Noguchi Hirofumi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 27, 2018 at 20:08
 
Avatar
Name
Noguchi Hirofumi
Affiliation
University of the Ryukyus
Job title
Professor
Research funding number
50378733

Academic & Professional Experience

 
Aug 2014
   
 
- , University of the Ryukyus, Graduate School of Medicine, Professor
 

Awards & Honors

 
2010
Award of Excellent Lecture, American Transplant Congress 2010
 
2008
Rachmiel Levine Scientific Achievement Award, Rachmiel Levine Symposium
 
2007
Employee Recognition Award, Baylor Health Care System
 

Published Papers

 
Nahar S, Nakashima Y, Miyagi-Shiohira C, Kinjo T, Kobayashi N, Saitoh I, Watanabe M, Noguchi H, Fujita J
International journal of molecular sciences   19(11)    Nov 2018   [Refereed]
Miyagi-Shiohira C, Nakashima Y, Kobayashi N, Kitamura S, Saitoh I, Watanabe M, Noguchi H
International journal of molecular sciences   19(11)    Nov 2018   [Refereed]
Nakashima Y, Nahar S, Miyagi-Shiohira C, Kinjo T, Toyoda Z, Kobayashi N, Saitoh I, Watanabe M, Fujita J, Noguchi H
Cell transplantation   27(10) 1469-1494   Oct 2018   [Refereed]
Nakashima Y, Miyagi-Shiohira C, Noguchi H, Omasa T
Brain sciences   8(9)    Aug 2018   [Refereed]
Miyagi-Shiohira C, Nakashima Y, Kobayashi N, Saitoh I, Watanabe M, Noguchi H
Scientific reports   8(1) 12341   Aug 2018   [Refereed]
Hamada E, Ebi N, Miyagi-Shiohira C, Tamaki Y, Nakashima Y, Kobayashi N, Saitoh I, Watanabe M, Kinjo T, Noguchi H
Pancreas   47(7) e46-e47   Aug 2018   [Refereed]
Noguchi H, Miyagi-Shiohira C, Nakashima Y, Ebi N, Hamada E, Tamaki Y, Kuwae K, Kobayashi N, Saitoh I, Watanabe M
Scientific reports   8(1) 11082   Jul 2018   [Refereed]
Nakashima Y, Nahar S, Miyagi-Shiohira C, Kinjo T, Kobayashi N, Saitoh I, Watanabe M, Fujita J, Noguchi H
International journal of molecular sciences   19(7)    Jul 2018   [Refereed]
Nakashima Y, Miyagi-Shiohira C, Noguchi H, Omasa T
Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy   26(7) 1715-1734   Jul 2018   [Refereed]
Nakashima Y, Miyagi-Shiohira C, Kobayashi N, Saitoh I, Watanabe M, Noguchi H
Islets   10(3) e1460294   May 2018   [Refereed]
Noguchi H, Miyagi-Shiohira C, Nakashima Y
International journal of molecular sciences   19(4)    Mar 2018   [Refereed]
Nahar S, Nakashima Y, Miyagi-Shiohira C, Kinjo T, Kobayashi N, Saitoh I, Watanabe M, Noguchi H, Fujita J
Stem cells international   2018 1625464   2018   [Refereed]
Nakashima Y, Miyagi-Shiohira C, Kobayashi N, Saitoh I, Watanabe M, Noguchi H
Islets   9(6) 159-176   Nov 2017   [Refereed]
Xu J, Sadahira T, Kinoshita R, Li SA, Huang P, Wada K, Araki M, Ochiai K, Noguchi H, Sakaguchi M, Nasu Y, Watanabe M
Oncology letters   14(5) 5638-5642   Nov 2017   [Refereed]
Kawamura Y, Katada S, Noguchi H, Yamamoto H, Sanosaka T, Iihara K, Nakashima K
FEBS letters   591(22) 3709-3720   Nov 2017   [Refereed]
Murakami T, Saitoh I, Sato M, Inada E, Soda M, Oda M, Domon H, Iwase Y, Sawami T, Matsueda K, Terao Y, Ohshima H, Noguchi H, Hayasaki H
Archives of oral biology   81 110-120   Sep 2017   [Refereed]
Noguchi H, Sugimoto K, Miyagi-Shiohira C, Nakashima Y, Kobayashi N, Saitoh I, Watanabe M, Noguchi Y
Scientific reports   7(1) 3043   Jun 2017   [Refereed]
Yasui T, Uezono N, Nakashima H, Noguchi H, Matsuda T, Noda-Andoh T, Okano H, Nakashima K
Stem cell reports   8(6) 1743-1756   Jun 2017   [Refereed]
Miyagi-Shiohira C, Kobayashi N, Saitoh I, Watanabe M, Noguchi Y, Matsushita M, Noguchi H
Cell medicine   9(1-2) 45-51   Jan 2017   [Refereed]

