髙味 良行

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/24 18:17
 
アバター
研究者氏名
髙味 良行
 
タカミ ヨシユキ
URL
https://www.fujita-hu.ac.jp/faculty/medicine/department/cardiovascular_surgery.html
所属
藤田医科大学
部署
医学部 心臓血管外科
職名
教授
学位
医学士(金沢大学), 医学博士(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年12月
 - 
現在
藤田医科大学医学部 心臓血管外科 教授
 
2016年1月
 - 
2017年11月
藤田保健衛生大学大学院 保健学研究科 教授
 
2013年6月
 - 
2015年12月
関西医科大学 胸部心臓血管外科 准教授
 
2006年9月
 - 
2013年5月
名古屋第二赤十字病院 心臓血管外科 副部長
 
1999年4月
 - 
2006年8月
春日井市民病院 心臓血管外科 医長
 

学歴

 
2000年6月
   
 
名古屋大学 医学博士  
 
1989年3月
   
 
金沢大学 医学部 医学科 卒業
 

委員歴

 
2019年6月
 - 
現在
関西胸部外科学会  評議員
 
2013年10月
 - 
現在
日本冠疾患学会  評議員
 
2000年5月
 - 
現在
日本人工臓器学会  評議員
 

論文

 
伊藤 敏明, 高木 靖, 平手 裕市, 高味 良行, 宮田 義彌, 石原 智嘉, 阿部 稔雄
人工臓器   22(3) 798-802   1993年
名古屋掖済会病院において1987年から1991年の4年間で84例に対しMedtronic-Hall弁を用い弁置換手術を行った。大動脈弁置換(AVR)29例、僧帽弁置換(MVR)40例、大動脈弁、僧帽弁置換(DVR)14例、肺動脈弁置換1例で平均年齢53才であった。手術死亡(病院死亡)は4例、AVR3例(10%)、DVR1例(7%)で83例(98.8%)の患者が追跡可能で平均追跡期間は33ヶ月であった。実測生存率は4年でAVR;76±10%、MVR;70±14%、DVR;93±7%、血栓塞栓...
高味 良行, 有木 弘, 宮田 義弥, 大宮 孝, 石原 智嘉, 伊藤 敏明
人工臓器   22(3) 785-788   1993年
大動脈弁置換術後65症例に連続波およびパルスドップラー心エコー法を施行し、大動脈弁位人工弁の評価法としての連続の式を用いた指標:有効弁口面積(EOA), Doppler velocity index(DVI=V 1max/V 2max), 大動脈弁狭窄率(aortic stenotic ratio(ASR)=EOA/LVOTA=V1 flow integral/V2 flow integral)の有用性について、Bernoulliの式を用いた圧較差(maxPG)と比較し検討した。(1) m...
伊藤 敏明, 澤崎 優, 高味 良行, 宮田 義彌, 有木 弘, 石原 智嘉
日本心臓血管外科学会雑誌   22(1) 54-57   1993年
肝臓の動静脈奇形 (AVM) はまれな疾患であり主に遺伝性出血性毛細血管拡張症に合併し, 国内では画像診断に関する報告を散見するのみである. 症例は69歳女性, 心不全を主訴に来院し肝の両葉に多発したAVMによる高拍出性心不全と診断された. 診断にはドップラー法を含めたエコー検査と血管造影, 心臓カテーテル検査が有効であった. 金属コイルによる肝動脈塞栓術を二回に分けて施行し心不全症状の改善をみた. 塞栓療法の方法につき検討し報告する.
高味 良行, 臼井 真人, 吉川 雅治, 平手 裕市, 宮田 義弥, 大宮 孝, 石原 智嘉
心臓   26(6) 591-597   1994年
冠動脈疾患の心機能評価では,収縮機能のみならず,拡張機能も対象としなければならない.今回我々は,CABGの前後で左室拡張機能がいかに変化するかを,CABG施行症例25例(男25例・女5例)にドップラー心エコー法を施行し,検討した.<BR>左室流入波形から,左室拡張機能の指標として1)E:拡張早期ピーク速度,2)A:心房収縮ピーク速度,3)E/A,4)Earea:拡張早期の時間流速積分値,5)A area:心房収縮期の時間流速積分値,6)E/Aarea:4)と5)の比,7)1/3TVI:時間...
Pump power loss and heat generation in a pivot bearing-supported Gyro centrifugal pump (C1E3).
Takami Y, Makinouchi K, Nakazawa T, Glueck J, Ohara Y, Benkowski R, Nosé Y.
Artif Organs   20(7) 794-797   1996年   [査読有り]
Effect of surface roughness on hemolysis in a centrifugal blood pump.
Takami Y, Makinouchi K, Nakazawa T, Glueck J, Benkowski R, Nosé Y.
ASAIO J   42(5) M858-M862   1996年5月   [査読有り]
Nakazawa T, Makinouchi K, Ohara Y, Ohtsubo S, Kawahito K, Tasai K, Shimono T, Benkowski R, Damm G, Takami Y, Glueck J, Noon GP, Nosé Y
Artificial organs   20(5) 485-490   1996年5月   [査読有り]
Safety margin of magnetic coupling distance in decoupling of a pivot bearing-supported Gyro centrifugal pump (C1E3).
