下田 佳央莉

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/01 16:50
 
アバター
研究者氏名
下田 佳央莉
 
シモダ カオリ
eメール
kaorisgunma-u.ac.jp
所属
群馬大学
部署
大学院保健学研究科 リハビリテーション学領域
職名
助教
学位
博士 (保健学)(群馬大学)
科研費研究者番号
90763186

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
群馬大学  大学院保健学研究科リハビリテーション学 助教
 
2016年4月
 - 
現在
介護老人保健施設 創春館 リハビリテーション 作業療法士
 
2015年4月
 - 
2017年3月
群馬県立がんセンター リハビリテーション課 作業療法士
 
2015年4月
 - 
2016年3月
群馬大学  研究活動支援者
 
2013年4月
 - 
2015年3月
医療法人 富士たちばなクリニック 通所リハビリテーション 作業療法士
 

学歴

 
2012年4月
 - 
2015年3月
群馬大学 大学院保健学研究科 博士後期課程
 
2010年4月
 - 
2012年3月
群馬大学 大学院保健学研究科 博士前期課程
 
2006年4月
 - 
2010年3月
群馬大学 医学部 保健学科
 

受賞

 
2015年3月
群馬大学 平成26年度 学長表彰
 

論文

 
群馬大学版Reading Span Testの作成と妥当性の検討
土屋 謙仕,山谷 礼輝,下田 佳央莉,外里 冨佐江
ぐんま作業療法研究   20 17-21   2018年8月   [査読有り]
肺がん患者が自宅復帰に至るまでの心理的適応
下田 佳央莉,外里 冨佐江,山谷 礼輝,土屋 謙仕,辻 哲也
ぐんま作業療法研究   20 23-28   2018年8月   [査読有り]
Tsuchiya, Kenji; Mitsui, Shinichi; Fukuyama, Ryuji; Yamaya, Noriki; Fujita, Takaaki; Shimoda, Kaori; Tozato, Fusae
NEUROPSYCHIATRIC DISEASE AND TREATMENT   14 61-72   2017年10月   [査読有り]
A Journey about Fruitful Learning : The Eighth U.S. Study Tour for the Gunma University's Physical and Occupational Therapy Students
Kururi, Nana; Shimoda, Kaori
群馬保健学研究   38 159-162   2017年4月   [査読有り]
Miyawaki, Toshiyuki; Kumamoto, Keigo; Shimoda, Kaori; Tozato, Fusae; Iwaya, Tsutomu
JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   22(2) 339-344   2017年3月   [査読有り]
Tsuchiya, Kenji; Fujita, Takaaki; Sato, Daisuke, Midorikawa, Manabu; Makiyama, Yasushi; Shimoda, Kaori; Tozato, Fusae
JOURNAL OF PHYSISICAL THERAPY SCIENCE   28(8) 2253-2259   2016年8月   [査読有り]
音楽活動習慣と音楽聴取時の前頭葉における脳血流の関連
勝山 しおり,橋本 藍,下田 佳央莉,今西 里佳,外里 冨佐江
ぐんま作業療法研究   18 3-9.   2015年12月   [査読有り]
北澤 一樹,勝山 しおり,新井 美紀,大瀧 瑞穂,長谷川 拓実,下田 佳央莉,外里 冨佐江
北関東医学   65(3) 221-227   2015年8月   [査読有り]
Shimoda, Kaori; Moriguchi, Yoshiya; Tsuchiya, Kenji; Katsuyama, Shiori; Tozato, Fusae
NEURAL PLASTICITY   269120   2014年11月   [査読有り]
加藤 由里,李 範爽,土屋 謙仕,下田 佳央莉,勝山 しおり,外里 冨佐江
北関東医学   64(2) 197-203   2014年5月   [査読有り]
Preferred PaceとSlow Paceでタッピング課題を行う時の前頭前野の活動 : 機能的近赤外分光法(fNIRS)を用いて
下田 佳央莉,勝山 しおり,土屋 謙仕,李 範爽,外里 冨佐江
ぐんま作業療法研究   16 3-11.   2014年3月
回復期リハビリテーション病棟における脳卒中後抑うつ状態がADLの改善に与える影響とリハビリテーション内容の検討
土屋 謙仕,佐藤 大介,勝山 しおり,下田 佳央莉,外里 冨佐江
ぐんま作業療法研究   16 19-25   2014年3月   [査読有り]
原 大地,山口 俊輔,下田 佳央莉,勝山 しおり,増田 樹,十枝 はるか,中沢 信明,李 範爽,外里 冨佐江
北関東医学   64(1) 37-42   2014年2月   [査読有り]
Preferred Pace Tapping Activates the Frontal Lobe
Shimoda, Kaori; Katsuyama, Shiori; Lee, Bumsuk; Kamegaya, Tadahiko; Kururi, Nana; Ando, Narumi; Iwai, Tomohiro; Hirano, Daisuke; Tozato, Fusae
北関東医学   62(3) 271-276   2012年8月   [査読有り]

