賀谷斉
Monthly Book Medical Rehabilitation   (223) 163‐170   Jun 2018
【次のリハビリテーションに活きる!私の脳疾患評価】 疾患別 評価と画像診断 脳性麻痺
近藤 和泉, 小野木 啓子, 加賀谷 斉
MEDICAL REHABILITATION   (223) 163-170   Jun 2018
脳性麻痺は非常に多くの障害を内包している概念であり、胎生期から周産期にいたる様々な原因での脳の障害を基盤とする運動と姿勢の異常を示す疾患である。最も大きな要因の1つであるとされている新生児仮死をとっても、その発生時期および重症度によって脳の障害部位が異なる。最近は潜在性脳血管障害の概念も提唱されてきており、特に片麻痺の症例でその2/3近くがそれに起因すると報告されている。画像所見を参考にしつつ、原始反射の消退と姿勢と運動の異常を理学所見から診断を行うが、修正月齢5月より前での早期診断は難し...
尾崎祐輔, 水谷公司, 加賀谷斉, 幸村英文, 西田修, 小野田康孝, 篠原史都, 後藤豪志, 加藤大典, 河合佑亮
日本集中治療医学会学術集会(Web)   45th(Suppl.) ROMBUNNO.O97‐3 (WEB ONLY)-3]   Feb 2018
平川昭彦, 井上誠司, 田島康介, 加賀谷斉
日本外傷学会抄録号   32nd 265   Jun 2018
外傷治療後の社会復帰への取り組み 外傷患者におけるリハビリテーションチームとの連携
平川 昭彦, 井上 誠司, 田島 康介, 加賀谷 斉
日本外傷学会雑誌   32(2) 265-265   Jun 2018
篠原史都, 水谷公司, 加賀谷斉, 幸村英文, 西田修, 後藤豪志, 加藤大典, 伊藤瞬平, 河合佑亮
日本集中治療医学会学術集会(Web)   45th(Suppl.) ROMBUNNO.O65‐5 (WEB ONLY)-5]   Feb 2018
近藤和泉, 尾崎健一, 加藤健治, 相本啓太, 佐藤健二, 加賀谷斉, 平野哲, 才藤栄一
モダンフィジシャン   38(5) 537‐540   May 2018
【トータルケアをめざしたフレイル診療】 《健康寿命を延ばすフレイル予防》 フレイルにロボットは活用できるか?
近藤 和泉, 尾崎 健一, 加藤 健治, 相本 啓太, 佐藤 健二, 加賀谷 斉, 平野 哲, 才藤 栄一
Modern Physician   38(5) 537-540   May 2018
<ポイント>●加齢に伴うバランス能力の低下から始まり、転倒→転倒恐怖→低活動→筋力低下およびサルコペニア→さらなるバランス能力の低下という、フレイルを助長する悪性サイクルの回路が想定できる。●バランス能力を底上げし、活動量を増加させて、転倒を予防する必要がある。●ロボットは地域に在住する高齢者のフレイルについて、特にバランス能力の改善に役立つことが実証されている。●歩行支援のロボットによって、リハビリテーション中の活動量増加および在宅復帰後の活動量低下を改善できる可能性がある。(著者抄録)
柴田 斉子, 加賀谷 斉, 小野木 啓子, 松尾 浩一郎, 稲本 陽子, 青柳 陽一郎, 戸田 芙美, 赤堀 遼子, 小川 真央, 才藤 栄一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(12) 986-992   Dec 2017
小澤祐士, 篠原史都, 水谷公司, 加賀谷斉, 後藤豪志, 加藤大典, 伊藤瞬平, 西田修
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   27 259s   Oct 2017
田中康友, 河野裕治, 辻有佳子, 石川綾子, 杉浦翼, 森悦子, 青柳陽一郎, 加賀谷斉, 堀口高彦
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   27 160s   Oct 2017
篠原史都, 水谷公司, 加賀谷斉, 後藤豪志, 加藤大典, 伊藤瞬平, 早川美和子, 西田修
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   27 157s   Oct 2017
後藤豪志, 水谷公司, 加賀谷斉, 加藤大典, 伊藤翔太, 篠原史都, 伊藤瞬平, 尾崎祐輔, 小澤祐士, 早川美和子
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   27 257s   Oct 2017
水谷公司, 加賀谷斉, 小野田康孝, 篠原史都, 後藤豪志, 加藤大典, 伊藤瞬平, 河合佑亮, 西田修
