境 毅

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 13:23
 
アバター
研究者氏名
境 毅
 
サカイ タケシ
所属
愛媛大学
部署
地球深部ダイナミクス研究センター
職名
講師
学位
博士(理学)(東北大学)
科研費研究者番号
90451616

研究分野

 
 

受賞

 
2017年9月
日本鉱物科学会 日本鉱物科学会研究奨励賞
 

論文

 
Sakai Takeshi, Yagi Takehiko, Irifune Tetsuo, Kadobayashi Hirokazu, Hirao Naohisa, Kunimoto Takehiro, Ohfuji Hiroaki, Kawaguchi-Imada Saori, Ohishi Yasuo, Tateno Shigehiko, Hirose Kei
HIGH PRESSURE RESEARCH   38(2) 107-119   2018年   [査読有り]
Liu Zhaodong, Nishi Masayuki, Ishii Takayuki, Fei Hongzhan, Miyajima Nobuyoshi, Ballaran Tiziana Boffa, Ohfuji Hiroaki, Sakai Takeshi, Wang Lin, Shcheka Svyatoslav, Arimoto Takeshi, Tange Yoshinori, Higo Yuji, Irifune Tetsuo, Katsura Tomoo
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH   122(10) 7775-7788   2017年10月   [査読有り]
Ohuchi Tomohiro, Lei Xinglin, Ohfuji Hiroaki, Higo Yuji, Tange Yoshinori, Sakai Takeshi, Fujino Kiyoshi, Irifune Tetsuo
NATURE GEOSCIENCE   10(10) 771-+   2017年10月   [査読有り]
Sakai Takeshi, Dekura Haruhiko, Hirao Naohisa
SCIENTIFIC REPORTS   6    2016年3月   [査読有り]
Sakai Takeshi, Yagi Takehiko, Ohfuji Hiroaki, Irifune Tetsuo, Ohishi Yasuo, Hirao Naohisa, Suzuki Yuya, Kuroda Yasushi, Asakawa Takayuki, Kanemura Takashi
REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS   86(3)    2015年3月   [査読有り]

Misc

 
境毅, 八木健彦, 門林宏和, 國本健広, 大藤弘明, 平尾直久, 河口沙織, 大石泰生, 入舩徹男, 入舩徹男
高圧討論会講演要旨集   58th 119   2017年10月
武田良介, 濱谷俊希, 中本有紀, 坂田雅文, 清水克哉, 境毅, 入舩徹男, 入舩徹男, 八木健彦, 河口沙織, 平尾直久, 大石泰生
高圧討論会講演要旨集   58th 71   2017年10月
大内智博, LEI Xinglin, 大藤弘明, 肥後祐司, 丹下慶範, 境毅, 藤野清志, 入舩徹男, 入舩徹男
高圧討論会講演要旨集   57th 45   2016年10月
境毅, 八木健彦, 門林宏和, 大藤弘明, 國本健広, 平尾直久, 大石泰生, 入舩徹男, 入舩徹男
高圧討論会講演要旨集   57th 145   2016年10月
境毅
高圧討論会講演要旨集   56th 37   2015年10月

競争的資金等の研究課題

 
極高圧条件における内部整合圧力スケール群の構築
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 境 毅
静的圧縮による1テラパスカル発生への挑戦
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 境 毅
マルチメガバール領域における基礎物性データの取得~地球からスーパーアースへ~
日本学術振興会: 若手研究(A)
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 境 毅
マルチメガバール領域での圧力スケールの確立と地球中心核像の再構築
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 境 毅
地球の核圧力条件下での鉄-軽元素系の融点の決定と温度構造モデルの構築
日本学術振興会: 若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 境 毅