Misc

 
経験が意図的観察時の眼球運動にもたらす影響
下田 佳央莉,土屋 謙仕,金盛 美樹,小林 拓也,菊地 千一郎,鈴木 亮二,外里 冨佐江
第48回 日本臨床神経生理学会   P2-13-04(ポスター)    2018年
対照課題における相殺の有無がfNIRS検査結果に与える影響−音声入力およびキー入力を用いた検査間の比較
菊地 千一郎,磯田 めぐ美,野村 若菜,吉澤 友菜,筒井 信貴,土屋 謙仕,下田 佳央莉,三分一 史和,西多 昌規,齋藤 陽道,中谷 壮太,森 大毅
第48回 日本臨床神経生理学会   P2-06-07(ポスター)    2018年
理学療法学専攻学生のSelf-Directed Learning Readinessの学年間比較と縦断的変化
朝倉 智之,臼田 滋,下田 佳央莉,佐藤 江奈,中澤 理恵,久留利 菜菜,山上 徹也,山路 雄彦,坂本 雅昭
第7回日本理学療法教育学会学術大会・第1回日本理学療法士学会管理部門研究会   臨床教育2、7317(口述)    2018年
GU版Reading Span Testの作成と妥当性の検討
土屋 謙仕,山谷 礼輝,下田 佳央莉,外里 冨佐江
第52回 日本作業療法学会 抄読集   PP-2G01(ポスター)    2018年
動作観察における熟練者と非熟練者における視線の差異
下田 佳央莉,山谷 礼輝,土屋 謙仕,鈴木 亮二,外里 冨佐江
第9回Human Movement研究会 抄読集   第2部 6(口述)    2018年
数息観(瞑想)がワーキングメモリ容量に与える即時効果 ―機能的近赤外線分光法を用いて―
山谷 礼輝,土屋 謙仕,滝沢 伊吹,下田 佳央莉,外里 冨佐江
第52回 日本作業療法学会 抄読集   OP-2-2(口述)    2018年
理学療法総合臨床実習前後のSelf-Directed Learning Readinessの変化と、実習成績および自己評価との関連
朝倉 智之,臼田 滋,下田 佳央莉,坂本 雅昭,山路 雄彦,山上 徹也,中澤 理恵,久留利 菜菜,佐藤 江奈
第50回 日本医学教育学会大会 抄読集   (ポスター)    2018年
作業療法士と学生の動作観察における視線の差異
下田 佳央莉,山谷 礼輝,土屋 謙仕,鈴木 亮二,外里 冨佐江
第52回 日本作業療法学会 抄読集   OR-4-3(口述)    2018年
経験がもたらす動作分析時の視線への影響
下田 佳央莉,土屋 謙仕,金盛 美樹,小林 拓也,菊地 千一郎,鈴木 亮二,外里 冨佐江
2018群馬女性研究者アセンブリー(研究者交流会)   (ポスター)    2018年
情動が認知機能に与える影響―fNIRSを用いて―
滝沢 伊吹,下田 佳央莉,土屋 謙仕,外里 冨佐江
第21回 群馬県作業療法学会   O-1(口述)    2018年
The Effects of Household Activities to Executive Function: A Functional Near-Infrared Spectroscopy Study
Tsuchiya, Kenji: Fukuyama, Ryuji: Fujita, Takaaki: Shimoda, Kaori: Tozato, Fusae
The 1st Asia-Pacific Occupational Therapy Symposium   OR1-4(ポスター)    2017年
A Comparative Evaluation of Eating Utensils in Stroke Patients
Kondo, Ken; Lee, Bumsuk; Sekine, Keisuke; Shimoda, Kaori; Tozato, Fusae
The 1st Asia-Pacific Occupational Therapy Symposium   AE1-4(ポスター)    2017年
Cancer rehabilitation outcomes evaluated by using each item of the Barthel Index
Shimoda, Kaori: Tajima, Hiroshi: Kanemaki, Hatsumi: Yamaya, Reiki: Sanjmyatav, Bulganchimeg: Tozato, Fusae
The 1st Asia-Pacific Occupational Therapy Symposium   PD1-2(ポスター)    2017年
理学療法学専攻学生のSelf-Directed Learning Readinessの学年間比較
朝倉 智之,臼田 滋,下田 佳央莉,山上 徹也
第30回 教育研究大会・教員研修会 抄読集   81(ポスター)    2017年
理学療法・作業療法学専攻学生に対するキャリア教育の効果
朝倉 智之,臼田 滋,下田 佳央莉,中澤 理恵,久留利 菜菜,池澤 麻衣子,勝山 しおり,亀ヶ谷 忠彦,李 範爽,山路 雄彦,山上 徹也,今井 忠則,十枝 はるか,坂本 雅昭,外里 冨佐江
第49回 日本医学教育学会大会 抄読集   P-34-05(ポスター)    2017年
がん患者の日常生活動作の改善に影響を与える背景因子についての検討
下田 佳央莉,山谷 礼輝,田島 弘,金巻 初弥,外里 冨佐江
第51回日本作業療法学会 抄読集   OF-2-1(口述)    2017年