Takami Y, Nakazawa T, Makinouchi K, Glueck J, Benkowski R, Nosé Y.
Artif Organs   20(7) 817-819   1996年7月   [査読有り]
Hemolytic characteristics of pivot bearing supported Gyro centrifugal pump (C1E3) in various clinical simulated conditions.
Takami Y, Makinouchi K, Nakazawa T, Glueck J, Ohara Y, Benkowski R, Nosé Y.
Artif Organs   20(9) 1042-1049   1996年9月   [査読有り]
Effect of surface roughness on hemolysis in a pivot bearing-supported Gyro centrifugal pump (C1E3).
Takami Y, Makinouchi K, Nakazawa T, Glueck J, Benkowski R, Nosé Y.
Artif Organs   20(11) 1155-1161   1996年11月   [査読有り]
Flow characteristics and required control algorithm of an implantable centrifugal left ventricular assist device.
Takami Y, Otsuka G, Mueller J, Ohashi Y, Tayama E, Schima H, Schmallegger H, Wolner E, Nosé Y.
Heart Vessels   12 92-97   1997年   [査読有り]
Material of the double pivot bearing system in a Gyro C1E3 centrifugal pump.
Takami Y, Makinouchi K, Nakazawa T, Benkowski R, Glueck J, Nosé Y.
Artif Organs   21(2) 143-147   1997年2月   [査読有り]
Mechanical white blood cell damage in rotary blood pumps.
Takami Y, Makinouchi K, Yamane S, Glueck J, Nosé Y.
Artif Organs   21(2) 138-142   1997年2月   [査読有り]
Biocompatibility of alumina ceramic and polyethylene as materials for pivot bearings of a centrifugal blood pump.
Takami Y, Nakazawa T, Makinochi K, Glueck J, Nosé Y.
J Biomed Mater Res   36(3) 381-386   1997年3月   [査読有り]
Eccentric inlet port of the pivot bearing-supported Gyro centrifugal pump.
Takami Y, Makinouchi K, Nakazawa T, Glueck J, Benkowski R, Nosé Y.
Artif Organs   21(4) 312-317   1997年4月   [査読有り]
Pre-clinical evaluation of the Kyocera Gyro centrifugal blood pump for cardiopulmonary bypass.
Takami Y, Ohara Y, Otsuka G, Nakazawa T, Nosé Y.
Perfusion   12(5) 335-341   1997年5月   [査読有り]
Hemolytic effects of surface roughness of a pump housing in a centrifugal blood pump.
Takami Y, Nakazawa T, Makinouchi K, Tayama E, Benkowski R, Glueck J, Nosé Y.
Artif Organs   21(5) 428-432   1997年5月   [査読有り]
Effects of surface roughness of an impeller on hemolysis in a centrifugal blood pump.
Takami Y, Nakazawa T, Makinouchi K, Tayama E, Benkowski R, Glueck J, Nosé Y.
Artif Organs   21(7) 686-690   1997年7月   [査読有り]
Mapping of pump efficiency on the pressure-flow curve of a centrifugal blood pump.
Takami Y, Nakazawa T, Makinouchi K, Glueck J, Benkowski R, Nosé Y.
Artif Organs   21(8) 953-957   1997年8月   [査読有り]
Anatomical consideration for an implantable centrifugal biventricular assist system.
Takami Y, Nakazawa T, Otsuka G, Tayama E, Ohashi Y, Niimi Y, Sueoka A, Schima H, Schmallegger H, Wolner E, Nosé Y.
