西出 佳代

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/08 03:05
 
アバター
研究者氏名
西出 佳代
 
ニシデ カヨ
所属
神戸大学
部署
大学教育推進機構 国際コミュニケーションセンター
職名
講師
学位
修士(文学)(北海道大学), 博士(文学)(北海道大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2014年3月
北海道大学 大学院文学研究科博士後期課程修了  
 

受賞

 
2017年
北海道大学文学部同窓会 第13回北海道大学文学部同窓会楡文賞 西出佳代(2015)『ルクセンブルク語の音韻記述』北海道大学出版会
 
2011年
ドイツ語学文学振興会 第51回ドイツ語学文学振興会奨励賞 西出佳代 (2010)「ルクセンブルク語における補文標識の屈折」『ドイツ文学』日本独文学会、第140号(Band 8/Heft 2)、127-142.
 

論文

 
ルクセンブルク語における過去形の衰退―音韻的・形態的観点からの一考察―
西出 佳代
『国際文化学研究』   (第46号) 29-55   2016年7月
ルクセンブルク語における動詞の屈折体系概観
西出 佳代
神戸大学国際コミュニケーションセンター論集   12 68-78   2016年3月
LaF (Lëtzebuergesch als Friemsprooch) の現状ー外国語としてのルクセンブルク語教育と言語の拡充との相互作用ー
西出 佳代
北海道大学ドイツ語学・文学研究会独語独文学研究年報   (41) 1-20   2015年3月   [査読有り]
「ルクセンブルク語における有声軟口蓋音とその周辺の諸音素記述をめぐる問題」
西出 佳代
『Sprachwissenschaft Kyoto』   (第12号) 25-47   2013年   [査読有り]
“Ziler a Bedeitunge vun der Linguistik vum Letzebuergeschen a Japan”
西出 佳代
『研究論集』   (第12号) 137-155   2012年

Misc

 
ルクセンブルク語の動詞屈折におけるウムラウトとアプラウト
西出 佳代
Sprachwissenschaft Kyoto   16 13-33   2017年5月   [査読有り]
「Britta Weimann: Moselfränkisch. Der Konsonantismus anhand der frühesten Urkunden」
西出 佳代
『ドイツ文学』   (第148号) 345   2014年   [査読有り]
„Das Vokalsystem des Zentralluxemburgischen. Eine Beschreibung anhand einer akustisch-phonetischen Analyse“
西出 佳代
Neue Beiträge zur Germanistik   (149) 278-295   2014年   [査読有り]

書籍等出版物

 
ゲルマン語基礎語彙集
西出 佳代 (担当:共著)
大学書林   2015年11月   
ルクセンブルク語の音韻記述
西出 佳代
北海道大学出版会   2015年11月   

講演・口頭発表等

 
Phonology of Luxembourgish [招待有り]
西出 佳代
Phonology Forum 2017   2017年8月   
lux. wäerten (nhd. werden), lux. géif (nhd. gäbe), lux. kënnen (nhd. können) の機能と意味領域
西出 佳代
ドイツ文法理論研究会   2016年10月   
Systematesch Beschreiwung vum verbale Grupp am Lëtzebuergeschen
西出 佳代
ルクセンブルク大公国研究所(Institut grand-ducal)例会   2016年9月   
ルクセンブルク語における lux. ginn (nhd. geben)の文法化 ― lux. ginn の多機能性と文法化の過程― [招待有り]
西出 佳代
第221回阪神ドイツ文学会研究発表会   2016年7月   
ルクセンブルク語における完了表現の文法化と動詞の過去形
西出 佳代
第65回ベルギー研究会   2016年6月   

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 西出 佳代