KIDO Atsushi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 21, 2019 at 16:22
 
Avatar
Name
KIDO Atsushi
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/a28c1de410d334fc4f73135981de5825.html
Affiliation
Tohoku University
Job title
Associate Professor
Degree
博士(文学)(Tohoku University)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Sep 1999
Graduate School, Division of Letters, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1995
Faculty of Literature, Tohoku University
 

Published Papers

 
自律の方式へ──カントの定言命法の諸方式
城戸淳
東北大学哲学研究会編『思索』   第49号 1-21   Oct 2016   [Refereed][Invited]
観念論論駁への途上で――カントの超越論的観念論をめぐる批判と応答
城戸淳
『Nux(ニュクス)』   第2号 130-145   Dec 2015   [Invited]
時間と自我──カント超越論的感性論第七節における反論と応答
城戸淳
東北大学哲学研究会編『思索』   第47号 199-219   Oct 2014   [Refereed][Invited]
ピストリウス「シュルツェ著『カント『純粋理性批判』解説』書評」(下)
城戸淳 訳・解題
『世界の視点 知のトポス』   9 1-32   Mar 2014
理性の深淵──カント超越論的弁証論の研究
城戸 淳
博士論文(東北大学)   計250頁   Sep 2013
カントと人格同一性の問題──第三誤謬推理のコンテクスト
城戸 淳
『思索』(東北大学哲学研究会)   第45号 367-388   Oct 2012   [Refereed][Invited]
ピストリウス「シュルツェ著『カント『純粋理性批判』解説』書評」(上)
城戸淳 訳・解題
『世界の視点 知のトポス』   7 1-28   Mar 2012
人間的自由の宇宙論的本質について──カントの第三アンチノミーにおける自由の問題
城戸淳
新潟大学人文学部『人文科学研究』   第130輯 1-32   Mar 2012
学問と理性──啓蒙主義からカントへ
城戸淳
『ヘーゲル哲学研究』(日本ヘーゲル学会編)   第17号 91-101   Dec 2011   [Refereed][Invited]
イマヌエル・カント「観念論をめぐって──一七八〇年代の遺稿から(R 5642, 5653-5655)」
城戸淳 訳・解題
『世界の視点 知のトポス』   6 1-22   Nov 2010
カントにおける幸福のパラドクス──幸福主義批判と最高善とのあいだ
城戸淳
『日本カント研究 11 カントと幸福論』   11 7-23   Aug 2010   [Refereed][Invited]
弁神論における幸福のエコノミー──ライプニッツのオプティミズムからカントの最高善へ
城戸淳
『エコノミー概念の倫理思想史的研究 研究成果報告書・補足論集』   44-56   Mar 2010
神の現存在の宇宙論的証明に対するカントの批判について
城戸淳
新潟大学人文学部『人文科学研究』   第125輯 1-31   Sep 2009
ゲッティンゲン書評(ガルヴェ/フェーダーによるカント『純粋理性批判』の書評)
城戸淳 訳・解題
『世界の視点 知のトポス』   3 1-14   Mar 2008
イマヌエル・カント「デュースブルク遺稿(一七七三~七五年)R 4674–4684」(下)
城戸淳 訳・解題
『世界の視点 知のトポス』   2 3-24   Mar 2007
カントの空間論──身体・開闢・感情
城戸淳
科研費報告書『思想表現媒体から捉え直される、人間にとっての「空間」構成の意義についての研究』   11-22   Mar 2007
イマヌエル・カント「デュースブルク遺稿(一七七三~七五年)R 4674–4684」(上)
城戸淳 訳・解題
『世界の視点 知のトポス』   1 1-22   Mar 2006
カントの崇高論──芸術終焉論の文脈のなかで
城戸淳
科研費報告書『芸術終焉論の持つ歴史的な文脈と現代的な意味についての研究』   1 27-38   Mar 2006
カントの Cogito ergo sum 解釈──カントにおける自己意識の問題(2)
城戸淳
『人文科学研究』(新潟大学人文学部)   第116輯 23-47   Mar 2005
イマヌエル・カント「哲学的エンチュクロペディー講義」
城戸淳 訳・解題
『世界の視点 変革期の思想』(新潟大学大学院現代社会文化研究科)   1-65   Feb 2004
啓蒙時代における成年市民の概念──カント『啓蒙とはなにか』を読む
城戸淳
科研費報告書『近代の価値観の再検討についての研究』   1 1-11   Mar 2003
カントにおける自己意識の問題──超越論的主観と統覚の総合的統一
城戸淳
『人文科学研究』(新潟大学人文学部)   第110輯 1-34   Dec 2002
現象と空間──カント超越論的感性論における窃取モデルの論理
城戸淳
『人文科学研究』(新潟大学人文学部)   第107輯 1-27   Dec 2001
カントと無限の問題
城戸淳
『日本カント研究』(日本カント協会)   第2号 83-100   Jun 2001   [Refereed]
カントにおける「窃取」概念の変容──アンチノミー解決への形成過程
城戸淳
『哲學』(日本哲学会)   第51号 210-219   Apr 2000   [Refereed]
流れ去った無限と世界の起源──カントの第一アンチノミーについて
城戸淳
『思索』(東北大学哲学研究会)   第31号 167-187   Sep 1998   [Refereed]

