清島 眞理子

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 03:06
 
アバター
研究者氏名
清島 眞理子
 
セイシマ マリコ
所属
岐阜大学
部署
医学系研究科 医科学専攻 病態制御学講座 皮膚病態学分野
職名
教授
学位
医学博士(岐阜大学)
その他の所属
医学系研究科

プロフィール

乾癬の病因解明/多因子疾患である乾癬を表皮細胞の増殖、分化異常および炎症細胞浸潤の両面から網羅的に遺伝子発現の解析を行う/難治性皮膚疾患に対するアフェレシスの奏功機序の解明/難治性皮膚疾患で有効性を示す顆粒球除去療法において、使用カラムの過剰活性化顆粒球吸着メカニズムを解明する

社会貢献活動

 
岐阜県立看護大学における非常勤講師
【】  岐阜県立看護大学  岐阜県立看護大学  2014年10月1日 - 2015年3月31日
難病ふれあい教室
【】  NPO法人岐阜県難病団体連絡協議会  NPO法人岐阜県難病団体連絡協議会  2014年10月19日 - 2014年10月19日
岐阜県立看護大学における非常勤講師
【】  岐阜県立看護大学  岐阜県立看護大学  2015年10月1日 - 2016年3月31日
滋賀医科大学における特別講義
【】  滋賀医科大学  滋賀医科大学  2015年10月30日 - 2015年10月30日

研究分野

 
 

経歴

 
2015年
   
 
岐阜大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
 
1998年4月
 - 
2009年6月
大垣市民病院
 
2009年6月
   
 
岐阜大学
 

学歴

 
1974年4月
 - 
1980年3月
岐阜大学  
 

論文

 
Tawada Chisato, Kanoh Hiroyuki, Nakamura Mitsuhiro, Mizutani Yoko, Fujisawa Tomomi, Banno Yoshiko, Seishima Mariko
The Journal of investigative dermatology      2013年9月   [査読有り]
Ceramide (CER) with long-chain fatty acids (FAs) in human stratum corneum (SC) is important for the skin barrier functions. Changes in the CER profile have beenassociated with abnormal permeability of dermatoses such as atopic dermatitis (AD) and ...
Tawada Chisato, Oshitani Yoko, Kimura Masaki, Seishima Mariko
Acta dermato-venereologica      2013年7月   [査読有り]
Abstract is missing (Letter).
IgawaSatomi, Kishibe Mari, Honma Masaru, Murakami Masamoto, Mizuno Yuki, Suga Yasushi, Seishima Mariko, Ohguchi Yuka, Akiyama Masashi, Hirose Kenji, Ishida-Yamamoto Akemi, Iizuka Hajime
Journal of dermatological science      2013年6月   [査読有り]
Atopic dermatitis (AD), Netherton syndrome (NS) and peeling skin syndrome type B (PSS) may show some clinical phenotypic overlap. Corneodesmosomes are crucial for maintaining stratum corneum integrity and the components'localization can be visuali...
Kaneko Sakae, Seishima Mariko, Asano Yuko, Chinuki Yuko, Morita Eishin
International journal of dermatology      2013年5月   [査読有り]
Mochizuki Maiko, Fujine Etsuko, Tawada Chisato, Kanoh Hiroyuki, Seishima Mariko
The Journal of dermatology   40(7) 578-579   2013年7月   [査読有り]

Misc

 
En Shu, Hiroyuki Kanoh, Yusuke Kito, Mariko Seishima
Acta Dermato-Venereologica   95 754-755
Sanae Kawai, Shinya Yamanaka, Tomomi Fujisawa, Mariko Seishima, Hiroki Kawabata
Nishinihon Journal of Dermatology   67 599-603   2005年12月
The patient is a 61-year-old woman who lives in Ogaki City, Gifu Prefecture. After she was back from her trip in Gunma Prefecture, she noticed annular erythema with red papule centrally on her left shoulder, and then the annular erythema gradually...
Yoko Okumura, Asako Yamauchi, Isao Nagano, Makoto Itoh, Keisuke Hagiwara, Kenzo Takahashi, Hiroshi Uezato, Manabu Maeda, Mariko Seishima
Journal of Dermatology   41 739-742   2014年1月
A 43-year-old Japanese Bolivian male had been suffering from a right leg ulcer after an insect bite during his residence in Bolivia. The ulcer healed after herbal medicine treatment. Ten years later, the patient had symptoms of nasal obstruction, ...
M. Seishima, S. Mori, M. Seishima, A. Noma
Nippon Hifuka Gakkai zasshi. The Japanese journal of dermatology   99 731-734
Treatment with etretinate is known to be effective for patients with psoriasis. However, it has been reported that the administration of etretinate often generates side effects which disturb lipoprotein metabolism. In this study, 5 patients with p...
Shinya Yamanaka, Makiko Oda, Mariko Seishima
Nishinihon Journal of Dermatology   66 121-123
A 57-year-old woman developed general fatigue in December 1998 and was diagnosed with autoimmune hepatitis based on increased serum levels of transaminases, positive antinuclear antibody and anti-smooth muscle antibody. Treatment with prednisolone...

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 清島 眞理子
本研究は悪性黒色腫における抗がん剤耐性とスフィンゴ脂質代謝との関連に焦点を当て、がん幹細胞の増殖・分化のスフィンゴ脂質代謝による制御機構を明らかにし、新規治療薬の分子標的の基盤となる知見を得ることを目的としている。そこで、まず悪性黒色腫培養細胞株を培養し、培養液にシスプラチン(CDDP)、ダカルバジン(DTIC)などの抗がん剤を添加し、MTT測定法で、細胞生存率、すなわち各々のIC50を測定した。その結果から、これらの抗がん剤に対する耐性株Mel128と感受性株A375を以下の実験に用いる...
悪性黒色腫における生理活性脂質の抗がん剤耐性調節機序の解明
日本学術振興会: 
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 清島 眞理子
悪性黒色腫における生理活性脂質の抗がん剤耐性調節機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 清島 眞理子
悪性黒色腫における生理活性脂質の抗がん剤耐性調節機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 清島 眞理子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 清島 眞理子