Misc

 
【膵臓・膵島移植Up-to-Date】 膵島移植の免疫抑制法Up-to-Date
野口 洋文, 金 達也
胆と膵   38(9) 859-861   Sep 2017
膵島移植は2000年のエドモントンプロトコールの発表後全世界に広まり、さまざまな免疫抑制療法が試されている。1型糖尿病患者への移植の場合、アロ免疫とともに自己免疫反応を抑える必要がある。また、膵島移植は経門脈的に肝臓へ移植するため、肝臓内で起こる炎症反応を抑え、膵島生着率を向上させる試みもされている。本稿では膵島移植に用いられている免疫抑制剤とその成績を紹介する。(著者抄録)
心停止下膵島移植に向けた持続冷却灌流保存法による膵臓保存
圷 尚武, 丸山 通広, 大月 和宣, 石田 健倫, 齋藤 友永, 西郷 健一, 長谷川 正行, 青山 博道, 剣持 敬, 野口 洋文
Organ Biology   24(2) 55-59   Jul 2017
1型糖尿病に対する膵島移植が国内で始まったものの,依然として大きな問題はドナー不足である.その解決手段のひとつとして,心停止下ドナーのような,条件の悪いいわゆるマージナルドナーより採取された膵臓の有効な利用である.LifePort(LP)はOrgan Recovery Systems社により開発された臓器搬送用の持続冷却灌流装置であり,現在欧米において障害を伴った腎臓の搬送に臨床応用され,その有効性が確認されている.本装置はマージナルドナーから採取された臓器移植,特に虚血再灌流障害を受けや...
野口 洋文
Organ Biology   23(1) 29-32   Jan 2016
臨床膵島移植と細胞処理センター
野口 洋文
琉球医学会誌   34(1-2) 9-12   Dec 2015
膵島移植は患者への身体的負担が小さく安全性の高い医療であるが、細胞処理センター(CPC)使用の必要性があり、費用面での問題がある。また、日本では脳死ドナー不足のため、少数の膵島移植しか実施されていないのが現状である。著者らは膵島分離技術を積極的に改変し、移植率を80%以上に上げることに成功している。著者らが開発した膵島分離技術を概説するとともに、膵島分離が行われるCPCを紹介した。
【移植医療の新たな展開】 膵島移植の課題と再生医療
野口 洋文
Medical Science Digest   40(12) 578-581   Oct 2014
膵島移植は主に1型糖尿病患者を対象として行われている移植療法であり、2000年より本格的に行われるようになった。2000年代前半の成績は思わしくなかったものの、膵島分離技術や免疫抑制剤の改変により成績は向上し、膵単独移植の成績に匹敵するものとなっている。しかしながら、成績の施設間格差が大きいことや複数回移植によるインスリン離脱症例がほとんどである点など、膵の臓器移植を完全に凌駕するまでには至っていない。日本では脳死ドナー数が極端に少ないため、複数回移植を基本とする膵島移植の成績は欧米に比べ...