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   27(Suppl.) 253s-253s   Oct 2017
初学者のための実践的統計活用法
加賀谷 斉
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) S190-S190   May 2018
ニューロリハビリテーションの再生(再構築)-脳性麻痺を題材として- 神経系疾患に対する運動学習
加賀谷 斉
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) S300-S300   May 2018
摂食嚥下機能評価のコツ
柴田 斉子, 加賀谷 斉, 才藤 栄一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) S358-S358   May 2018
摂食嚥下障害の治療戦略
柴田 斉子, 加賀谷 斉, 才藤 栄一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) S452-S452   May 2018
誤嚥性肺炎患者の摂食嚥下機能評価と長期的予後
戸田 芙美, 加賀谷 斉, 小野木 啓子, 尾関 保則, 山村 怜子, 陳 輝, 平岩 文子, 山田 香織, 坂井 佳代, 坂井 己津恵, 田中 ともみ
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) 4-4   May 2018
慢性閉塞性肺疾患患者における摂食嚥下障害の特徴
溝越 恵里子, 加賀谷 斉, 青柳 陽一郎, 田矢 理子, 小野木 啓子, 柴田 斉子, 赤堀 遼子, 鈴木 美保, 武上 泰光, 伊東 加弥子, 江崎 貞治, 才藤 栄一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) 4-4   May 2018
急性期一般病棟における療法士病棟専従と365日体制の検討 ADL維持向上等体制加算の効果
平野 明日香, 尾関 恩, 冨田 希, 加藤 正樹, 早川 美和子, 加賀谷 斉, 才藤 栄一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) 4-KP   May 2018
高齢呼吸器疾患患者における年代・栄養状態に影響する因子の検討
辻 有佳子, 河野 裕治, 石川 綾子, 杉浦 翼, 森 悦子, 板野 里奈, 青柳 陽一郎, 加賀谷 斉, 志賀 守, 廣瀬 正裕, 堀口 高彦
日本呼吸器学会誌   7(増刊) 211-211   Mar 2018
向野雅彦, 山田純也, 小桑隆, 大塚圭, 谷川広樹, 近藤環, 才藤栄一, 加賀谷斉, 森田充浩, 山田治基
日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   45th 620   2018
小桑隆, 向野雅彦, 大塚圭, 谷川広樹, 山田純也, 近藤環, 才藤栄一, 加賀谷斉, 山田治基, 森田充浩
日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   45th 618   2018
近藤環, 向野雅彦, 大塚圭, 谷川広樹, 山田純也, 小桑隆, 才藤栄一, 加賀谷斉, 山田治基, 森田充浩
日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   45th 618   2018
加賀谷斉
日本関節病学会誌   36(3) 310   Oct 2017
ロボットリハビリテーションの進歩
加賀谷 斉
日本関節病学会誌   36(3) 310-310   Oct 2017
術後気管挿管患者における非再挿管例と再挿管例の抜管前肺機能の比較
篠原 史都, 水谷 公司, 加賀谷 斉, 後藤 豪志, 加藤 大典, 伊藤 瞬平, 早川 美和子, 西田 修
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   27(Suppl.) 157s-157s   Oct 2017
高齢呼吸器疾患患者におけるサルコペニアと肺機能の関係
田中 康友, 河野 裕治, 辻 有佳子, 石川 綾子, 杉浦 翼, 森 悦子, 青柳 陽一郎, 加賀谷 斉, 堀口 高彦
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   27(Suppl.) 160s-160s   Oct 2017
