IIHARA Hirotoshi

J-GLOBAL         Last updated: Jan 14, 2020 at 20:59
 
Avatar
Name
IIHARA Hirotoshi
Affiliation
Gifu University
Section
University Hospital

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Sep 2019
A phase III trial evaluating olanzapine 5 mg for the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving cisplatin: J-FORCE Study, Best Poster, ESMO Congress 2019
Winner: Hashimoto H, Abe M, Nakao M, Mizutani H, Sakata Y, Fujita Y, Nishimura T, Hirano K, Okada H, Inui N, Sakata Y, Iihara H, Zenda S, Uchitomi Y, Yamaguchi T, Hoshina Y, Yanai T, Iwasa S, Yamamoto N, Ohe Y
 

Published Papers

 
Iihara H, Shimokawa M, Hayasaki Y, Fujita Y, Abe M, Takenaka M, Yamamoto S, Arai T, Sakurai M, Mori M, Nakamura K, Kado N, Murase S, Shimaoka R, Suzuki A, Morishige KI
Gynecologic oncology      Jan 2020   [Refereed]
Watanabe D, Fujii H, Yamada Y, Iihara H, Ishihara T, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Suzuki A
Anticancer research   40(1) 299-304   Jan 2020   [Refereed]
Yamada H, Kobayashi R, Shimizu S, Yamada Y, Ishida M, Shimoda H, Kato-Hayashi H, Fujii H, Iihara H, Tanaka H, Suzuki A
International journal of clinical practice      Dec 2019   [Refereed]
Fujii H, Matsuhashi N, Kitahora M, Takahashi T, Hirose C, Iihara H, Yamada Y, Watanabe D, Ishihara T, Suzuki A, Yoshida K
The oncologist      Nov 2019   [Refereed]
Hirose C, Iihara H, Funaguchi N, Endo J, Ito F, Yanase K, Kaito D, Sasaki Y, Gomyo T, Sakai C, Ohno Y, Suzuki A
Die Pharmazie   74(10) 620-624   Oct 2019   [Refereed]
Iihara H, Shimokawa M, Hayashi T, Kawazoe H, Saeki T, Aiba K, Tamura K
The oncologist      Oct 2019   [Refereed]
Yamada Y, Ohno Y, Kato Y, Kobayashi R, Hayashi H, Miyahara S, Nakane K, Mizutani K, Yokoi S, Fujii H, Iihara H, Ishihara T, Deguchi T, Sugiyama T, Suzuki A
Cancer chemotherapy and pharmacology      Sep 2019   [Refereed]
Hayashi H, Iihara H, Hirose C, Fukuda Y, Kitahora M, Kaito D, Yanase K, Endo J, Ohno Y, Suzuki A, Sugiyama T
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   134 1-6   Aug 2019   [Refereed]
Iihara H, Shimokawa M, Gomyo T, Fujita Y, Yoshida T, Funaguchi N, Minato K, Kaito D, Osawa T, Yamada M, Hirose C, Suzuki A, Ohno Y
BMJ open   9(7) e028056   Jul 2019   [Refereed]
Iihara H, Fujii H, Yoshimi C, Kobayashi R, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Suzuki A
Cancer chemotherapy and pharmacology   83(3) 393-398   Mar 2019   [Refereed]
Iihara H, Shimokawa M, Abe M, Hayasaki Y, Fujita Y, Nagasawa Y, Sakurai M, Matsuoka R, Suzuki A, Morishige K
BMJ open   9(1) e024357   Jan 2019   [Refereed]
Fujii H, Hirose C, Ishihara M, Iihara H, Imai H, Tanaka Y, Matsuhashi N, Takahashi T, Yamaguchi K, Yoshida K, Suzuki A
Anticancer research   38(11) 6367-6373   Nov 2018   [Refereed]
Fujii H, Iihara H, Kajikawa N, Kobayashi R, Suzuki A, Tanaka Y, Yamaguchi K, Yoshida K, Itoh Y
Anticancer research   37(12) 6831-6837   Dec 2017   [Refereed]
Kaito D, Iihara H, Funaguchi N, Endo J, Ito F, Yanase K, Toyoshi S, Sasaki Y, Hirose C, Arai N, Kitahora M, Ohno Y, Itoh Y, Minatoguchi S
Anticancer research   37(4) 1965-1970   Apr 2017   [Refereed]
Imai H, Kaira K, Naruse I, Hayashi H, Iihara H, Kita Y, Mizusaki N, Asao T, Itoh Y, Sugiyama T, Minato K, Yamada M
Cancer chemotherapy and pharmacology   79(1) 209-213   Jan 2017   [Refereed]
Kawaguchi Y, Hanaoka J, Hayashi H, Mizusaki N, Iihara H, Itoh Y, Sugiyama T
Chemotherapy   62(3) 147-150   2017   [Refereed]
Suzuki A, Kobayashi R, Fujii H, Iihara H, Takahashi T, Yoshida K, Itoh Y
Anticancer research   36(12) 6527-6533   Dec 2016   [Refereed]
Yuta Ohno, Yu Kato, Ryo Kobayashi, Hirotoshi Iihara, Akio Suzuki, Hideki Hayashi, Tadashi Sugiyama, Yoshinori Itoh
International Journal of Clinical and Experimental Medicine   9 19280-19290   Oct 2016
© 2016, E-Century Publishing Corporation. All rights reserved. Background: Aprepitant is a highly effective but expensive antiemetic drug. Repeated treatment with aprepitant is required to control emesis in multiple-day chemotherapy. In the prese...
