青木 仁美

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 03:06
 
アバター
研究者氏名
青木 仁美
 
アオキ ヒトミ
所属
岐阜大学
部署
医学系研究科 再生医科学専攻 再生分子統御学講座 組織・器官形成分野
職名
講師
学位
再生医科学(岐阜大学)
その他の所属
医学系研究科

プロフィール

色素細胞を用いた幹細胞システムの解明/色素細胞は、幹細胞システムとして最も早く認知された細胞の一つであり、様々な毛色の突然変異体の解析により幹細胞の増殖・分化・自己複製を制御する因子のほとんどが明らかにされている。また,毛包における色素細胞幹細胞は毛周期と連動して増殖分化を繰り返す。そこで,幹細胞システムのモデル系として色素細胞を用い,未分化性維持機構と増殖・分化を解析している。

社会貢献活動

 
「美白」「黒髪」へ色素細胞研究
【】  岐阜新聞  岐阜新聞  2014年12月23日

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
   
 
岐阜大学 医学(系)研究科(研究院) 講師
 
2008年4月
 - 
2012年3月
岐阜大学
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2008年3月
岐阜大学  
 

論文

 
Two distinct types of mouse melanocyte: differential signaling requirement for the maintenance of non-cutaneous and dermal versus epidermal melanocytes.
aoki hitomi(tissue and organ development)
2511-2521   2009年10月
Rest promotes the early differentiation of mouse ESCs but is not required for their maintenance.
山田泰広(腫瘍病理),青木 仁美(組織器官形成),國貞 隆弘(組織器官形成),原 明(腫瘍病理)
Cell stem cell   6(1) 10-15   2010年1月
<ゲノムMD06>DNA<ゲノムMD36>DNA
Dental pulp cells for induced pluripotent stem cell banking
Tamaoki Naritaka(dental suegery),Tezuka Kenichi(Tissue and Organ Develpment),Aoki Hitomi(Tissue and Organ development),Kunisada Takahiro(Tissue and Organ Development),Takahashi Kazutoshi(Kyoto University),Ichisaka Tomoko(kyoto University),Takeda Tomoko(Dental Surgery),IIda Kazuki(Dental Surgery),Shibata Toshiyuki(Dental Surgery),Shinya Yamanaka(Kyouto University)
J Dent Res   89(8) 773-778   2010年6月
Deep into melanocyte stem cells: The role of Kit signaling in their establishment
青木仁美 國貞隆弘
pigment cell and melanoma research      2013年6月
Keratinocyte Stem Cells but Not Melanocyte Stem Cells Are the Primary Target for Radiation-Induced Hair Graying.
青木仁美 原明 本橋力 國貞隆弘
   2013年4月

Misc

 
Takuro Matsumoto, Atsushi Suetsugu, Atsushi Suetsugu, Atsushi Suetsugu, Yuhei Shibata, Nobuhiko Nakamura, Hitomi Aoki, Takahiro Kunisada, Hisashi Tsurumi, Masahito Shimizu, Robert M. Hoffman, Robert M. Hoffman
Anticancer Research   35 4647-4654
Aim: A syngeneic color-coded imageable lymphoma model has been developed to visualize recruitment of host stromal cells by malignant lymphoma during metastasis. The EL4 cell line was previously derived from a lymphoma induced in a C57/BL6 mouse by...
Akira Hara, Masayuki Niwa, Masayuki Niwa, Hitomi Aoki, Masako Kumada, Takahiro Kunisada, Takeru Oyama, Tetsuya Yamamoto, Osamu Kozawa, Hideki Mori
Brain Research   1109 192-200
Retinal photoreceptor cell degeneration was induced by cobalt chloride, a chemical hypoxia-mimicking agent in rodents. Time course and dose-response of photoreceptor cell degeneration in mouse retina after intravitreal injection of cobalt chloride...
Hitomi Aoki, Akira Hara, Masayuki Niwa, Tsutomu Motohashi, Takashi Suzuki, Takahiro Kunisada
Experimental Eye Research   84 868-875
The aim of this study was to investigate the developmental potential of embryonic stem (ES) cell-derived eye-like structures as a replacement cell therapy model for retinas with N-methyl-d-aspartate (NMDA)-induced damage. For this purpose mouse ES...
T. Mizuno, N. Suzuki, H. Makino, T. Furui, E. Morii, H. Aoki, T. Kunisada, M. Yano, S. Kuji, Y. Hirashima, A. Arakawa, S. Nishio, K. Ushijima, K. Ito, Y. Itani, K. Morishige
Gynecologic Oncology   137 299-305
© 2014 Elsevier Inc. Objective. In ovarian cancer cases, recurrence after chemotherapy is frequently observed, suggesting the involvement of ovarian cancer stem-like cells (CSCs). The chemoresistance of ovarian clear cell carcinomas is particularl...
Atsushi Suetsugu, Masahito Nagaki, Hitomi Aoki, Tsutomu Motohashi, Takahiro Kunisada, Hisataka Moriwaki
Biochemical and Biophysical Research Communications   351 820-824
The CD133 antigen, identified as a hematopoietic stem cell marker, appears in various human embryonic epithelia including the neural tube, gut, and kidney. We herein investigated whether CD133+ cells isolated from human hepatocellular carcinoma ce...

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
Kit遺伝子の脳神経系における機能の解明
岐阜大学: 活性化経費
研究期間: 2015年6月 - 2016年3月    代表者: 青木仁美
受容体型チロシキナーゼKitに依存する幹細胞の探索
岐阜大学: 活性化経費
研究期間: 2016年6月 - 2017年3月    代表者: 青木仁美
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 青木 仁美
Restは神経遺伝子の発現を抑制し、神経幹細胞の未分化性維持と非神経細胞の神経への分化抑制を担が、Restノックアウトマウスは胎生致死のため、in vivoでの役割や機能は明らかでない。私はRest遺伝子改変マウスを用い、Restが非神経組織では神経遺伝子の発現を抑制するが、神経発生/分化過程ではRestが単独で神経遺伝子を抑制するわけではなく、高度に制御された神経分化抑制機構が存在する事を解明した。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 青木 仁美
ー神経堤細胞特異的なRest欠損による神経堤細胞の運命決定への影響に関して。ー申請者は独自に神経堤細胞特異的なRest CKOマウスを作製し、生後すぐに致死となることを観察した。神経堤細胞からは神経系である感覚神経や交感神経と非神経系であるグリア細胞や色素細胞が発生するが、神経堤細胞特異的なRest CKOマウスにおいて、発生過程から生後まで、組織学的な異常は観察されなかった。またCreの発現により遺伝子組換えが生じた神経堤細胞を追跡・識別できるように、レポーター遺伝子としてRosa26R...
神経堤細胞の多分化能に対する神経分化抑制因子Restの機能
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 青木 仁美