当院救命ICUにおけるリハビリカンファレンス導入の効果
後藤 豪志, 水谷 公司, 加賀谷 斉, 加藤 大典, 伊藤 翔太, 篠原 史都, 伊藤 瞬平, 尾崎 祐輔, 小澤 祐士, 早川 美和子
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   27(Suppl.) 257s-257s   Oct 2017
当院ICUでリハビリテーションを実施した急変患者と術後患者の比較
小澤 祐士, 篠原 史都, 水谷 公司, 加賀谷 斉, 後藤 豪志, 加藤 大典, 伊藤 瞬平, 西田 修
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   27(Suppl.) 259s-259s   Oct 2017
平野哲, 才藤栄一, 田辺茂雄, 向野雅彦, 加賀谷斉, 大高洋平
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54 S83   Sep 2017
平野哲, 才藤栄一, 園田茂, 加賀谷斉, 角田哲也, 布施郁子, 布施郁子, 波多野和樹, 波多野和樹, 舟橋怜佑, 向野雅彦, 尾関恩, 田辺茂雄, 大塚圭
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54 S270   Sep 2017
電気刺激時のサイトカイン発現量と身体状態の関係についての探索的研究 がん悪液質への介入を想定した事前研究
百田 貴洋, 山田 晃司, 加賀谷 斉
日本作業療法学会抄録集   51回 OF-1   Sep 2017
リハビリ、介護領域におけるロボット技術の応用の可能性 ロボティックスマートホーム開発の試み
平野 哲, 才藤 栄一, 田辺 茂雄, 向野 雅彦, 加賀谷 斉, 大高 洋平
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(秋季特別号) S83-S83   Sep 2017
ウェルウォークが片麻痺患者の歩行自立度回復に与える影響
平野 哲, 才藤 栄一, 園田 茂, 加賀谷 斉, 角田 哲也, 布施 郁子, 波多野 和樹, 舟橋 怜佑, 向野 雅彦, 尾関 恩, 田辺 茂雄, 大塚 圭
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(秋季特別号) S270-S270   Sep 2017
稲本陽子, 才藤栄一, 青柳陽一郎, 加賀谷斉, 柴田斉子, JEFFREY Palmer
口腔・咽頭科   30(3) 296   Aug 2017
嚥下障害診療Up to date 嚥下CTによる嚥下の形態・運動学的解析
稲本 陽子, 才藤 栄一, 青柳 陽一郎, 加賀谷 斉, 柴田 斉子, Jeffrey Palmer
口腔・咽頭科   30(3) 296-296   Aug 2017
加賀谷 斉, 藤村 健太
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(8) 587-589   Aug 2017
ボツリヌス療法は局所の痙縮の抑制を目的として行われる治療法であり、本邦では四肢痙縮に対して広範に使用可能である。また、痙縮の抑制には電気刺激も用いられており、「脳卒中治療ガイドライン2015」においても、両者の記載がみられる。ボツリヌス療法と電気刺激を併用するときには、(1)ボツリヌス療法の痙縮抑制効果をさらに増強させる、(2)ボツリヌス療法により痙縮を抑制し、電気刺激によって筋力増強、機能改善を目指す、(3)(1)と(2)の両者を目指す、の3通りが考えられる。電気刺激の併用によりボツリヌ...
加賀谷斉
Monthly Book Medical Rehabilitation   (212) 10‐16   Jul 2017
【摂食嚥下障害リハビリテーションABC】 総論 構造と機能 咽頭期における舌骨・喉頭運動
加賀谷 斉
MEDICAL REHABILITATION   (212) 10-16   Jul 2017
舌骨には4つの舌骨上筋群と4つの舌骨下筋群が付着し、三叉神経(V)、顔面神経(VII)、頸神経によって支配されている。舌骨挙上筋は4つの舌骨上筋群、喉頭挙上筋はこれに甲状舌骨筋を加えた5つの筋である。嚥下反射時には最初に顎二腹筋後腹、茎突舌骨筋、顎舌骨筋が活動し、次にオトガイ舌骨筋、甲状舌骨筋、顎二腹筋前腹が活動する。舌骨の動きは食塊の物性、量、粘度、また、年齢、性によっても変化する。舌骨は嚥下反射時に前上方に挙上するが、その動きは直線的ではなく、最初はやや後上方に挙上し、次に前上方へと移...
