yoshida kashimi

J-GLOBAL         Last updated: Aug 2, 2019 at 03:23
 
Avatar
Name
yoshida kashimi
Affiliation
Nihon University
Section
College of Bioresource Sciences, Department of General Education
Job title
Assistant Professor
Degree
Ph.D.(Ritsumeikan University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2010
 - 
Mar 2013
Doctoral Research Fellow, Japan Society for the Promotion of Sciences (JSPS)
 
Apr 2014
 - 
Mar 2017
Senior Researcher, Kinugasa Research Organization, Ritsumeikan University
 
Apr 2017
 - 
Mar 2018
Advisory Fellow, Graduate School of Core Ethics and Frontier Sciences, Ritsumeikan University
 
Apr 2018
 - 
Today
Assistant Professor, Department of Liberal Arts, College of Bioresource Sciences, Nihon University
 

Education

 
Apr 2004
 - 
Mar 2008
Political Science, Department of Law, Chuo University
 
Apr 2008
 - 
Mar 2014
Doctoral Program, Graduate School of Core Ethics and Frontier Sciences, Ritumeikan University
 

Awards & Honors

 
Dec 2016
(論文「1950年代の日本における乳児の人体実験」に対して), 若手論文奨励賞, 日本生命倫理学会
 
Dec 2011
(論文「菊田医師事件と優生保護法改正問題:『産む自由』をめぐって」に対して), 第7回 奨励賞, 日本医学哲学・倫理学会
 
Mar 2008
(2007年度演習論文に対して), 優秀論文賞 政治学, 中央大学法学部
 

Misc

 
〈書評〉 グレゴワール・シャマユー著『人体実験の哲学:「卑しい体」がつくる医学、技術、権力の歴史』
吉田一史美
図書新聞   3391 4   Mar 2019   [Invited]
〈書評〉 ガート・ビースタ著『よい教育とはなにか:倫理・政治・民主主義』
吉田一史美
日本大学生物資源科学部 教職課程紀要   2 55-56   Feb 2019
〈書評〉 伏見裕子著『近代日本における出産と産屋:香川県伊吹島の出部屋の存続と閉鎖』
吉田一史美
保険医療社会学論集   28(1) 106   Jul 2017   [Invited]
米国のInfant Safe Haven Laws:新生児の生命保護をめぐる政策と課題
吉田 一史美
立命館人間科学研究   36 33-42   Jun 2017
1950年代の日本における乳児の人体実験
吉田 一史美
生命倫理   26(1) 150-158   Sep 2016   [Refereed]

Books etc

 
由井秀樹編著『少子化社会と妊娠・出産・子育て』
吉田 一史美 (Part:Contributor, 「第9章 養子縁組」)
北樹出版   Mar 2017   
吉田一史美・由井秀樹編『生殖と医療をめぐる現代史研究と生命倫理』(生存学研究センター報告25)
立命館大学生存学研究センター   Mar 2016   
小門穂・吉田一史美・松原洋子編『生殖をめぐる技術と倫理:日本・ヨーロッパの視座から』(生存学研究センター報告22)
吉田 一史美 (Part:Joint Editor)
立命館大学生存学研究センター   Mar 2014   
櫻井浩子・堀田義太郎編『出生をめぐる倫理:「生存」への選択』(生存学研究センター報告10)
吉田 一史美 (Part:Contributor, 論文「こうのとりのゆりかご」と未婚母・婚外子:ドイツのBabyklappe、アメリカのSafe Haven Lawsとの比較から」)
立命館大学生存学研究センター   Dec 2009   

Conference Activities & Talks

 
米国の出生前診断・選択的中絶と障害児の養子縁組 [Invited]
吉田一史美
第30回日本生命倫理学会年次大会   9 Dec 2018   日本生命倫理学会
Abandoned babies behind population policies in postwar Japan: Stigma created and challenged by laws and professionals
Kashimi Yoshida
International workshop "Population and reproduction in Japan:From the perspective of global history"   29 Jul 2018   
米国の養子縁組制度とマイノリティ
吉田一史美
平成30年度日本大学学部連携ポスターセッション   21 Jul 2018   日本大学
Human experiments on infants in the 1950s in Japan [Invited]
吉田一史美
第29回日本生命倫理学会年次大会   17 Dec 2017   日本生命倫理学会
米国のInfant Safe Haven Laws:新生児の生命保護をめぐる政策と課題
吉田 一史美
第14回 福祉社会学会大会   May 2016   
人工妊娠中絶と養子縁組をめぐる運動と論争(公募ワークショップ「生殖と医療をめぐる現代史研究と生命倫理」)
第27回日本生命倫理学会年次大会   28 Nov 2015   日本生命倫理学会
1950〜60年代の日本の乳児保護における生命倫理:乳児の人体実験と未熟児養育医療
吉田 一史美
第26回 日本生命倫理学会年次大会   Oct 2015   
History of Infant Adoption in Modern Japan: The Patriarchal Nature of Japanese Society
吉田 一史美
Annual International Conference on Interdisciplinary Legal Studies   Mar 2015   
Loose Girls and Imperfect Babies: History and Trends of Abortion, Adoption and Sex Education in Japan
吉田 一史美
American Educational Studies Association (AESA) and International Association for Intercultural Education (IAIE) Joint Conference   Oct 2014   
終戦直後の日本における乳児の生命保護:寿産院事件を手がかりに
吉田 一史美
第31回日本医学哲学・倫理学会大会   Nov 2012   

Research Grants & Projects

 
米国における障害児の養子縁組に関する理論的研究
日本学術振興会: 科研費(若手研究 (B) )
Project Year: Apr 2016 - Mar 2018    Investigator(s): 吉田 一史美
米国における出産女性と出生児の離別に関する現代史研究
日本学術振興会: 科研費(研究活動スタート支援)
Project Year: Sep 2014 - Mar 2016    Investigator(s): 吉田 一史美
人工妊娠中絶と養子制度の接点:菊田医師事件再考
日本学術振興会: 特別研究員(DC1)
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013    Investigator(s): 吉田 一史美