Hamamoto, Yasuo

J-GLOBAL         Last updated: Jun 25, 2019 at 02:49
 
Avatar
Name
Hamamoto, Yasuo
Affiliation
Keio University
Section
School of Medicine Cancer Center
Job title
Assistant Professor/Senior Assistant Professor
Degree
博士(医学)(Keio University)
Research funding number
10513921

Profile

学歴 平成元年4月  札幌医科大学医学部 入学 平成7年3月  札幌医科大学医学部 卒業 学位 平成28年10月 慶應義塾大学医学研究科 学位取得(第4856号) 職歴 平成 7年4月  北海道公立大学法人 札幌医科大学付属病院 臨床研修医 平成 8年7月  社会福祉法人 北海道社会事業協会小樽病院 内科医師 平成10年6月 市立芦別病院 副医長(内科) 平成11年8月 国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院 任意研修医師 平成13年1月 北海道公立大学法人 札幌医科大学付属病院 医員(研究生) 平成15年6月 国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院 非常勤医師 平成17年6月 栃木県立がんセンター 医師 平成18年4月 栃木県立がんセンター 医長 平成23年7月 慶應義塾大学特任講師(医学部大鵬薬品工業臨床腫瘍研究学寄付講座) 平成25年4月 慶應義塾大学特任講師(医学部臨床腫瘍学寄附講座) 平成29年11月 慶應義塾大学医学部専任講師・副センター長、専任講師  内視鏡診断・治療に魅せられて消化器内科医に入門。拡大内視鏡診断やNBI診断に魅了されつつも進行癌治療が十分に習熟していないことに一念発起し臨床腫瘍学への道へ進みました。がん専門病院中心に研鑽を重ね、多数の臨床試験やグローバル治験などを経験し現在は再び大学病院で臨床・教育・研究に励んでおります。当初は消化器系癌を中心として診療しておりましたが、今では幅広い固形癌治療に携わっております。主治医が決まらない固形癌は基本的に診るスタンスで診療しております。  研究面では高齢者癌治療の最適化に力を注いでおり客観的な治療選別基準を作成し医療者・患者・家族にとって有用な意思決定支援ツールを作成できないか、日々模索しております。臨床腫瘍学は、新規薬物療法や精密医療への関心が高まっておりますが、最も重要なのは緩和治療も含めたTotal Care planningと考えております。現場感覚を常に大切に日々精進していきたいと思っています。

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1995
 - 
May 1996
研修医, 内科学第一講座, 札幌医科大学
 
