村石 幸正

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/03 04:09
 
アバター
研究者氏名
村石 幸正
 
ムライシ ユキマサ
所属
中央大学
部署
理工学部
職名
特任教授
学位
修士(教育学)(東京学芸大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1978年4月
 - 
1979年3月
冨士ダイス株式会社
 
1979年4月
 - 
1981年3月
私立 正則高等学校 非常勤講師(物理)
 
1981年4月
 - 
2000年3月
東京大学教育学部附属高等学校 教諭(同 附属中学校 教諭 併任)
 
1998年4月
 - 
2008年3月
東京大学教育学部非常勤講師(理科教育)
 
2000年4月
 - 
2008年3月
東京大学教育学部附属中等教育学校 教諭(中等教育学校への改組による)
 

学歴

 
1970年4月
 - 
1973年3月
東京都立日比谷高等学校  
 
1973年4月
 - 
1978年3月
東京理科大学 理学部第一部 物理学科
 
1979年4月
 - 
1981年3月
東京理科大学 理学専攻科 物理学専攻
 
1996年4月
 - 
1998年3月
東京学芸大学 教育学研究科 学校教育専攻
 

委員歴

 
2019年4月
   
 
日本物理学会  物理教育委員会 委員
 

論文

 
教育相談での3人組による演習の試行
村石 幸正
教職課程年報   (第24) 6-9   2019年6月
教職課程の授業「教育相談と進路指導」における演習(ロールプレイ)の際、2人一組となって、生徒と教員の役割を演じることが一般的であるが、心理職の育成を目指す授業ではないため、学生は不慣れで、会話を続けていくことが精一杯で、ペアワーク後の振り返りの際の自己評価やペアの相手の評価(他者評価)の際に、客観的な自己評価や他者評価が難しい。
そこで、生徒役・先生役・観察者の3人組による演習を行わせ、観察者からの指摘による、冷静で客観的な評価をもとに、自己評価を行えるようになると共に、観察者も評価の観点...
Distinct Roles of Left Inferior Frontal Regions that Explain Individual Differences in Second Language Acquisition
Kuniyoshi L. Sakai・ほか7名
Human Brain Mapping   30(8) 2440-2452   2009年8月   [査読有り]
送電における変圧器の働きと仕組みの教材開発
本多満正・ほか5名
日本教科教育学会誌   28(3) 37-42   2005年12月   [査読有り]
縦断的な知能検査データの行動遺伝分析
豊田秀樹・中村健太郎・村石幸正
教育心理学研究   52(4) 392-401   2004年12月   [査読有り]
Correlated Functional Changes of the Prefrontal Cortex in Twins Induced by Classroom Education of Second Language
Kuniyoshi L. Sakai, Kunihiko Miura, Nobuko Narafu and Yukimasa Muraishi
Cerebral Cortex   14(11) 1233-1239   2004年11月   [査読有り]

Misc

 
授業で何を教えているのか改めて考えてみませんか
村石 幸正
物理教育   67(2) 97-99   2019年6月   [依頼有り]
日々の時間に流されがちな日常の授業であるが、それまで考えたこともなかった内容の教材を目にしたことで、自分が授業で何を教えているのかを改めて考えることができた経験の報告
教育相談と進路指導の融合した指導について -事例をもとに-
村石幸正
教育学論集   (第60集) 127-141   2018年3月
「教育相談と進路指導」の2つが融合した授業の工夫と実践
村石幸正
教職課程年報   (第22号) 11-14   2017年6月
論説:協働学習のすすめ
理科の教育   (通巻724) 25-27   2012年11月
論説:ニセ科学を信じる生徒への対応をどうする
理科教室   (通巻641) 34-37   2008年5月

書籍等出版物

 
文部科学省検定済教科書:物理新訂版
佐藤文隆・ほか16名 (担当:共著, 範囲:担当:3章4節「電磁誘導と電磁波」、探究活動)
実教出版   2018年1月   
文部科学省検定済教科書:高校物理基礎新訂版
佐藤文隆・ほか17名 (担当:共著, 範囲:担当:1章1節「運動の表し方」|rn|1章探究活動)
実教出版   2017年1月   
ふたごと教育
東京大学教育学部附属中等教育学校編著 佐々木司・ほか5名 (担当:共著, 範囲:担当:双生児の特徴と学力)
東京大学出版会   2013年5月   
文部科学省検定済教科書:物理
佐藤文隆・ほか12名 (担当:共著, 範囲:担当:4章「原子」|rn|5章「探究活動」)
実教出版   2013年1月   
科学と人間生活の基礎知識
右近修治・ほか8名 (担当:共著, 範囲:担当:3編「光や熱の科学(物理編)」)
実教出版   2012年1月   

講演・口頭発表等

 
中・高カリキュラムの連携
日本科学教育学会年会論文集 30/日本科学教育学会   2006年8月   
脳活動から調べた教育効果の測定と、分散分析による行動データの比較・検討
村石幸正・ほか9名
日本教育心理学会第46回総会/日本教育心理学会   2003年10月   
双生児の利き手について
田邉康夫、ほか8名
第16回日本双生児研究学会学術講演会 抄録集/日本双生児研究学会   2002年1月   
教育用線源としてのモナザイトの特性
菊池文誠・堀内公子・横田繁昭・村石幸正
第38回 理工学における同位元素・放射線研究発表会/日本アイソトープ協会   2001年7月   
東大附属の双生児研究
第15回日本双生児研究学会学術講演会/日本双生児研究学会   2001年1月   

担当経験のある科目

 
 

社会貢献活動

 
【講師】  日本物理学会・日本物理教育学会・国立科学博物館  2019年度 自然の不思議-物理教室  (国立科学博物館(上野本館))  2019年8月3日 - 2019年8月3日
スピーカーの原理を簡単に講義した後、エナメル線、磁石、下敷きで簡単なスピーカーを製作し、最後に、音を大きくする工夫など自由研究の題材となる話を紹介した。
【講師】  NPO法人 放射線教育フォーラム  令和元年度 放射線教育フォーラム 第1回勉強会  (東京慈恵医科大学)  2019年6月16日 - 2019年6月16日
教員養成の制度と現状について、解説した
高校生理科研究発表会(千葉大学) 審査委員
【その他】  千葉大学  高校生理科研究発表会  2018年9月 - 2018年9月
高校生を対象とした理数分野の自由研究発表会