Niwa Masayuki

J-GLOBAL         Last updated: Jul 2, 2019 at 02:42
 
Avatar
Name
Niwa Masayuki
Affiliation
Gifu University
Section
School of Medicine

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Time-course analysis of cardiac and serum galectin-3 in viral myocarditis after an encephalomyocarditis virus inoculation.
Noguchi K, Tomita H, Kanayama T, Niwa A, Hatano Y, Hoshi M, Sugie S, Okada H, Niwa M, Hara A
Plos One   14(1) e0210971   Jan 2019   [Refereed]
Treatment Strategies Based on Histological Targets against Aggressive and Resistant Glioblastoma.
Akira Hara, Tomohiro Kanayama, Kei Noguchi, Ayumi Niwa, Masafumi Miyai, Masaya Kawaguchi, Kazuhisa Ishida, Yuichiro Hatano, Masayuki Niwa and Hiroyuki Tomita
J Oncology      2019   [Refereed][Invited]
Heterogeneity of Colon Cancer Stem Cells.
Hirata A, Hatano Y, Niwa M, Hara A, Tomita H.
Adv Exp Med Biol.      2019   [Refereed][Invited]
Associations between emotional intelligence, empathy and personality in Japanese medical students.
Abe K, Niwa M, Fujisaki K, Suzuki Y.
BMC Med Educ   18(1) 47   May 2018   [Refereed]
第68回医学教育セミナーとワークショップ:FDとSDの融合の試み
Masayuki Niwa
医学教育   49 366-370   2018
Cancer Stem Cell and Aldehyde Dehydrogenase 1 in Liver Cancers.
Tomita H, Kanayama T, Niwa A, Noguchi K, Niwa M, Hara A
InTech   30-47   2017   [Refereed]
知られざる医療系学生の横顔 教務事務職員が困ると感じる学生対応から見えるもの
川上 ちひろ, 西城 卓也, 丹羽 雅之, 鈴木 康之, 藤崎 和彦
医学教育   47(5) 301-306   Oct 2016
医療系専門職養成機関において教務事務職員が学生対応で難しいと感じる事例について調査した。公私立大学医学部・歯学部教務事務職員研修に2013年度から2015年度に参加した教務事務職員143名から得た185事例を分析した。事例は、学生に問題があるものが多くを占め136事例(73.5%)であった一方で、システムや教員に問題があるものも含まれた。医療系専門職養成機関において適切に難しい場面に対応するために、教員、事務職員の協働は欠かせないものである。(著者抄録)
Masutani T, Tanaka YT, Kojima H, Tsuboi M, Hara A, Niwa M
Life sciences   158 70-77   Aug 2016   [Refereed]
Kenji Hisamatsu, Masayuki Niwa, Kazuhiro Kobayashi, Kazuhiro Kobayashi, Tatsuhiko Miyazaki, Akihiro Hirata, Yuichiro Hatano, Hiroyuki Tomita, Akira Hara
NeuroReport   27(5) 311-317   Mar 2016   [Refereed]
Copyright © 2016 Wolters Kluwer Health, Inc. All rights reserved. Recent evidence has suggested that the hippocampal CA2 region plays an important role in the recognition process. We have reported that ischemic damage in the hippocampal CA2 region...
Masayuki Niwa, Hitomi Aoki, Akihiro Hirata, Hiroyuki Tomita, Paul G. Green, Akira Hara
International Journal of Molecular Sciences   17(1)    Jan 2016   [Refereed]
© 2016 by the authors; licensee MDPI, Basel, Switzerland. The aim of this review is to provide an overview of various retinal cell degeneration models in animal induced by chemicals (N-methyl-D-aspartate- and CoCl2-induced), autoimmune (experiment...
Problem-Based-Learning on the Academic Achievements of Medical Students in One Japanese Medical School, over a Twenty-Year Period.
Niwa M, Saiki T, Fujisaki K, Suzuki Y, Evans P
Health Professions Education   2 3-9   2016   [Refereed]
Kazuhiro Kobayashi, Masayuki Niwa, Masato Hoshi, Kuniaki Saito, Kenji Hisamatsu, Yuichiro Hatano, Hiroyuki Tomita, Tatsuhiko Miyazaki, Akira Hara
Neuroscience Letters   592 107-112   Apr 2015   [Refereed]
© 2015 Elsevier Ireland Ltd. Galectin-3 is a β-galactosidase-binding lectin which is important in cell proliferation and apoptotic regulation. Encephalomyocarditis virus (EMCV), which includes the Enterovirus genus, can cause not only acute myocar...
施設を超える、職種を超える 多施設合同学生向け多職種連携教育課外セミナーに取り組んだ3年間
川上 ちひろ, 西城 卓也, 今福 輪太郎, 村岡 千種, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 鈴木 康之
医学教育   46(2) 178-184   Apr 2015
本稿は、岐阜大学で取り組んだ、多施設による多職種連携教育課外セミナーの報告である。まだ報告事例が少ない領域であるので、3年間の経験と成果を、参加学生や教員からのアンケートをもとにまとめた。(著者抄録)
Masayuki Niwa, Takashi MaruYama, Kenji Hisamatsu, Kazuhiro Kobayashi, Kazuhiro Kobayashi, Tatsuhiko Miyazaki, Akihiro Hirata, Akihiro Hirata, Yuichiro Hatano, Hiroyuki Tomita, Akira Hara
Microglia: Physiology, Regulation and Health Implications   205-216   Jan 2015
© 2015 by Nova Science Publishers, Inc. All rights reserved. The β-galactoside-binding lectin, galectin-3, is expressed in a variety of mammalian cells and tissues. Galectin-3 contains a highly conserved motif known as the carbohydrate recognition...
Ayako Taguchi, Masayuki Niwa, Masato Hoshi, Kuniaki Saito, Teruaki Masutani, Kenji Hisamatsu, Kazuhiro Kobayashi, Yuichiro Hatano, Hiroyuki Tomita, Akira Hara
Neuroscience Letters   564 120-125   Apr 2014   [Refereed]
Indoleamine 2,3-dioxygenase1 (IDO1) is the rate-limiting enzyme in the kynurenine pathway that converts l-tryptophan to l-kynurenine. Encephalomyocarditis virus (EMCV) can cause acute myocarditis in various animals including mice. Previously, IDO1...
西城 卓也, 丹羽 雅之, 川上 ちひろ, 今福 輪太郎, 阪下 和美, 藤崎 和彦, 鈴木 康之
医学教育   45(1) 13-24   Feb 2014
現代の医学教育において、スタッフ/教員の教育能力の開発とその評価は重要である。文部科学省認定の医学教育共同利用拠点として岐阜大学医学教育開発研究センターは、全国の教育に携わる教育者、教員、スタッフの育成をミッションに、14年にわたり医学教育セミナーとワークショップを50回開催してきた。今回その参加者特性、内容の分析を通じて、これまでの歴史と今後の我が国における教育者としての継続的能力開発に関して考察した。これからは、教育能力の包括性、学習の多様性、現場と実践性の重視、あらゆる境界を超えるコ...
真嶋由貴恵, 中村裕美子, 丹羽雅之, 木下淳博, 吉田素文
教育システム情報学会誌   31(1) 8-18   Jan 2014
医学教育ユニットの現状
Niwa Masayuki
医学教育別冊 116-118   2014   [Invited]
Facilitation of web-based Internet PBL: what is an adequate groupsize?
Niwa M, Yoshida S, Takamizawa K, Nagaoka S, Kawakubo N, Takahashi Y, Suzuki Y
IeJSME   8(2) 4-11   2014   [Refereed]
阿部 恵子, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 鈴木 康之
医学教育   44(5) 315-326   Oct 2013
目的:医学生のEIとEmpathyの性差及び学年差を検討した。方法:370名にTEIQue-SFとJSPE-S日本語版を用いた横断調査を行った。結果:TEIQue-SFの総合点は、有意差はなかったが学年毎に低下する傾向があった。JSPE-Sで4年次が低く、6年次は高かった。TEIQue-SFで男子が、JSPE-Sで女子が高かった。TEIQue-SFの4因子比較では、男子に社交性が高く、学年差はなかった。2調査票間で弱い相関があったが、JSPE-SとTEIQue-SFの1つの因子である自己管...
Keiko Abe, Keiko Abe, Phillip Evans, Elizabeth J. Austin, Yasuyuki Suzuki, Kazuhiko Fujisaki, Masayuki Niwa, Muneyoshi Aomatsu
BMC Medical Education   13 82   Jun 2013   [Refereed]
Background: There has been considerable interest in Emotional Intelligence (EI) in undergraduate medical education, with respect to student selection and admissions, health and well-being and academic performance. EI is a significant component of ...
Masayuki Niwa, Masayuki Niwa, Masaya Nakashima, Kunio Satoh, Manabu Takamatsu, Kazuhiro Kobayashi, Yuichiro Hatano, Akira Hara
Hypothermia: Prevention, Recognition and Treatment   137-146   Dec 2012
We describe hypothermia and hyperthermia mechanisms that affect delayed neuronal death following transient forebrain ischemia. Intra-ischemic, but not post-ischemic, hypothermia prevents delayed neuronal death and nuclear DNA fragmentation in hipp...
