小林 佑理子

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 03:06
 
アバター
研究者氏名
小林 佑理子
 
コバヤシ ユリコ
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 応用生物科学科 生物生産科学講座 植物生産科学系 植物細胞工学研究室
職名
准教授
学位
博士(農学)(岐阜大学)
その他の所属
応用生物科学研究科連合農学研究科

プロフィール

植物の環境ストレス耐性機構に関する研究/遺伝的多様性を利用した栄養環境や有害元素などの植物の環境ストレス耐性に関する遺伝学的・分子生物学的研究

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
2015年
岐阜大学 応用生物科学部 助教
 
2007年4月
 - 
2008年3月
王子製紙株式会社森林資源研究所
 
2008年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会特別研究員(PD)独立行政法人理化学研究所バイオリソースセンター
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2006年3月
岐阜大学  連合農学研究科
 
2001年4月
 - 
2003年3月
岐阜大学  農学研究科
 

受賞

 
2009年
財団法人井上科学振興財団 第25回井上研究奨励賞
 
2008年
日本土壌肥料学会 第26回日本土壌肥料学会奨励賞
 
2007年
日本無菌生物ノートバイオロジー学会 第40回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会 会長奨励賞
 

論文

 
Molecular and physiological analysis of A3 and H+ rhizotoxicities at moderately acidic conditions
Kobayashi, Y., Kobayashi, Y., Watanabe, T., Shaff, J.E., Ohta, H., Kochian, L.V., Wagatsuma, T., Kinraide, T.B. and Koyama, H.
Plant Physiology   163 180-192   2013年7月
Overexpression of AtALMT1 in the Arabidopsis thaliana ecotype Columbia results in enhanced Al-activated malate excretion and beneficial bacterium recruitment.
Kobayashi Y, Lakshmanan V, Kobayashi Y, Asai M, Iuchi S, Kobayashi M, Bais HP, Koyama H.
Plant Signaling&Behavior   8 e25565   2013年7月
Characterization of AtSTOP1 orthologous genes in tobacco and other plant species
Ohyama Y, Ito H, Kobayashi Y, Ikka T, Morita A, Kobayashi M, Imaizumi R, Aoki T, Komatsu K, Sakata Y, Iuchi S, Koyama H.
Plant Physiology   162 1937-1946   2013年6月
Characterization of complex regulation of AtALMT1 expression in response to phytohormones and other inducers
Kobayashi Y, Kobayashi Y, Sugimoto M, Lakshmanan V, Iuchi S, Kobayashi M, Bais HP, Koyama H.
Plant Physiology   162 732-740   2013年4月
Characterization of Al-responsive citrate excretion and citrate-transporting MATEs in Eucalyptuscamaldulensis
Sawaki Y, Kihara-Doi T, Kobayashi Y, Nishikubo N, Kawazu T, Kobayashi Y, Koyama H, Sato S.
Planta   237 979-989   2013年