才藤栄一, 平野哲, 向野雅彦, 加賀谷斉, 園田茂
Clinical Neuroscience   35(5) 576‐579   May 2017
加賀谷斉, 藤村健太
Clinical Neuroscience   35(5) 596‐597   May 2017
【ニューロリハビリテーションの進歩】 療法と実際 バランス・歩行練習ロボット
才藤 栄一, 平野 哲, 向野 雅彦, 加賀谷 斉, 園田 茂
Clinical Neuroscience   35(5) 576-579   May 2017
【ニューロリハビリテーションの進歩】 疾患への応用 脳卒中由来の痙縮に対するボツリヌス療法
加賀谷 斉, 藤村 健太
Clinical Neuroscience   35(5) 596-597   May 2017
嚥下外来患者の特徴と対応
戸田 芙美, 加賀谷 斉, 沢田 光思郎
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(特別号) 1-10   May 2017
リハビリテーション中の継時的な脈拍測定に基づく運動効率の評価
松浦 広昂, 向野 雅彦, 平野 哲, 才藤 栄一, 加賀谷 斉, 角田 哲也, 大塚 圭, 加藤 正樹, 山田 純也, 青嶋 保志
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(特別号) 1-12   May 2017
豊かな生活を約束する生活支援ロボットの実用化 ロボティックスマートホームと活動支援機器
才藤 栄一, 田辺 茂雄, 加賀谷 斉, 金田 嘉清
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(特別号) SY6-1   May 2017
咀嚼嚥下と1口嚥下の誤嚥に関与する因子の検討
溝越 恵里子, 加賀谷 斉, 青柳 陽一郎, 柴田 斉子, 小野木 啓子, 尾関 保則, 馬場 尊, 小口 和代, 黒部 美智子, 山中 学, 才藤 栄一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(特別号) 2-6   May 2017
当院で経験した脳幹部脳血管障害の摂食嚥下障害の帰結
赤堀 遼子, 柴田 斉子, 加賀谷 斉, 青柳 陽一郎, 小野木 啓子, 森 志乃, 溝越 恵里子, 田矢 理子, 高橋 正子, 藤野 宏紀, 才藤 栄一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(特別号) 2-6   May 2017
痙性斜頸に対するB型ボツリヌス毒素投与によって嚥下障害をきたした1例
喜久村 かおり, 青柳 陽一郎, 溝越 恵里子, 柴田 斉子, 小野木 啓子, 関尾 保則, 江崎 貞治, 伊在井 みどり, 加賀谷 斉, 才藤 栄一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(特別号) 2-6   May 2017
リハビリテーション医学における臨床研究のあり方
加賀谷 斉
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(特別号) EL19-EL19   May 2017
抑うつを併存する高齢呼吸器患者の身体機能特性
大野 真志, 辻 有佳子, 河野 裕治, 石川 綾子, 杉浦 翼, 森 悦子, 田中 康友, 青柳 陽一郎, 加賀谷 斉, 堀口 高彦, 才藤 栄一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(特別号) 3-P1K   May 2017
【ジェロンテクノロジー-高齢社会にいきる科学技術・システム-】 ロボティックスマートホーム
加賀谷 斉
Geriatric Medicine   55(3) 279-281   Mar 2017
スマートハウスは、ホームネットワークシステム、ネット家電、省エネルギー、家庭用エンターテイメントロボット、災害時のエネルギー自給自足による備えなどがある建物であり、これらを前面に出したスマートハウスは各社より既に販売されている。しかし、これからのわが国では高齢者の1人ないしは2人住まいの生活と介護が重要であり、既存のスマートハウスでは対応できない。われわれは、空間ごと開発するという概念をもつロボティックスマートホームを建て、2017年から実証実験を予定している。(著者抄録)
高齢呼吸器疾患患者における運動耐容能低下に影響する因子の検討
辻 有佳子, 河野 裕治, 村上 明王, 青柳 陽一郎, 加賀谷 斉, 志賀 守, 廣瀬 正裕, 堀口 高彦
日本呼吸器学会誌   6(増刊) 265-265   Mar 2017
加賀谷 斉
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(2) 94-96   Feb 2017
脳卒中発作で入院したすべての患者に栄養状態の評価が必要である.低栄養状態の患者は十分なカロリーや蛋白質の補給が必要で,血糖は140〜180mg/dLの範囲に保つことが望ましい.脳卒中急性期では栄養障害と摂食嚥下障害の両者を生じやすいので,適切な栄養サポートが必要である.脳卒中急性期では病態や全身状態に合わせて必要エネルギー量も刻々と変化するので,年齢,基礎疾患などの患者背景,病態,合併症の有無,運動量などを考慮した栄養管理が必要とされる.脳卒中急性期に特異的な摂食嚥下リハビリテーションの手...