Artif Organs   21(10) 1132-1136   1997年10月   [査読有り]
Quantitative approach to control spinning stability of the impeller in the pivot bearing-supported centrifugal pump.
Takami Y, Makinouchi K, Otsuka G, Nosé Y.
Artif Organs   21(12) 1292-1296   1997年12月   [査読有り]
Protein adsorption onto ceramic surfaces.
Takami Y, Yamane S, Makinouchi K, Ohtsuka G, Glueck J, Benkowski R, Nosé Y.
J Biomed Mater Res   40(1) 24-30   1998年1月   [査読有り]
Current progress in development of a totally impmplantable Gyro centrifugal artificial heart.
Takami Y, Ohtsuka G, Muelller J, Ebner M, Tayama E, Ohashi Y, Taylor D, Fernandes J, Schima H, Schmallegger H, Wolner E, Nosé Y.
ASAIO J   44(3) 207-211   1998年3月   [査読有り]
In vivo evaluation of the miniaturized Gyro centrifugal pump as an implantable ventricular assist device.
Takami Y, Ohtsuka G, Muelller J, Sugita Y, Nakata K, Tayama E, Ohashi Y, Schima H, Schmallegger H, Wolner E, Nosé Y.
Artif Organs   22(8) 713-720   1998年8月   [査読有り]
Evaluation of platelet adhesion and activation on materials for an implantable centrifugal blood pump.
Takami Y, Yamane S, Makinouchi K, Niimi Y, Sueoka A, Nosé Y.
Artif Organs   22(9) 753-758   1998年9月   [査読有り]
Partial maze procedure is effective treatment for chronic atrial fibrillation associated with valve disease.
Takami Y, Yasuura K, Takagi Y, Ohara Y, Watanabe T, Usi A, MasumotoH, Sakai Y, Teranishi K.
J Card Surg   14 103-108   1999年   [査読有り]
高味 良行, 大原 康壽, 高木 靖, 保浦 賢三, 棚木 隆志, 渡邊 孝, 碓氷 章彦
人工臓器   28(1) 55-58   1999年2月
IABPを要したCABG症例におけるU波とQT間隔分散 (QTD) の意義を明らかにするために, 30例 (男: 女=26: 4, 61.1±10.1歳, IABP57.7±37.9時間) の周術期心電図を検討した. 術前U波・QTDの出現率は, 術前IABP挿入13例で53.8%, 38.4%, 術中挿入17例で52.9%, 76.4%であり, 前より有意に減少し, CABG・IABP併用の心筋保護効果が示された. IABP抜去直後U波・QTDが非出現の10例全例で退院前心電図が術前と比...
高味 良行, 伊奈 博, 大場 泰洋, 矢野 孝
心臓   32(8) 654-658   2000年
症例は79歳,男性.心筋梗塞後の経過観察中腹部腫瘤を触知し腰痛を訴え,最大径60mmに及ぶ腹部大動脈瘤と診断された.術前精査にて冠動脈に左主幹部を含む高度狭窄病変,左基底核・前頭葉の脳梗塞,頭蓋内両側内頸動脈の狭窄を認めた.冠動脈バイパスと腹部大動脈瘤切除の同時手術の適応と考えられたが,脳血管障害の重大なリスクを伴うため,人工心肺を使用せず心拍動下で冠動脈バイパスを施行し,引き続き腹部大動脈瘤手術を行った.左冠動脈第一対角枝には左内胸動脈を,右冠動脈#3には右内胸動脈を左橈骨動脈にて延長し...
Resolution of perivalvular hematoma of the Freestyle stentless aortic root bioprosthesis implanted with a subcoronary technique.
Takami Y, Ina H.
Jpn J Thorac Cardiovasc Surg   49 675-678   2001年   [査読有り]
Relation of intra-operative flow measurement with post-operative quantitative angiographic assessment of coronary artery bypass grafting.
Takami Y, Ina H.
Ann Thorac Surg   72 1270-1274   2001年   [査読有り]
Morphological changes of the pivot bearings in the Gyro Pump C1E3 after clinical use.
Takami Y, Ina H, Ohara Y.
J Artif Organs   4 156-160   2001年   [査読有り]
高味 良行, 伊奈 博