Fujii H, Iihara H, Suzuki A, Kobayashi R, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Itoh Y
Cancer chemotherapy and pharmacology   77(6) 1209-1215   Jun 2016   [Refereed]
Iihara H, Fujii H, Yoshimi C, Yamada M, Suzuki A, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Itoh Y
International journal of clinical oncology   21(2) 409-418   Apr 2016   [Refereed]
[Relationship between the Incidence of Hypomagnesemia and Acneiform Rash and the Therapeutic Effect of Anti-EGFR Monoclonal Antibody in Patients with Metastatic Colorectal Cancer].
Fujii H, Iihara H, Ishihara M, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Itoh Y
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43(2) 229-233   Feb 2016   [Refereed]
Iihara H, Ishihara M, Fujii H, Yoshimi C, Yamada M, Suzuki A, Yamaguchi K, Futamura M, Yoshida K, Itoh Y
Journal of Cancer   7(5) 569-575   2016   [Refereed]
Komei Yanase, Norihiko Funaguchi, Norihiko Funaguchi, Hirotoshi Iihara, Maya Yamada, Daizo Kaito, Junki Endo, Fumitaka Ito, Yasushi Ohno, Hidekazu Tanaka, Yoshinori Itoh, Shinya Minatoguchi
International Journal of Clinical and Experimental Medicine   8(9) 16215-16222   Sep 2015   [Refereed]
© 2015, E-Century Publishing Corporation. All rights reserved. Background: Concurrent chemoradiotherapy (CCRT) plays an important role in multimodality therapy for non-small cell lung cancer. However, esophagitis often develops as a complication o...
松尾宏一, 吉村知哲, 緒方憲太郎, 黒田純子, 飯原大稔, 川上和宜, 林稔展, 岩本卓也, 組橋由記, 米村雅人
日本病院薬剤師会雑誌   51(9) 1053-1056   Sep 2015
[Analysis of Pemetrexed Monotherapy in Advanced Non-Small Cell Lung Cancer Patients with Impaired Renal Function].
Funaguchi N, Nakajima Y, Kaito D, Yanase K, Ito F, Endo J, Morishita M, Asano M, Iihara H, Mori H, Ohno Y, Minatoguchi S
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42(6) 705-708   Jun 2015   [Refereed]
Hideki Hayashi, Hideki Hayashi, Yutaro Kita, Hirotoshi Iihara, Hirotoshi Iihara, Koumei Yanase, Yasushi Ohno, Chiemi Hirose, Maya Yamada, Kenichiro Todoroki, Kiyoyuki Kitaichi, Shinya Minatoguchi, Yoshinori Itoh, Tadashi Sugiyama
Biomedical Chromatography   30(7) 1150-1154   Jan 2015   [Refereed]
© 2015 John Wiley & Sons, Ltd. A simultaneous, selective, sensitive and rapid liquid chromatography/tandem mass spectrometry method was developed and validated for the quantification of gefitinib, erlotinib and afatinib in 250 μL samples of human ...
Maya Yamada, Hirotoshi Iihara, Hironori Fujii, Masashi Ishihara, Nobuhisa Matsuhashi, Takao Takahashi, Kazuhiro Yoshida, Yoshinori Itoh
Anticancer Research   35(11) 6175-6181   Jan 2015   [Refereed]
Background: Although the anti-EGFR monoclonal antibody panitumumab is effective in treating colorectal cancer, the occurrence of severe skin disorders often discontinues therapy. Herein, we investigated by a retrospective chart review the effect o...
Hironori Fujii, Hirotoshi Iihara, Masashi Ishihara, Takao Takahashi, Kazuhiro Yoshida, Yoshinori Itoh
Anticancer Research   33(12) 5549-5556   Dec 2013   [Refereed]
Prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting (CINV) according to the clinical practice guidelines is particularly important. In the present study, we investigated the adherence to the guidelines for antiemetic medication and the control ...
松尾宏一, 飯原大稔, 岩本卓也, 緒方憲太郎, 川上和宜, 組橋由記, 黒田純子, 林稔展, 日置三紀, 吉村知哲, 米村雅人
日本病院薬剤師会雑誌   49(8) 796-800   Aug 2013
[Evaluation of the efforts of pharmaceutical care services before medical examination at an outpatient cancer chemotherapy clinic].
Yoshimi C, Yamada M, Fujii H, Nishigaki M, Iihara H, Kitaichi K, Takahashi M, Kurahashi S, Takahashi T, Yoshida K, Itoh Y
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40(3) 349-354   Mar 2013   [Refereed]
Aoki S, Iihara H, Nishigaki M, Imanishi Y, Yamauchi K, Ishihara M, Kitaichi K, Itoh Y
Molecular and clinical oncology   1(1) 41-46   Jan 2013   [Refereed]
Junki Endo, Hirotoshi Iihara, Maya Yamada, Koumei Yanase, Fumihiko Kamiya, Fumitaka Ito, Norihiko Funaguchi, Yasushi Ohno, Shinya Minatoguchi, Yoshinori Itoh
Anticancer Research   32(9) 3939-3947   Sep 2012   [Refereed]
Background: The acute antiemetic effect was compared between oral azasetron and intravenous granisetron based on the 5-hydroxytryptamine3 (5-HT3) receptor occupancy theory. Patients and Methods: Receptor occupancy was estimated from reported data ...
Hirotoshi Iihara, Masashi Ishihara, Katsuhiko Matsuura, Sayoko Kurahashi, Takao Takahashi, Yoshihiro Kawaguchi, Kazuhiro Yoshida, Yoshinori Itoh
Journal of Evaluation in Clinical Practice   18(4) 753-760   Aug 2012   [Refereed]
Rationale: aims and objectives Outpatient cancer chemotherapy is increasing with the development of anticancer agents, and roles of medical staff are becoming more and more important in cancer chemotherapy. We showed here roles of pharmacists with...