向野雅彦, 平野哲, 加賀谷斉
Monthly Book Medical Rehabilitation   (205) 29‐33   Jan 2017
【医工、産学連携によるリハビリテーション】 ロボットを用いた歩行練習
向野 雅彦, 平野 哲, 加賀谷 斉
MEDICAL REHABILITATION   (205) 29-33   Jan 2017
リハビリテーション分野において、ロボットによる練習は現在広く関心を集めているトピックの1つである。特に歩行練習用のロボットについては、多くの報告でその有用性が報告されている。ロボットを使用した歩行練習のメリットは、アシストによって歩行が困難な患者の練習量を飛躍的に増加させることができ、多様な客観的なフィードバックの提供や練習中の計測による効果の検討ができるといった点にある。一方、ロボットを使用した練習は疾患、病態によっても効果が異なることが示唆されており、臨床導入における課題も明らかとなっ...
田中 貴志, 加賀谷 斉, 尾関 保則, 藤井 渉, 飯田 隆俊, 柴田 斉子, 冨田 早紀, 石黒 百合子, 太田 喜久夫, 才藤 栄一
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science   7(2016) 51-54   Jan 2017
【目的】嚥下前,嚥下中,嚥下後誤嚥の分類を再考し,その信頼性を検討すること.【方法】嚥下反射中に生じた誤嚥をすべて嚥下中誤嚥とし,1回目の嚥下反射中の誤嚥をD-1,2回目以降の嚥下反射中の誤嚥をD-2とした.1回目の嚥下反射開始前に生じた誤嚥を嚥下前誤嚥Bと定め,それ以外の誤嚥をすべて嚥下後誤嚥Aと定義した.嚥下造影検査を行った212症例,400施行(平均年齢66歳)を対象として,後方視的に誤嚥の分類を行った.また,誤嚥を生じた20症例について,日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士4名...
溝越 恵里子, 加賀谷 斉, 小口 和代, 青柳 陽一郎, 柴田 斉子, 稲本 陽子, 服部 亜希子, 山本 顕, 太田 奈津江, 保田 祥代, 近藤 知子, 才藤 栄一
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science   7(2016) 73-79   Jan 2017
【目的】急性期総合病院において摂食嚥下障害が疑われる入院患者に対する,嚥下内視鏡検査を用いた嚥下回診の有用性を明らかにすることである.【方法】2013年に嚥下回診を実施した473例(平均年齢79歳)を後方視的に調査した.調査項目は入院時疾患名,栄養摂取状況(ESS),臨床的重症度分類(DSS),食事形態,経過中の肺炎発症,退院先,退院時栄養方法とした.【結果】入院時疾患名は肺炎(48%),脳卒中(20%)が多かった.初回回診時に比し,退院時または介入終了時には全症例,肺炎,脳卒中ともに,E...
バランス練習アシストの慢性期脳卒中片麻痺患者における到達ゲーム課題レベルは実施後のバランス能力と関連する(The game task level of a balance exercise assist robot achieved by chronic stroke patients with hemiplegia is correlated with balance ability after training)
角田 哲也, 平野 哲, 才藤 栄一, 田辺 茂雄, 矢箆原 隆造, 棚橋 美帆, 近藤 竜輝, 村松 永陽, 布施 郁子, 加賀谷 斉
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science   7(2016) 87-94   Jan 2017
【目的】バランス練習アシスト(BEAR)はロボット技術を用いたバランス練習システムである.慢性期脳卒中片麻痺患者にBEARを実施し,バランス能力とBEARのゲーム課題レベルとの関連を明らかにすることを目的とした.【方法】慢性期脳卒中片麻痺患者15例を対象とした.練習期間前後にて,BBS,TUGなどのバランス指標や,下肢筋力,運動麻痺を評価した.各ゲーム課題(テニス・スキー・ロデオ)の到達レベルと,実施後のバランス能力との関連性をSpearmanの順位相関係数から検討した.【結果】TUG,F...
