田中 幹大

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/28 02:57
 
アバター
研究者氏名
田中 幹大
 
タナカ ミキヒロ
所属
立命館大学
部署
経営学部経営学科
職名
教授
学位
博士(商学)(大阪市立大学)
その他の所属
立命館大学

研究キーワード

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
2010年3月
小樽商科大学商学部准教授
 
2010年4月
 - 
2015年3月
摂南大学経済学部准教授
 
2015年4月
   
 
立命館大学経営学部准教授
 

学歴

 
 
 - 
2000年3月
立命館大学 経済学部 経済学科
 
 
 - 
2006年3月
大阪市立大学大学院 経営学研究科 
 

受賞

 
2011年2月
一般財団法人商工総合研究所 中小企業研究奨励賞準賞
 

論文

 
中小機械金属工業と機械工業の「シフト」(2) : 1950・60年代大阪のミシン,繊維機械,自転車
田中幹大
立命館経営学   56(3) 1~28   2017年9月
中小機械金属工業と機械工業の「シフト」(1) : 1950・60年代大阪のミシン,繊維機械,自転車
田中幹大
立命館経営学   56(2) 43~87   2017年7月
「経済環境の変化と大阪機械金属工業の中小企業・集積 : ねじ産業を事例として」
『企業家研究』   (11) 84-99   2014年7月
「戦後復興期大阪における中小機械金属工業の再集積」
『摂南経済研究』   (1) 53-78   2011年3月
「自動車産業と地域中小企業-北海道の場合-」
『中小企業季報』(大阪経済大学中小企業・経営研究所)   (2) 11-18   2009年7月

Misc

 
「中国の産業発展と日本中小企業のものづくりを考える」
『商工金融』(商工総合研究所)   第66(第9) 65-66   2016年9月
「都市型産業集積の10年(2)~2000年代東大阪産業集積地域における機械・金属工業の売上高変~」
帝国データバンク・産業調査分析レポートSPECIA(http://www.tdb.co.jp/report/specia/120601.html)      2012年6月
「都市型産業集積の10年(1)~ 2000年代東大阪産業集積地域における機械・金属工業の売上高変化 ~」
帝国データバンク・産業調査分析レポートSPECIA (http://www.tdb.co.jp/report/specia/120504.html)      2012年5月
「歴史的視点からみた日本中小企業のものづくり」
『商工金融』(商工総合研究所)   (5月) 58-59   2011年5月

書籍等出版物

 
「第1 章 21 世紀日本製造業の大企業と中小企業」(『資本主義の現在 資本蓄積の変容とその社会的影響』)
豊福裕二編著
文理閣   2015年   
「第2章 大企業と中小企業」「第15章 イノベーションを展開する中小企業」「付録 中小企業を調べる」(『中小企業・ベンチャー企業論 -- グローバルと地域のはざまで 新版』)
植田浩史、桑原武志、本多哲夫、義永忠一 、関智宏、林幸治
有斐閣   2014年5月   ISBN:978-4-641-16431-4
『日本の中小企業研究2000-2009 第2巻主要文献解題』
中小企業総合研究機構編
同友館   2013年5月   
「第5章 分業・取引関係の地域範囲-大阪市機械金属工業における中小企業経営」(『地域産業政策-自治体と実態調査』)
植田浩史・北村慎也・本多哲夫編著
創風社   2012年5月   
「第5章 北海道・東北地域における自動車メーカー・サプライヤーの生産、部品調達と地域企業による自動車産業への参入」(『中国・日本の自動車産業サプライヤー・システム』)
山崎修嗣編著
法律文化社   2010年4月   

講演・口頭発表等

 
「中小機械金属工業と機械工業の『シフト』-1950・60年代大阪におけるミシン・繊維機械-」
経営史学会関西部会2015年度11月例会   2015年11月28日   
「経済環境の変化と大阪機械金属工業の中小企業・集積」 共通論題『 大都市型産業集積の可能性―過去と現在― 』
企業家研究フォーラム 2013年度年次大会   2013年7月14日   
「戦後復興期大都市中小工業の「転換」と軽機械工業―大阪の事例―」
日本中小企業学会西部部会   2006年1月14日   
「1960 年代後半の松下電器産業の下請分業関係」
経営史学会第40回全国大会   2004年10月16日   

担当経験のある科目