高橋 勇人

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/19 03:22
 
アバター
研究者氏名
高橋 勇人
 
タカハシ ハヤト
所属
慶應義塾大学
部署
医学部 皮膚科学教室
職名
専任講師
学位
博士(医学)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
40398615

研究分野

 
 

学歴

 
1994年4月
 - 
2000年3月
慶應義塾大学 医学部 
 
2002年4月
 - 
2006年3月
慶應義塾大学大学院 医学研究科 内科系皮膚科学
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
日本研究皮膚科学会 ISID開設準備委員会 委員
 
2017年
 - 
2020年
日本研究皮膚科学会 推薦員会 委員
 
2014年
 - 
2017年
日本研究皮膚科学会 若手セミナー委員会 委員
 

受賞

 
2015年6月
International League of Dermatological Societies Young Dermatologist International Achievement Award 2015
 
2012年11月
三四会奨励賞受賞
 
第92回慶應医学会総会(於新棟11階大会議室)にて
2012年6月
平成24年度皆見省吾記念賞
 
第111回日本皮膚科学会総会(於京都)にて

論文

 
Regulatory T cell deficiency and autoimmune skin disease: beyond scurfy mouse and IPEX
Hashimoto, T. Takahashi, H. Sakaguchi, S.
J Allergy Clin Immunol   Epub    2018年9月   [査読有り]
Yamagami J., Nakamura Y., Nagao K., Funakoshi T., Takahashi H., Tanikawa A., Hachiya T., Yamamoto T., Ishida-Yamamoto A., Tanaka T., Fujimoto N., Nishigori C., Yoshida T., Ishii N., Hashimoto T., Amagai M.
Journal of Investigative Dermatology   138(7) 1473-1480   2018年7月   [査読有り]
© 2018 The Authors Vancomycin (VCM) is known to induce linear IgA bullous dermatosis (LAD). However, in contrast to conventional LAD, in which circulating IgA autoantibodies against basement membrane proteins are commonly detected, patient sera fr...
Iriki H., Ouchi T., Ito H., Sawada M., Mukai M., Nomura H., Baba Y., Adachi T., Funakoshi T., Amagai M., Takahashi H.
Journal of Dermatology   45(6) 738-741   2018年6月   [査読有り]
© 2018 Japanese Dermatological Association The pathological mechanisms and immunological kinetics of drug-induced hypersensitivity syndrome (DIHS), including the relevance of interleukin (IL)-6, remain unclear. We report a case of drug adverse rea...
Horikawa H, Kurihara Y, Funakoshi T, Umegaki-Arao N, Takahashi H, Kubo A, Tanikawa A, Kodani N, Minami Y, Meguro S, Itoh H, Izumi K, Nishie W, Shimizu H, Amagai M, Yamagami J
Br J Dermatol   178(6) 1462-1463   2018年6月
Kakuta R., Yamagami J., Funakoshi T., Takahashi H., Ohyama M., Amagai M.
Journal of Dermatology   45(3) 334-339   2018年3月   [査読有り]
© 2017 Japanese Dermatological Association Azathioprine (AZP) is used as a corticosteroid (CS)-sparing medication to treat autoimmune blistering diseases. In this study, we examined the efficacy of AZP and the feasibility of using AZP monotherapy ...

Misc

 
Suzuki C., Hirai I., Nomura H., Ouchi T., Okayama M., Okamoto S., Amagai M., Tanese K., Takahashi H.
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology   33(3) e134-e137   2019年3月
Hashimoto T., Takahashi H., Sakaguchi S.
Journal of Allergy and Clinical Immunology   142(6) 1754-1756   2018年12月
Horikawa H., Kurihara Y., Funakoshi T., Umegaki-Arao N., Takahashi H., Kubo A., Tanikawa A., Kodani N., Minami Y., Meguro S., Itoh H., Izumi K., Nishie W., Shimizu H., Amagai M., Yamagami J.
British Journal of Dermatology   178(6) 1462-1463   2018年6月
Payne A., Kasperkiewicz M., Ellebrecht C., Takahashi H., Yamagami J., Zillikens D., Amagai M.
Nature Reviews Disease Primers   4    2018年2月
天疱瘡モデルマウスから広がる自己免疫病態の理解
皮膚科臨床アセット19「水疱性皮膚疾患」   19 59-64   2014年3月

