加藤 博基

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/13 22:32
 
アバター
研究者氏名
加藤 博基
 
カトウ ヒロキ
所属
岐阜大学
部署
医学系研究科 医科学専攻 腫瘍制御学講座 放射線医学分野
職名
准教授
学位
医学博士(岐阜大学)
その他の所属
医学系研究科

プロフィール

慢性肝疾患診断のための人工知能を用いたMRI画像処理基本アルゴリズムに関する研究/人工知能によるMRI画像診断支援システムを開発する上で根幹をなす技術であるMRI画像における正確な肝臓内部構造認識を行うアルゴリズムを開発し,これらの結果を実際の臨床像・病理組織像と対比して人工知能によるMRI画像診断支援システムの臨床的有用性を立証することにある./頭頸部領域におけるMRI拡散強調像に関する研究/頭頸部領域の様々な疾患に対してMRIの拡散強調像を施行することによって,質的診断や広がり診断を試みる.

研究分野

 
 
  • 内科系臨床医学 / 放射線科学 / 放射線診断学,核磁気共鳴画像(MRI)

経歴

 
2013年
   
 
岐阜大学 医学部附属病院 助教
 
1999年4月
 - 
1999年5月
岐阜大学医学部附属病院 臨床研修員(放射線科)
 
1999年5月
 - 
2000年4月
岐阜大学医学部附属病院 放射線科 医員(研修医)
 
2000年5月
 - 
2002年4月
自治医科大学附属病院 レジデント
 
2002年5月
 - 
2002年11月
岐阜大学医学部附属病院 放射線科 医員
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1999年3月
岐阜大学 医学部  
 

受賞

 
2009年5月
岐阜医学奨励賞
 
2010年4月
板井研究奨励賞
 
2010年6月
金森奨励賞
 

論文

 
Kato Hiroki, Kanematsu Masayuki, Toida Makoto, Kawaguchi Tomoko, Shibata Toshiyuki, Kajita Kimihiro, Hoshi Hiroaki
Journal of magnetic resonance imaging : JMRI   34(4) 904-909   2011年10月   [査読有り]
To evaluate the usefulness of diffusion-weighted MR imaging using a transient gustatory stimulation method in patientswith xerostomia.Ten consecutive patients complaining of xerostomia and 10 healthy volunteers were examined with a 1.5 Tesla (T) M...
Kato Hiroki, Kanematsu Masayuki, Kato Zenichiro, Teramoto Takahide, Kondo Naomi, Hirose Yoshinobu, Hoshi Hiroaki
European journal of radiology   80(3) e576-e581   2011年12月   [査読有り]
The purpose of this study was to describe the MR imaging findings of cervical lymphadenopathy in patients with Kikuchi disease (histiocytic necrotizing lymphadenitis).Nine patients with Kikuchi disease underwent MR imaging with a 1.5 T unit includ...
Kato Hiroki, Kanematsu Masayuki, Kato Zenichiro, Teramoto Takahide, Kondo Naomi, Hoshi Hiroaki
Journal of computer assisted tomography   36(1) 138-142   2012年   [査読有り]
The purpose of this study was to describe CT findings in patients with Kawasaki disease with cervical lymphadenopathy.Twelve patients with cervical lymphadenopathy were difficult to diagnose at the initial visit and underwent CT for the assessment...
Kato Hiroki, Kanematsu Masayuki, Goto Hiroo, Mizuta Keisuke, Aoki Mitsuhiro, Kuze Bunya, Hirose Yoshinobu
European journal of radiology   81(4) e612-e617   2012年4月   [査読有り]
The purpose of this study was to describe MR findings including diffusion-weighted (DW) imaging findings in patients with mucosa-associated lymphoid tissue (MALT) lymphoma of the salivary glands.Ten patients with histologically proven MALT lymphom...
Kato Hiroki, Kanematsu Masayuki, Mizuta Keisuke, Aoki Mitsuhiro, Hirose Yoshinobu
Japanese journal of radiology   30(4) 354-357   2012年5月   [査読有り]
The authors present a rare case of spontaneous infarcted Warthin's tumor of the parotid gland mimicking malignancies. CT and MR images demonstrated the presence of extensive necrosis and rim enhancement with ill-demarcated margins. Although the di...