Hironori Fujii, Hirotoshi Iihara, Koji Yasuda, Katsuhiko Matsuura, Takao Takahashi, Kazuhiro Yoshida, Yoshinori Itoh
Medical Oncology   28(2) 488-493   Jun 2011   [Refereed]
The efficacy and safety of generic and brand name levofolinate injectable drugs were evaluated in 42 chemotherapy-naïve patients with colorectal cancer who received the combination chemotherapy of levofolinate, 5-fluorouracil, and oxaliplatin with...
Masashi Ishihara, Hirotoshi Iihara, Shinji Okayasu, Koji Yasuda, Katsuhiko Matsuura, Masumi Suzui, Yoshinori Itoh
Supportive Care in Cancer   18(12) 1531-1538   Dec 2010   [Refereed]
Background: Opioid analgesics possess a number of side effects, among which constipation and nausea/vomiting occur most frequently. Although pretreatment with laxatives and antiemetics for the prophylaxis of opioid-induced constipation and nausea/...
Keiko Taguchi, Hirotoshi Iihara, Masashi Ishihara, Yoshifumi Komori, Katsumi Tanizawa, Katsuhiko Matsuura, Yoshinori Itoh
Anticancer Research   29(5) 1721-1725   May 2009   [Refereed]
Background: The significance of repeated treatment with the 5-HT 3 receptor antagonist for prophylaxis of chemotherapy-induced emesis remains to be clarified. Patients and Methods: A retrospective analysis was performed to compare the effects of s...
[A retrospective analysis of adverse events based on a dose and a schedule in patients who underwent paclitaxel- containing chemotherapy].
Yoshimura T, Hirade K, Iihara H, Ishihara M, Komori Y, Okayasu S, Matsuura K, Yasuda T, Itoh Y
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   35(10) 1721-1726   Oct 2008   [Refereed]
Takashi Suzuki, Takashi Suzuki, Hirotoshi Iihara, Toshihiko Uno, Yuko Hara, Kiyofumi Ohkusu, Hiroyuki Hata, Masachika Shudo, Yuichi Ohashi
Journal of Clinical Microbiology   45(11) 3833-3836   Nov 2007   [Refereed]
We report two cases of suture-related keratitis following penetrating keratoplasty. In both cases, Corynebacterium macginleyi was isolated from corneal specimens. Scanning electron microscopy revealed that corynebacteria could aggregate and form a...
Hirotoshi Iihara, Hirotoshi Iihara, Takashi Niwa, Takashi Niwa, Mohammad Monir Shah, Pham Hong Nhung, Sun Xiao Song, Masahiro Hayashi, Kiyofumi Ohkusu, Yoshinori Itoh, Yoshinori Itoh, Sou Ichi Makino, Takayuki Ezaki
Japanese Journal of Infectious Diseases   60(4) 230-234   Sep 2007   [Refereed]
An indirect immunofluorescent assay to detect antibodies against the lipopolysaccharide (LPS) of Burkholderia pseudomallei and taxonomically closely related species was developed with the Luminex system. LPSs of Pseudomonas aeruginosa, Burkholderi...
Pham Hong Nhung, Mohammad Monir Shah, Kiyofumi Ohkusu, Makiko Noda, Hiroyuki Hata, Xiao Song Sun, Hirotoshi Iihara, Keiichi Goto, Takayuki Masaki, Jiro Miyasaka, Takayuki Ezaki
Systematic and Applied Microbiology   30(4) 309-315   Jun 2007   [Refereed]
The utility of the dnaJ gene for identifying Vibrio species was investigated by analyzing dnaJ sequences of 57 type strains and 22 clinical strains and comparing sequence homologies with those of the 16S rDNA gene and other housekeeping genes (rec...
Hiroko Kuroki, Hiroshi Miyamoto, Kazumasa Fukuda, Hirotoshi Iihara, Yoshiaki Kawamura, Midori Ogawa, Yan Wang, Takayuki Ezaki, Hatsumi Taniguchi
Systematic and Applied Microbiology   30(4) 273-279   Jun 2007   [Refereed]
In this study, we tried to isolate legionellae from nine Legionella DNA-positive soil samples collected from four different sites contaminated with industrial wastes in Japan. Using culture methods with or without Acanthamoeba culbertsoni, a total...
Mohammad Monir Shah, Hirotoshi Iihara, Makiko Noda, Sun Xiao Song, Pham Hong Nhung, Kiyofumi Ohkusu, Yoshiaki Kawamura, Takayuki Ezaki
International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology   57(Pt 1) 25-30   Jan 2007   [Refereed]
In the last few years, many attempts have been made to use conserved gene sequences for identification and for phylogenetic studies of Staphylococcus species. In an effort to identify a more reliable approach, a dnaJ gene sequence-based database w...
Takayuki Masaki, Takayuki Masaki, Takayuki Masaki, Kiyofumi Ohkusu, Hiroyuki Hata, Hiroyuki Hata, Nagatoshi Fujiwara, Hirotoshi Iihara, Makiko Yamada-Noda, Hong Nhung Pham, Masahiro Hayashi, Yuko Asano, Yoshiaki Kawamura, Takayuki Ezaki
Microbiology and Immunology   50(11) 889-897   Nov 2006   [Refereed]
Three mycobacterium strains isolated from clinical specimens in Japan were provisionally assigned to the genus Mycobacterium based on their phenotypical characteristics. These isolates were further investigated to determine their specific taxonomi...
Hirotoshi Iihara, Hirotoshi Iihara, Takashi Suzuki, Yoshiaki Kawamura, Kiyofumi Ohkusu, Yasushi Inoue, Wei Zhang, Mohammad Monir Shah, Yoshihiro Katagiri, Yoshihiro Katagiri, Yuichi Ohashi, Takayuki Ezaki
Diagnostic Microbiology and Infectious Disease   56(3) 297-303   Nov 2006   [Refereed]
We investigated the prevalence of mutations in the gyrA, gyrB, grlA, and grlB genes in 21 clinical isolates of methicillin-resistant Staphylococcus aureus recovered from ocular infections. These isolates were classified into 16 groups on the basis...
