松本 忠博

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/10 12:19
 
アバター
研究者氏名
松本 忠博
 
マツモト タダヒロ
所属
岐阜大学
部署
工学部

社会貢献活動

 
コンピュータによることばの処理(出前講義)
【講師】  愛知県立津島東高等学校  2017年10月26日
ろう者と手話:『もうひとつの言語』の地位と役割(講師: 加藤三保子氏,豊橋技術科学大学)
【司会, 企画】  情報処理学会 東海支部  第4回主催講演会  2013年11月18日 - 2013年11月18日
岐阜新聞「研究室から 大学は今」執筆
【寄稿】  岐阜新聞  2013年10月1日 - 2013年10月1日
ゲーム製作におけるCGアニメーション技術(講師:向井智彦氏,株式会社スクウェア・エニックス)
【司会, 企画】  情報処理学会 東海支部  第3回主催講演会  2012年10月3日 - 2012年10月3日
岐阜大学工学部ニュース「匠」研究室紹介
【寄稿】  岐阜大学工学部  2010年4月1日
全国聴覚障害教職員シンポジウム座談会講師
【講師】  全国聴覚障害教職員シンポジウム  2006年8月5日 - 2006年8月5日
「手話コミュニケーション研究」寄稿
【寄稿】  全日本ろうあ連盟  手話コミュニケーション研究  2005年9月1日 - 2005年9月1日
中部大学 非常勤講師
【講師】  中部大学  2002年4月1日 - 2004年3月31日
中部女子短期大学 非常勤講師
【講師】  1995年4月1日 - 1996年3月31日
中小企業技術者研修(自動制御課程)講師
【講師】  岐阜県金属試験場  1995年9月14日 - 1995年9月22日
東海地区国立学校等教室系技術職員合同研修 講師
【講師】  1994年8月2日 - 1994年8月2日
岐阜県情報処理教育センターにおける講演
【講師】  岐阜県情報処理教育センター  UNIXの概要について  1990年6月5日 - 1990年6月5日

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
2013年
岐阜大学 工学部 准教授
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
2014年4月
情報処理学会 東海支部  学生論文奨励賞論文選定委員
 