Misc

 
Hiroki Kato, Masayuki Kanematsu, Masayuki Kanematsu, Keisuke Mizuta, Mitsuhiro Aoki, Bunya Kuze, Takatoshi Ohno, Koji Oshima, Yoshinobu Hirose
Journal of Magnetic Resonance Imaging   31 703-705
The authors present two cases of extracranial head and neck schwannomas that exhibited the "flow-void" sign at MR imaging. In the described cases, MR images showed intratumoral signal voids, which corresponded to dilated vessels. Dynamic contrast-...
Hiroki Kato, Masayuki Kanematsu, Masayuki Kanematsu, Kota Sakurai, Keisuke Mizuta, Mitsuhiro Aoki, Yoshinobu Hirose, Shimpei Kawaguchi, Akifumi Fujita, Koshi Ikeda, Tomonori Kanda
Japanese Journal of Radiology   31 744-749
Objective: The purpose of this study was to determine whether adenoid cystic carcinomas (ACCs) of the maxillary sinus have features on CT and MR imaging. Materials and methods: Nine patients with histopathologically proved maxillary sinus ACCs wer...
Hiroki Kato, Masayuki Kanematsu, Masayuki Kanematsu, Kenji E. Orii, Masahiro Morimoto, Zenichiro Kato, Naomi Kondo
Japanese Journal of Radiology   29 521-523   2011年8月
We describe a case of the appearance of iodinated contrast agents in the same locations of twins' neonatal gastrointestinal tracts 1 day after maternal contrast-enhanced computed tomography (CT). The CT examination had been performed on the expect...
Nobuoto Nojima, Hiroki Kato
International Efforts in Lifeline Earthquake Engineering - Proceedings of the 6th China-Japan-US Trilateral Symposium on Lifeline Earthquake Engineering   11-18   2014年1月
An assessment model for post-earthquake serviceability of three utility lifeline systems was applied to seven recent earthquakes in Japan. First, using the "Quick estimation system for earthquake maps triggered by observation records (QuiQuake)," ...
Hiroshi Makino, Hiroki Kato, Tatsuro Furui, Yoh Hayasaki, Ken ichirou Morishige, Masayuki Kanematsu
Archives of Gynecology and Obstetrics   293 625-632
© 2015, Springer-Verlag Berlin Heidelberg. Purpose: The purpose of this study was to assess uterine enhancement rate after abdominal radical trachelectomy (ART) using dynamic contrast-enhanced (DCE) magnetic resonance (MR) imaging. Methods: Ten pa...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 加藤 博基
3テスラMRIで撮像された腹部MRI画像の肝実質領域からテクスチャ解析によってテクスチャ特徴量を抽出し,人工ニューラルネットワークを用いて解析および処理するコンピュータ支援診断は,慢性肝疾患において肝実質に生じた線維化や肝硬変と呼ばれる病理組織学的変化を非侵襲的に診断するのに有用な方法である.適切な関心領域のサイズを選択し,フィルタを取捨選択することにより,肝線維化の診断能を向上させることができる.
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 加藤 博基
本研究は,3T-MRIで撮像された子宮筋腫を有する子宮MRI画像を用いて3D画像を作成し,子宮筋腫の術式選択や手術支援ナビゲーションを目的とした術前シミュレーションモデルを構築することを目的としている.はじめに子宮筋腫の精査目的で3T-MRIが施行された症例において3D-T2強調TSE像(VISTA)を取得した.現在までに30症例以上の画像データを取得済みであるが,この中で初期に取得した4症例の画像データをサンプルデータとして3D画像の作成を試みた.子宮の周囲には,膀胱・腸管・卵巣などの臓...
3テスラMRIを用いた子宮筋腫の術前シミュレーションモデルの作成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 加藤 博基
3テスラMRIを用いた子宮筋腫の術前シミュレーションモデルの作成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 加藤 博基
ASLを用いた頭頸部扁平上皮癌に対する放射線治療の治療効果予測
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 加藤博基

社会貢献活動

 
◎研究室から大学はいま:隠れた病気,画像から発見
【その他】  岐阜新聞  マスコミ報道  2017年12月19日