基本情報

所属
名古屋大学 大学院医学系研究科 総合医学専攻 社会生命科学講座 予防医学分野 准教授
学位
博士(医学)(2014年3月 名古屋大学)

研究者番号
70736248
J-GLOBAL ID
201601001603880072
researchmap会員ID
7000014444

外部リンク

▶︎ 名古屋大学予防医学分野

  ー オープンキャンパスYouTube動画

▶︎ 研究概要と展望

▶︎ J-MICC Study 大幸研究

<近年の研究内容>

 ▶︎ 日本人の小魚摂取と死亡リスクとの関連:J-MICC Study

   Kasahara C, Tamura T, et al. Public Health Nutr 2024; 27: e135.[NEW]

         ◯ EurekAlert!

 ▶︎ 日本人の炭水化物・脂質摂取量と死亡リスクとの関連:J-MICC Study

   Tamura T, et al. J Nutr 2023: 153; 2352–2368.

   ◯ 名古屋大学研究成果発信サイト

      ー男性の低炭水化物摂取、女性の高炭水化物摂取は死亡リスクを高める英語版

      ープレスリリース日本語版.pdf英語版.pdf 

   ◯ 名大研究フロントライン

    ーポッドキャストによるインタビュー配信(Spotifyオーディオ配信22分)

    ーnote記事(インタビュー内容の抜粋)

   ◯ EurekAlert!

 ▶︎ 飲酒と胃がん罹患リスクとの関連:6コホート研究によるプール解析

   Tamura T, et al. Cancer Sci 2022; 113: 261–276.

   紹介記事:男性の飲酒は胃がん罹患リスクを高める


 ▶︎ 血漿ホモシステイン値および関連ビタミン値と高血圧症との関連:J-MICC Study

   Tamura T, et al. Sci Rep 2020; 10: 18499.

   紹介記事:血漿ホモシステイン値は高血圧症の有病と正に関連する

 ▶︎ コーヒー摂取と肝がん罹患リスクとの関連:6コホート研究のメタアナリシス

   Tamura T, et al. Nagoya J Med Sci 2019; 81: 143–150.

  研究結果:コーヒー摂取は肝がん罹患リスクを下げる


 ▶︎ 受動喫煙と高血圧症との関連:J-MICC Study

   Tamura T, et al. Medicine (Baltimore) 2018; 97: e13241.

   紹介記事:受動喫煙に毎日さらされることは高血圧症の有病と正に関連する


共同研究・競争的資金等の研究課題

  5

担当経験のある科目(授業)

  18

その他

  1

論文

  96

講演・口頭発表等

  18