2013年3月
 - 
2013年3月
電子情報通信学会  総合大会学生ポスターセッション審査委員
 
2012年5月
 - 
2014年4月
情報処理学会  東海支部幹事
 
2013年4月
 - 
2013年4月
情報処理学会  東海支部学生論文奨励賞論文選定委員
 
2013年3月
 - 
2013年3月
電子情報通信学会  2013総合大会 実行委員
 
2012年7月
 - 
2012年7月
電気関係学会東海支部連合大会  プログラム編集委員
 
2004年4月
 - 
2009年3月
電子情報通信学会  言語理解とコミュニケーション研究専門委員会委員
 

論文

 
Chinese translation of Japanese polysemous verb for machine translation based on semantic combination —Take "KIRERU" "TAOSU" as an example―
JIU Jun, BU Zhao-hui, IKEDA Takashi, MATSUMOTO Tadahiro
Journal of Guanxi Normal University, Natural Science Edition   31(3) 177-183   2013年9月   [査読有り]
Shaoyu Chen, Tadahiro Matsumoto
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   7614 LNAI 11-22   2012年11月   [査読有り]
In this paper we describe a translation method for numeral quantifiers in rule-based Japanese-Chinese machine translation. In Chinese, as in Japanese, numerals quantify nouns along with appropriate measure words (classifiers); numerals cannot quan...
池田 尚志, 松本 忠博
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   4(4) 282-292   2011年   [招待有り]
点字は視覚障害者にとっての文字である.晴眼者が用いる墨字のテキストは点字に変換しなければ視覚障害者は読むことができない.一方,手話は聴覚障害者が使用する言語である.聴者の音声言語との間の対話には手話通訳が必要である.このような言語コミュニケーションのバリアを克服するために点訳ボランティアや手話通訳士などが携わっているが,対処できる量には限りがあり理想の状態からは程遠い.技術的な支援が期待されるゆえんである.本稿では,点字と手話を中心に言語バリアフリーへ向けて自然言語処理技術の側面から我々が...
Case on extension of language technology into the related fields and their implications for research and development in university
Satoru Hayamizu, Tadahiro Matsumoto, Satoshi Tamura, Shinichi Takeuchi
Proceedings CD of Oriental COCOSDA 2010 (The International Committee for the Co-ordination and Standardization of Speech Databases and Assessment Techniques)   1-6   2010年11月   [査読有り]
Tadahiro Matsumoto, Mihoko Kato, Takashi Ikeda
ACM International Conference Proceeding Series   363-367   2009年12月   [査読有り]
SignWriting is a practical writing system for sign languages. In this paper we present a software program, JSPad, for writing Japanese sign language (JSL) with SignWriting. SignWriting has a large set of visually iconic symbols that represent hand...
複数モデルの統合によるLDAトピックモデルの高精度化とテキスト入力支援への応用
中村 明,速水 悟,津田裕亮,松本忠博,池田尚志
情報処理学会論文誌   50(4) 1375-1389   2009年4月   [査読有り]
松本 忠博, 原田 大樹, 加藤 三保子, 池田 尚志
情報科学技術フォーラム講演論文集   7(3) 59-62   2008年8月   [査読有り]
松本 忠博, 池田 尚志
自然言語処理   15(1) 23-51   2008年1月   [査読有り]
松本 忠博, 原田 大樹, 原 大介, 池田 尚志
自然言語処理   13(3) 177-200   2006年   [査読有り]
日本手話をテキストとして表現するための表記法を提案する.本表記法の検討に至った直接の動機は, 日本語一日本手話機械翻訳を, 音声言語間の機械翻訳と同様, 日本語テキストから手話テキストへの翻訳 (言語的な変換) と, 翻訳結果の動作への変換 (音声言語におけるテキスト音声合成と同様に手話動画の合成) とに分割し, 翻訳の問題から動作合成の問題を切り離すことにある.この翻訳過程のモジュール化により, 問題が過度に複雑化するのを防ぐことをねらいとする.同時に, 手話を書き取り, 保存・伝達する...
Hiroshi Oyama, Hiroshi Oyama, Masato Ryoki, Masato Ryoki, Tadahiro Matsumoto, Tadahiro Matsumoto, Tohru Naoi, Tohru Naoi, Tohru Naoi, Munehiro Goto, Munehiro Goto, Munehiro Goto
Systems and Computers in Japan   36 72-81   2005年9月
EBIFRY (a language for EmBedded Instruments in the FactoRY) is a programming language for embedded systems designed with the joint objectives of providing the simplicity of a scripting language while making it possible for programmers of all level...
松本 忠博, 池田 尚志
手話コミュニケーション研究   (57) 31-37   2005年9月   [招待有り]
A proposal of a notation system for Japanese Sign Language and machine translation from Japanese text to sign language text
Tadahiro Matsumoto, Mayo Taniguchi, Akiji Yoshida, Nobuaki Tanaka, Takashi Ikeda
Proceedings of the Conference Pacific Association for Computational Linguistics   218-225   2005年8月   [査読有り]