医学教育情報館(MEAL)の構築プロセス
大西 弘高, 川崎 勝, 椎橋 実智男, 阿部 幸代, 大久保 由美子, 片岡 仁美, 杉本 なおみ, 高村 昭輝, 内藤 亮, 丹羽 雅之, 第16期情報基盤開発委員会
医学教育   43(3) 215-220   Jun 2012
第16期情報基盤開発委員会は、4年に一度発行される医学教育白書に加え、より迅速かつ包括的な情報基盤を提供するために新設された。医学教育情報館は、Web上の医学教育情報サイトとして、2011年8月から公開されるに至った。現在のところ、用語集、論文紹介、書籍紹介、資料集で構成され、WikiやBlogといったWeb上のシステムを利用している。これは、学会側で情報を準備して提供するという一方通行の方法だけでなく、学会員などが新たに情報を提供するWeb上の双方向性が可能な技術が容易に利用可能になった...
e-PBL: Possibilities and Limitations
Yasuyuki Suzuki, Masayuki Niwa
J Med Edu   16(1) 1-8   2012   [Refereed]
阿部恵子、若林英樹、西城卓也、川上ちひろ、藤崎和彦、丹羽雅之、鈴木康之
医学教育   43(5) 351-359   2012   [Refereed]
BLSを屋根瓦方式で教える、その効果分析
谷本 真由美, 丹羽 雅之, 鈴木 康之, 高橋 優三
Journal of Japanese Association of Simulation for Medical Education   4 27-31   May 2011
BLSなどの一次救急処置の訓練を、屋根瓦方式実習とインターネット・チュートリアルを組み合わせた形態で受けた学生40名(屋根瓦コース)を対象に、学生による自己評価とアンケートを実施した。従来の受動的な実習とインターネット・チュートリアルを受けた学生90名(通常コース)と比較し、その教育効果について検討した。屋根瓦コースの自己評価得点は通常コースに比べ有意に高く、知識・実技に対する自信が強かった。アンケート結果からも、「自らの知識と実技の再確認・復習」および「積極的な授業参加の促進」をもたらす...
保育園児・妊婦との継続的交流体験の教育的効果 医療系学生の気づきと学び
川上 ちひろ, 阿部 恵子, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 鈴木 康之
日本小児科学会雑誌   115(1) 132-137   Jan 2011
医学科・看護学科の1年生ボランティアを対象に、園児あるいは妊婦との「継続的地域体験学習」を行い、その効果について検討した。学生は園児とは一対一で、妊婦とは男女ペアで同一の対象者と2〜7回の継続した交流を行い、その効果をフォーカスグループディスカッションとポートフォリオで質的分析した。その結果、学生は園児や妊婦との継続的交流を通じて、言語・非言語コミュニケーションの難しさ・喜びを体感することができ、小児・産科医療に関連する多くの学びや気づきを得たことが確認された。以上のことから、本実習は医療...
Gifu medical Education/e-leaning System”の開発と実践
丹羽雅之,鈴木康之
JSiSE Research Report   26(1) 65-68   2011
ヒトES細胞の眼胞様構造へのin vitro及びin vivo分化系
青木 仁美, 丹羽 雅之, 原 明, 國貞 隆弘
Inflammation and Regeneration   30(4) 356-356   Jul 2010
スキルスラボにおける基本的臨床技能学習プログラム構築の試み
那波 潤美, 川上 ちひろ, 若林 英樹, 阿部 恵子, 加藤 智美, 丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 鈴木 康之
Journal of Japanese Association of Simulation for Medical Education   3 34-34   May 2010
Emotional Intelligence(EI)とPhysician Empathy Scale(PES)(日本語訳)
阿部 恵子, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 鈴木 康之
医学教育   40(6) 439-440   Dec 2009
医学教育セミナーとワークショップ 30回開催を振り返って
丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 加藤 智美, 阿部 恵子, 若林 英樹, 高橋 優三, 鈴木 康之
医学教育   40(5) 367-374   Oct 2009
1)全国共同利用施設岐阜大学医学教育開発研究センターは全国レベルのFDである「医学教育セミナーとワークショップ」(S&W)を2000年以来全国各地で実施し、30回を数えた。2)延べ参加者数は3200名余であり、社会のニーズをふまえたテーマで実施した。参加者のニーズ満足度はS&W開催毎に実施したアンケート結果(11回以降)から最高5ポイント中4.33±0.13(回答者数1793名、回収率85.6%)であった。3)実施にあたっては、全国の医学部との共催形式を積極的に取り入れ、また日本各地から企...
Yukiko Enomoto, Seiji Adachi, Rie Matsushima-Nishiwaki, Masayuki Niwa, Haruhiko Tokuda, Shigeru Akamatsu, Tomoaki Doi, Hisaaki Kato, Shinichi Yoshimura, Shinji Ogura, Toru Iwama, Osamu Kozawa
FEBS Letters   583 2464-2468   Aug 2009
αB-crystallin, a low-molecular-weight heat shock protein (HSP), has binding sites on platelets. However, the exact role of αB-crystallin is not clarified. In this study, we investigated the effect of αB-crystallin on platelet granule secretion. αB...
インターネットを利用した大学連携・問題基盤型遺伝カウンセラー教育の試み
升野 光雄, 黒木 良和, 松浦 公美, 福嶋 義光, 山内 泰子, 河村 理恵, 高田 史男, 丹羽 雅之, 鈴木 康之
日本遺伝カウンセリング学会誌   30(1) 9-17   Apr 2009
医学教育分野で広く採用されつつある問題基盤型学習(PBL)テュートリアルは、学生が与えられた事例をもとに自ら問題点を見出し、討論を重ね指導教員の助言を受けながら自己学習を進めていく能動的学習法である。著者等は遺伝カウンセリングの習得という共通目的をもつ全国の認定大学院学生の能動的学習法として、インターネット上で共同学習できるプログラムの開発を目指している。このプログラム開発により認定大学院教育の質の向上と認定大学院間の教育水準の標準化が期待され、更に遺伝カウンセラーがチューターとして学生の...
独自色豊かなSP養成プログラム:スコットランド5大学視察報告
阿部恵子、藤崎和彦、丹羽雅之、鈴木康之、Phillip Evans
医学教育   39(3) 199-203   2009   [Refereed]
Masayuki Niwa, Masayuki Niwa, Koichi Hotta, Akira Hara, Kouseki Hirade, Hidenori Ito, Kanefusa Kato, Osamu Kozawa
Life Sciences   80(3) 181-186   Dec 2006
Treatment of PBMCs with TNF-α decreased the levels of heat shock protein (HSP) 27, but had little effect on the level of HSP70. Parallel to the decrease of HSP27, TNF-α increased the level of HSP27 in the incubation medium of the cells. The decrea...
丹羽 雅之, 堀田 功一, 金森 豊, 廣田 雅生, 小澤 修, 藤本 貞毅
炎症・再生   25(6) 501-506   Nov 2005
Yuki Murakami, Kuniaki Saito, Kuniaki Saito, Kuniaki Saito, Akira Hara, Yuyan Zhu, Kaori Sudo, Masayuki Niwa, Hidehiko Fujii, Hisayasu Wada, Hiroshi Ishiguro, Hideki Mori, Mitsuru Seishima
Journal of Neurochemistry   93 1616-1622   Jun 2005
The actions of tumor necrosis factor-α (TNF-α) produced by resident brain cells and bone marrow-derived cells in brain following a transient global ischemia were evaluated. In wild-type mice (C57BI/6J) following 20 min ischemia with bilateral comm...
医学教育セミナーとワークショップの10回にわたる開催経験
丹羽 雅之, 鈴木 康之, 藤崎 和彦, 加藤 智美, 谷本 真由実, 松尾 理, 名郷 直樹, 吉田 一郎, 高橋 優三
医学教育   36(2) 89-96   Apr 2005
H. Tokuda, H. Tokuda, M. Niwa, A. Ishisaki, K. Nakajima, H. Ito, K. Kato, O. Kozawa
Prostaglandins Leukotrienes and Essential Fatty Acids   70 441-447   May 2004
We have reported that prostaglandin F2α (PGF 2α) activates p44/p42 mitogen-activated protein (MAP) kinase in osteoblast-like MC3T3-E1 cells, and that p44/p42 MAP kinase plays a role in the PGF2α-induced heat shock protein 27 (HSP27). In the presen...