日本冠疾患学会雑誌 = Journal of the Japanese Coronary Association   7(1) 32-34   2001年3月
A simple method to determine anastomotic quality of coronary artery bypass grafting in the operating room.
Takami Y, Ina H.
Cardiovasc Surg   9(5) 499-503   2001年5月   [査読有り]
The “mini-elephant trunk” technique of distal anastomosis in total arch replacement through a median sternotomyfor a distal aortic arch aneurysm.
Takami Y, Ina H.
Surg Today   31(6) 564-567   2001年6月   [査読有り]
Morphological inspection of 80 consecutive Gyro pumps after cardiopulmonary bypass.
Takami Y, Ina H.
J Artif Organs   5 97-101   2002年   [査読有り]
高味 良行
日本冠疾患学会雑誌 = Journal of the Japanese Coronary Association   8(1) 17-19   2002年3月
Takami Y, Ina H
The Annals of thoracic surgery   73(5) 1441-1445   2002年5月   [査読有り]
Takami Y, Ina H, Tanaka Y, Terasawa A
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   66(6) 610-612   2002年6月   [査読有り]
Mitral valve surgery in a patient with spinal progressive muscular atrophy: report of a case.
Takami Y, Ina H, Terasawa A, Nakao M
Surgery today   33(7) 521-524   2003年   [査読有り]
Takami Y, Ina H
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   67(2) 146-148   2003年2月   [査読有り]
Takami Y, Ina H
The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery : official publication of the Japanese Association for Thoracic Surgery = Nihon Kyobu Geka Gakkai zasshi   51(5) 205-207   2003年5月   [査読有り]
Takami Y, Ina H
Interactive cardiovascular and thoracic surgery   2(2) 156-159   2003年6月   [査読有り]
高味 良行, 伊奈 博
日本冠疾患学会雑誌 = Journal of the Japanese Coronary Association   9(2) 73-75   2003年6月
Takami Y, Ina H
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   68(4) 334-337   2004年4月   [査読有り]
Takami Y, Masumoto H
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   128(4) 629-631   2004年10月   [査読有り]
Takami Y, Masumoto H
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   129(5) 1195-1196   2005年5月   [査読有り]
Takami Y, Masumoto H
Asian cardiovascular & thoracic annals   13(3) 255-260   2005年9月   [査読有り]
高味 良行, 増本 弘, 大場 泰洋, 矢野 孝, 上田 裕一
日本心臓血管外科学会雑誌   34(5) 378-381   2005年9月
興味ある限局型胸腹部大動脈瘤の1例を呈示する.症例は60歳, 女性.高血圧・高脂血症で通院中, 嘔気を認め当院を受診し, 両側水腎症・後腹膜繊維症・炎症性腹部大動脈瘤・胸腹部大動脈瘤の診断で入院となった.両側尿管狭窄に対して両側尿管ステント留置を施行され, 腎機能の改善後ひき続いて胸腹部大動脈瘤の手術を施行した.右大腿動静脈からの部分体外循環下に胸腔内のみで大動脈を遮断, 末梢吻合を先行し瘤切除・人工血管置換を施行した.腹部大動脈周囲の炎症・繊維化は胸部まで及んでいなかった.後腹膜繊維症・...
高味 良行, 増本 弘
日本心臓血管外科学会雑誌   35(1) 5-9   2006年1月
簡便で信頼度・再現性が高いトランジットタイム法によるCABG術中グラフト血流分析において, 心電図信号を同期入力することにより血流量の収縮期成分(Qs)と拡張期成分(Qd)を同定し, 拡張期フィリング指数(DFI=100&lmoust;Qd/[&lmoust;|Qs|+&lmoust;|Qd|])が得られる.術中にMedi-Stim社製トランジットタイム血流量計で平均血流量(Qm)(ml/min)・拍動指数(PI)・機能不全率(INSUF)(%)・DFI (%)・F0/H1(血流曲線を高速...
Takami Y, Terasawa A