松田 文浩, 向野 雅彦, 大塚 圭, 谷川 広樹, 土山 和大, 寺西 利生, 金田 嘉清, 加賀谷 斉, 才藤 栄一
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science   7(2016) 111-118   Jan 2017
【目的】本研究の目的は,遊脚時のToe clearanceを構成する下肢の短縮と代償運動が実質的にどの程度Toe clearanceに貢献しているかを分析し,健常者と脳卒中片麻痺者における戦略の違いを明らかにすることである.【方法】脳卒中片麻痺者と,年齢・性別・歩行速度をマッチさせた健常者各18名を対象とした.Toe clearanceおよびその構成要素を算出し,2群間で比較した.また,構成要素間の相関を検討した.【結果】片麻痺者の足部-床面距離は,健常者と比べ低い値を示した.構成要素とし...
加賀谷斉, 藤村健太
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(8) 587‐589(J‐STAGE)-589   Aug 2017
Kagaya Hitoshi, Fujimura Kenta
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(8) 587-589   2017
<p>ボツリヌス療法は局所の痙縮の抑制を目的として行われる治療法であり,本邦では四肢痙縮に対して広範に使用可能である.また,痙縮の抑制には電気刺激も用いられており,「脳卒中治療ガイドライン2015」においても,両者の記載がみられる.ボツリヌス療法と電気刺激を併用するときには,①ボツリヌス療法の痙縮抑制効果をさらに増強させる,②ボツリヌス療法により痙縮を抑制し,電気刺激によって筋力増強,機能改善を目指す,③①と②の両者を目指す,の3通りが考えられる.電気刺激の併用によりボツリヌス療法の痙縮抑...
王裕香, 向野雅彦, 才藤栄一, 加賀谷斉, 加藤正樹, 森田充浩, 山田治基
日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   44th 572   2017
百田貴洋, 山田晃司, 加賀谷斉
日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)   51st ROMBUNNO.OF‐1‐4   2017
井伊卓真, 平野哲, 才藤栄一, 園田茂, 加賀谷斉, 向野雅彦
日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   44th 576   2017
向野雅彦, 王裕香, 加賀谷斉, 森田充浩, 加藤正樹, 山田治基, 才藤栄一
日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   44th 604   2017
加賀谷斉
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(2) 94‐96(J‐STAGE)-96   2017
<p>脳卒中発作で入院したすべての患者に栄養状態の評価が必要である.低栄養状態の患者は十分なカロリーや蛋白質の補給が必要で,血糖は140~180 mg/dLの範囲に保つことが望ましい.脳卒中急性期では栄養障害と摂食嚥下障害の両者を生じやすいので,適切な栄養サポートが必要である.脳卒中急性期では病態や全身状態に合わせて必要エネルギー量も刻々と変化するので,年齢,基礎疾患などの患者背景,病態,合併症の有無,運動量などを考慮した栄養管理が必要とされる.脳卒中急性期に特異的な摂食嚥下リハビリテーシ...
三浦由佳, 長谷剛志, 薮中幸一, 吉田美香子, 鎌倉やよい, 加賀谷斉, 真田弘美, 須釜淳子
日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集(Web)   23rd S120 (WEB ONLY)   2017

Conference Activities & Talks

 
Power-assisted functional electrical stimulation for pharyngeal dysphagia
Kagaya H, Momota T, Tanabe S, Sutoh T, Aoyagi Y, Inamoto Y, Shibata S, Ota K, Onogi K, Saitoh E
7th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine   2013   
Functional Electrical Stimulation for Patients with Reduced Laryngeal Elevation
Kagaya H, Momota T, Shibata S, Onogi K, Ota K, Saitoh E
35th Annual International Conference of IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   2013   
Stage transition duration in chew swallowing
Kagaya H, Onogi K, Shibata S, Aoyagi Y, Kanamori D, Inamoto Y, Saitoh E
3th Korea-Japan NeuroRehabilitation Conference   2014   
Treatment of spasticity in the upper limb by Botulinum toxin A injection
Kagaya H, Onaka H, Wada N, Kosugi M, Hirano S, Ishihara K, Ozaki K, Saitoh E
2nd Japan-Korea NeuroRehabilitation Conference   2013