Yoshihito Otsuka, Yoshihito Otsuka, Yoshiaki Kawamura, Takashi Koyama, Hirotoshi Iihara, Kiyofumi Ohkusu, Takayuki Ezaki
Journal of Clinical Microbiology   43(8) 3713-3717   Aug 2005   [Refereed]
Five strains of an unknown, multidrug-resistant coryneform, gram-positive rod were isolated from blood, bronchial aspirate, and abscess specimens. Four of the five strains isolated were highly resistant to antimicrobial agents, including β-lactams...

Misc

 
令和時代の臨床薬理学研究-新たな時代を迎えて- 薬学教育のなかでの臨床研究の試み 非細胞肺がんにおける分子標的薬の臨床薬理研究
林 秀樹, 飯原 大稔, 廣瀬 智恵美, 北洞 美佳, 佐藤 幸奈, 福田 純久, 上森 将吾, 大澤 友裕, 澤 祥幸, 大野 康, 鈴木 昭夫, 杉山 正
応用薬理   96(5-6) 119-119   Jul 2019
【Evidence Update 2019 最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する】 エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート! 大腸癌治療薬
藤井 宏典, 飯原 大稔
薬局   70(1) 167-172   Jan 2019
<Key Points>◎切除不能進行・再発大腸癌患者における一次治療として、S-1+CPT-11+Bmab(SIRB療法もしくはIRIS+Bmab療法)はmFOLFOX6/CapeOX+Bmab療法と同等の無増悪生存期間および生存期間が期待できる。◎SIRB療法/IRIS+Bmab療法は、mFOLFOX6/CapeOX+Bmab療法と比較してQOL(FACT/GOG-Ntx)が良好であった。◎一次治療不応の切除不能進行・再発大腸癌患者における二次治療として、XELIRI+Bmab療法は、...
廣瀬智恵美, 飯原大稔, 舟口祝彦, 舟口祝彦, 遠渡純輝, 伊藤文隆, 柳瀬恒明, 垣内大蔵, 佐々木優佳, 五明岳展, 酒井千鶴, 小林亮, 佐藤幸奈, 木野村元彦, 大野康, 川崎雅規, 鈴木昭夫
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会講演要旨集   2018 89   Nov 2018
【薬剤師が貢献する乳がん診療と臨床研究の最前線】 薬剤師による副作用マネジメント 制吐療法
小林 亮, 飯原 大稔, 鈴木 昭夫
乳癌の臨床   33(3) 207-218   Jun 2018
非小細胞肺癌における個別化薬物療法構築のための臨床薬理学研究
林 秀樹, 飯原 大稔, 大野 康, 杉山 正
臨床薬理の進歩   (39) 171-179   Jun 2018
Afatinibを服用している非小細胞肺癌患者における血漿中薬物濃度と体内動態に関連する遺伝子多型および有害反応重症度の関連について検討した。Afatinibを服用している非小細胞肺癌患者33名(男性13名、女性20名、中央値70歳)を対象としたところ、有害反応の発現頻度は下痢、ざ瘡様皮疹、口内炎の順に多く、下痢に関してはほぼ全例に認められた。投与初期におけるafatinib血漿中濃度と下痢重症度グレードとの間に有意な正の相関が認められた。ABCG2 C421Aにおいて、Aアレルを持つ患者...
【いざというときのために知っておきたい オンコロジーエマージェンシー】 代表的なオンコロジーエマージェンシー 過敏症反応、アナフィラキシーショック
石原 正志, 飯原 大稔
薬事   60(4) 627-633   Mar 2018
<Points>すべての抗がん薬においてアレルギー反応・アナフィラキシー様のショックを起こす可能性がある。過敏症反応が起こることを予測することは難しいため、予防が推奨されている抗がん薬の投与時は、必ず各々の予防対策を取ることが重要である。(1)耳の後ろが赤くなる、(2)異様に痒がる、(3)顔が赤くなる、(4)どきどきする--など軽度の異変を見逃さないようにし、アレルギー症状・徴候が現れた場合には、直ちに薬剤の投与を中止する。具体的な症状として、皮膚症状(そう痒感、紅斑、蕁麻疹、顔面紅潮)、...
【Evidence Update 2018 最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する】 エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート! 大腸癌治療薬
藤井 宏典, 飯原 大稔
薬局   69(1) 145-152   Jan 2018
<Key Points>オキサリプラチンを含む化学療法で治療中または治療後に増悪した切除不能進行再発大腸癌患者における二次治療として、FOLFIRI療法に対するアフリベルセプトの上乗せは、年齢にかかわらず生存期間の延長が期待できる。FOLFIRI療法+アフリベルセプトは、二次治療においても高い腫瘍縮小効果が期待できる。65歳以上の高齢者においても、FOLFIRI療法+アフリベルセプトは忍容性が認められる。切除不能進行再発大腸癌患者に対するFOLFOXIRI療法+ベバシズマブ(Bmab)は、...
