FUKUDA Mari

J-GLOBAL         Last updated: Jul 6, 2016 at 10:34
 
Avatar
Name
FUKUDA Mari
Degree
Ph.D.(cultural Science)(Okayama University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Senior Researcher, Ritsumeikan University The Kinugasa Research Organization
 
Apr 2013
   
 
The Kinugasa Research Organization, Ritsumeikan University/Senior Researcher
 

Education

 
 
 - 
Mar 2007
department of psychology, college of literature, Ritsumeikan University
 
 
 - 
Mar 2013
Socio-Cultural Sciences, Humanities and Social Science, Okayama University
 

Published Papers

 
神経筋難病患者のIndividual QoLの変容―項目自己生成型QOL評価法であるSEIQoL-DWを用いて―
福田茉莉・サトウタツヤ
質的心理学研究   11 81-95   2012

Books etc

 
ワードマップ TEA 実践編――複線径路等至性アプローチを活用する
安田裕子・滑田明暢・福田茉莉・サトウタツヤ(編)
新曜社   Mar 2015   ISBN:978-4-7885-1430-0
ワードマップ TEA 理論編――複線径路等至性アプローチの基礎を学ぶ
安田裕子・滑田明暢・福田茉莉・サトウタツヤ
新曜社   Mar 2015   ISBN:978-4-7885-1429-4
社会と向き合う心理学
サトウタツヤ・若林宏輔・木戸彩恵(編)
新曜社   Sep 2012   ISBN:4788513056

Conference Activities & Talks

 
患者-医療従事者間の相互性により生じる困難―医療従事者を対象としたインタビュー調査から―
日本質的心理学会第11回大会抄録集, pp.57.   Oct 2014   
困難を抱える患者に対する医療実践の検討―医療従事者が経験する「困難性」に関するインタビュー調査から―
第55回日本社会医学会総会講演集,pp.69-70   Sep 2014   
当事者の経験を捉えるアウトカム指標の開発に向けて:「かけはし」アンケート調査の結果から
平成25 年度『 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)患者および患者支援団体等による研究支援体制の構築に関わる研究班・橋本班研究報告会』   Jan 2014