大場 恵典

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/02 02:42
 
アバター
研究者氏名
大場 恵典
 
オオバ ヤスノリ
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 共同獣医学科 臨床獣医学講座 産業動物臨床学研究室
職名
教授
学位
博士(獣医学)
その他の所属
教育推進・学生支援機構連合獣医学研究科

プロフィール

動物の遺伝病/遺伝病の疫学調査から原因遺伝子解明に至るまでの研究

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
 - 
2012年
岐阜大学 応用生物科学部 准教授
 
2001年4月
 - 
2002年3月
アース・バイオケミカル株式会社
 
2002年4月
 - 
2004年3月
岐阜大学大学院連合獣医学研究科特別研究員
 
2002年4月
 - 
2004年3月
岐阜大学農学部獣医学科獣医内科学講座
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1997年3月
岐阜大学農学部獣医学科  
 
1997年4月
 - 
2001年3月
岐阜大学大学院連合獣医学研究科  
 

論文

 
A deletion of the paracellin-1 gene is responsible for renaltubular dysplasia in cattle.
大場 恵典(応用生物科学部)
229-236   2000年11月
Homozygosity mapping of thelocus responsible for renaltubular dysplasia of cattle onbovine chromosome 1.
大場 恵典(応用生物科学部)
316-319   2000年11月
Clinical features of renaltubular dysplasia, a newhereditary disease in JapaneseBlack cattle.
大場 恵典(応用生物科学部)
115-118   2001年8月
Inheritance of renal tubulardysplasia in Japanese Blackcattle.
大場 恵典(応用生物科学部)
153-154   2001年9月
Renal reabsorption ofmagnesium and calcium by cattlewith renal tubular dysplasia.
大場 恵典(応用生物科学部)
384-387   2002年12月

Misc

 
Yasunori Ohba, Hitoshi Kitagawa, Katsuya Kitoh, Yoshihide Sasaki, Marika Takami, Yusuke Shinkai, Tetsuo Kunieda
Genomics   68 229-236
Various hereditary diseases analogous to particular hman heritable diseases have been identified in cattle. Investigation of these cattle diseases will provide useful information regarding the pathogenesis of the corresponding human diseases. Rena...
Hitoshi Kitagawa, Yasunori Ohba, Yasuhito Kuwahara, Rieko Ohne, Masahiro Kondo, Masakazu Nakano, Yoshihide Sasaki, Katsuya Kitoh
Journal of Veterinary Medical Science   65 701-706   2003年6月
To examine whether an angiotensin converting enzyme (ACE) inhibitor, benazepril, can be transformed to the active metabolite, benazeprilat, by severely injured liver of dogs with ascitic heartworm disease, benazepril hydrochloride was administered...
Ok Kar Soe, Yasunori Ohba, Noriaki Imaeda, Naohito Nishii, Masaki Takasu, Gou Yoshioka, Hisako Kawata, Atsuko Shigenari, Hirohide Uenishi, Hidetoshi Inoko, Asako Ando, Asako Ando, Hitoshi Kitagawa
Xenotransplantation   15 390-397   2008年11月
Background: Pigs with defined swine leukocyte antigen (SLA) haplotypes and their detailed information are useful for transplantation and immunological studies. We developed two herds of SLA homozygous Duroc pigs with novel SLA haplotypes and chara...
Y. Kuwahara, Y. Ohba, K. Kitoh, N. Kuwahara, H. Kitagawa
Journal of Small Animal Practice   47 446-450
OBJECTIVES: To retrospectively compare the data taken at the first visit of 34 cats with chronic renal failure surviving more than one month (surviving group) and 16 cats dying within one month (non-surviving group). METHODS: Records were collecte...
Y. Ohba, H. Kitagawa, Y. Okura, K. Kitoh, Y. Sasaki
Veterinary Record   149 115-118
A new hereditary disease characterised by renal failure, poor growth and long hooves in Japanese Black cattle (wagyu) has been recognised in a region of central Japan since 1990. The number of calves affected has increased gradually, with the inci...

担当経験のある科目

 

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 大場 恵典
マイクロサテライトDNAマーカーを用いた解析から,本疾患の原因は一つの遺伝子に起因するのではなく,複数の遺伝子が関与することが示唆された。また,マイクロアレイ解析およびリアルタイムPCRの結果,脂質代謝,コレステロール代謝,ステロイド代謝に関連する遺伝子において,正常牛に比べて発育不良牛で2倍以上有意に発現量が上昇していた。この結果,発育不良の発症にはこれらの遺伝子が関わっていることが示唆された。
岐阜県中央家畜保健衛生所と応用生物科学部附属家畜衛生地域連携教育研究センターとが連携した家畜衛生に関する現場体験型実践教育の充実(動物衛生学実習、公衆・家畜衛生インターンシップ実習、獣医学インターンシップ演習)
岐阜大学: 活性化経費
研究期間: 2015年6月 - 2016年9月    代表者: 大場恵典

社会貢献活動

 
市民講座「食べられる生命-肉と卵と牛乳の科学と実際-」
【】  岐阜大学応用生物科学部  岐阜大学応用生物科学部  2014年12月20日 - 2014年12月20日
市民講座「食べられる生命-肉と卵と牛乳の科学と実際-」
【】  岐阜大学応用生物科学部  岐阜大学応用生物科学部  2015年12月19日 - 2015年12月19日
市民講座「食べられる生命-肉と卵と牛乳の科学と実際-」
【】  応用生物科学部  応用生物科学部  2016年12月17日 - 2016年12月17日
応用生物科学部
【講師】  応用生物科学部  公開講座  2017年11月25日 - 2017年11月25日
3
牛の搾乳や授乳 児童が畜産体験 岐阜大で学習会
【その他】  中日新聞  マスコミ報道  2018年8月4日