田辺 久美子

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 03:06
 
アバター
研究者氏名
田辺 久美子
 
タナベ クミコ
所属
岐阜大学
部署
医学系研究科 医科学専攻 病態制御学講座 麻酔・疼痛制御医学分野
職名
准教授
学位
博士(医学)(岐阜大学)
その他の所属
医学系研究科

プロフィール

グリア細胞における細胞内情報伝達/グリア細胞から遊離され、神経細胞に影響を及ぼすサイトカインや神経栄養因子の遊離メカニズムの検討。中枢神経保護のメカニズムの検討。それらに麻酔薬が及ぼす影響とその作用機序の検討。/血管平滑筋細胞における細胞内情報伝達/血管平滑筋細胞において、収縮に対する麻酔薬の作用とその機序、ストレスタンパク質に麻酔薬が与える影響とその機序、VEGF遊離に麻酔薬が与える影響とその機序、などを解明してきた。現在、血管平滑筋細胞の遊走、分化、増殖のメカニズムを検討中。

社会貢献活動

 
◎研究室から大学はいま:より安全な全身麻酔手術を
【】  岐阜  岐阜  2015年4月21日
平成医療短期大学における非常勤講師
【】  平成医療短期大学  平成医療短期大学  2015年4月1日 - 2015年9月30日
平成医療短期大学における非常勤講師
【】  平成医療短期大学  平成医療短期大学  2016年4月1日 - 2016年9月30日

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
2014年
岐阜大学 医学部附属病院 講師
 
1988年5月
 - 
1989年4月
岐阜大学医学部附属病院 皮膚科
 
1989年5月
 - 
1989年10月
県立岐阜病院 臨床研修医 皮膚科
 
1989年11月
 - 
1990年5月
岐阜大学医学部附属病院 研修医 皮膚科
 
1990年6月
 - 
1991年3月
岐阜大学医学部附属病院 医員 皮膚科
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1988年3月
岐阜大学医学部  
 

論文

 
α2 Adrenoreceptor agonist regulates protein kinase C-induced heat shock protein 27 phosphorylation in C6 glioma cells
田辺 久美子(麻酔・疼痛制御学),高井 信治(薬理学),西脇 理恵(薬理学),加藤 兼房(Aichi Human Service Center),土肥 修司(麻酔・疼痛治療学),小澤 修(薬理学)
J of Neurochemistry   519-528   2008年7月
Mechanisms of interleukin-1β-induced GDNF release from rat glioma cells
田辺 久美子(麻酔・疼痛制御学),西脇 理恵(薬理学),土肥 修司(麻酔・疼痛制御学),小澤 修(薬理学)
Brain Reserch   11-20   2009年1月
Mechanisms of tumor necrosis factor-α-induced interleukin-6 synthesis in glioma cells
田辺 久美子(麻酔・疼痛制御学),西脇 理恵(薬理学),山口 忍(麻酔・疼痛制御学),飯田 宏樹(麻酔・疼痛制御学),土肥 修司(麻酔・疼痛制御学),小澤 修(薬理学)
J Neuroinflammation   1-8   2010年7月
Phosphorylation status of heat shock protein 27 regulates the interleukin-1β-induced interleukin-6 synthesis in C6 glioma cells
田辺 久美子(麻酔・疼痛制御学),西脇 理恵(薬理学),土肥 修司(麻酔・疼痛制御学),小澤 修(薬理学)
Neuroscience   170 1028-1034   2010年10月

Misc

 
Takuji Yamamoto, Osamu Kozawa, Kumiko Tanabe, Shigeru Akamatsu, Hiroyuki Matsuno, Shuji Dohi, Hajime Hirose, Toshihiko Uematsu
Archives of Biochemistry and Biophysics   398 1-6
Vitamin D3 plays an important role in the regulation of mineral homeostasis, cell differentiation, and proliferation. However, the exact role of vitamin D3 in vascular smooth muscle cells remains unclear. In the present study, we investigated whet...
Yuko Yamada, Takuji Yamamoto, Kumiko Tanabe, Naokazu Fukuoka, Motoyasu Takenaka, Hiroki Iida
Journal of Clinical Anesthesia   32 30-32
© 2015 Elsevier Inc. Rocuronium is the agent most frequently involved in perioperative anaphylaxis, and sugammadex has also been known to induce anaphylactic reactions. We describe a case of successive anaphylactic episodes that seemed to be induc...
Miki Iida, Kumiko Tanabe, Rie Matsushima-Nishiwaki, Osamu Kozawa, Hiroki Iida
Archives of Biochemistry and Biophysics   530 83-92
Migration of vascular smooth muscle cells (VSMCs) is essential for repair of vascular injury, development of atherosclerotic lesions and restenosis after angioplasty or by-pass graft surgery. It has been reported that platelet-derived growth facto...
Kouseki Hirade, Kouseki Hirade, Kumiko Tanabe, Kumiko Tanabe, Masayuki Niwa, Akira Ishisaki, Keiichi Nakajima, Mitsuhiro Nakamura, Tadashi Sugiyama, Yoshihiro Katagiri, Yoshihiro Katagiri, Kanefusa Kato, Osamu Kozawa
Journal of Cellular Biochemistry   94 573-584
We previously reported that thrombin stimulates the induction of heat shock protein (HSP) 27 via p38 mitogen-activated protein (MAP) kinase activation in aortic smooth muscle A10 cells. In the present study, we investigated the effect of the adeny...
Yuki Uematsu, Yoshimi Nakamura, Yuhei Amano, Kumiko Tanabe, Hiroki Iida
Japanese Journal of Anesthesiology   61 126-129
Background: Modified electroconvulsive therapy (mECT) aims to improve major depression, giving an electronic stimulation to a patient in order to make tonic-clonic convulsion. Elevation of regional cerebral oxygen saturation (rSO 2) was reported j...

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 田辺 久美子
血液ー脳関門の機能維持からみた中枢神経保護の分子解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 田辺 久美子
血液ー脳関門の機能維持からみた中枢神経保護の分子解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 田辺久美子
血液ー脳関門の機能維持からみた中枢神経保護の分子解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 田辺久美子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 田辺 久美子
全身麻酔薬の中には中枢神経系における保護効果を示すと報告されている薬剤があるが、その機序の詳細は解明されていない。C6グリア細胞において、全身麻酔薬が神経栄養因子、神経障害因子に及ぼす影響を検討した結果、静脈麻酔薬midazolam、dexmedetomidineがinterleukin (IL)-1βによるIL-6遊離を抑制することを見いだした。その分子機序として、midazolamはIL-1βによるSTAT3のリン酸化抑制を介して、IL-6遊離を抑制することを明らかにした。