入院がん患者の日常生活動作の改善度に影響を与える因子の解明
下田 佳央莉,外里 冨佐江,田島 弘,金巻 初弥,村田 直哉,櫻井 通恵,山谷 礼輝,土屋 謙仕,菊地 千一郎,山崎 恒夫,辻 哲也
第6回日本がんリハビリテーション研究会 抄読集   一般演題11 ADL・QOL・介入研究1(口述)    2017年
運動器疾患を有する高齢者におけるロコモ25の継時的変化と抑うつ感情との関連
宮脇 利幸,下田 佳央莉,熊本 圭吾,外里 冨佐江,岩谷 力
第50回日本作業療法学会 抄読集   OD-6-4(口述)    2016年
表在感覚と脳活動の関連について ―機能的近赤外分光法(fNIRS)による検討―
増田 樹,福山 竜司,下田 佳央莉,勝山 しおり,外里 冨佐江
第50回日本作業療法学会 抄読集   PP-3-4B(ポスター)    2016年
非利き手における書字の練習効果 ―近赤外分光法(fNIRS)を用いて―
勝山 しおり,福山 竜司,土屋 謙仕,下田 佳央莉,外里 冨佐江
第50回日本作業療法学会 抄読集   PP-5-1A(ポスター)    2016年
がん患者の日常生活動作におけるリハビリテーション介入の効果
下田 佳央莉,田島 弘,金巻 初弥,櫻井 通恵,村田 直哉,土屋 謙仕,外里 冨佐江,辻 哲也
第5回日本がんリハビリテーション研究会 抄読集   評価・ADL 演題8(口述)    2016年
The outcomes of cancer patients using each item of the Barthel Index after inpatient rehabilitation
Shimoda, Kaori: Tajima, Hiroshi: Kanemaki, Hatsumi: Tozato, Fusae: Tsuji, Tetsuya
The 50th Japanese Occupational Therapy Congress & Expo 抄読集   PF-2-1A(ポスター)    2016年
The impact of cancer rehabilitation on each item of the Barthel Index
Shimoda, Kaori: Tajima, Hiroshi: Kanemaki, Hatsumi: Sakurai, Michie: Murata, Naoya: Tsuchiya, Kenji: Tozato, Fusae: Tsuji, Tetsuya
The MASCC/ISOO Annual Meeting on Supportive Care in Cancer (MASCC 2016) (e-poster)   MASCC-0102(e-poster)    2016年
肺がん患者が自宅復帰に至るまでの心理的適応
下田 佳央莉,外里 冨佐江,板垣 佳苗,田島 弘,金巻 初弥,山崎 恒夫,菊地 千一郎,辻 哲也
第2回北関東信越ブロック学会・第19回群馬県作業療法学会 抄読集   演題4(口述)    2016年
運動器疾患を有する高齢者における運動機能、生活機能および抑うつ感情の因果関係の検討~共分散構造分析 (SEM) を用いて~
宮脇 利幸,熊本 圭吾,下田 佳央莉,外里 冨佐江,岩谷 力
第7回 Human Movement研究会 抄読集   演題5(口述)    2016年
がん患者の日常生活動作におけるリハビリテーション介入の効果―維持・緩和期の患者を対象とした検討―
下田 佳央莉,田島 弘,金巻 初弥,櫻井 通恵,村田 直哉,土屋 謙仕,外里 冨佐江,辻 哲也
第43回 群馬県立がんセンター院内学会 抄読集   (8) 患者支援 演題40(口述)    2016年
ウェアラブルNIRSを用いた簡便で反復計測に頑健な脳機能検査法の開発
菊地 千一郎,黒澤 幸愛,室岡 奈美,下田 佳央莉,西多 昌規,三分一 史和,外里 冨佐江
第46回日本臨床神経生理学会 抄読集   O2-3-10(口述) 416   2016年
Barthel Indexの各項目で評価した、がんリハビリテーションの効果
下田 佳央莉,田島 弘,金巻 初弥,櫻井 通恵,村田 直哉,土屋 謙仕,外里 冨佐江,辻 哲也
第7回 Human Movement研究会 抄読集   演題8(口述)    2016年
肺がん患者に対する多職種チームによる在宅復帰支援
下田 佳央莉,外里 冨佐江,山谷 礼輝,田島 弘,金巻 初弥,板垣 佳苗,松沼 晶子,渡瀬 のどか,櫻井 通恵,村田 直哉,渡邊 秀臣
第9回 日本保健医療福祉連携教育学会学術集会 抄読集   O-1-2(口述)    2016年
馴染みの曲と馴染みのない曲が脳活動に与える影響 ―fNIRSを用いて―
土屋 謙仕,下田 佳央莉,原 大地,勝山 しおり,外里 冨佐江
第49回 日本作業療法学会 抄読集   P1099c(ポスター)    2015年
特別養護老人ホームで働くスタッフの腰痛の原因 ―移乗動作介助指導後の実態調査より―
杉田 謙太郎,下田 佳央莉,中沢 弘子
第49回 日本作業療法学会 抄読集   P2684d(ポスター)    2015年
The Prefrontal Cortex Activation During the Self-Initiated Pace Task