鷲野 嘉映, 鈴木 康之, 高橋 優三, 丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 中村 浩幸, 加藤 智美, 森脇 久隆
医学教育   34(6) 375-379   Dec 2003
岐阜大学臨床実習資格総合判定試験(GT)及び第1回共用試験(CBT)トライアルを受験した84名の成績を比較した.CBT得点とGT総得点,一般問題得点,臨床基本問題得点との相関係数は各々0.707,0.727,0.457であった.対象者のCBT得点は59.0±9.3点で,全国平均55.9±10.2点との有意差はなかった.GT合格者のCBT得点は60.5±8.3点,不合格者は47.5±7.8点で,有意差が認められた.CBTはGTの代用になり得ることが示唆された
H. Tokuda, H. Tokuda, M. Niwa, H. Ito, Y. Oiso, K. Kato, O. Kozawa
European Journal of Endocrinology   149 239-245   Sep 2003
Objective: We have reported that endothelin-1 (ET-1) activates p38 mitogen-activated protein (MAP) kinase through protein kinase C in osteoblast-like MC3T3-E1 cells, and that p38 MAP kinase plays a role in the ET-1-induced heat shock protein 27 (H...
鈴木 康之, 高橋 優三, 丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 中村 浩幸, 鷲野 嘉映, 加藤 智美, 伊藤 和夫
医学教育   34(1) 13-19   Feb 2003
医学部6年生78名が臨床実習を行った9病院の医師82名に10項目の評価を依頼した.従来型教育を受けた学生との比較で,いずれの項目でも「差を認めない」が多かったが,評価を点数化したところ,平均点はテュートリアル教育を受けた学生の方が有意に高く,5年生時の大学教官の評価と比較しても良好であった.項目別にみると,「獲得すべき医学知識量」「新しい実習内容を理解する力」「議論の能力」「勉学への積極さ」「分からない問題解決への取り組み」「教官が発する質問への回答能力」で従来型学生よりも優れており,「教...
A Trial of an International Internet PBL on HIV/AIDS.
Yasuyuki Suzuki, Masayuki Niwa, Khamboonruang Chirasak, Yuzo Takahashi
J Med. Ed.   7 432-437   Jan 2003   [Refereed]
Effects of PBL-Tutorial in Gifu University School of Medicine: Evaluation of Students in Clinical Years.
Yasuyuki Suzuki, Masayuki Niwa, Kazuhiko Fujisaki, Hiroyuki Nakamura, KaeiWashino, Tomomi Kato, Kazuo Ito, Yukio Okano, Yuzo Takahashi
J Med. Ed.   7 412-418   Jan 2003   [Refereed]
Kouseki Hirade, Osamu Kozawa, Kumiko Tanabe, Masayuki Niwa, Hiroyuki Matsuno, Yutaka Oiso, Shigeru Akamatsu, Hidenori Ito, Kanefusa Kato, Yoshihiro Katagiri, Toshihiko Uematsu
American Journal of Physiology - Heart and Circulatory Physiology   283(3) H941-8   Sep 2002
We investigated the effects of thrombin on the induction of heat shock proteins (HSP) 70 and 27, and the mechanism behind the induction in aortic smooth muscle A10 cells. Thrombin increased the level of HSP27 but had little effect on the level of ...
鷲野 嘉映, 高橋 優三, 藤崎 和彦, 鈴木 康之, 丹羽 雅之, 中村 浩幸
医学教育   33(4) 253-260   Aug 2002
【医学教育の新しい展開】 Faculty Development 医学教育部門・医学教育開発研究センターの役割
丹羽 雅之, 高橋 優三, 大西 弘高
現代医療   34(7) 1532-1538   Jul 2002
植松 俊彦, 松野 浩之, 丹羽 雅之, 小澤 修, 池井 暢浩, 川崎 淳一, 川村 武, 長嶋 悟, 金丸 光隆
臨床薬理   33(3) 81-84   May 2002
C-13 UBT錠服用直後の口腔内洗浄の有無の影響をHelicobactor pyloriの陰性者で検討すると共に,陽性者での診断性能を併せて検討した.C-13 UBT錠は口腔内では崩壊せず,嚥下後以内にて急速に崩壊するものであり,同剤服用に直後に口腔内洗浄を行った場合と行わない場合について同一被験者についてクロスオーバー法により検討したが,口腔内洗浄の有無による呼気Δ13C値の変動は診断を左右するほどのものではなく,口腔洗浄の有無に拘わらず診断は同一であった.したがって,C-13 UBT...
Daijiro Hatakeyama, Osamu Kozawa, Masayuki Niwa, Hiroyuki Matsuno, Hidenori Ito, Kanefusa Kato, Norichika Tatematsu, Toshiyuki Shibata, Toshihiko Uematsu
Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Cell Research   1589 15-30   Feb 2002
We investigated whether transforming growth factor-β (TGF-β) stimulates the induction of heat shock protein (HSP) 27 and HSP70 in osteoblast-like MC3T3-E1 cells and the mechanism underlying the induction. TGF-β increased the level of HSP27 but had...
H. Tokuda, O. Kozawa, M. Niwa, H. Matsuno, K. Kato, T. Uematsu
Journal of Endocrinology   172 271-281   Jan 2002
We investigated the effect of prostaglandin E2 (PGE2) on the induction of heat shock protein 27 (HSP27) and HSP70, and the mechanism behind the induction in osteoblast-like MC3T3-E1 cells. PGE2 time-dependently increased the level of HSP27 without...
A preliminary trial of an internet PBL tutorial using mailing list.
Yasuyuki Suzuki, Masayuki Niwa, Kazuhiko Fujisaki , Hiroyuki Nakamura, Kaei Washino, Yuzo Takahashi
J Med. Ed.   6 15-18   2002   [Refereed]
Koichi Hotta, Masayuki Niwa, Akira Hara, Takatoshi Ohno, Xiaodan Wang, Hiroyuki Matsuno, Osamu Kozawa, Osamu Kozawa, Hidenori Ito, Kanefusa Kato, Takanobu Otsuka, Nobuo Matsui, Toshihiko Uematsu
European Journal of Pharmacology   433(1) 17-27   Dec 2001
Tissue neutrophils, human salivary neutrophils donated from healthy subjects and synovial fluid neutrophils collected from patients with rheumatoid arthritis were compared with circulating blood neutrophils. Concomitant treatment of circulating bl...
Masami Kawase, Katsuyoshi Sunaga, Satoru Tani, Masayuki Niwa, Toshihiko Uematsu
Biological and Pharmaceutical Bulletin   24 1335-1337   Nov 2001
A variety of aromatic trifluoromethyl ketone derivatives has been studied as inhibitors of apoptosis in cerebellar granule neurons (CGNs). Among them, α-trifluoromethyl diketone (2) and benzyl trifluoromethyl ketone (11) were found to be apoptosis...
新薬の老年者への適応 経口抗アレルギー薬 塩酸フェキソフェナジン
丹羽 雅之, 植松 俊彦
老年消化器病   13(2) 121-125   Aug 2001
O. Kozawa, H. Matsuno, M. Niwa, D. Hatakeyama, K. Kato, T. Uematsu
Cell Stress and Chaperones   6 21-28   Jan 2001
It has recently been reported that αB-crystallin, a low-molecular-weight heat shock protein, may be released from cells by mechanical stretch. We investigated a physiological role of αB-crystallin in platelet function. αB-crystallin inhibited plat...
H. Matsuno, O. Kozawa, M. Niwa, S. Ueshima, O. Matsuo, D. Collen, T. Uematsu
Fibrinolysis and Proteolysis   14 13   Dec 2000
The role of fibrinolytic system components in thrombus formation and removal in vivo was studied in groups of six mice deficient in urokinasetype plasminogen activator (u-PA), tissue type plasminogen activator (t-PA) or plasminogen activator inhib...
Masayuki Niwa, Akira Hara, Yutaka Kanamori, Daijiro Hatakeyama, Masanao Saio, Tsuyoshi Takami, Hiroyuki Matsuno, Osamu Kozawa, Toshihiko Uematsu
European Journal of Pharmacology   407(3) 211-219   Nov 2000
The objective of this study was to elucidate the role of the nuclear factor-κB (NF-κB) pathway in tumor necrosis factor-α (TNF-α)-induced neutrophil apoptosis. A single treatment with TNF-α produced significant caspase-3 activiation in a time- and...
新薬の老年者への適用 パーキンソン病治療の新たなる展開 ドパミン作動薬
丹羽 雅之, 植松 俊彦
老年消化器病   12(1) 111-113   May 2000
A. Hara, H. Mori, M. Niwa, F. Colbourne, H. Li, A. M. Buchan
Stroke   31 236-238   Jan 2000
Osamu Kozawa, Haruhiko Tokuda, Masaichi Miwa, Hidenori Ito, Hiroyuki Matsuno, Masayuki Niwa, Kanefusa Kato, Toshihiko Uematsu
Journal of Cellular Biochemistry   75(4) 610-619   Dec 1999   [Refereed]
We previously reported that prostaglandin F(2α) (PGF(2α)) activates both phosphoinositide-hydrolyzing phospholipase C and phosphatidylcholine- hydrolyzing phospholipase D in osteoblast-like MC3T3-E1 cells and then induces the activation of protein...