Aug 1999
 - 
Dec 2000
研修医, 内視鏡部, 国立がんセンター東病院
 
Jan 2001
 - 
May 2003
内科学第一講座, 札幌医科大学
 
Jun 2005
 - 
Jun 2011
栃木県立がんセンター
 
Jul 2011
 - 
Today
腫瘍センター, 慶應義塾大学医学部
 

Committee Memberships

 
2017
 - 
Today
日本臨床腫瘍学会  教育企画部会委員
 
Sep 2016
 - 
Today
日本大腸肛門病学会  評議員
 
2014
 - 
Today
日本癌治療学会  国際委員
 
2013
 - 
2014
日本臨床腫瘍学会  専門医部会 試験問題検討委員
 
Apr 2011
 - 
Today
日本臨床腫瘍学会  協議員
 

Awards & Honors

 
2010
Best Doctors in Japan 2010-2019
 
2002
狭帯域フィルターを用いた面順次式内視鏡によるBarrett食道の拡大内視鏡観察, 奨励賞, 消化器病フォーラム
Winner: 浜本康夫 遠藤高夫
 

Published Papers

 
Nivolumab treatment for oesophageal squamous-cell carcinoma: an open-label, multicentre, phase 2 trial.
Yasuo Hamamoto
Lancet Oncology   18(5) 631-639   May 2017   [Refereed]
Nivolumab in Patients With Advanced Gastric or Gastroesophageal Junction Cancer Refractory to or Intolerant of at Least Two Prior Chemotherapy Regimens: a Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Phase 3 Trial
Yoon-Koo Kang,1 Narikazu Boku,2 Taroh Satoh,3 Min-Hee Ryu,1 Yee Chao,4 Ken Kato,2 Hyun Cheol Chung,5 Jen-Shi Chen,6 Kei Muro,7 Won Ki Kang,8 Kun-Huei Yeh,9 Takaki Yoshikawa,10 Sang Cheul Oh,11 Li-Yuan Bai,12 Takao Tamura,13 Keun-Wook Lee,14 Yasuo Hamamoto,15 Jong Gwang Kim,16 Keisho Chin,17 Do Youn Oh,18 Keiko Minashi,19 Jae Yong Cho,20Masahiro Tsuda,21 Li-Tzong Chen22
Lancet      2017   [Refereed]
Management of challenging immune-related gastrointestinal adverse events associated with immune checkpoint inhibitors.
Yasuo Hamamoto
Future Oncol.      2018   [Refereed]
Treatment selection for esophageal cancer: evaluation from a nationwide database
Yasuo Hamamoto Naoki Sakakibara, Fumio Nagashima, Yuko Kitagawa, Takahiro Higashi
Esophagus      2018   [Refereed]
Inter-evaluator Heterogeneity of Clinical Diagnosis for Locally Advanced Esophageal Squamous Cell Carcinoma
Yasuo Hamamoto
Esophagus   1-9   Mar 2017   [Refereed]

Books etc

 
Topics of RCC 免疫チェックポイント阻害薬の副作用マネジメントの実際(IO-IO combinationを視野にいれて)
Yasuo Hamamoto (Part:Contributor)
メディカルレビュー社   Dec 2018   
新臨床腫瘍学改定第5版
Yasuo Hamamoto (Part:Contributor, GIST)
南江堂   Jul 2018   
画像強調観察による内視鏡診断 アトラス
Yasuo Hamamoto (Part:Contributor, 咽頭表在癌、咽頭の非特異的病変)
日本メディカルセンター   May 2010   
特殊光による内視鏡アトラス
Yasuo Hamamoto (Part:Contributor, NBI内視鏡によるBarrett粘膜pit pattern診断)
日本メディカルセンター   May 2006   
消化管拡大内視鏡診断の実際
Yasuo Hamamoto (Part:Contributor, Barrett食道とBarrett腺癌)
金原出版株式会社   Oct 2004   

Conference Activities & Talks

 
Systemic Chemotherapy for metastatic pancreatic cancer [Invited]
Yasuo Hamamoto
European Cancer Congress, Amsterdam 2017   Jan 2017   
Updated Survival Results and Analysis according to the Prognostic Factor in the BASIC Trial of Bevacizumab and S-1 in Elderly Metastatic Colorectal Cancer Patients
Yasuo Hamamoto
European Society of Medical Oncology 2013, Amsterdam   Sep 2013   

Teaching Experience

 
 

Research Grants & Projects

 
標準療法不耐の高齢食道癌患者に対するオーダーメイド医療の基盤構築
文部科学省: 科学研究費
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 平田賢朗
難治性消化器がんへの拡大手術適応の臨床意思決定支援スコア開発
基盤研究(C): Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 浜本康夫
高齢がんを対象とした臨床研究の標準化とその普及に関する研究
厚生労働省: 科学研究費
Project Year: Apr 2015 - Mar 2016    Investigator(s): 長島文夫
切除不能進行・再発胃がんに対する個別化治療に関する研究
厚生労働省: 
Project Year: Apr 2010 - Mar 2011    Investigator(s): 山田康秀
進行肝胆膵がんの治療法の開発に関する研究
2 厚生労働省: 
Project Year: Apr 2010 - Mar 2011    Investigator(s): 奥坂拓志

Social Contribution

 
市民公開講座
[]  2016 - Today
食道がん、胃がんなどに関する市民講座にボランティアで参加している