Shimoda, Kaori: Moriguchi, Yoshiya: Mitsui, Shinichi: Yamazaki, Tsuneo: Lee, Bumsuk: Katsuyama, Shiori: Tozato, Fusae
第38回日本神経科学大会 抄読集   1P322(ポスター)    2015年
感覚遮断環境下で運動イメージが脳活動に与える影響―近赤外分光法による検討―
増田 樹,下田 佳央莉,原 大地,土屋 謙仕,外里 冨佐江
第49回 日本作業療法学会 抄読集   P2445e(ポスター)    2015年
運動器疾患を有する高齢者におけるLDFモデルの検証―SEMを用いて―
西脇 利幸,下田 佳央莉,橋本 圭吾,外里 冨佐江,岩谷 力
第49回 日本作業療法学会 抄読集   O2075(口述)    2015年
Trail Meking Test施行時の脳活動と気分や性格の関連
勝山 しおり,新井 美紀,下田 佳央莉,増田 樹,外里 冨佐江
第49回 日本作業療法学会 抄読集   P1118f(ポスター)    2015年
Preferred Slow PaceとMetronome Slow Paceで課題を行う時の前頭前 野の活動 ―機能的近赤外分光法を用いた検討―
下田 佳央莉,守口 善也,宮脇 利幸,外里 冨佐江
第49回 日本作業療法学会 抄読集   P1097a(ポスター)    2015年
Activation of the prefrontal cortex while performing a task at preferred pace and metronomically-regulated pace: A functional near-infrared spectroscopy study
Shimoda, Kaori: Moriguchi, Yoshiya: Tozato,Fusae
1st International Symposium of Gunma University Medical Innovation and 6th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering (GUMI&AMDE2014) 抄読集   P037(ポスター)    2014年
The prefrontal cortex activation during the preferred pace tapping with functional near-infrared spectroscopy (fNIRS)
Shimoda, Kaori: Katsuyama, Shiori: Tsuchiya, Kenji: Takakusagi, Eisuke: Tozato, Fusae
16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists in collaboration with the 48th Japanese Occupational Therapy Congress and Expo 抄読集   RE 3-5-2(口述)    2014年
The custom of enjoying music affects the brain activity in active listening
Katsuyama, Shiori: Hashimoto, Ai: Shimoda, Kaori: Lee, Bumsuk: Tozato, Fusae
16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists in collaboration with the 48th Japanese Occupational Therapy Congress and Expo 抄読集   PRE-21-138(ポスター)    2014年
The impact of Post Stroke Depression to the ADL of the convalescent rehabilitation ward
Tsuchiya, Kenji: Fujita, Takaaki: Satou Daisuke: Shimoda, Kaori: Tozato, Fusae
16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists in collaboration with the 48th Japanese Occupational Therapy Congress and Expo 抄読集   PPD-21-35(ポスター)    2014年
Fast PaceとMetronome Fast Paceでペグボード課題を行う時の前頭前野の活動―fNIRSを用いて―
下田 佳央莉,土屋 謙仕,勝山 しおり,北澤 一樹,増田 樹,原 大地,李 範爽,十枝 はるか,外里 冨佐江
第16回 日本ヒト脳機能マッピング学会 抄読集   P2-3(ポスター)    2014年
The prefrontal cortex activation performing a task at Preferred Slow Pace and Metronome Slow Pace: a functional near-infrared spectroscopy study