福田純久, 林秀樹, 林秀樹, 飯原大稔, 飯原大稔, 水崎直樹, 廣瀬智恵美, 柳瀬恒明, 大野康, 伊藤善規, 杉山正, 小原道子
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th ROMBUNNO.28PA‐am321S   2018
飯原大稔, 飯原大稔, 林秀樹, 林秀樹, 水崎直樹, 廣瀬智恵美, 大野康, 伊藤善規, 杉山正
臨床薬理   48(Supplement) S277   Nov 2017
解良恭一, 今井久雄, 成清一郎, 飯原大稔, 杉山正, 伊藤善規, 砂長則明, 久田剛志, 林秀樹
日本呼吸器学会誌(Web)   6 190   Mar 2017
【ざ瘡とざ瘡様皮疹のマネジメント 薬物治療の最前線と実践のポイント】 がん化学療法中のざ瘡様皮疹! いかに考え対応するか?! ざ瘡様皮疹を考慮したがん化学療法における薬学的管理の実践
藤井 宏典, 飯原 大稔
薬局   68(3) 456-464   Mar 2017
<Key Points>ざ瘡様皮疹は、上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)、抗EGFR抗体およびマルチキナーゼ阻害薬に特徴的な副作用である。ざ瘡様皮疹の発現や重篤度と治療効果の相関が報告されており、症状管理がQOLの維持のみならず、抗腫瘍効果を高める可能性がある。ざ瘡様皮疹は予防の有効性が示されており、テトラサイクリン系抗菌薬の内服と保湿剤、日焼け止めクリームおよび副腎皮質ステロイド外用薬の塗布が推奨されている。ざ瘡様皮疹の治療では、早期から強力な副腎皮質ステロイド...
【2017年版 がん患者指導にそのまま使える 最新の注目薬51 おくすりキャラといっしょに、臨床のコンセンサスを楽しくキャッチ!】 (1章)がん化学療法の注目薬 殺細胞性抗がん剤
飯原 大稔, 吉見 千明
プロフェッショナルがんナーシング   7(1) 32,65-37,65   Feb 2017
【2017年版 がん患者指導にそのまま使える 最新の注目薬51 おくすりキャラといっしょに、臨床のコンセンサスを楽しくキャッチ!】 (1章)がん化学療法の注目薬 免疫チェックポイント阻害薬
飯原 大稔, 吉見 千明
プロフェッショナルがんナーシング   7(1) 38-40   Feb 2017
【Evidence Update 2017 最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する】 エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート! 大腸癌治療薬
藤井 宏典, 飯原 大稔
薬局   68(1) 127-132   Jan 2017
<Key Points>Rmab+FOLFIRIは、Bmab、L-OHPおよびフッ化ピリミジン製剤治療後の切除不能進行再発大腸癌患者に対する二次治療の標準療法として位置づけられた。RAISE試験のサブ解析の結果から、Rmab+FOLFIRIは幅広い患者への適応が可能と考えられた。BBP(Bmab beyond progression)とRmab+FOLFIRIとの使用の区別は明確になっていないが、一次治療が3ヵ月未満で終了した患者に対しては、Rmab+FOLFIRIを積極的に推奨できる。一...
高橋孝夫, 飯原大稔, 藤井宏典, 松橋延壽, 棚橋利行, 松井聡, 今井寿, 田中善宏, 山口和也, 二村学, 伊藤善規, 吉田和弘
日本癌治療学会学術集会(Web)   55th ROMBUNNO.O15‐2 (WEB ONLY)   2017
今井久雄, 今井久雄, 解良恭一, 成清一郎, 飯原大稔, 杉山正, 伊藤善規, 浅尾高行, 湊浩一, 林秀樹
日本肺癌学会総会号   57th 573   Nov 2016
水崎直樹, 林秀樹, 林秀樹, 飯原大稔, 飯原大稔, 北夕太郎, 今井久雄, 成清一郎, 解良恭一, 伊藤善規, 杉山正
臨床薬理   47(Supplement) S263   Oct 2016
廣瀬智恵美, 名和美奈子, 松岡梨恵, 藤井宏典, 飯原大稔, 小林亮, 二村学, 鈴木昭夫, 吉田和弘, 伊藤善規
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会講演要旨集   26th-2016 123   Oct 2016
がん化学療法の最先端
飯原 大稔
岐阜県医師会医学雑誌   29 17-27   May 2016
【外科医が知っておきたい癌化学療法と副作用対策】 有害事象のグレード評価 CTCAE
高橋 孝夫, 松橋 延壽, 飯原 大稔, 伊藤 善規, 吉田 和弘
消化器外科   39(3) 285-294   Mar 2016
【Evidence Update 2016 最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する】 エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート! 大腸癌治療薬
石原 正志, 飯原 大稔
薬局   67(1) 142-147   Jan 2016
<Key Points>TAS-102は、多種(フッ化ピリミジン系薬剤を含む)治療歴のある切除不能進行・再発大腸癌患者に対して、OSおよびPFSを有意に延長し、臨床効果を示した。TAS-102は、PSが良好でまだ治療継続が可能である症例に対しては、三次・四次・五次治療の有効な選択肢となり得る。PEAK試験、FIRE-3試験、CALGB/SWOG 80405試験の3つの試験のメタ分析では、優れたRRおよびOSから全RAS野生型の進行大腸癌患者の一次治療として抗EGFR療法の使用を支持している...
【臨床の疑問に答えるがん薬物療法アップデート】 (第2章)薬物療法のスタンダードとマネジメント 肺がん 薬剤師の腕の見せ所
藤井 宏典, 飯原 大稔
薬事   58(2) 223-233   Jan 2016
<Key Points>シスプラチンは腎障害を予防するために大量輸液が必要である。そのため入院加療を余儀なくされるが、患者の生活の質を保つため、輸液の減量と投与時間を短縮したショートハイドレーション法が導入されつつある。ペメトレキセドを使用する場合は、腎機能の評価、NSAIDsの併用の確認、葉酸・ビタミンB12によるコンディショニングについて確認し対応する。中等度催吐性抗がん薬を投与される患者のうち、糖尿病を合併した患者において、第二世代のセロトニン5-HT3受容体拮抗薬であるパロノセトロ...