Masayuki Niwa, Osamu Kozawa, Hiroyuki Matsuno, Yutaka Kanamori, Akira Hara, Toshihiko Uematsu
Life Sciences   66 245-256   Dec 1999
We investigated the mechanism underlying the priming effect of TNF-α on fMLP-stimulated superoxide production in human neutrophils. TNF-α enhanced fMLP-stimulated superoxide production in a concentration-dependent manner. TNF-α also induced sphing...
Masayuki Niwa, Osamu Kozawa, Hiroyuki Matsuno, Kanefusa Kato, Toshihiko Uematsu
Life Sciences   66(1) PL7-12   Nov 1999
We have shown that Hsp20, one of small molecular weight heat shock protein, which is present at a high concentration both in vascular smooth muscle cells and in circulating blood in patient with vascular disease, strongly inhibits platelet aggrega...
Masayuki Niwa, Akira Hara, Yutaka Kanamori, Hiroyuki Matsuno, Osamu Kozawa, Naoki Yoshimi, Hideki Mori, Toshihiko Uematsu
European Journal of Pharmacology   371(1) 59-67   Apr 1999   [Refereed]
Treatment of neutrophils with tumor necrosis factor-α (TNF-α) in the presence of cycloheximide induced apoptosis within 3 h, as evaluated by the occurrence of morphological nuclear changes characteristic of apoptosis. Pretreatment of neutrophils w...
Masayuki Niwa, Akira Hara, Tomohiko Iwai, Masaya Nakashima, Naoki Yoshimi, Hideki Mori, Toshihiko Uematsu
Life Sciences   64(18) PL193-8   Mar 1999   [Refereed]
It has been reported that delayed neuronal death (DND) in the hippocampus following transient forebrain ischemia is associated with internucleosomal DNA fragmentation, indicating apoptosis. This suggests that the process of DND is energy dependent...
Takehiro Kaida, Takehiro Kaida, Osamu Kozawa, Takeshi Ito, Kumiko Tanabe, Hidenori Ito, Hiroyuki Matsuno, Masayuki Niwa, Hideo Miyata, Toshihiko Uematsu, Kanefusa Kato
Experimental Cell Research   246(2) 327-337   Feb 1999   [Refereed]
In the present study, we examined the effect of vasopressin on the induction of the low-molecular-weight heat shock proteins heat shock protein 27 (HSP27) and αB-crystallin in an aortic smooth muscle cell line, A10 cells. Vasopressin induced a tim...
【COX-2と癌】 COX-2とアポトーシス
原 明, 吉見 直己, 丹羽 雅之
血液・腫瘍科   38(2) 95-100   Feb 1999
Kumiko Tanabe, Osamu Kozawa, Hiroyuki Matsuno, Masayuki Niwa, Shuji Dohi, Toshihiko Uematsu
Anesthesiology   90(1) 215-224   Jan 1999   [Refereed]
Background: The mechanisms underlying the vascular effects of propofol are not fully understood. Vasopressin, a potent vasoactive peptide, stimulates the arachidonate cascade and the synthesis of prostacyclin (PGI2; the main metabolite of the casc...
松野 浩之, 植松 俊彦, 小澤 修, 丹羽 雅之, 長嶋 悟, 河野 健一, 金丸 光隆, 加藤 博樹, 吉田 泰久
臨床薬理   30(1) 225-226   Jan 1999
丹羽 雅之, 植松 俊彦, 松野 浩之, 小澤 修, 真野 俊樹, 長嶋 悟, 河野 健一, 金丸 光隆, 越智 由貴子
臨床薬理   30(1) 235-236   Jan 1999
目で見るモルヒネの薬理作用:気管支への作用
丹羽 雅之
日医雑誌   122(5) MM25-MM27   1999
新薬の老年者への適用 COX-2選択的阻害剤
丹羽 雅之, 植松 俊彦
老年消化器病   10(2) 181-184   Oct 1998
Akira Hara, Masayuki Niwa, Tomohiko Iwai, Masaya Nakashima, Hirohito Yano, Toshihiko Uematsu, Naoki Yoshimi, Hideki Mori
Brain Research   806(2) 274-277   Sep 1998   [Refereed]
Transport of fragmented DNA in apical dendrites of the CA1 pyramidal neurons of gerbil hippocampus is observed in the apoptotic process following transient fore ischemia. The time-course of specific DNA fragmentation was examined after the ischemi...
専門基礎科目 薬理(3)
丹羽 雅之, 植松 俊彦
看護学生   45(13) 10-13   Mar 1998
脳虚血と神経細胞のアポトーシス-発現メカニズムならびに防御の試み-
丹羽 雅之
生命科学   (4) 6-14   1998
一過性脳虚血と神経細胞のアポトーシス
原 明, 丹羽雅之
ニューロレポート      1998
A. Hara, M. Niwa, N. Yoshimi, H. Mori
Acta Neuropathologica   94 517-518   Nov 1997
毛髪による薬歴・病歴管理 毛髪一本でここまで分かる ニコチン分析による喫煙行動の管理
丹羽 雅之, 植松 俊彦
治療   79(6) 1503-1506   Jun 1997
急性炎症性疼痛刺激によるラット脳・脊髄内オピオイド受容体の変動について
太田 宗一郎, 丹羽 雅之, 野崎 正勝
麻酔   46(5) 644-649   May 1997
実験的炎症性疼痛刺激を加えたラットの脳・脊髄におけるオピオイド受容体の変動を検討した.ラットの後肢皮下にフォルマリン或いはカラニゲンを注射し急性痛を作製し,後肢の紅斑と浮腫及び痛みによる逃避行動を確認後,脳・脊髄を摘出し,3H-DAGO(μ選択性リガンド), 3H-ethylketocyclazocine(κ選択性リガンド)及び3H-DPDPE(δ選択性リガンド)の3種類のオピオイドリガンドを用いて受容体結合実験を行った.急性炎症性疼痛モデルにおいては,脳・脊髄内のμ, δ及びκオピオイド...
モルヒネ依存モルモットにおける脳内α2アドレナリン受容体の変動
太田 宗一郎, 丹羽 雅之, 野崎 正勝
麻酔   46(5) 640-643   May 1997
モルヒネ依存状態下において中枢神経系のα2受容体がどう変動するかを検討する為,モルモット背部皮下に硫酸モルヒネ徐放錠(MSコンチン)を埋め込むことによって作製したモルヒネ依存獲得モデル動物を用い,モルヒネ退薬症候に対するクロニジンの影響及び依存時の脳内α2受容体の変動について比較検討した.MSコンチン埋め込み2日後断頭し,脳膜標本を調整し受容体結合実験を行った.モルヒネ依存を獲得した本動物モデルにおいて,α2アドレナリン受容体選択的リガンドの3H-UK14304結合のBmax(受容体総濃度...
Use of the triflamide group for friedel-crafts acylation of N-(-phenetyl) amino acids to 3-benzazepine derivatives
Masami Kawase, Noboru Motohashi, Masayuki Niwa, and Masakatsu Nozaki
Heterocycles   45(6) 1121-1129   1997   [Refereed]
Opioid receptor affinites of tyrosine -phenylalkyl ester, simple enkephalin pharmacophore-mimics
Tatsunori Iwamura, Hisayoshi Tsutsumi, Tadashi Kataoka, Mikio Hori, Masayuki Niwa and Masakatsu Nozaki
Ann. Proc. Gifu Pharm. Univ.   46 37-46   1997   [Refereed]
Comparetive pharmacokinetic studies of two newer fluoroquinolones, balofloxacin and grepafloxacin in the elderly
Osamu Kozawa, Toshihiko Uematsu, Hroyuki Matsuno, Masayuki Niwa, Satoru Nagashima and Mitsutaka kanamaru
Antimicrob. Agents Chemothr   40 2824-2828   1997   [Refereed]
溶解液付き注射用抗生物質キット(オーツカ・マルチ・チャンバーバッグ・システム)使用時の健常成人におけるセファゾリンナトリウムの体内動態
87. 松野浩之, 植松俊彦, 小澤 修, 丹羽雅之, 河野健一, 滝口祥令, 長島 悟, 金丸光隆
新薬と臨床   46 202-206   1997   [Refereed]
H. Matsuno, T. Kaida, M. Niwa, O. Kozawa, T. Uematsu
Fibrinolysis   10 53   Dec 1996
The long-lasting success of thrombolytic therapy is hampered by acute reocclusion due to thrombosis and by late restenosis due to smooth muscle cell migration and proliferation. Platelets play an importent role in stenosis and potent antiplatelet ...