Asian cardiovascular & thoracic annals   14(2) 170-171   2006年4月   [査読有り]
Takami Y
Artificial organs   30(5) 371-376   2006年5月   [査読有り]
Takami Y, Masumoto H
Interactive cardiovascular and thoracic surgery   5(4) 383-386   2006年8月   [査読有り]
Takami Y, Masumoto H
The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery : official publication of the Japanese Association for Thoracic Surgery = Nihon Kyobu Geka Gakkai zasshi   54(11) 463-468   2006年11月   [査読有り]
大岩 成明, 宗方 夕, 中嶋 浩詞, 柴野 永利子, 東 秀一, 中川 尚, 鷲尾 享之, 山本 裕隆, 高味 良行, 増本 弘, 高橋 利通
体外循環技術   34(2) 99-102   2007年
体外循環における経皮的炭酸ガス分圧モニターSENTEC社デジタルモニターシステムを臨床使用した。体外循環を行った2症例の成人患者を対象とした。SENTECのプローブを右耳朶に装着した。術中、無作為に経皮的炭酸ガス分圧(tcPCO2)並びに左橈骨動脈、あるいは人工心肺回路からのPaCO2を同時測定し比較検討した。人工換気および体外循環中の相関係数はR=0.62(P<0.05)、回帰直線はY=1.02X-1.37で正の相関を認めた。しかし末梢組織での炭酸ガス換気応答を見るtcPCO2モニターは...
Left atrial myxosarcoma with previously detected intestinal metastasis.
Takami Y, Masumoto H, Terasawa A, Kanai M, Sugiura H
Texas Heart Institute journal   34(1) 122-125   2007年   [査読有り]
Takami Y, Masumoto H
The Annals of thoracic surgery   83(1) 120-125   2007年1月   [査読有り]
Takami Y, Masumoto H, Fyfe-Kirschner B
The Annals of thoracic surgery   83(6) 2210-2213   2007年6月   [査読有り]
増本 弘, 高味 良行
胸部外科   60(10) 935-937   2007年9月
Takami Y, Tajima K, Masumoto H
General thoracic and cardiovascular surgery   56(6) 281-287   2008年6月   [査読有り]
Takami Y, Masumoto H
The Annals of thoracic surgery   86(3) 823-827   2008年9月   [査読有り]
Takami Y, Masumoto H
Surgery today   39(4) 306-309   2009年   [査読有り]
Takami Y, Tajima K, Terazawa S, Okada N, Fujii K, Sakai Y
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   137(4) 875-880   2009年4月   [査読有り]
Takami Y, Tajima K, Terazawa S, Okada N, Fujii K, Sakai Y
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   138(3) 669-673   2009年9月   [査読有り]
Takami Y, Tajima K, Okada N, Fujii K, Sakai Y, Hibino M, Munakata H
The Annals of thoracic surgery   88(5) 1515-1519   2009年11月   [査読有り]
高味 良行, 田嶋 一喜, 宗像 寿祥, 日尾野 誠, 藤井 恵, 岡田 典隆, 酒井 喜正
日本心臓血管外科学会雑誌   39(3) 105-110   2010年
癒着による様々なリスクが伴う心臓大血管再手術に対する当院の戦略・術中損傷・合併症・治療成績について検証した.2003年1月から2008年12月までに再手術を施行した52名(男性36名,62±14歳,全成人手術患者の4.5%)を対象とした.先行手術から再手術までは10.1±9.3年であった.内訳は,感染症10例,弁手術後16例,冠動脈バイパス術後9例,Marfan症候群3例,大動脈手術後7例,先天性手術後4例,その他3例であった.前回と同一部位手術は34例(65%),開胸前大腿動静脈露出40...
Tanaka K, Tajima K, Takami Y, Okada N, Terazawa S, Usui A, Ueda Y
The Annals of thoracic surgery   89(1) 65-70   2010年1月   [査読有り]
岡田 典隆, 田嶋 一喜, 高味 良行, 藤井 恵, 日尾野 誠, 宗像 寿祥
日本冠疾患学会雑誌 = Journal of the Japanese Coronary Association   16(2) 113-117   2010年6月
高味 良行, 田嶋 一喜
日本冠疾患学会雑誌 = Journal of the Japanese Coronary Association   17(3) 196-203   2011年10月