The first step toward a machine translation system from Japanese text to sign language,
Tadahiro Matsumoto, Nobuaki Tanaka, Akiji Yoshida, Yoshimasa Imai, Takashi Ikeda,
Proceedings of Asian Symposium on Natural Language Processing to Overcome Language Barriers (IJCNLP-04)   61-66   2004年9月   [査読有り]
Masaharu Sugiyama, Munehiro Goto, Szilveszter Kov?cs, Tadahiro Matsumoto, Tohru Naoi, Tohru Naoi
Systems and Computers in Japan   34 38-47   2003年8月
This paper proposes a new watermarking method which applies SVD (singular value decomposition) to the watermark image and the Haar transformation to the host image, respectively. In this method, relatively important information which corresponds t...
大山 博司, 領木 正人, 松本 忠博, 直井 徹, 後藤 宗弘
電子情報通信学会論文誌. D-I, 情報・システム, I-情報処理   85(7) 672-680   2002年7月   [査読有り]
杉山 正晴, 後藤 宗弘, コバチ シルベスタ, 松本 忠博, 直井 徹
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理   85(5) 877-885   2002年5月   [査読有り]
本論文では,ホスト画像にはHaar変換を,透かし画像には特異値分解(SVD)を適用した新しい電子透かし手法を提案する.本手法においては,まず透かし画像を特異値分解し,大きな特異値に対応する行列の要素のみを埋め込むことにより,ホスト画像に対する負荷を軽減する.また,ホスト画像にHaar変換を適用し,その低周波成分に透かし情報を埋め込み,各種攻撃に対する耐性を高めた.更に,埋め込む際に重要な透かし情報をホスト画像の中心に集めることにより,クロッピングに耐性をもたせた.これらの工夫により,提案手...
Sector-labeling for the Hilbert curve construction and its application to mapped data retrieval algorithms
Santosa Slamet, Tadahiro Matsumoto, Tohru Naoi, Munehiro Goto
Thammasat International Journal of Science and Technology   7(3) 49-57   2002年3月   [査読有り]
Modeling and analysis of multithreaded programs using colored Petri net
松本 忠博
Proceedings of the ACIS 2nd International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking & Parallel/Distributed Computing   2(1) 247-253   2001年8月   [査読有り]
Y. E. Bin, Hirotada Kawakami, Tadahiro Matsumoto, Munehiro Goto
IEICE Transactions on Information and Systems   E83-D 1153-1159   2000年12月   [査読有り]
It is not so easy even for the ordinary Chinese to spell the correct Pinyin. Therefore the Pinyin-based Chinese character (Kanji) input system including the Chinese word processor is not easy to use. This paper propose a FEP (Front End Processor) ...
A human perceptive based robust watermarking method against cropping
Masaharu Sugiyama, Menehiro Goto, Tadahiro Matsumoto, Tohru Naoi
Proceedings of 6th International Conference on Virtual Systems and MultiMedia   554-560   2000年7月   [査読有り]
糟谷 咲子, 後藤 宗弘, 松本 忠博
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   81(8) 1175-1180   1998年8月   [査読有り]
n個の辺で構成された多角形の内部を点光源でくまなく照射, あるいは監視員によって監視する際, 何個の光源あるいは何人の監視員が必要かを問う問題は, 一般にアートギャラリ監視問題とよばれている.ギャラリを構成する多角形が一般の多角形の場合には, ⌊n/3⌋人の監視員(点光源)が必要でありかつ十分であることが証明されている.また, 多角形が互いに直交する辺で構成される, いわゆるn辺直多角形である場合には, ⌊n/4⌋人の監視員が必要かつ...
Towards an error-correcting Pinyin-Hanzi conversion system: Some facts and schemes
Bin Ye, Jiangqian Ying, Hirotada Kawakami, Tadahiro Matsumoto, Munehiro Goto
Proceedings of the 4th Joint Symposium on Computational Linguistics   369-376   1997年8月   [査読有り]
陳 〓, 金子 鎮也, 松本 忠博, 後藤 宗弘
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   78(11) 1505-1509   1995年11月   [査読有り]
FFT計算ネットワークと同一の形の数論変換ネットワークを対象にして,それを構成するバタフライネットワークの結線上の単一故障を検出する方法を提案し,そのような故障の検出ができる数論変換の法(M)の選び方を議論する.
Munehiro Goto, Tadahiro Matsumoto
1988 International Symposium on Information Theory, Abstracts of Papers   1 99-99   1988年12月   [査読有り]
Summary form only given, as follows. Given an odd integer B, the generator A(B) of a binary cyclic AN code is defined as a function of B. Some examples of constant-weight AN codes and a conjecture that, when B is equal to an odd prime p satisfying...

