KANNO Tomonori

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:12
 
Avatar
Name
KANNO Tomonori
E-mail
tomonori.kanno.d4tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/0ad29fdb4402f2c97bb308db32b707e4.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Archaeological Research Office on the Campus
Job title
Associate Professor
Degree
博士(文学)(Tohoku University), 修士(文学)(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 2005
歴史科学専攻, Graduate School, Division of Letters, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 2001
歴史科学, Graduate School, Division of Letters, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Dec 2011
 - 
Today
宮城県考古学会  東日本大震災対策特別委員会委員
 
Nov 2010
 - 
Today
博古研究会  事務局長
 
Nov 1997
 - 
Oct 2010
博古研究会  委員
 
May 2005
 - 
May 2010
宮城県考古学会  会誌幹事
 

Published Papers

 
大木式土器の地域性に関する学史的検討-東北地方北部における中期後半土器型式編年研究を通じて-
菅野智則
博古研究   53 34-43   Apr 2017   [Refereed]
東日本の縄文文化
菅野智則
〈歴博フォーラム〉縄文時代 その枠組・文化・社会をどう捉えるか?   70-89   Mar 2017   [Invited]
Junko Habu, Akira Matsui, Naoto Yamamoto, Tomonori Kanno.
Quaternary International   239(1-2) 19-27   Mar 2011   [Refereed]
東北縄文集落の姿
菅野智則
北の原始時代 東北の古代史1(吉川弘文館)   100-132   Aug 2015   [Refereed][Invited]
集落研究におけるデータベース
菅野智則
博古研究   (30) 26-34   Oct 2005   [Refereed]

Misc

 
カナダ・トリケット島における先史時代遺跡の調査
真貝理香,菅野智則,山本直人,羽生淳子,松井章,Duncan McLaren,Dale R. Croes
考古学研究   62(3) 16-20   Dec 2015
特集:東日本大震災と文化財-その時、その後 趣旨説明
菅野智則
博古研究   50 1-1   Oct 2015
アメリカワシントン州オゼット遺跡とマッド・ベイ遺跡
水沢教子,菅野智則,山本直人,松井章
考古学研究   59(4) 109-112   Mar 2013
文化財レスキューに参加して
菅野智則
宮城考古学   14 105-110   May 2012
アメリカオレゴン州サンケン・ビレッジ遺跡
菅野智則,山本直人,宮尾亨,岩崎厚志,松井章
考古学研究   54(4) 120-123   2008

Books etc

 
仙台城跡二の丸第18地点
菅野智則,柴田恵子,石橋宏 (Part:Joint Work)
Mar 2017   
仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第16地点
菅野智則,柴田恵子,石橋宏 (Part:Joint Work)
東北大学埋蔵文化財調査室   Mar 2016   
芦ノ口遺跡第9次調査 青葉山E遺跡第9次調査-東日編大震災復旧事業関係調査報告書-
菅野智則・柴田恵子・傳田惠隆 (Part:Joint Work)
東北大学埋蔵文化財調査室   Mar 2015   
芦ノ口遺跡第7次調査・第8次調査
菅野智則・柴田恵子・傳田惠隆 (Part:Joint Work)
東北大学埋蔵文化財調査室   Mar 2014   
仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第13地点
阿子島香 藤沢敦 柴田恵子 菅野智則 川口貴史 傳田惠隆 (Part:Joint Work)
東北大学埋蔵文化財調査室   Mar 2013   

Conference Activities & Talks

 
仙台城二の丸地区と武家屋敷-東北大学川内南・北キャンパスの発掘調査成果-
公開講演会「土中より現れいづる仙台城の面影」   23 Dec 2016   
中期大木式土器分布圏における縄文文化の一様相
国際縄文フォーラム火焔街道往来2016   10 Dec 2016   
縄文時代中期大木式土器の特徴と地域性
縄文人の精神-盛岡の縄文時代中期の装飾-   20 Nov 2016   
東北地方における全国遺跡報告総覧の展望
文化遺産の記録をすべての人々へ!―発掘調査報告書デジタル化の方向性を探る―   18 Feb 2016   
北上川流域における縄文時代中期集落の特徴とその特異性
花巻の遺跡を学ぶ会   11 Feb 2016   

Research Grants & Projects

 
縄文時代における居住形態の研究
Project Year: Apr 2005 - Today

Social Contribution

 
平成29年度東北大学文学研究科東北文化研究室公開講演会「縄文時代の陸と海の道」
[Others]  11 Nov 2017
講演 菅野智則「東北地方における縄文時代のヒトとモノの動き」
有史以前・以後の青葉山の住人を訪ねる 青葉山・八木山フットパスづくり平成29年度第2回フィールドワーク
[Others]  9 Sep 2017
講演「青葉山の歴史」
文化財からみる青葉山の歴史
[Others]  4 May 2017
東北大学植物園主催「植物園の日」にて、「文化財からみる青葉山の歴史」のガイドツアーを行う。
国際縄文フォーラム火焔街道往来2016
[Others]  10 Dec 2016 - 11 Dec 2016
「中期大木式土器分布圏における縄文文化の一様相」と第する講演を行った。
第99回歴博フォーラム「縄文時代・文化・社会をどのように捉えるか?」
[Others]  6 Dec 2015
報告「東日本の縄文文化-東北地方を中心に」

Others

 
Oct 2010   東北地方北部における縄文中期後半集落に関する基礎的研究
東北地方北部の青森県下における三内丸山遺跡後半期である中期後葉以降の集落遺跡の集成作業を行い、それらの遺跡の竪穴住居跡など主要な居住施設の分析を軸として、大木式土器が主体的に分布する範囲での集落のあり方と出土土器について検討を行う。そして、各地域の各遺跡の個別的な様相を把握した上で、当時の大規模集落遺跡である三内丸山遺跡の歴史的位置づけを行う。また、この作業を通じて、当時の社会・文化的様相について考察する。