Takami Y, Tajima K, Kato W, Fujii K, Hibino M, Munakata H, Uchida K, Sakai Y
Interactive cardiovascular and thoracic surgery   14(5) 529-531   2012年5月   [査読有り]
Terazawa S, Tajima K, Takami Y, Tanaka K, Okada N, Usui A, Ueda Y
Journal of cardiac surgery   27(3) 281-287   2012年5月   [査読有り]
Takami Y, Tajima K, Kato W, Fujii K, Hibino M, Munakata H, Uchida K, Sakai Y
Clinical cardiology   35(8) 500-504   2012年8月   [査読有り]
Takami Y, Tajima K, Kato W, Fujii K, Hibino M, Munakata H, Sakai Y
The Annals of thoracic surgery   94(6) 1940-1945   2012年12月   [査読有り]
日尾野 誠, 田嶋 一喜, 高味 良行, 内田 健一郎, 藤井 恵, 岡田 典隆, 加藤 亙, 酒井 善正
日本心臓血管外科学会雑誌   42(1) 54-58   2013年
症例は60歳,男性.2型糖尿病,高度肥満(身長170 cm,体重160 kg,BMI 55)の既往があり,右冠動脈(RCA)の急性血栓閉塞による急性下壁心筋梗塞で入院した.同時に三枝病変を認め,内科的管理を行った後に冠動脈バイパス手術(CABG)が予定された.心不全,肺炎のため気管内挿管され人工呼吸管理となったが,肥満低換気症候群のため人工呼吸器離脱が困難となり,気管切開施行された.全身状態の改善が得られた,1年2カ月の入院治療後に手術施行となった.体重は107.5 kg,BMI 37.2...
高味 良行
日本冠疾患学会雑誌   20(2) 159-163   2014年
高味 良行
日本冠疾患学会雑誌   20(2) 153-158   2014年
Takami Y, Tajima K, Kato W, Fujii K, Hibino M, Munakata H, Sakai Y
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   147(1) 259-263   2014年1月   [査読有り]
Takami Y, Tajima K, Kato W, Fujii K, Hibino M, Munakata H, Sakai Y
The Journal of thoracic and cardiovascular surgery   147(2) 619-624   2014年2月   [査読有り]
Okada N, Tajima K, Takami Y, Kato W, Fujii K, Hibino M, Munakata H, Sakai Y, Hirakawa A, Usui A
The Annals of thoracic surgery   99(5) 1524-1531   2015年5月   [査読有り]
Matsumura K, Matsumoto H, Hata Y, Ueyama T, Kinoshita T, Kuwauchi S, Takami Y, Kawazoe K, Shiojima I
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(1) 55-58   2016年   [査読有り]
Takami Y, Tajima K
Heart and vessels   31(2) 183-188   2016年2月   [査読有り]
Tochii M, Takami Y, Hattori K, Ishikawa H, Ishida M, Higuchi Y, Takagi Y
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   80(12) 2468-2472   2016年11月   [査読有り]
Higuchi Y, Tochii M, Takami Y, Kobayashi A, Yanagisawa T, Amano K, Sakurai Y, Ishida M, Ishikawa H, Hattori K, Takagi Y
Annals of vascular diseases   10(1) 54-58   2017年3月   [査読有り]
Takami Y, Hoshino N, Kato Y, Sakurai Y, Amano K, Higuchi Y, Tochii M, Ishida M, Ishikawa H, Takagi Y, Ozaki Y
The International journal of artificial organs   41(7) 413-417   2018年7月   [査読有り]
Tochii M, Muramatsu T, Amano K, Ishikawa M, Hoshino N, Miyagi M, Yamada A, Takami Y, Ozaki Y, Takagi Y
The Annals of thoracic surgery   106(2) e53-e55   2018年8月   [査読有り]
Takami Y, Takagi Y
The Thoracic and cardiovascular surgeon   66(6) 426-433   2018年9月   [査読有り]
Tochii M, Takami Y, Ishikawa H, Ishida M, Higuchi Y, Sakurai Y, Amano K, Takagi Y
Heart and vessels   34(2) 307-315   2019年2月   [査読有り]

