Hasuike Akira

J-GLOBAL         Last updated: Jan 10, 2020 at 03:09
 
Avatar
Name
Hasuike Akira
Affiliation
Nihon University
Section
School of Dentistry, Department of Dentistry
Job title
Assistant Professor
Research funding number
60636413
ORCID ID
0000-0001-5150-2076

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2016
   
 
助教, 歯学部, 日本大学
 

Education

 
Apr 2001
 - 
Mar 2007
歯学部 歯学科, 日本大学
 
Apr 2008
 - 
Mar 2012
歯学専攻, 歯学研究科, 日本大学
 

Published Papers

 
Akira Hasuike, Daisuke Ueno, Hidekazu Nagashima, Tatsuya Kubota, Naoya Tsukune, Norihisa Watanabe, Shuichi Sato
Journal of Periodontal Research      Jan 2019   [Refereed]
Pedicle periosteum as a barrier for guided bone regeneration in the rabbit frontal bone
AKIRA HASUIKE, HISASHI UJIIE, MOTOKI SENOO, MITSUAKI FURUHATA , MAMORU KISHIDA, HIDEYASU AKUTAGAWA, SHUICHI SATO
in vivo   33(3) 717-722   May 2019   [Refereed]
Daisuke Ueno, Noriko Banba, Akira Hasuike, Kazuhiko Ueda, Toshiro Kodama
Journal of Oral Implantology      Feb 2019   [Refereed]
Kubota T, Hasuike A, Tsukune N, Ozawa Y, Yamamoto T, Min S, Naito M, Sato S
European Journal of Oral Sciences   126(3) 206-214   Apr 2018   [Refereed]
Kubota T, Hasuike A, Naito M, Sato S
The International Journal of Oral & Maxillofacial Implants   33(5) 1003-1010   Sep 2018   [Refereed]

Misc

 
インプラント清掃器具の清掃効果
蓮池 聡、萩原 芳幸
Quintessence DENTAL Implantology   21(5) 88-95   2014
審美領域での抜歯後即時埋入においてインプラント形状が回転防止に与える影響
蓮池 聡、萩原 芳幸
Quintessence DENTAL Implantology   22(5) 122-124   2015
インプラント補綴におけるセメント固定法が余剰セメント量ならびに上部構造保持力に及ぼす影響について
蓮池 聡、萩原 芳幸
Quintessence DENTAL Implantology   22(2) 130-133   2015
臼歯部において隣接歯の位置を基準としたインプラント埋入深さがインプラント周囲辺縁骨吸収に及ぼす影響:後ろ向き研究.
蓮池 聡、萩原 芳幸
Quintessence DENTAL Implantology   22(6) 120-123   2015
インプラント周囲炎罹患組織における歯科用セメント成分の同定
蓮池 聡、萩原 芳幸
Quintessence DENTAL Implantology   23(1) 123-125   2016

Books etc

 
クインテッセンス出版   Jun 2015   
「論文引用すればEBM」「RCTを押さえておけばバッチリ」──その考えかたはすでに時代おくれです。Guyattが1991年に提唱して以来、EBMは研究デザイン中心主義からアウトカム中心主義に大きく舵を切っています。本書は現在のEBMの潮流を整理するとともに、GRADEアプローチ時代の臨床論文の読みかたの基礎を解説。EBM実践の第一歩として、あなたの理解を助けます。
水上哲也/長谷川嘉昭 / 相田 潤/天野敦雄/岩山智明/小濱忠一/杉 政和/高橋 啓/髙橋 聡/内藤 徹/蓮池 聡/福島正義/藤木省三/村上伸也 (Part:Joint Work, 「論文はすべて正しい」という思い込みからの脱却)
インターアクション株式会社   Dec 2018   ISBN:978-4-909066-13-8
中山書店   Jul 2018   ISBN:978-4-521-73908-3
ペリオのための重要16キーワード ベスト320論文 臨床編
クインテッセンス出版株式会社   Sep 2015   

Conference Activities & Talks

 
自家骨移植と吸収性コラーゲンメンブレンを用いて GTR 法を行なった一症例
蓮池 聡、佐藤 秀一
日本歯周病学会60周年記念京都大会   17 Dec 2017   
Effects of the Intermittent Administration of PTH on Guided Bone Augmentation in the Calvarium of Ovariectomized Rat
Hasuike A, Kubota T, Katsuyoshi T, Masako N, Sato S.
27th annual scientific meeting of the european association for osseointegration   5 Oct 2017   
Regenerative ability of augmented bone in rat calvarial guided bone augmentation model
Akira Hasuike, Tatsuya Kubota, Hidekazu Nagashima, Takanobu Yamamoto, Katsuyoshi Tsunori, Shuichi Sato
NATIONAL SYMPOSIUM OSTEOLOGY JAPAN   3 Jun 2017   
ラット GBA モデルにおいて増生した新生組織の移植骨としての効果
津徳亮成, 蓮池 聡, 山田 豊, 久保田達也, 沼崎 光, 佐藤秀一
日本歯科保存学会 春季学術大会(第 144 回)    2016   
ラット頭頂骨の骨増生に対する骨粗鬆症の影響
久保田 達也, 築根 直哉, 津徳 亮成, 蓮池 聡, 福田 武志, 小嶋 太郎 ,吉沼 直人, 菅野 直之, 新井 嘉則, 佐藤 秀一
第59回春季日本歯周病学会学術大会   2016   

Research Grants & Projects

 
インプラント周囲炎に対するプロバイオティクス・アプローチの確立
Project Year: Apr 2019 - Mar 2021
チタンメンブレンのミクロ穿通孔がラット頭頂骨実験的骨増生に及ぼす影響
Project Year: Apr 2019 - Mar 2020
チタン微小顆粒がマクロファージの分極化に及ぼす影響
Project Year: Apr 2017 - Mar 2018
チタン顆粒オステオライシスによるインプラント周囲骨吸収メカニズムの解析
Project Year: Apr 2016 - Mar 2018