新薬の老年者への適用 制吐剤としてのセロトニン3(5-HT3)受容体拮抗薬
丹羽 雅之, 植松 俊彦
老年消化器病   8(1) 91-93   May 1996
新薬の老年者への適用 消化管運動機能改善薬
丹羽 雅之, 植松 俊彦
老年消化器病   7(2) 179-182   Nov 1995
モルヒネ依存におけるモルモット脳内オピオイド受容体の変動について
太田 宗一郎, 丹羽 雅之, 野崎 正勝
麻酔   44(11) 1452-1457   Nov 1995
癌性疼痛患者に使用されている硫酸モルヒネ徐放錠(MC)を小動物に投与し,モルヒネ依存性形成及び依存時の脳内オピオイド受容体の変化について比較検討した.モルモット背部皮下にMCを埋め込み1, 2, 3或いは7日後にナロキソンによる退薬症候を観察したところ,2日後にジャンピング反応を指標とする退薬症状が最も強く出現した.したがって,2日後に断頭し,脳膜標本を調整し受容体結合実験を行った.その結果,モルヒネ依存獲得した本動物モデルにおいて,脳内のμ, δ及びκオピオイド受容体の増加作用が確認された
麻薬・拮抗性鎮痛薬のμ,δおよびκオピオイド受容体親和性について
太田 宗一郎, 丹羽 雅之, 野崎 正勝
麻酔   44(9) 1228-1232   Sep 1995
オピオイド受容体にはいくつかのタイプが存在し,おのおののタイプが特徴的に存在する受容体膜組織標本と各タイプに特異的な3H-標識オピオイドとの組合せによって,より選択性の高い実験系を用いて比較検討した.日常頻用される麻薬および拮抗性鎮痛薬の各オピオイド受容体タイプ親和性をよりいっそう明確にした
新薬の老年者への適用(5) 防御因子系薬物
丹羽 雅之, 植松 俊彦
老年消化器病   7(1) 97-99   May 1995
医学部学生のTDM実習に関する検討
安田公夫, 堀内 正, 中村光浩, 森 充浩, 丹羽雅之, 野崎正勝, 鶴見介登, 片桐義博
TDM研究   12 69-73   1995   [Refereed]
M. Hattori, M. Nozaki, H. Shimonaka, M. Niwa, K. Kohno, S. Ohta, K. Tsurumi, S. Dohi
Anesthesia and Resuscitation   30 257-259   Dec 1994
Concerning about local anesthetics, the relationship between inhibitory effects on the superoxide anion (O2-) generation in human neutrophils and lipid solubility were studied. The O2- specific chemiluminescence development using a cypridina lucif...
M. Niwa, LY Al-Essa, M. Nozaki, K. Tsurumi, T. Iwamura, T. Kataoka
Regulatory Peptides   54 211-212   Nov 1994
新薬の老年者への適用(4)H2-受容体拮抗薬(2)
丹羽 雅之, 植松 俊彦
老年消化器病   6(2) 167-169   Oct 1994
新規抗炎症薬ZaltoprofenとNew Quinolone系抗菌薬の薬理相互作用 他の抗炎症薬との比較
河野 健一, 野崎 正勝, 丹羽 雅之
応用薬理   48(4) 289-296   Oct 1994
新規propionic acid系抗炎症薬zaltoprofenと新quinolone系抗菌薬(NQ)の併用による痙攣誘発をマウスを用いて検討した。zaltoprofenはNQとの併用によって痙攣を誘発する可能性をもつが,fenbufen, naproxen, pranoprofen, ketoprofen, oxaprozinより,可能性は著しく低く,ibuprofen, loxoprofenに比しても有意に低かった。ofloxacin, sparfloxacinあるいはlevoflox...
M. Niwa, M. Nozaki, K. Tsurumi, T. Suzuki
Regulatory Peptides   53    Feb 1994
K. Kohno, M. Nozaki, M. Niwa, K. Tsurumi
Pharmacometrics   48 289-296   Jan 1994
Reportedly, nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) especially the propionic acid derivatives are liable to cause convulsions when given to patients together with various new quinolone antimicrobials (NQs). Zaltoprofen, a novel NSAID, is a p...
局所麻酔薬の物性と生物活性相関 —好中球機能の抑制を指標として
服部雅仁, 野崎正勝, 下中浩之, 丹羽雅之, 河野健一, 太田宗一郎, 鶴見介登, 土肥修司
麻酔と蘇生   30 257-259   1994   [Refereed]
丹羽 雅之, 河野 健一, 小林 雅司野崎正勝, 鶴見介登
炎症   13(5) 477-482   Sep 1993
インドメタシンのプロドラッグ(acemetacin, indomethacin-farnesil, proglumetacin, CP-311)のウサギ好中球によるスーパーオキシド産生に対する効果を検討した。産生量はルシフェリン類似物であるFCLAを用いた蛍光法で行った。Proglunetacinは,PMA誘導のスーパーオキシド産生を用量依存的に抑制した。CP-331は,PMAやf-MLP誘導による産生を共に抑えた。しかし,acemetacin, indomethacin-farnesil...

Misc

 
T. Iwai, M. Niwa, S. Ohta, M. Nakashima, K. Tsurumi, M. Nozaki
New leads in opioid research: proceedings of the International Narcotics Research Conference. ICS914   362-363
Characterization of opioid receptors in cerebral ischemia was studied in Mongolian gerbils. The maximum binding capacities and dissociation constants for κ-type ligands were lowered by cerebral ischemia and were restored by 7 days reperfusion. Fro...
DNA fragmentation in gerbil hippocampus after transient forebrain ischemia: Its time course and effect of hypothermia
Tomohoko Iwai, Akira Hara, Masayuki Niwa, Masakatsu Nozaki, Toshihiko Uematsu, Noboru Sakai and Hiromu Yamada
J. Cereb. Blood Flow Metab.   15 149   1995
Internet-PBL for postgraduate life science education
Niwa M(MEDC)
M. Niwa, T. Iwai, K. Tsurumi, M. Nozaki
New leads in opioid research: proceedings of the International Narcotics Research Conference. ICS914   360-361
Mongolian gerbil cerebellum possessed a binding capacity for 3H-DAGO (μ agonist) but not for 3H-DPDPE (δ-agonist) or 3H-U-69593 (κ-agonist). The 3H-DAGO binding to the cerebellum was saturable, and characterized by high affinity (K(d) = 1.4 nM) an...
丹羽雅之, 西城卓也, 藤崎和彦, 鈴木康之
教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   41st ROMBUNNO.F5‐1   2016
松野 浩之, 植松 俊彦, 小澤 修, 丹羽 雅之, 長嶋 悟, 河野 健一, 金丸 光隆, 長井 晶彦
臨床薬理   31(1) 189-190   Mar 2016
植松 俊彦, 土屋 博紀, 小澤 修, 丹羽 雅之, 松野 浩之, 滝口 祥令
臨床薬理   31(2) 423-424
インターネットを利用した連携型遺伝カウンセラー教育の試み
升野 光雄, 黒木 良和, 福嶋 義光, 山内 泰子, 河村 理恵, 高田 史男, 丹羽 雅之, 鈴木 康之
日本遺伝カウンセリング学会誌   28(1) 38-38
オピオイドリガンドの遅発性神経細胞壊死に対する防御効果 虚血後早期における低体温の影響
丹羽 雅之
薬物・精神・行動   10(5) 551-551
丹羽 雅之, 金森 豊, 松野 浩之, 小澤 修, 藤本 貞毅, 植松 俊彦
臨床薬理   32(2) 279S-280S
松野 浩之, 丹羽 雅之, 金森 豊, 小澤 修, 長嶋 悟, 廣田 雅生, 植松 俊彦
臨床薬理   32(2) 281S-282S
マウス胚性幹細胞由来眼様構造の移植による網膜神経節細胞の再生
青木 仁美, 丹羽 雅之, 原 明, 國貞 隆弘
Inflammation and Regeneration   27(4) 393-393
教務事務研修
Niwa Masayuki
医学教育白書2010年版   医学教育別冊 250-256   2010   [Invited]
松野 浩之, 小澤 修, 丹羽 雅之, 植松 俊彦, 金丸 光隆
臨床薬理   33(2) 351S-352S
松野 浩之, 丹羽 雅之, 金丸 光隆, 小澤 修
臨床薬理   34(2) 383S-384S
試験管内で分化誘導されたマウス胚性幹細胞由来眼様構造の成体マウスへの移植と網膜神経節細胞の再生
青木 仁美, 原 明, 丹羽 雅之, 鈴木 崇, 國貞 隆弘
日本眼科学会雑誌   111(臨増) 177-177
新キノロン薬グレパフロキサシンの立体特異的好中球活性酸素産生増強効果 p38MAPKの関与
丹羽 雅之, 金森 豊, 廣田 雅生, 藤本 貞毅, 小澤 修
炎症・再生   24(4) 457-457
丹羽 雅之, 植松 俊彦, 小澤 修, 松野 浩之, 長嶋 悟, 金丸 光隆
臨床薬理   33(2) 361S-362S
丹羽 雅之, 植松 俊彦, 小澤 修, 松野 浩之, 長嶋 悟, 河野 健一, 金丸 光隆, 川戸 浅和
臨床薬理   31(2) 409-410
段階的かつ継続的に医療教育能力を育むことをめざして ニーズ調査から見えたもの
西城 卓也, 村岡 千種, 川上 ちひろ, 今福 輪太郎, 恒川 幸司, 丹羽 雅之, 鈴木 康之, 藤崎 和彦
新しい医学教育の流れ   15(1) 1-5
医学教育共同利用拠点として、岐阜大学医学教育開発研究センターがこれまで実施してきた医学教育セミナーとワークショップや新たな事業として構想しているフェローシップ、そして近年アジア含めた海外で設立が相次いでいる修士課程による認定取得等に関するニーズ調査を実施した。具体的にはどのような資格にニードが高いか、またそのニードは職種やこれまでの取得学位によって相違があるのか検討することとした。フェローシップ・修士号・博士号に対するニードを中心に調査するアンケートを作成して、医療教育関係者を対象としたオ...