北夕太郎, 林秀樹, 飯原大稔, 飯原大稔, 轟木堅一郎, 山田摩耶, 廣瀬智恵美, 大野康, 柳瀬恒明, 湊口信也, 伊藤善規, 杉山正
臨床薬理   46(Supplement) S193   Nov 2015
藤井宏典, 飯原大稔, 石原正志, 松橋延壽, 高橋孝夫, 吉田和弘, 伊藤善規
日本医療薬学会年会講演要旨集   25th 249   Oct 2015
加藤優, 大野雄太, 小林亮, 飯原大稔, 鈴木昭夫, 林秀樹, 杉山正, 伊藤善規
日本医療薬学会年会講演要旨集   25th 209   Oct 2015
松尾宏一, 松尾宏一, 吉村知哲, 飯原大稔, 岩本卓也, 緒方憲太郎, 川上和宜, 組橋由記, 黒田純子, 林稔展, 米村雅人
日本医療薬学会年会講演要旨集   25th 507   Oct 2015
がん治療への薬学的介入と症例サマリ 分子標的抗がん薬を併用した大腸がん化学療法への薬学的介入
藤井 宏典, 飯原 大稔
薬局   66(9) 2565-2572   Aug 2015
吉見千明, 飯原大稔, 市成陽子, 森川あけみ, 高橋孝夫, 安藤真由実, 吉田和弘, 伊藤善規
日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)   13th ROMBUNNO.P2-3-3   2015
小林亮, 鈴木昭夫, 飯原大稔, 岡安伸二, 伊藤善規
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.26PB-PM046   2015
小林亮, 鈴木昭夫, 飯原大稔, 岡安伸二, 伊藤善規
日本医療薬学会年会講演要旨集   24th 199   Aug 2014
【プロトコルに基づく薬物治療管理 薬剤師による戦略的・継続的マネジメント】 プロトコルに基づく薬物治療管理の実践例 がん患者
飯原 大稔, 伊藤 善規
薬局   65(8) 2227-2235   Jul 2014
<Key Points>PBPMを実践するためには医療職種間での共通した認識が必要となる。チームで作成した評価シートなどが有効なツールとなる。患者の主観による影響が大きい副作用は、医療者と患者間で評価の乖離が大きいため、画一的にグレード評価するのではなくNRS評価などを活用する。プロトコルの有効性を定期的に評価することが必要である。継続したプロトコルの改定が患者満足度の高い治療の提供へつながる。エビデンスを構築するために、より綿密なプロトコルを作成し臨床研究として検証することが必要である。...
水上奈美, 飯原大稔, 山田摩耶, 廣瀬千恵美, 小林亮, 鈴木昭夫, 杉山正, 伊藤善規
医療薬学フォーラム講演要旨集   22nd 206   Jun 2014
長谷川彩, 飯原大稔, 舟口祝彦, 山田摩耶, 柳瀬恒明, 吉村由紀子, 所真理子, 大野康, 伊藤善規
医療薬学フォーラム講演要旨集   22nd 234   Jun 2014
小林亮, 鈴木昭夫, 飯原大稔, 岡安伸二, 伊藤善規
医療薬学フォーラム講演要旨集   22nd 207   Jun 2014
患者のQOL向上と薬剤師の関わり(PART II) 服薬指導と病棟活動 外来化学療法室における薬剤師の関わりと取り組み
山田 摩耶, 石原 正志, 飯原 大稔, 伊藤 善規
医薬ジャーナル   50(5) 1436-1441   May 2014
近年、がんに対する治療法の確立や支持療法の進歩により、外来で実施されるがん化学療法が急増している。がん治療において外科的治療、薬物治療、放射線治療と集学的治療を包括的に管理するためには、がん患者を中心とした多職種構成のチーム医療が不可欠である。岐阜大学医学部附属病院では、2010年より外来化学療法室に薬剤師3名が常駐し、全患者に対して面談を実施している。そのうち約半数において、検査実施後から診察までの待ち時間を利用した診察前面談を行っている。内容は前回介入時から当日までの患者の症状把握、副...
【がん領域における注意すべき医薬品副作用のメカニズムと対応】 抗がん剤投与時の制吐対策
飯原 大稔, 鈴木 昭夫, 伊藤 善規
医薬ジャーナル   50(4) 1155-1162   Apr 2014
抗がん剤により誘発される悪心・嘔吐は、がん化学療法が行われている患者に高頻度に見られ、患者の生活の質(quality of life:QOL)を低下させる要因の一つとなっている。本稿では抗がん剤による悪心・嘔吐の発現機序、国内外の制吐対策ガイドラインで示されている制吐対策について概説するとともに、自施設にて最近報告した5-HT3受容体占有理論に基づく5-HT3受容体拮抗薬の適正用量について、5-HT3拮抗薬内服薬と注射薬の制吐効果に関する非劣性比較試験の結果を、さらに、抗がん剤反復投与レジ...
