KUME Yoriko

J-GLOBAL         Last updated: Oct 2, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
KUME Yoriko
Affiliation
Nihon University
Section
College of Humanities and Sciences, Department of Japanese Language and Literature
Job title
Professor
Other affiliation
Nihon University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1989
 - 
Mar 2016
専任講師から教授, 短期大学国語国文学科、社会学部メディア表現学科、人間学部子ども学科, 目白大学
 

Education

 
 
 - 
1981
国文, 文学部, 日本女子大学
 
 
 - 
1981
Faculty of Literature, Japan Women's University
 
 
 - 
1986
日本文学, 文学研究科, 日本女子大学
 
 
 - 
1986
Graduate School, Division of Letters, Japan Women's University
 
 
   
 
日本女子大学文学研究科博士課程修了
 

Awards & Honors

 
Nov 2013
『「少女小説」の生成 ジェンダー・ポリティクスの世紀』(青弓社), 第37回 日本児童文学学会特別賞, 日本児童文学学会
 

Published Papers

 
殖民地ハルピンと女性の表象ー佐多稲子宛て上田家の書簡から
久米依子
『日本近代文学館年誌』14号    (14) 18-30   Mar 2019   [Invited]
クイア・セクシュアリティを読むことの可能性――谷崎潤一郎「秘密」から江戸川乱歩「屋根裏の散歩者」へ
久米依子
『昭和文学研究』第77集      Sep 2018
大正期少女雑誌から婦人雑誌への位相――伊東英子の軌跡を視座として――――
久米依子
『国語と国文学』 第94巻第5号(特集・近代のメディア――雑誌と文学――)   94(5) 18-33   May 2017   [Refereed][Invited]
大正期の少女雑誌の少女小説で先鋭的表現を示して人気を博した伊東英子が、一般文芸誌に移るとその作風が十分に展開しなかった点を取り上げ、女性作家に強いられる意識の屈折や、雑誌という環境などについて考察した。
少年少女雑誌がつくる近代――尾崎翠の新発見少女小説に触れながら
久米依子
『日本近代文学館年誌』11号      Mar 2016   [Invited]
少女小説を編む―――『少女小説事典』編纂の記録」
久米依子
『昭和文学研究』第73集   188-190   Sep 2016   [Invited]
『少女小説事典』の企画から編集、刊行までの記録。

Misc

 
尾崎翠の全集未収録少女小説「郵便箱」について
久米依子
『日本近代文学館館報』第265号      May 2015
空の想像力へ――そして床下のアリエッティ
天空のミステリー      Jan 2012
「出会う」ことの期待と困難――大会二日目印象記――
『日本文学』   682(4月)    Apr 2010
馴致されるセクシュアリティ――モダニズム期前後の少女雑誌と〈交通〉
日本文学   (677)    2009
平成4年~平成7年
国文学 解釈と鑑賞別冊 編年体 近代女性文学史   250~257頁    2005

Books etc

 
「少女小説」の生成  ジェンダー・ポリティスクの世紀
久米依子
青弓社   Jun 2013   
少女小説事典
岩淵宏子・菅聡子・久米依子・長谷川啓編 (Part:Joint Editor, 解説と56項目)
東京堂出版   Mar 2015   
ライトノベル・スタディーズ
一柳廣孝・久米依子共編 (Part:Joint Editor, 共編と「トラブルとしてのセクシュアリティ」「おわりに」)
青弓社   Oct 2013   
ライトノベル研究序説
一柳廣孝・久米依子共編 (Part:Joint Editor, 共編と「ジェンダー・少年少女の出会いとその陥穽」「おわりに」)
青弓社   Apr 2009   
コレクション・モダン都市文化第4期 第70巻 職業婦人
久米依子編 (Part:Editor, 編者)
ゆまに書房   Sep 2011   

Conference Activities & Talks

 
『平成』の新ジャンル「ライトノベル」とは何か――ライトノベルの魅力を考える―― [Invited]
久米依子
さいたま文学館 アフターファイブ文学講座   18 Jul 2019   さいたま文学館
平成時代にジャンルを確立したライトノベルについて、生成の経緯、代表作、キャラクター小説性、メディアミックス効果などを解説し、国際的に認められつつあるジャンルの発展を考察した。
The Diversity of Sexuality Expressions in WWII Boy and Girl Novels and Modern Light Novels
久米依子
Japanese Studies Association of Australia (JSAA)conference   4 Jul 2019   Japanese Studies Association of Australia (JSAA)
日本の青少年向け小説には、第二次大戦前から、異性愛の代替として異性愛以外の性表象が描かれた。昨今のライトノベルでも、トランスジェンダー的な登場人物が描かれる場合があり、これも日本の青少年が束縛されている性の規範を超えるための表現と考えられる。
国際シンポジウム「〈帝国〉日本をめぐる少女文化」ディスカッサント [Invited]
濱田麻矢(神戸大学)韓承美(延世大学)飯田祐子(名古屋大学)洪郁如氏(一橋大学)久米依子(日本大学)
名古屋大学大学院人文研究科主催   8 Mar 2019   星野幸代(名古屋大学教授)
フイチンさんと三つのハルピン――植民地のリプレゼンテーション  佐多稲子・上田としこ・村上もとか―
久米依子
日本大学文理学部人文科学研究所総合研究研究会   9 Nov 2017   
講座 資料は語るフイチンさんの引き揚げ体験スケッチ――上田としこから佐多稲子へ
久米依子
講座 資料は語る   21 Oct 2017   日本近代文学館

Research Grants & Projects

 
日本児童文学
日本近代文学についての研究

Social Contribution

 
『平成』の新ジャンル「ライトノベル」とは何か――ライトノベルの魅力を考える――
[Lecturer]  さいたま文学館  アフターファイブ文学講座  (さいたま文学館)  18 Jul 2019 - 8 Aug 2019
平成時代にジャンルを確立したライトノベルについて、生成の経緯、代表作、キャラクター小説性、メディアミックス効果などを解説し、国際的に認められつつあるジャンルの発展を考察した。