低分子量ストレス蛋白質HSP20の抗血小板作用機構 カルシウム流入抑制作用
丹羽 雅之, 金森 豊, 松野 浩之, 小澤 修, 植松 俊彦
炎症   20(4) 540-540
毛髪分析の臨床検査への応用について
植松 俊彦, 水野 淳宏, 丹羽 雅之
日本医用マススペクトル学会講演集   20 205-206
毛髪中カフェイン濃度は健常人に比し肝硬変患者で有意に高かった.パラキサンチン/カフェイン比は肝硬変患者で低値を示す傾向を認めた.4組の母子のうち3組において,母親の毛髪のカフェイン濃度より新生児の毛髪のカフェイン濃度が高く,カフェインは母親より胎盤を経て胎児に移行し胎児において蓄積することが示唆された
葉酸代謝拮抗剤,methotrexateによる網膜移植ES細胞の神経分化
丹羽 雅之, 原 明, 青木 仁美, 小澤 修, 森 秀樹, 國貞 隆弘
Inflammation and Regeneration   26(4) 354-354

Books etc

 
Cancer Stem Cells and Aldehyde Dehydrogenase 1 in Liver Cancers, Updates in Liver Cancer
Hiroyuki Tomita, Tomohiro Kanayama, Ayumi Niwa, Kei Noguchi,Kazuhisa Ishida, Masayuki Niwa and Akira Hara (Part:Joint Work)
Hesham Abdeldayem (Ed.), InTech, Rijeka, Croatia   2017   ISBN:978-953-51-4910-1
e-learningと遠隔教育:人工知能時代の医療と医学教育
丹羽雅之 (Part:Single Translation)
高橋優三編. 東京:篠原出版新社   2016   
事例:岐阜大学の医療系PBL.シリーズ「大学・高校アクティブラーニング」第6巻:アクティブラーニングとしてのPBLと探究的な学習
丹羽雅之
溝上慎一・成田秀夫編.東京:東信堂   2016   
The role of microglial galectin-3 in central nervous system disease. Microglia, Physiology, Regulation and Health Implications
Masayuki Niwa, Takashi Maruyama, Kenji Hisamatsu, Kazuhiro Kobayashi, Tatsuhiko Miyazaki, Akihiro Hirata, Yuichiro Hatano, Hiroyuki Tomita, Akira Hara (Part:Joint Work)
ed ER Giffard, Nova Science Publish, New York   2015   
日本の医学教育の挑戦
鈴木康之、藤崎和彦、丹羽雅之編
篠原出版新社、東京   2012   
Faculty developmentの企画・運営.日本の医学教育の挑戦
丹羽雅之
篠原出版新社、東京   2012   
Hypothermia and Hyperthermia affect neuronal degeneration, delayed neuronal death and microglial activation following transient forebrain ischemi. In. Hypothermia: Prevention, Recognition and Treatment
Niwa M, Nakashima M, Satoh K, Takamatsu M, Kobayashi K, Hatano Y and Hara A (Part:Joint Work)
ed Delgado JIV and Garza VGF, Nova Science Publish   2012   
Human embryonic stem cells transplanted into mouse retina induces neural differentiation. In Tumors of the central nervous system, In: Stem Cells and Cancer Stem Cells, Volume 2, Part 4
Hara A, Aoki H, Takamatu M, Hatano Y, Tomita H, Kuno K, Niwa M, Takahiro Kunisada (Part:Joint Work)
ed by Hayat MA, Springer   2012   
64. 植松俊彦、滝口祥令、丹羽雅之編著:新体系看護学全書 疾病の成り立ちと回復の促進③薬理学
植松俊彦、滝口祥令、丹羽雅之編著 (Part:Joint Editor)
東京/メヂカルフレンド社   Dec 2011   
問題解決型学習ガイドブック―薬学教育に適したPBLテュトーリアルの進め方―7・4 インターネットテュトーリアル/楽位置楽The Tutorialの開発と実践
丹羽雅之,鈴木康之、高橋優三 (Part:Joint Work)
日本薬学会編   Jan 2011   
「教務事務研修」医学教育白書2010年版、医学教育別冊
丹羽雅之
篠原出版/医学教育学会編   Jul 2010   
医学教育の理論と実践(A practical guide for medical teachers,原著第2版)
丹羽雅之ら (Part:Joint Translation)
篠原出版/鈴木康之、錦織宏監訳、相野田紀子ら編、東京   Mar 2010   
解熱鎮痛薬・抗炎症薬、シンプル薬理学【改訂第4版】
丹羽雅之
南江堂/野村隆英・石川直久編、東京   Dec 2008   
OCT-3/4 Expressing Cells as Cancer Stem Cells in Human Immature Teratoma: Cancer Differentiation Potential.
Hara A, Oka N, Aoki H, Taguchi A, Yamada Y, Niwa M, Mori H (Part:Joint Work)
Saitama H (ed); New Cell Differentiation Research Topics. Nova Science Publisher (New York)   2008   
抗炎症薬・解熱鎮痛薬・抗アレルギー薬・免疫抑制薬.新体系看護学全書5疾病の成り立ちと回復の促進③薬理学
丹羽雅之
東京/メヂカルフレンド社   Dec 2007   
抗悪性腫瘍薬(抗癌薬).新体系看護学全書5疾病の成り立ちと回復の促進③薬理学
丹羽雅之
東京/メヂカルフレンド社   Dec 2007   
中枢神経作用薬.新体系看護学全書5疾病の成り立ちと回復の促進③薬理学
丹羽雅之
東京/メヂカルフレンド社   Dec 2007   
消化器作用薬.新体系看護学全書5疾病の成り立ちと回復の促進③薬理学
丹羽 雅之
東京/メヂカルフレンド社   Dec 2007   
Internet PBL: International Collaborative Learning Experiences, Title of the book: Problem-Based Learning in eLearning Breakthroughs
Yasuyuki Suzuki, Masayuki Niwa, Toshiyuki Shibata, Khamboonruang Chirasak, Anura Ariyawardana, Jutti C. Ramesh, Phillip Evans, Yuzo Takahashi (Part:Joint Work)
Editor: Oon-Seng Tan, Publisher: Thomson Learning, Singapore   2007   
New research on neuronal networks. In: Neuronal Network Research Horizons
Hara A, Niwa M, Aoki H, Taguchi A, Yamada Y, Mori H (Part:Joint Work)
ed by Weiss ML, Nova Science Publish   2007   

Conference Activities & Talks

 
「多職種連携教育」の教育実践の動向に関する文献的調査
川上 ちひろ, 西城 卓也, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2012   
2-deoxy-D-glucoseによる海馬神経保護作用と高体温による保護抑制効果
原 明, 丹羽 雅之, 矢野 大仁, 山田 泰広, 松永 研吾, 川端 邦裕, 吉見 直己, 森 秀樹
日本病理学会会誌   Mar 2000   
e-ポートフォリオによる医療面接実習評価の試み
丹羽 雅之, 川上 ちひろ, 藤崎 和彦, 河野 健一, 今福 輪太郎, 阪下 和美, 西城 卓也, 古田 裕美, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2013   
e-ポートフォリオによる地域体験実習評価の試み
丹羽 雅之, 阿部 恵子, 藤崎 和彦, 加藤 智美, 若林 英樹, 那波 潤美, 川上 ちひろ, 村岡 千種, 河野 健一, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2010   
e-ポートフォリオ機能を備えたシナリオ配信用Gifu PBLテュトーリアルシステムの開発
丹羽 雅之, 加藤 智美, 谷本 真由実, 阿部 恵子, 藤崎 和彦, 鈴木 康之
医学教育   Jun 2007   
HIV/AIDSに関する国際インターネットチュートリアル教育の試み(A Trial of an International Internet Tutorial Education on HIV/AIDS)
鈴木 康之, 丹羽 雅之, 高橋 優三
日本小児科学会雑誌   Feb 2003   
Internet PBL: International Collaborative Learning Experiences. Problem-based Learning in E-learning Breakthroughs. Ed by Oon-Seng Tan
Suzuki Y(MEDC),Niwa M(MEDC)
Jan 2007   
MEDCにおける医学教育セミナーとワークショップの開催経験
丹羽 雅之, 鈴木 康之, 加藤 智美, 鷲野 嘉映, 中村 浩幸, 藤崎 和彦, 松尾 理, 高橋 優三
医学教育   Jul 2003   
PBLチュートリアルでの医学生の学習能力を高めるための工夫
若林 英樹, 加藤 智美, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 阿部 恵子, 高橋 優三, 牛越 博昭, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2009   
PBLチュートリアルのシナリオの検討
柳舘 富美, 阿部 恵子, 谷本 真由美, 高橋 優三, 丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2006   
THB(テトラヒドロベルベリン)とドパミン受容体
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Sep 1986   
tPA欠損が抗血栓症治療薬に及ぼす影響 線溶系欠損マウスでのGPIIb/IIIa拮抗薬とトロンビン阻害薬の比較検討
松野 浩之, 小澤 修, 丹羽 雅之, 上島 繁, 松尾 理, 植松 俊彦
日本薬理学雑誌   Mar 2000   
Trait Emotional Intelligence Que-SFとJefferson Scale of Physician Empathyの日本語版開発と信頼性・妥当性の検討
阿部 恵子, 若林 英樹, 西城 卓也, 川上 ちひろ, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 鈴木 康之
医学教育   Oct 2012   
情動能力(Emotional Intelligence:EI)と共感的態度(Empathy)は、医療従事者にとって患者医師関係の構築に不可欠な要素であるが、医学生のEIとEmpathyは学年が進むにつれ低下すると報告されており、日本の現状を明らかにすることは重要である。しかしながら、適切な質問票がない。本研究では、TEIQue-SF(Petrides & Furnham 2001)とJSPE(Hojat et al.2001)の日本語版を作成し、信頼性と妥当性を検証した。1)医学部医学科の...