【消化器外科におけるチーム医療】 外来化学療法におけるチーム医療 大腸癌治療を中心に
高橋 孝夫, 松橋 延壽, 吉田 和弘, 飯原 大稔, 藤井 宏典, 伊藤 善規, 高橋 繭, 安藤 真由実
消化器外科   37(3) 305-313   Mar 2014
藤井宏典, 飯原大稔, 鈴木昭夫, 小林亮, 田中善弘, 山口和也, 二村学, 吉田和弘, 伊藤善規
日本癌治療学会学術集会(CD-ROM)   52nd ROMBUNNO.P80-3   2014
藤井宏典, 飯原大稔, 石原正志, 高橋孝夫, 吉田和弘, 伊藤善規
日本医療薬学会年会講演要旨集   23rd 209   Aug 2013
外来抗癌薬治療の実際 大腸癌に対するチーム医療で行う外来化学療法 術後補助化学療法を中心に
高橋 孝夫, 吉田 和弘, 飯原 大稔, 伊藤 善規
外来癌化学療法   4(1) 31-37   Feb 2013
山田摩耶, 飯原大稔, 安田浩二, 吉見千明, 藤井宏典, 西垣美奈子, 石原正志, 高橋繭, 倉橋小夜子, 高橋孝夫, 吉田和弘, 伊藤善規
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   133rd ROMBUNNO.30PMF-729   2013
小林亮, 鈴木昭夫, 飯原大稔, 岡安伸二, 伊藤善規
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   133rd ROMBUNNO.30PMF-720   2013
鈴木昭夫, 飯原大稔, 小林亮, 岡安伸二, 伊藤善規
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会講演要旨集   23rd-2013 136   2013
藤井宏典, 飯原大稔, 石原正志, 松橋延壽, 野中健一, 高橋孝夫, 吉田和弘, 伊藤善規
日本癌治療学会学術集会(CD-ROM)   51st ROMBUNNO.P36-6   2013
専門薬剤師の薬学的ケア がん 標準制吐対策でコントロール不良も非定型抗精神病薬が奏効した症例
飯原 大稔
薬事   54(12) 2022-2022   Nov 2012
小川晃宏, 小川晃宏, 吉見千明, 飯原大稔, 北市清幸, 高橋繭, 倉橋小代子, 高橋孝夫, 吉田和弘, 杉山正, 伊藤善規
日本医療薬学会年会講演要旨集   22nd 305   Oct 2012
山田摩耶, 飯原大稔, 遠渡純輝, 北市清幸, 松浦克彦, 大野康, 伊藤善規
日本医療薬学会年会講演要旨集   22nd 298   Oct 2012
田中麻友, 田中麻友, 飯原大稔, 北市清幸, 高橋繭, 倉橋小代子, 高橋孝夫, 吉田和弘, 安田公夫, 伊藤善規
日本医療薬学会年会講演要旨集   22nd 308   Oct 2012
【事例でイメージできる!読みかたがよくわかる!消化器がん化学療法 主要レジメン理解&看護ポイント】 大腸がんのレジメン FOLFIRI±BVおよびFOLFOX±BV
高橋 孝夫, 吉田 和弘, 飯原 大稔, 高橋 繭
消化器外科Nursing   17(9) 918-929   Sep 2012
吉見千明, 山田摩耶, 藤井宏典, 西垣美奈子, 飯原大稔, 北市清幸, 高橋繭, 倉橋小代子, 高橋孝夫, 吉田和弘, 伊藤善規
医療薬学フォーラム講演要旨集   20th 201   Jul 2012
今西義紀, 藤井宏典, 青木慎也, 飯原大稔, 北市清幸, 仲野正博, 高橋孝夫, 出口隆, 吉田和弘, 伊藤善規
医療薬学フォーラム講演要旨集   20th 233   Jul 2012
遠渡純輝, 大野康, 飯原大稔, 柳瀬恒明, 神谷文彦, 伊藤文隆, 森下めぐみ, 浅野雅広, 舟口祝彦, 伊藤善規, 湊口信也
日本呼吸器学会誌   1 181   Mar 2012
青木慎也, 飯原大稔, 中村宏洋, 中村宏洋, 西垣美奈子, 今西義紀, 山内恵太, 石原正志, 北市清幸, 松浦克彦, 伊藤善規
日本薬学会年会要旨集   132nd(4) 199   Mar 2012
鈴木昭夫, 飯原大稔, 小林亮, 岡安伸二, 伊藤善規
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会講演要旨集   22nd-2012 55   2012
山内惠太, 飯原大稔, 松浦克彦, 北市清幸, 伊藤善規
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会講演要旨集   21st-2011 126   Nov 2011
中村宏洋, 北市清幸, 石原正志, 飯原大稔, 後藤尚絵, 兼村信宏, 笠原千嗣, 松浦克彦, 鶴見寿, 杉山正, 森脇久隆, 伊藤善規
日本医療薬学会年会講演要旨集   21st 192   Sep 2011
河原加奈, 西垣美奈子, 西村美佐夫, 飯原大稔, 松浦克彦, 川口順敬, 吉田和弘, 伊藤善規
医療薬学フォーラム講演要旨集   19th 195   Jul 2011
藤井宏典, 飯原大稔, 西垣美奈子, 山田摩耶, 吉見千明, 北市清幸, 松浦克彦, 高橋孝夫, 吉田和弘, 伊藤善規
医療薬学フォーラム講演要旨集   19th 195   Jul 2011
【がん患者の服薬支援】 外来がん患者の服薬支援 アプレピタントの処方患者
飯原 大稔
調剤と情報   17(6) 727-732   Jun 2011
山内惠太, 渡邉朋子, 今西義紀, 飯原大稔, 松浦克彦, 伊藤善規
日本薬学会年会要旨集   131st(4) 301   Mar 2011
西垣美奈子, 河原加奈, 西村美佐夫, 渡邊千尋, 飯原大稔, 松浦克彦, 川口順敬, 吉田和弘, 伊藤善規
日本薬学会年会要旨集   131st(4) 302   Mar 2011
最新制吐対策
飯原 大稔
薬事   53(3) 432-433   Mar 2011
井沢知子, 橋本浩伸, 中山貴寛, 佐治重衡, 清水千佳子, 上田宏, 飯原大稔, 佐藤由美子, 上野直人
日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   9th 406   2011
山田摩耶, 飯原大稔, 河原加奈, 上村裕美, 松浦克彦, 伊藤善規
日本薬学会年会要旨集   130th(4) 295   Mar 2010
石原正志, 栃井加奈子, 渡邉朋子, 飯原大稔, 岡安伸二, 松浦克彦, 伊藤善規
日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集   4th 165   2010