Misc

 
高味 良行, 木下 竜臣, 桑内 慎太郎, 川副 浩平, 田嶋 一喜
日本外科学会雑誌   115(2)    2014年3月
高味 良行, 内田 健一郎, 宗像 寿祥, 日尾野 誠, 藤井 恵, 加藤 亙, 酒井 喜正, 田嶋 一喜
日本外科学会雑誌   113(2)    2012年3月
高味 良行, 内田 健一郎, 宗像 寿祥, 日尾野 誠, 藤井 恵, 岡田 典隆, 加藤 亙, 酒井 喜正, 田嶋 一喜
日本外科学会雑誌   112(1)    2011年5月
寺澤 幸枝, 田嶋 一喜, 宗像 寿祥, 日尾野 誠, 藤井 恵, 岡田 典隆, 高味 良行, 酒井 喜正, 井尾 昭典
日本外科学会雑誌   110(2)    2009年2月
高味 良行, 田嶋 一喜, 酒井 喜正, 寺澤 幸枝, 岡田 典隆, 藤井 恵, 日尾野 誠, 宗像 寿祥
日本外科学会雑誌   110(2)    2009年2月
臼井 真人, 田嶋 一喜, 田中 啓介, 寺澤 幸枝, 岡田 典隆, 高味 良行, 酒井 喜正
日本心臓血管外科学会雑誌   38(4) 289-292   2009年
症例は39歳女性で,CT検査によって遠位弓部大動脈の形態異常を指摘されたため紹介された.患者は無症状で感染症および外傷の既往を認めなかった.3D-CT検査の結果,左鎖骨下動脈起始部を含めた特異な形の大動脈瘤と判明した.瘤の最大径は5 cmで患者年齢を考慮し早期手術を施行した.手術は左第4肋間開胸,FF部分体外循環下に,左総頸動脈直後と下行大動脈との単純遮断にて,大動脈峡部を20 mm,鎖骨下動脈を8 mmのダクロングラフトで置換した.本症例は,原始大動脈弓の発生異常によって生じる背側大動脈...
高味 良行, 田嶋 一喜, 岡田 典隆, 吉岡 輝昌, 寺澤 幸枝, 田中 啓介, 酒井 喜正, 井尾 昭典
日本外科学会雑誌   109(2)    2008年4月
高味 良行, 田嶋 一喜, 岡田 典隆, 吉岡 輝昌, 寺澤 幸枝, 田中 啓介, 酒井 喜正, 井尾 昭典, 山本 崇之, 平山 治雄
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   72(0)    2008年4月
高味 良行, 田嶋 一喜, 岡田 典隆, 寺澤 幸枝, 田中 啓介, 臼井 真人, 酒井 喜正, 井尾 昭典
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71(0)    2007年10月
高味 良行, 増本 弘, 近藤 圭太, 寺沢 彰浩
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71(0)    2007年4月
高味 良行, 増本 弘, 寺沢 彰浩, 田近 徹
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   70(0)    2006年10月
高味 良行, 増本 弘
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   70(0)    2006年4月
高味 良行, 増本 弘, 神野 洋彰
日本外科学会雑誌   107(2)    2006年3月
市場 晋吾, 西中 知博, 高味 良行, 西塔 毅, 井上 将, 大畑 俊裕
人工臓器   35(2) S150-S151   2006年
高味 良行, 増本 弘, 寺沢 彰浩, 杉野 茂生, 杉浦 浩, 碓氷 章彦
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   69(0)    2005年10月
田山 栄基, 笹山 幸治, 椎谷 紀彦, 岡本 竹司, 高味 良行, 開 正宏, 鹿島 裕
人工臓器   34(2) s166-s169   2005年
篠田 典宏, 寺沢 彰浩, 松下 悦史, 竹内 豊生, 杉野 茂生, 内田 一生, 近藤 恵太, 三輪 新, 高味 良行, 増本 弘
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   68(0)    2004年10月
高味 良行, 増本 弘, 寺沢 彰浩
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   68(0)    2004年10月
高味 良行, 大場 泰洋, 矢野 孝, 上田 裕一
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   68(0)    2004年4月
高味 良行, 増本 弘
日本外科学会雑誌   105(0)    2004年3月
前原 正明, 山崎 真敬, 添田 雅生, 和久井 真司, 椎谷 紀彦, 高味 良行, 佐賀 俊彦, 佐藤 浩一, 上平 聡
人工臓器   33(2) s206-s209   2004年
高味 良行, 伊奈 博, 大場 泰洋, 矢野 孝
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   67(0)    2003年10月
高味 良行, 伊奈 博, 上田 裕一
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   67(0)    2003年4月
三田村 好矩, 舟久保 昭夫, 榛沢 和彦, 井上 竜久, 高味 良行, 松尾 光則, 山本 真也, 流郷 昌裕, 徳永 滋彦
人工臓器   32(2) s110-s113   2003年
杉野 茂生, 寺沢 彰浩, 田中 幸明, 内田 一生, 近藤 圭太, 河田 東, 三輪 新, 高味 良行, 大場 泰洋, 伊奈 博
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   66(0)    2002年10月
高味 良行, 伊奈 博, 内田 一生
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   66(0)    2002年10月
高味 良行, 伊奈 博