Shimoda, Kaori: Tsuchiya, Kenji: Katsuyama, Shiori: Lee, Bumsuk: Tozato, Fusae
5th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering 抄読集   P21(ポスター)    2013年
Relationship between sensory disturbance and brain activity in peg insertion test
Katsuyama, Shiori: Masuda. Tatsuki: Hara, Daichi: Shimoda, Kaori: Tsuchiya, Kenji: Toeda, Haruka: Lee, Bumsuk: Tozato, Fusae
5th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering 抄読集   P20(ポスター)    2013年
The reaction time of mental rotation influenced by the dominant eye
Tozato, Fusae: Hara, Daichi: Yamaguchi, Shunsuke: Masuda, Tatsuki: Shimoda, Kaori: Tsuchiya, Kenji: Nakazawa, Nobuaki: Toeda, Haruka: Katsuyama, Shiori: Lee, Bumsuk
5th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering 抄読集   P18(ポスター)    2013年
触圧覚の障害と大脳活動の関係
勝山 しおり,下田 佳央莉,悴田 敦子,高草木 英輔,外里 冨佐江
第47回 日本作業療法学会 抄読集   P144-Rc(ポスター)    2013年
Preferred条件とMetronome条件でペグボード課題を行う時の前頭前野の活動― 機能的近赤外分光法 (fNIRS) を用いて ―
下田 佳央莉,勝山 しおり,土屋 謙仕,外里 冨佐江
第7回 日本作業療法研究学会学術大会 抄読集   一般演題Ⅳ-2(口述)    2013年
Preferred PaceとSlow Paceでタッピングを行う時の前頭前野の活動― 機能的近赤外分光法 (fNIRS) を用いて―
下田 佳央莉,勝山 しおり,安藤 成美,高草木 英輔,外里 冨佐江
第47回 日本作業療法学会 抄読集   P207-Re(ポスター)    2013年
Mental rotation課題の反応時間と利き眼の関係
外里 冨佐江,勝山 しおり,下田 佳央莉,高草木 英輔,小池 岳大
第47回 日本作業療法学会 抄読集   P222-Rf(ポスター)    2013年
Reading Span Testと前頭葉機能の関係 ―機能的近赤外線分光装置を用いて―
勝山 しおり, 下田 佳央莉, 風間 寛子, 亀ヶ谷 忠彦, 外里 冨佐江
第46回 日本作業療法学会   P0427(ポスター)    2012年
タッピング課題時のpreferred tempoによる前頭葉の活動 ―機能的近赤外分光法 (fNIRS) を用いて―
下田 佳央莉, 外里 冨佐江, 勝山 しおり, 長谷川 明洋, 白倉 賢二
第46回 日本作業療法学会   KN3104(口述)    2012年
タッピング課題時の前頭葉の脳血流量とパーソナリティーの関係 ―機能的近赤外分光法fNIRSを用いて―
下田 佳央莉, 外里 冨佐江, 勝山 しおり, 李 範爽, 風間 寛子, 安藤 成美, 岩井 知太, 藤野 麻里, 白倉 賢二
第14回 日本ヒト脳機能マッピング学会   ポスター発表 1B, P1B-10(ポスター)    2012年
音楽習慣と音楽聴取時の脳血流の関連
勝山 しおり, 橋本 藍, 増田 樹, 原 大地, 菊池 礼奈, 安藤 成美, 下田 佳央莉, 外里 冨佐江
第6回 日本音楽医療研究会 学術集会   一般演題 第1群①(口述)    2012年
タッピング課題時の前頭葉の脳血流量とパーソナリティの関係
下田 佳央莉
第15回 群馬県作業療法学会   O-9(口述)    2012年
ストループ課題施行時の前頭葉脳血流 ―機能的近赤外分光法(fNIRS)を用いて―
外里 冨佐江, 勝山 しおり, 下田 佳央莉, 風間 寛子, 李 範爽
第46回 日本作業療法学会   P0433(ポスター)    2012年
当院における障がい者の就労状況調査
齋木 秀夫, 平石 武士, 篠原 さやか, 片野田 成昭, 篠田 浩臣, 海津 陽一, 石川 奈保, 外里 冨佐江, 山口 俊輔, 岩崎 希, 下田 佳央莉
第18回 職業リハビリテーション研究発表会   口述発表1部 第7分科会 1(口述)    2011年
音楽聴取によるリラックス効果の検討
勝山 しおり, 安藤 成美, 藤野 麻里, 岩井 知太, 下田 佳央莉, 山崎 恒夫, 外里 冨佐江
第5回 日本音楽医療研究会 学術集会   一般演題2-7(口述)    2011年
麻痺側上肢の疼痛により,精神的な落ち込みを認めた左片麻痺症例に対する介入 ―トイレ動作練習導入の効果―
下田 佳央莉
平成23年度 新人症例発表会   第4セッション(口述)    2011年