Misc

 
Takashi Ikka, Yuriko Kobayashi, Tanveer Tazib, Hiroyuki Koyama
Plant Science   175 533-538
Aluminum (Al) tolerance is one of the most important target traits for improving crop production in acid soil. To understand the complex molecular mechanism of Al tolerance, QTL analysis in Arabidopsis would be one useful approach. Using relative ...
Yuriko Kobayashi, Yuriko Kobayashi, Keishi Kuroda, Keisuke Kimura, Jennafer L. Southron-Francis, Aya Furuzawa, Kazuhiko Kimura, Satoshi Iuchi, Masatomo Kobayashi, Gregory J. Taylor, Hiroyuki Koyama
Plant Physiology   148 969-980
Copper (Cu) is an essential element in plant nutrition, but it inhibits the growth of roots at low concentrations. Accessions of Arabidopsis (Arabidopsis thaliana) vary in their tolerance to Cu. To understand the molecular mechanism of Cu toleranc...
Tanveer Tazib, Yuriko Kobayashi, Takashi Ikka, Cheng Ri Zhao, Satoshi Iuchi, Masatomo Kobayashi, Kazuhiko Kimura, Hiroyuki Koyama
Physiologia Plantarum   137 235-248
Association mapping analysis of Cd, Cu and H 2O 2 tolerance, judged by relative root length (RRL: % of root length in stress condition relative to that in control condition), and Cd and Cu translocation ratios (amount of metal in the shoot to the ...
Owen A. Hoekenga, Owen A. Hoekenga, Lyza G. Maron, Lyza G. Maron, Miguel A. Piñeros, Miguel A. Piñeros, Geraldo M A Cançado, Geraldo M A Cançado, Jon Shaff, Jon Shaff, Yuriko Kobayashi, Peter R. Ryan, Bei Dong, Emmanuel Delhaize, Takayuki Sasaki, Hideaki Matsumoto, Yoko Yamamoto, Hiroyuki Koyama, Leon V. Kochian
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   103 9738-9743
Aluminum (Al) tolerance in Arabidopsis is a genetically complex trait, yet it is mediated by a single physiological mechanism based on Al-activated root malate efflux. We investigated a possible molecular determinant for Al tolerance involving a h...
Yuriko Kobayashi, Takashi Ikka, Kazuhiko Kimura, Orito Yasuda, Hiroyuki Koyama
Functional Plant Biology   34 984-994   2007年10月
The mechanism of lanthanum (La3+) toxicity on root growth of Arabidopsis was studied by physiological and genetic approaches using Landsberg erecta (Ler) × Columbia (Col) recombinant inbred lines (RILs) and other natural accessions. Quantitative t...

書籍等出版物

 
The Molecular Physiology and Regulation of Aluminum Resistance in Higher Plants.
Koyama, H., Kobayashi, Y., Panda, S.K. and Taylor, G.J. (担当:共著)
2015年   

講演・口頭発表等

 
A genome-wide association study of Aluminum tolerance in Arabidopsis thaliana.
Kobayashi, Y., Nakano, Y., Kusunoki, K., Iuchi, S., Yamamoto, Y.Y., Kobayashi, M. and Koyama, H
9th International Symposium on Plant-Soil Interactions at Low pH   2015年   
STOP1 Regulatory System for Aluminum and Proton Tolerance in Several Plant Species.
Yuriko Kobayashi, Yasufumi Kobayashi, Hiroki Ito, Yoshiharu Sawaki, Satoshi Iuchi, Masatomo Kobayashi, Hiroyuki Koyama.
Plant Biology   2014年   
STOP2はSTOP1転写因子制御下にあるAlと低pH耐性関連遺伝子の転写を活性化する
小林佑理子, 大山慶直, 小林安文, 伊藤弘樹, 井内聖, 藤田美紀, 趙成日, Tazib Tanveer, Markkandan Ganesan, 小林正智, 小山博之
第55回日本植物生理学会   2014年   
ゲノムワイド関連解析から見るミネラルストレス耐性の多様性 [招待有り]
小林佑理子
日本土壌肥料学会2012年鳥取大会   2012年9月   
ゲノムワイド関連解析によるシロイヌナズナの根の成長維持のための塩耐性に重要な遺伝子座の特定
小林佑理子・中野友貴・楠 和隆・井内 聖・小林正智・小山博之.
日本土壌肥料学会   2015年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 小林 佑理子
これまでに、約200系統のシロイヌナズナエコタイプを用いて、酸性土壌耐性(主にアルミニウムストレス耐性、低pHストレス耐性)に関するゲノムワイド関連解析(GWAS)を行い、耐性に関連するゲノム領域(SNP:一塩基多型)を多数検出した。両ストレスにおいて耐性形質と関連性の高いSNP群を比較したところ、それらは互いに異なるSNPであり、この2つのストレス耐性バリエーションに関与する遺伝的主要因は異なることが示唆された。また、遺伝学的背景で分集団に分けた場合、有意な産地間差は確認されなかった。一...
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月
ゲノムワイド関連解析に基づく酸性土壌耐性の分子的理解
日本学術振興会: 
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 小林 佑理子
ゲノムワイド関連解析に基づく酸性土壌耐性の分子的理解
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 小林 佑理子
ゲノムワイド関連解析に基づく酸性土壌耐性の分子的理解
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 小林 佑理子

その他

 
特定管理産業廃棄物管理責任者