Misc

 
日中機械翻訳システム jaw/Chinese における助詞「で」の翻訳処理
張 津一,楊 鵬,松本 忠博
言語処理学会 第22回年次大会 発表論文集   541-544   2016年3月
SVM を用いた顔文字の感情極性推定
奥山 恭平,松本 忠博
言語処理学会 第22回年次大会 発表論文集   521-524   2016年3月
Sign language as a learning langauge: According to a survery on the attitude of non-native signers (hearing people) towards learing sign language
加藤 三保子,松本 忠博
Proceedings of the 4th International Symposium on the Comparative Study of Chinese, Japanese, and Korean Language and Culture   4(1) 82   2015年8月
学習言語としての手話:手話学習に関する非母語話者(健聴者)の意識調査から
加藤 三保子,松本 忠博
第4回中日韓朝言語文化比較研究 国際シンポジウム予稿集   4(1) 82   2015年8月
日本手話の表記法とその応用
松本 忠博,加藤 三保子
第4回中日韓朝言語文化比較研究 国際シンポジウム予稿集   4(1) 83   2015年8月
SignWriting表記の手話文を対象とした簡単なアメリカ手話-日本手話翻訳の検討
杉山 真也,藤垣 俊也,松本 忠博,加藤 三保子
言語処理学会第21回年次大会 発表論文集   71-74   2015年3月
日中機械翻訳システムjaw/Chineseにおける助詞「に」の翻訳処理
頼 坤竜, 松本 忠博
言語処理学会第21回年次大会 発表論文集   537-540   2015年3月
杉山 真也, 松本 忠博, 加藤 三保子
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013    2013年3月
松本 忠博, 池田 尚志
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   108(408) 1-6   2009年1月
本稿では筆者らが取り組んできた自然言語処理分野の研究の中から手話と点字に関する研究について報告する.手話に関しては,パターン変換方式の機械翻訳エンジンjawを用いた日本語テキストから手話テキストへの機械翻訳の試み,および,手話文字SignWritingの入力編集システムJSPadについて述べる.点字に関しては,日本語テキストの自動点訳および校正支援機能をもつibukiTenCについて述べる.
松本 忠博, 加藤 三保子, 池田 尚志
電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学   108(170) 61-66   2008年7月
SignWritingは,音声言語における文字と同様に,日常の様々な用途で手話を読み書きするためにSuttonが考案した手話の書記法である.SignWritingでは手の形や動き,顔の表情などを表す図像的な記号を使って手話を表現するが,多くの記号の中から適切な記号を選び,単語を構成するのは,とくに初心者にとって時間を要する作業である.我々は計算機での入力・処理に適した手話表記法を提案している.本稿ではこの表記法で書かれた手話文を入力とし,そのSignWriting表現を自動生成することで,...
松本 忠博, 原田 大樹, 池田 尚志
バイオメカニズム学術講演会予稿集   28 101-104   2007年11月
松本 忠博, 原田 大樹, 加藤 三保子, 池田 尚志
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(2) 187-190   2007年8月
松本 忠博, 谷口 真代, 吉田 鑑地, 田中 伸明, 池田 尚志
電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学   104(639) 43-48   2005年1月
日本語から手話への翻訳処理過程のうち, 入力された日本語文をそれと近似的に等価な(記号化された)手話単語の並びに変換する日本語-手話機械翻訳システムの構築を試みている.手話では語彙的内容や文法的な情報が, 手指の基本的な動作(辞書形)からの変化や非手指動作の付加によっても表現されるため, 手話単語の名前とその語順を指定しただけでは文の意味が曖昧になる場合がある.このシステムでは非手指動作によって表される文法的な情報や語形変化もテキストにエンコードして出力している.本報告ではこの翻訳システム...
松本 忠博, 谷口 真代, 吉田 鑑地, 田中 伸明, 池田 尚志
電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語   104(637) 43-48   2005年1月
日本語から手話への翻訳処理過程のうち, 入力された日本語文をそれと近似的に等価な(記号化された)手話単語の並びに変換する日本語-手話機械翻訳システムの構築を試みている. 手話では語彙的内容や文法的な情報が, 手指の基本的な動作(辞書形)からの変化や非手指動作の付加によっても表現されるため, 手話単語の名前とその語順を指定しただけでは文の意味が曖昧になる場合がある. このシステムでは非手指動作によって表される文法的な情報や語形変化もテキストにエンコードして出力している. 本報告ではこの翻訳シ...
松本 忠博, 田中 伸明, 吉田 鑑地, 谷口 真代, 池田 尚志
電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語   104(316) 7-11   2004年9月
手話には今のところ文字がなく,テキストとして書き取る標準的な方法がない.我々は手話を書き取るための手話の表記法について検討している.また,日本語テキストから手話テキストヘの機械翻訳システムjaw/SLの構築を試みている.jaw/SLは,我々が提案する表記法による手話テキストを出力とする.
松本 忠博, 田中 伸明, 吉田 鑑地
聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting   34(7) 493-497   2004年9月
松本 忠博, 田中 伸明, 吉田 鑑地, 谷口 真代, 池田 尚志
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   3(3) 539-540   2004年8月
佐藤 聖子, 松本 忠博, 原山 美知子
岐阜大學工學部研究報告   54 47-52   2004年3月
松本 忠博, 直井 徹, 後藤 宗弘
岐阜大学工学部研究報告   51 59-68   2001年
糟谷 咲子, 松本 忠博, 後藤 宗弘
岐阜聖徳学園大学短期大学部紀要   31 79-89   1999年3月
後藤 宗弘, 松本 忠博
岐阜大学工学部研究報告   (43) p81-87   1993年
糟谷 陽一, 松本 忠博, 後藤 宗弘
岐阜大学工学部研究報告   (43) p71-80   1993年
松本 忠博, 後藤 宗弘
岐阜大学工学部研究報告   (41) p99-107   1991年
松本 忠博, 後藤 宗弘
岐阜大学工学部研究報告   (40) p67-73   1990年
日本語から手話への機械翻訳における空間表現CL述語翻訳の試み
藤垣 俊也,杉山 真也,松本 忠博,加藤 三保子
言語処理学会第21回年次大会 発表論文集   952-955   2015年3月