κ-アゴニストU-50488HのTyrosine Kinase活性化作用
丹羽 雅之
神経化学   Sep 1991   
κ-オピオイドアゴニストの好中球活性化機構
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Aug 1992   
κ-タイプオピオイドは遅発性神経細胞壊死(DND)を防止するか?
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Aug 1990   
インターネット・チュートリアル・システムと学内e-ラーニング・システムを融合させた効率的な学習・教育法
堀場 文彰, 鈴木 茂孝, 松井 俊和, 丹羽 雅之, 鈴木 康之, 高橋 優三
医療情報学連合大会論文集   Nov 2004   
インターネット・テュトーリアルにおける発言数の解析 修士コースからの考察
丹羽 雅之, 鈴木 康之, 吉田 敏, 長岡 利, 川窪 伸光, 伊藤 和夫, 高見澤 一裕, 高橋 優三
医学教育   Jul 2005   
インターネットテュトーリアル Webベース版後位置楽The Tutorialの開発と実践
丹羽 雅之, 鈴木 康之, 谷本 真由実, 加藤 智美, 藤崎 和彦, 高橋 優三
医学教育   Jul 2005   
インターネットテュトーリアル/楽位置楽The Tutorialの実践報告
丹羽 雅之, 鈴木 康之, 阿部 恵子, 藤崎 和彦, 高橋 優三
医学教育   Jul 2008   
インターネットによるテュトーリアル教育の試み
鈴木 康之, 丹羽 雅之, 加藤 智美, 藤崎 和彦, 鷲野 嘉映, 中村 浩幸, 高橋 優三
医学教育   Jul 2003   
インターネットによる小児科学のテュトーリアル教育の試み
鈴木 康之, 丹羽 雅之, 高橋 優三, 高橋 幸利, 下澤 伸行, 近藤 直実
日本小児科学会雑誌   Feb 2002   
インターネットを利用した臨床思考訓練の試み
谷本 真由実, 丹羽 雅之, 鈴木 康之, 高橋 優三, 森田 浩之, 栗本 秀彦
医学教育   Jul 2005   
キノロン薬誘発性紫外線紅斑の予防・治療に関する基礎的検討 単純性紫外線紅斑との比較
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Feb 1996   
桝谷晃明, 小島弘之, 伊藤賢一, 丹羽雅之
日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集   Jun 2015   
桝谷 晃明, 伊藤 賢一, 丹羽 雅之
日本薬学会年会要旨集   Mar 2015   
ジヒドロエトルフィンのオピオイド受容体相互作用
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Feb 1995   
スキルス・ラボにおける「ラボ・シネマ」の試み
川上 ちひろ, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2010   
スキルスラボにおける学習プログラムの構築と指導法の検討
那波 潤美, 川上 ちひろ, 若林 英樹, 阿部 恵子, 加藤 智美, 丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2009   
チロシンフェニルアルキルエステルのオピオイド受容体親和性
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Feb 1993   
テューター評価と各種指標の相関について
鈴木 康之, 村岡 千種, 阿部 恵子, 丹羽 雅之, 加藤 智美, 若林 英樹, 那波 潤美, 川上 ちひろ, 藤崎 和彦
医学教育   Jul 2011   
テューター評価と学業成績の相関について
鈴木 康之, 村岡 千種, 早川 大輔, 高橋 優三, 森田 啓之, 伊藤 和夫, 村上 啓雄, 塩入 俊樹, 山田 卓也, 牛越 博昭, 加藤 智美, 丹羽 雅之, 阿部 恵子, 若林 英樹, 藤崎 和彦
医学教育   Jul 2010   
テュートリアルシステム・コアタイムに関する事前研修の効果
丹羽 雅之, 加藤 智美, 柳舘 富美, 谷本 真由実, 阿部 恵子, 藤崎 和彦, 高橋 優三, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2006   
ハムスター近位中大脳動脈血栓モデルにおける抗血栓剤の効果の検討
伊藤 毅, 松野 浩之, 丹羽 雅之, 小澤 修, 植松 俊彦
日本薬理学雑誌   Oct 1998   
ハムスター血栓誘発めまいモデルの作製と同モデルを用いたtPAの効果の検討
西田 基, 松野 浩之, 丹羽 雅之, 小澤 修, 植松 俊彦
日本薬理学雑誌   Oct 1998   
ヒト好中球機能におよぼすオピオイドの影響
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Sep 1991   
ヒト胎盤オピオイド結合部位の化学修飾
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Sep 1988   
医学教育セミナーとワークショップ 30回開催を振り返って
丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 加藤 智美, 阿部 恵子, 若林 英樹, 高橋 優三, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2009   
医学教育における教務事務研修
丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 加藤 智美, 若林 英樹, 高橋 優三, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2011   
医学教育関連学術集会の特徴と利用法 医学教育セミナーとワークショップの開催経験
丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 高橋 優三, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2009   
村岡 千種, 藤崎 和彦, 今福 輪太郎, 丹羽 雅之, 西城 卓也, 若林 英樹, 川上 ちひろ, 鈴木 康之
医学教育   3 Jul 2014   
医学生との地域体験実習に参加した妊婦の思い アンケートの分析
那波 潤美, 阿部 恵子, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 加藤 智美, 若林 英樹, 村岡 千種, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2011   
医療面接実習における動画を用いた振り返りの促進
加藤 智美, 阿部 恵子, 藤崎 和彦, 川上 ちひろ, 村岡 千種, 若林 英樹, 丹羽 雅之, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2010   
屋根瓦方式実習とインターネット・テュトーリアルを組み合わせた教育方法の導入 一次救命処置をテーマに
谷本 真由実, 丹羽 雅之, 鈴木 康之, 高橋 優三
医学教育   Jul 2006   
学生テューターの効果と問題点に関する研究
鈴木 康之, 西城 卓也, 若林 英樹, 早川 大輔, 村岡 千種, 高橋 優三, 丹羽 雅之, 藤崎 和彦
医学教育   Jul 2012   
学生による医療面接実習の評価 平成17・18年度アンケート調査から
阿部 恵子, 藤崎 和彦, 鈴木 康之, 高橋 優三, 丹羽 雅之, 加藤 智美, 谷口 真由実
医学教育   Jun 2007   
眼球の前房における免疫特権を活かしたマウスES細胞由来色素細胞の移植による虹彩の有色化とin vivoにおける分化制御
青木 仁美, 丹羽 雅之, 原 明, 國貞 隆弘
Inflammation and Regeneration   Jul 2008   
岐阜大学における模擬患者参加型医療面接実習について(第1報) その現状と今後の課題
加藤 智美, 藤崎 和彦, 谷本 真由実, 丹羽 雅之, 鈴木 康之, 高橋 優三
医学教育   Jul 2004   
岐阜大学における臨床実習改革の試み
鈴木 康之, 加藤 智美, 谷本 真由実, 丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 高橋 優三, 犬塚 貴
医学教育   Jul 2006   
岐阜大学における臨床実習改革の試み 学生自己評価の比較
鈴木 康之, 加藤 智美, 谷本 真由実, 丹羽 雅之, 藤崎 和彦
医学教育   Jul 2006   
岐阜大学における臨床実習改革の試み 指導教員による評価
鈴木 康之, 加藤 智美, 谷本 真由実, 丹羽 雅之, 藤崎 和彦
医学教育   Jul 2006   
岐阜大学医学部PBL/テュトーリアルシステムを検証する
丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2012   
岐阜大学医学部における模擬患者参加型医療面接実習(第2報) ポートフォリオ導入の試み
加藤 智美, 藤崎 和彦, 谷本 真由実, 丹羽 雅之, 高橋 優三, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2005   
岐阜大学継続的地域体験実習の概要と成果
藤崎 和彦, 鈴木 康之, 丹羽 雅之, 加藤 智美, 阿部 恵子, 若林 英樹, 那波 潤美, 川上 ちひろ
医学教育   Jul 2009   
強力鎮痛薬とopiatereceptor(第11報)2'-Benzoylthio-N-methyl-6,7-benzomorphanの作用
丹羽雅之
日本薬理学雑誌   Jan 1979   
強力鎮痛薬とopiatereceptor(第14報)Naloxoneに対するjumping反応と脳内cyclicnucleotides
丹羽雅之
日本薬理学雑誌   May 1979   
強力鎮痛薬とOpiatereceptor(第17報)OpiateAgonistあるいはAntagonistの構造化学的解析
丹羽雅之
日本薬理学雑誌   Oct 1979   
強力鎮痛薬とOpiatereceptor(第25報)OpiateagonistあるいはAntagonistの構造化学的解析(II)
丹羽雅之
日本薬理学雑誌   Mar 1981   
強力鎮痛薬とOpiatereceptor.(第22報)クロニジンの作用
丹羽雅之
日本薬理学雑誌   May 1980   
強力鎮痛薬とOpioid receptor(37報) 膜結合Opioid受容体に対するSH基還元試薬の作用
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Nov 1985   
強力鎮痛薬とOpioid receptor(第29報) Receptor binding siteにおけるSH基の役割
丹羽 雅之
The Japanese Journal of Pharmacology   Nov 1982   
強力鎮痛薬とOpioid receptor(第32報) PCP binding siteはreceptorか?