飯原大稔, 石原正志, 倉橋小代子, 高橋孝夫, 吉田和弘, 松浦克彦, 伊藤善規
日本クリニカルパス学会誌   11(4) 468   Oct 2009
小森善文, 飯原大稔, 石原正志, 藤井宏典, 安田浩二, 松浦克彦, 後藤千寿, 伊藤善規
日本医療薬学会年会講演要旨集   19th 312   Sep 2009
藤井宏典, 飯原大稔, 渡邊千尋, 石原正志, 小森善文, 松浦克彦, 後藤千寿, 高橋孝夫, 吉田和弘, 伊藤善規
日本医療薬学会年会講演要旨集   19th 315   Sep 2009
渡辺朋子, 松浦克彦, 飯原大稔, 竹中元康, 植木啓文, 清水朋子, 田村孝志, 伊藤善規
日本薬学会年会要旨集   129th(4) 305   Mar 2009
飯原大稔, 松浦克彦, 中村卓巨, 石原正志, 小森善文, 渡邉朋子, 渡邊千尋, 後藤千寿, 伊藤善規
日本薬学会年会要旨集   129th(4) 318   Mar 2009
田口恵子, 石原正志, 小森善文, 飯原大稔, 谷沢克弥, 松浦克彦, 柏毅彦, 杉藤善樹, 伊藤善規
日本癌治療学会誌   43(2) 727   Oct 2008
石原正志, 飯原大稔, 岡安伸二, 山内江里子, 小森善文, 松浦克彦, 後藤千寿, 伊藤善規
日本医療薬学会年会講演要旨集   18th 460   Sep 2008
松浦克彦, 飯原大稔, 石原正志, 小森善文, 山内江里子, 後藤千寿, 伊藤善規
日本薬学会年会要旨集   128th(4) 205   Mar 2008
飯原大稔, 松浦克彦, 吉村知哲, 平出耕石, 石原正志, 後藤千寿, 伊藤善規
日本薬学会年会要旨集   128th(4) 184   Mar 2008
吉村知哲, 平出耕石, 飯原大稔, 石原正志, 小森善文, 岡安伸二, 松浦克彦, 安田忠司, 伊藤善規
日本薬学会年会要旨集   128th(4) 177   Mar 2008
石原正志, 飯原大稔, 岡安伸二, 山内江里子, 小森善文, 松浦克彦, 後藤千寿, 伊藤善規
日本薬学会年会要旨集   128th(4) 218   Mar 2008
石原正志, 飯原大稔, 岡安伸二, 山内江里子, 小森善文, 松浦克彦, 後藤千寿, 伊藤善規
日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会講演要旨集   17th 74-75   Feb 2008
岡安伸二, 松浦克彦, 飯原大稔, 石原正志, 中村光浩, 杉山正, 伊藤善規
日本医療薬学会年会講演要旨集   17th 297   Sep 2007
松浦克彦, 飯原大稔, 石原正志, 小森善文, 山内江里子, 後藤千寿, 伊藤善規
医療薬学フォーラム講演要旨集   15th 271   Jul 2007
西田雅宏, 鈴木崇, 宇野敏彦, 山口昌彦, 原祐子, 白石敦, 大橋裕一, 飯原大稔
日本眼感染症学会・日本眼炎症学会・日本コンタクトレンズ学会総会プログラム・講演抄録集   44th-41st-50th 41   2007
丹羽隆, 飯原大稔, 林将大, 大楠清文, 河村好章, 江崎孝行
日本臨床微生物学雑誌   16(4) 96   Dec 2006
飯原大稔, 鈴木崇, 大楠清文, 波多宏幸, 林将大, 江崎孝行
日本臨床微生物学雑誌   16(4) 119   Dec 2006
鈴木崇, 宮本仁志, 飯原大稔, 大楠清文
日本臨床微生物学雑誌   16(4) 127   Dec 2006
野田万希子, 大楠清文, 波多宏幸, SHAH Monir, 飯原大稔, NHUNG Pham, 孫暁松, 河村好章, 江崎孝行
日本細菌学雑誌   61(1) 136   Feb 2006
飯原大稔, 丹羽隆, シャー モハマドモニル, 林将大, 大楠清文, 河村好章, 江崎孝行
日本細菌学雑誌   61(1) 60   Feb 2006
鈴木崇, 原祐子, 山口昌彦, 宇野敏彦, 大楠清文, 飯原大稔, 大橋裕一
日本眼感染症学会・日本眼炎症学会・日本コンタクトレンズ学会総会プログラム・講演抄録集   43rd-40th-49th 42   2006
鈴木崇, 張ウェイ, 大橋裕一, 飯原大稔, 河村好章, 江崎孝行
日本眼薬理学会プログラム・講演抄録集   25th 47   2005

Conference Activities & Talks

 
Effectiveness of first-generation 5HT3 receptor antagonist plus dexamethasone plus aprepitant in controlling delayed chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients with colorectal cancer: a propensity score-matched analysis
Hayashi T, Shimokawa M, Matsuo K, Iihara H, Nishimura J, Nakano T, Egawa T
ESMO Asia Congress 2019   23 Nov 2019   
Emetic risk of carboplatin plus pemetrexed is higher than that of carboplatin plus paclitaxel in patients with lung cancer: a propensity score-matched analysis
Matsuo K, Shimokawa M, Hayashi T, Iihara H, Nakano T, EgawaT
ESMO Asia Congress 2019   23 Nov 2019   
A phase III trial evaluating olanzapine 5 mg for the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving cisplatin: J-FORCE Study
Hashimoto H, Abe M, Nakao M, Mizutani H, Sakata Y, Fujita Y, Nishimura T, Hirano K, Okada H, Inui N, Sakata Y, Iihara H, Zenda S, Uchitomi Y, Yamaguchi T, Hoshina Y, Yanai T, Iwasa S, Yamamoto N, Ohe Y
ESMO Congress 2019   27 Sep 2019