講演・口頭発表等

 
手話の言語処理について
松本 忠博
計測自動制御学会ライフサイエンスエンジニアリング部門シンポジウム2017 (LE2017) オーガナイズドセッション「サイレント音声認識の現状と今後」,第4回サイレント音声認識シンポジウム(SSR2017)(併催)   2017年9月4日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 松本 忠博
SignWriting(以下,SW)は日常生活の中で手話を読み書きするための文字としてバレリー・サットンが考案した手話の書記体系である。本研究ではSWを用いた様々な活動を支援することを目的として,SWにより日本手話の文書を作成・編集するシステムJSPadの構築を行った。手話単語の効率的な入力方式(JJS-SW変換入力)を実装するとともに,SWで書かれた手話単語間の類似度を定義し,その応用としてSWを入力形式とする手話-日本語辞書機能を試作した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 松本 忠博
日本語文を手話文字Sign Writingで書かれた手話文へ自動翻訳するシステムの実現を試みた。手話をテキスト形式で表す表記法を導入することで, システムを日本語テキストから手話テキストへの言語的な変換部と, 手話テキストからSignWritingへの表現上の変換部に分割実装した。手話ビデオ教材等から得た対訳例文をもとにシステムを実験的に構築し, 手話に特徴的な表現への翻訳, SignWriting表現の生成が可能であることを確認するとともに, 現状の問題点を明らかにした。