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Sep 1984   
強力鎮痛薬とOpioid receptor(第35報) Butorphanolとその代謝産物の脳内アミンに及ぼす影響
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Feb 1985   
強力鎮痛薬とOpioid receptor(第36報) ラット脳および牛副腎髄質における3H-Dynorphin結合
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   May 1985   
強力鎮痛薬とOpioidreceptor(第28報)8-Benzoylthiobenzomorphan(S-metazocine)のReceptor相互作用
丹羽雅之
The Japanese Journal of Pharmacology   Mar 1981   
布原 佳奈, 今福 輪太郎, 藤崎 和彦, 西城 卓也, 川上 ちひろ, 丹羽 雅之, 阪下 和美, 鈴木 康之
医学教育   3 Jul 2014   
教務事務研修
篠原出版   Jul 2010   
継続的地域体験実習2年間の取り組み 地域住民とのコミュニケーションを通じて
村岡 千種, 阿部 恵子, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 加藤 智美, 若林 英樹, 那波 潤美, 川上 ちひろ
医学教育   Jul 2010   
継続的地域体験実習の効果 医学生は高齢者との交流から何を学んだか?
若林 英樹, 藤崎 和彦, 阿部 恵子, 加藤 智美, 丹羽 雅之, 那波 潤美, 川上 ちひろ, 村岡 千種, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2010   
血液由来および組織由来好中球におけるcAMP系を介した活性酸素産生調節機構の相違
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Feb 1994   
血栓・血管病変の分子細胞機構 低分子量ストレス蛋白質p20の血小板機能に対する効果
小澤 修, 松野 浩之, 丹羽 雅之, 伊東 秀記, 植松 俊彦, 加藤 兼房
生化学   Aug 1998   
骨芽細胞におけるプロスタグランジンD2(PGD2)によるheat shock protein(HSP27)誘導機構
畠山 大二郎, 小澤 修, 松野 浩之, 丹羽 雅之, 立松 憲親, 植松 俊彦
日本薬理学雑誌   Feb 2001   
砂ネズミの脳におけるオピオイド受容体のタイプ特異性とその虚血による変動
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Sep 1989   
線溶系ノックアウトマウスを用いた血栓誘発平衡障害モデルの検討
西田 基, 青木 光広, 水田 啓介, 伊藤 八次, 松野 浩之, 丹羽 雅之, 小澤 修, 植松 俊彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   May 2002   
今福 輪太郎, 西城 卓也, 川上 ちひろ, 丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 鈴木 康之
医学教育   10 Jul 2015   
対応の難しさを感じる医療系学生・研修医の事例調査報告
川上 ちひろ, 西城 卓也, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2013   
丹羽 雅之, 西城 卓也, 藤崎 和彦, 鈴木 康之
医学教育   3 Jul 2014   
地域体験実習を通して医学生の情動能力はどのように変化したか? 性格特性および自己省察との関係
阿部 恵子, 川上 ちひろ, 丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 鈴木 康之
日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会プログラム・抄録集   Sep 2012   
遅発性神経細胞壊死と低体温による防御効果
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Mar 1991   
遅発性神経細胞壊死におけるアポトーシスの関与について:時間経過ならびに低体温の影響
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Oct 1995   
低体温による海馬遅発性神経細胞死DNA断片化の抑制
原 明, 丹羽 雅之, 矢野 大仁, 山田 泰広, 松永 研吾, 川端 邦裕, 吉見 直己, 森 秀樹
日本病理学会会誌   Mar 1999   
日英国際インターネット・テュトーリアルの試み
鈴木 康之, 丹羽 雅之, 高橋 優三, Michael Begg, Wayne Lam, Phillip Evans
医学教育   Jul 2004   
妊婦との継続的交流から学んだこと 岐阜大学医学部地域体験実習の試み(II)
川上 ちひろ, 阿部 恵子, 鈴木 康之, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 今井 篤志, 成川 希
医学教育   Jul 2008   
妊婦との継続的交流において医学生は何を学んだか e-ポートフォリオの解析
那波 潤美, 阿部 恵子, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 加藤 智美, 若林 英樹, 村岡 千種, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2011   
妊婦を対象とした地域体験実習におけるポートフォリオ評価
那波 潤美, 阿部 恵子, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之, 加藤 智美, 若林 英樹, 川上 ちひろ, 村岡 千種, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2010   
非ステロイド系抗炎症薬Mefenamicacidの鎮痛作用
丹羽雅之
神経精神薬理   Apr 1980   
副腎髄質由来Opioid受容体の精製
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Jul 1986   
保育園児あるいは妊婦との継続的交流が学生の情動に与える影響 岐阜大学医学部地域体験実習の試み(III)
阿部 恵子, 川上 ちひろ, 鈴木 康之, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之
医学教育   Jul 2008   
保育園児との継続的交流から学んだこと 岐阜大学医学部地域体験実習の試み(I)
川上 ちひろ, 阿部 恵子, 鈴木 康之, 藤崎 和彦, 丹羽 雅之
医学教育   Jul 2008   
膜結合ならびに部分精製オピオイド受容体結合におけるDiphenylethylpiperazine誘導体の構造活性相関
野崎 正勝, 今井 英治, 丹羽 雅之
メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集   Nov 1985   
末梢血および組織由来好中球における活性酸素産生の相違 フォスフォリパーゼD系の関与の検討
丹羽 雅之
日本薬理学雑誌   Oct 1994   
網膜細胞死におけるtissue plasminogen activatorの役割について
熊田 雅子, 丹羽 雅之, 松野 浩之, 小澤 修, 原 明, 森 秀樹, 山本 哲也
日本眼科学会雑誌   Feb 2005   
網膜神経節細胞死と低体温による神経保護作用
熊田 雅子, 丹羽 雅之, 王 暁丹, 小澤 修, 原 明, 山本 哲也
日本眼科学会雑誌   Mar 2004   
問題基盤型学習(PBL)を支えるチューターが抱く悩みと自己評価
西城 卓也, 丹羽 雅之, 藤崎 和彦, 塩入 俊樹, 早川 大輔, 森田 啓之, 鈴木 康之
医学教育   Jul 2013   

Association Memberships

 
 

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): Masayuki NIWA
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): Masayuki NIWA
The ultimate goal of this study is treatment of retinal degeneration by regeneration. As a pre-stage, we constructed suitable regeneration condition using retinal degeneration model treating with CoCl2or NMDA. The results indicate hypoxia conditio...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 1996 - 1997    Investigator(s): 太田 宗一郎, Masahiro NIWA
NMDA receptors appear to be involved in activation of nociceptive neurons. The hyperexcitability of dorsal horm nociceptive neurons produced by formalin or inflammatory agents is blocked by NMDA antagonists. But it is not clear how nociceptive act...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2001 - 2002    Investigator(s): Masayuki NIWA
To investigate the role of tissue plasminogen activator (tPA) in retina, we compared neuronal damage in the retina in tPA deficient, tPA(-/-), mice and their wild type. Retinal damage was induced by intravitreal injection of excitotoxins, N-methyl...