書籍等出版物

 
1336専門家による私の治療. 2017-18年度版
高橋 勇人
日本医事新報社   2017年7月   
薬疹の診断と治療 アップデート 重症薬疹を中心に
高橋 勇人
医薬ジャーナル社   2016年5月   
Immunology of the Skin
Yamagami, J. Takahashi, H. Amagai, M.
Springer   2016年4月   

講演・口頭発表等

 
Dissection and understanding of T cell biology towards cure of intractable skin diseases, LEO Foundation Award Ceremony
Takahashi Hayato
International Investigative Dermatology 2018   2018年5月19日   
FcγRIIb deficiency accelerates immunoglobulin class switch and pemphigus phenotype development in pathogenic anti-desmoglein 3 antibody knock-in mice
Hisashi Nomura Takahashi Hayato Yuko kase Jun Yamagami Naoko Wada Shigeo Koyasu Masayuki Amagai
International Investigative Dermatology 2018   2018年5月11日   
Cholesterol 25-hydroxylase expressing CD4+ T cell regulates skin inflammation
Takahashi Hayato Hisashi Nomura Hisato Iriki Akiko Kubo Miho Mukai Takashi Sasaki Yohei Mikami John O’Shea Masayuki Amagai
International Investigative Dermatology 2018   2018年5月10日   
乾癬様の爪病変を伴った好酸球性膿疱性毛包炎の2例
梅垣知子 種本紗枝 久保亮治 高橋 勇人 栗原佑一 髙杉亜里紗 柳澤絵里加 齋藤昌孝 天谷雅行
第466回日本皮膚科学会大阪地方会(片山一朗教授退官記念地方会)   2018年3月10日   
好酸球数増加と多発性単神経炎,紫斑を伴った末梢性T細胞リンパ腫非特定型の1例
柳澤絵里加 栗原佑一 舩越建 高橋 勇人 戸澤圭一 清水隆之 天谷雅行 海老原全
第876回日本皮膚科学会東京地方会(城西地区)   2017年12月16日   

Works

 
International League of Dermatological Societies-Newsletter「ILDS 2015 Young Dermatologist International Achievement Award(YDIAA) Winners」
Hayato Takahashi   その他   2015年12月
慶應義塾医学部新聞「デスモグレイン3反応性T細胞による新規自己免疫性皮膚炎モデルの確立」
高橋勇人   その他   2012年11月
慶應義塾医学部新聞「日本皮膚科学会 皆見省吾記念賞受賞」
高橋勇人   その他   2012年7月

競争的資金等の研究課題

 
[基盤研究A] 病態に直結するT細胞レパトアの制御を目指した、新たな免疫制御機構の同定と解析
基盤研究A
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月    代表者: 高橋勇人
[革新的先端研究開発支援事業] PRIME 新規T細胞サブセットを規定するコレルテロール代謝酵素の機能解析と疾患制御への応用
AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)-PRIME: 
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 高橋勇人
[免疫アレルギー疾患等実用化研究事業 免疫アレルギー疾患実用化研究分野] 重症薬疹サンプルの選定、採取およびウィルス叢と疾患発症との関連性解析
AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)
研究期間: 2015年 - 現在    代表者: 阿部 理一郎
デスモグレイン3特異的細胞性免疫が誘導する皮膚炎モデルの分子病態の解明
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 高橋 勇人
Interface dermatitis(ID)は扁平苔蘚、重症薬疹、GVHDや腫瘍随伴性天疱瘡など様々な皮膚疾患で共通して認められる病理組織像であるが、その分子メカニズムの詳細は不明である。本研究では遺伝子改変マウスを駆使してIDのメカニズムを解析し、その結果T細胞の転写因子であるT-bet, Stat1が重要であることを明らかにした。一方、新しい免疫学的な概念の創出を目指し、IL-27下流で特異的に働く遺伝子を抽出したところ、コレステロール代謝酵素が同定でき、その働きが免疫制御に寄与す...
[坂口光洋記念慶應義塾医学振興基金] 天疱瘡自己抗原デスモグレイン3に対するT細胞末梢免疫寛容機構の解析
坂口光洋記念慶應義塾医学振興基金
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月

特許

 
特許出願2016-111556 : 25−ヒドロキシコレステロールを有効成分として含有してなる、活性化されたT細胞及び/又はB細胞に選択的な細胞死誘導剤又は細胞死促進剤
高橋勇人 天谷雅行