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   66(0)    2002年10月
高味 良行
人工臓器   31(1)    2002年6月
高味 良行, 伊奈 博, 寺沢 彰浩, 中尾 正英
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   66(0)    2002年4月
高味 良行, 伊奈 博
日本外科学会雑誌   103(0)    2002年3月
北村 昌也, 高味 良行, 堀 辰之, 林 叔隆, 藤田 真敬, 中村 貴行
人工臓器   31(2) s152-s154   2002年
高味 良行, 伊奈 博, 近藤 圭太, 寺沢 彰浩, 加藤 武志
Japanese circulation journal   65(0)    2001年10月
高味 良行, 伊奈 博, 寺沢 彰造
Japanese circulation journal   65(0)    2001年4月
高味 良行, 伊奈 博
日本外科学会雑誌   102(0)    2001年3月
佐野 哲郎, 高味 良行, 田口 眞一, 多賀 一郎, 小西 宏明, 長谷川 武生, 田辺 貞雄, 下笠 賢二, 小堀 深, 佐藤 浩一, 山田 哲也, 押川 満雄, 岩田 英城, 金 賢一, 西田 博, 櫻井 一, 渡邉 文亮
人工臓器   30(2) s64-s72   2001年
高味 良行, 伊奈 博, 寺沢 彰浩, 立松 康
Japanese circulation journal   64(0)    2000年10月
高味 良行, 伊奈 博, 大場 泰洋, 矢野 孝
Japanese circulation journal   64(0)    2000年10月
高味 良行, 伊奈 博, 大場 泰洋, 矢野 孝
Japanese circulation journal   64(0)    2000年4月
上田 裕一, 河野 康治, 尾原 博一, 成田 裕司, 又吉 徹, 高味 良行, 高木 睦
人工臓器   29(3) s98-s100   2000年
高味 良行, 大原 康壽, 吉川 雅治, Nose Yukihiko
日本外科学会雑誌   100(0)    1999年2月
保浦 賢三, 高木 靖, 大原 康壽, 増本 弘, 高味 良行, 下村 毅(
日本外科学会雑誌   100(0)    1999年2月
高木 靖, 保浦 賢三, 臼井 真人, 高味 良行, 大原 康壽, 増本 弘, 下村 毅, 柵木 隆志, 渡邊 孝
日本外科学会雑誌   100(0)    1999年2月
酒井 喜正, 渡辺 孝, 高木 靖, 城田 和明, 下村 毅, 山田 勝雄, 宋 敏鎬, 高味 良行, 寺西 克仁, 増本 弘, 大原 康寿, 碓氷 章彦, 棚木 隆志, 保浦 賢三
日本小児外科学会雑誌   34(3)    1998年5月
酒井 喜正, 渡辺 孝, 山田 勝雄, 石川 義登, 稲垣 英一郎, 竹中 拡晴, 城田 和明, 下村 毅, 宋 敏鎬, 高味 良行, 寺西 克仁, 大原 康寿, 高木 靖, 碓氷 章彦, 柵木 隆志, 保浦 賢三, 村瀬 允也
日本外科学会雑誌   99(0)    1998年3月
田中 茂夫, 高味 良行, 秦 光賢, 冨澤 康子, 中谷 武嗣, 吉田 圭子, 岡村 達
人工臓器   27(4) S136-S138   1998年
市川 誠二, 臼井 真人, 吉川 雅治, 高味 良行, 平手 裕市, 大宮 孝, 宮田 義彌, 石原 智嘉
Japanese circulation journal   59(0)    1995年6月
有木 弘, 阿部 稔雄, 石原 智嘉, 宮田 義弥, 大宮 孝, 高味 良行
Japanese circulation journal   59(0)    1995年6月
平手 裕市, 石原 智嘉, 宮田 義弥, 大宮 孝, 高味 良行, 吉川 雅治, 臼井 真人, 市川 誠二, 安田 年伸
Japanese circulation journal   59(0)    1995年6月
臼井 真人, 石原 智嘉, 宮田 義弥, 大宮 孝, 平手 裕市, 高味 良行, 吉川 雅治, 市川 誠二, 安田 年伸
Japanese circulation journal   59(0)    1995年6月
平手 裕市, 石原 智嘉, 宮田 義弥, 大宮 孝, 高味 良行, 吉川 雅治, 臼井 真人, 市川 誠二, 安田 年伸
Japanese circulation journal   59(0)    1995年6月
臼井 真人, 大宮 孝, 吉川 雅治, 高味 良行, 有木 弘, 宮田 義弥, 石原 智喜, 伊藤 敏明
Japanese circulation journal   57(0)    1993年8月
吉川 雅治, 臼井 真人, 高味 良行, 有木 弘, 大宮 孝, 宮田 義弥, 石原 智嘉, 伊藤 敏明
Japanese circulation journal   57(0)    1993年8月
高味 良行, 石原 智嘉, 大宮 孝, 宮田 義弥, 伊藤 敏明, 有木 弘
Japanese circulation journal   56(0)    1992年7月

書籍等出版物

 
最新人工心肺[第5版]―理論と実際― 
髙味 良行 (担当:分担執筆, 範囲:「第2章 血液ポンプ」「第18章 体外循環をめぐる諸問題とその対策」 )
名古屋大学出版社    2017年4月   

担当経験のある科目

 
 

特許

 
特開平 9-47506 : 血液ポンプ
髙味 良行
特開平 11-244376 : 血液ポンプ
髙味 良行
特開2005-28156 : 血液ポンプ
髙味 良行

その他

 
2019年1月   植込型補助人工心臓実施医
19010号
2010年12月   心臓血管外科専門医認定機構 修練指導者 (10-354)
2008年12月   日本外科学会 指導医 (S008338)
2005年3月   日本循環器学会 循環器専門医 (14980)
2003年12月   心臓血管外科専門医 (5100743)