Misc

 
書評 望月俊孝著『物にして言葉――カントの世界反転光学
城戸淳
日本カント協会編『日本カント研究』   第17号 186-190   Jul 2016   [Invited]
デジタル版イミダス(imidas)2012
城戸淳
2003年(冬号)    Feb 2012   [Invited]
書評 山根雄一郎著『〈根源的獲得〉の哲学──カント批判哲学への新視角』
城戸淳
日本カント協会編『日本カント研究7 ドイツ哲学の意義と展望』   第7号 169-172   Sep 2006   [Invited]
地球的なヒューマン・エコロジー──目的論と美的判断へ
城戸淳
人間会議   2003年冬号 212-215   Dec 2003   [Invited]
『先端医療の倫理(仮題)』作成の試み
城戸淳
新潟大学プロジェクト   54-62   Mar 2002

Books etc

 
Natur und Freiheit. Akten des XII. Internationalen Kant-Kongresses
V. L. Waibel / M. Ruffing / D. Wagner (eds.) (Part:Contributor, Atsushi Kido, “Kant’s Synthetic Unity of Apperception and Its Rivals,” vol. 4, pp. 3197–3204)
Berlin et al., de Gruyter,   Nov 2018   
『カントの自由論』
H.E.アリソン著, 城戸淳訳 (Part:Single Translation)
法政大学出版局   Aug 2017   
感性学──触れ合う心・感じる身体
栗原隆編 (Part:Joint Work, 城戸淳「カントと心身問題」(151~169頁))
東北大学出版会   Mar 2014   
『理性の深淵――カント超越論的弁証論の研究』
城戸淳
知泉書館   Mar 2014   
感情と表象の生まれるところ
栗原隆編 (Part:Joint Work, 城戸淳「現象の形式へ──カントの感性論の第二論証を読む」(91~107頁))
ナカニシヤ出版   Mar 2013   
人文学の現在
愛媛大学法文学部/新潟大学人文学部編 (Part:Joint Work, 城戸淳「回帰する問い──哲学の使命とその現在」(10~29頁))
創風社出版   Mar 2012   
近代哲学の名著──デカルトからマルクスまでの24冊
熊野純彦編 (Part:Joint Work, 城戸淳「カント『純粋理性批判』I」(58~67頁))
中央公論新社   May 2011   
共感と感応──人間学の新たな地平
栗原隆編 (Part:Joint Work, 城戸淳「想像力と共通感覚──カント哲学のコンテクスト」(59~75頁))
東北大学出版会   Apr 2011   
人文学の生まれるところ
栗原隆編 (Part:Joint Work, 城戸淳「哲学──観念論とはなんだったのか?」(31~49頁))
東北大学出版会   Mar 2009   
岩波講座 哲学 06 モラル/行為の哲学
(熊野純彦編) (Part:Joint Work, 城戸淳「理性と普遍性──カントにおける道徳の根拠をめぐって」(57~75頁))
岩波書店   Nov 2008   
形と空間のなかの私
栗原隆編 (Part:Joint Work, 城戸淳「カントの空間論・序説──身体・開闢・感情」(55~78頁))
東北大学出版会   Apr 2008   
芸術の始まる時、尽きる時
栗原隆編 (Part:Joint Work, 城戸淳「カントの崇高論──芸術終焉論の手前で/の後で」(373~399頁))
東北大学出版会   Mar 2007   
現代カント研究10 理性への問い
カント研究会/檜垣良成・御子柴善之編 (Part:Joint Work, 城戸淳「誤謬推理論における理性批判と自己意識」(32~53頁))
晃洋書房   Jan 2007   
哲学の問題群──もういちど考えてみること
麻生博之・城戸淳編 (Part:Joint Editor, 城戸淳「人間とその生」(4~25頁),「自由と行為」(81~117頁),その他)
ナカニシヤ出版   Jun 2006   
大学における共通知のありか
栗原隆・濱口哲編 (Part:Joint Work, 城戸淳「〈科学〉と〈哲学〉」(85~99頁))
東北大学出版会   May 2005   
ピーター・バーク『知識の社会史──知と情報はいかにして商品化したか』
ピーター・バーク著/井山弘幸・城戸淳訳 (Part:Joint Translation)
Aug 2004   
知の地平──大学におけるマルチリテラシーと応用倫理
栗原隆編 (Part:Joint Work, 城戸淳「情報化時代の読み書きのエチカ」(27~45頁))
東北大学出版会   Mar 2003   
共生のリテラシー──環境の哲学と倫理
加藤尚武編 (Part:Joint Work, 城戸淳「カント的な自由主義と地球環境の倫理」(98~110頁))
東北大学出版会   Mar 2001