講演・口頭発表等

 
がんリハビリテーションの臨床と研究 作業療法士の立場から [招待有り]
下田 佳央莉
慶應義塾大学 多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材 (がんプロフェッショナル)」養成プラン   2018年12月14日   
Activation of the prefrontal cortex while performing a task at Preferred Slow Pace and Metronome Slow Pace: A functional near-infrared spectroscopy study
Shimoda, Kaori
Taiwan-Japan Occupational Therapy Research Symposium 2015 agenda   2015年   
指タッピング課題時のPreferred Tempoによる前頭葉の活動 ―fNIRSを用いて―
下田 佳央莉
GUNMA OPEN LAB 医療人育成推進ネットワーク研修会   2011年   
Examination of NIRS for evaluation of frontal lobe function
Shimoda, Kaori; Katsuyama, Shiori
Institute of Aged Life Redesign International Seminar 2011   2011年   

競争的資金等の研究課題

 
Mirror Neuron Systemの賦活による注意機能向上の試み
日本学術振興会: 若手研究
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 下田 佳央莉
グローバル保健人材育成を目指した理学・作業療法学生のアメリカ研修プログラム(第9回理学・作業療法学専攻アメリカ研修)
群馬大学: 平成30年度国際保健推進室プロジェクト
研究期間: 2018年11月 - 2019年3月    代表者: 下田 佳央莉
Su-soku瞑想と逐次学習の併用が認知機能に与える影響の解明
群馬大学: 平成30年度 女性研究者 共同研究促進事業A型
研究期間: 2018年7月 - 2019年2月    代表者: 下田 佳央莉
モンゴルにおけるリハビリテーションの発展を目指して ―遠隔教育の可能性を探る―
群馬大学: 平成30年度国際シンポジウム助成
研究期間: 2018年8月 - 2018年12月    代表者: 下田 佳央莉
がんリハビリテーション エビデンス&プラクティス ~外来がんリハビリテーションプログラムの開発を中心に~
群馬大学: 平成29年度 女性研究者共同研究促進事業
研究期間: 2017年12月 - 2018年3月    代表者: 下田 佳央莉
脳活動を測定してみよう!―脳の健康を保つための研究体験―
日本学術振興会: ひらめき☆ときめきサイエンス
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 三井 真一
脳保健学研究拠点形成
群馬大学: 保健学研究・教育センタープロジェクト
研究期間: 2016年12月 - 2017年3月    代表者: 三井 真一
「運動の観察と模倣学習」を応用した身体・認知機能向上への治療戦略とその基盤研究
群馬大学: 女性研究助成
研究期間: 2016年8月 - 2017年3月    代表者: 下田 佳央莉
がん患者の機能障害と日常生活動作能力におけるリハビリテーション介入の効果
群馬県立がんセンター: 平成27年度臨床研究助成 区分B
研究期間: 2013年6月 - 2015年3月    代表者: 下田 佳央莉
ペースが作業課題遂行時の脳活動に与える影響 ―機能的近赤外分光法 (functional near-infrared spectroscopy: fNIRS) を用いて―
国立大学法人群馬大学 高度人材育成センター: 若手研究者助成
研究期間: 2013年2月 - 2015年3月    代表者: 下田 佳央莉

その他

 
2016年9月   第50回 日本作業療法学会 ポスター発表座長
神経・癌・内部障害2セッション