中村 恵子

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/31 16:56
 
アバター
研究者氏名
中村 恵子
 
ナカムラ ケイコ
eメール
kein-seiryo.ac.jp
所属
新潟青陵大学
部署
看護学部 看護学科
職名
教授
学位
修士(教育学)(新潟大学), 博士(学術)(新潟大学)
その他の所属
新潟青陵大学
科研費研究者番号
10410250

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
新潟青陵大学 看護学部 看護学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
2006年3月
新潟大学 大学院 現代社会文科研究科 日本社会文化論専攻
 

論文

 
中村 恵子
クリニカルスタディ = Clinical study   38(11) 967-969   2017年10月
中村 恵子
クリニカルスタディ = Clinical study   38(10) 887-889   2017年9月
塚原 加寿子, 中村 恵子, 岩﨑 保之, 石﨑 トモイ, 大森 悦子, 佐藤 美幸, 田村 憲子, Tsukahara Kazuko, Nakamura Keiko, Iwasaki Yasuyuki, Ishizaki Tomoi, Omori Etsuko, Sato Miyuki, Tamura Noriko
新潟青陵学会誌   10(1) 9-19   2017年9月
This study aimed to elucidate the psychological process of overcoming crises by yogo teachers. On eight yogo teachers of A city who have experienced crises in the past, we conducted semi-structured interviews. As a result of analyzing the content ...
中村 恵子
クリニカルスタディ = Clinical study   38(9) 807-809   2017年8月
中村 恵子
クリニカルスタディ = Clinical study   38(8) 727-729   2017年7月
中村 恵子
クリニカルスタディ = Clinical study   38(7) 647-649   2017年6月
中村 恵子
クリニカルスタディ = Clinical study   38(5) 439-441   2017年5月
中村 恵子
クリニカルスタディ = Clinical study   38(4) 359-361   2017年4月
中村 恵子, Nakamura Keiko
新潟青陵学会誌   9(1) 21-31   2017年3月
The purpose of this study is to clarify the psychosocial process of disability acceptance of the people with development disabilities who are going to employment transfer support offices. A semi-structured interview was conducted with 8 people wit...
中村 恵子, 柄澤 清美, 中村 圭子, Nakamura Keiko, Karasawa Kiyomi, Nakamura Keiko
新潟青陵学会誌   7(3) 13-24   2015年3月
The objective of this paper is, from analyses of the listening training introduced to the first year curriculum of the nursing students, to structure knowledge, skills and attitudes for listening, and to clarify the outcomes and agendas of listeni...
柄澤 清美, 中村 恵子, 中村 圭子, Karasawa Kiyomi, Nakamura Keiko, Nakamura Keiko
新潟青陵学会誌   7(1) 11-22   2014年9月
The purpose of this paper is to clarify the effects of reading guidance that was undertaken as an organizational initiative in the first-year training to nursing students. Based on pre-guidance factor analysis on 28 items listed in a reading metho...
栗林 祐子, 中村 恵子, 塚原 加寿子, 伊豆 麻子, 大森 悦子, 佐藤 美幸, 渡辺 文美, 石﨑 トモイ, 西山 悦子, Kuribayashi Yuko, Nakamura Keiko, Tsukahara Kazuko, Izu Asako, Omori Etsuko, Sato Miyuki, Watanabe Ayami, Ishizaki Tomoi, Nishiyama Etsuko
新潟青陵学会誌   6(3) 13-24   2014年3月
This study aims to clarify differences in diagnosis and countermeasures of children with problems of mental health according to the licenses of Yogo Teachers. We carried out a questionnaire survey targeting Yogo Teachers in Niigata Prefecture and ...
中村 恵子, 塚原 加寿子, 伊豆 麻子, 岩﨑 保之, 栗林 祐子, 大森 悦子, 佐藤 美幸, 渡邉 文美, 石﨑 トモイ, Nakamura Keiko, Tsukahara Kazuko, Izu Asako, Iwasaki Yasuyuki, Kuribayashi Yuko, Omori Etsuko, Sato Miyuki, Watanabe Ayami, Ishizaki Tomoi
新潟青陵学会誌   6(3) 1-11   2014年3月
The purpose of this study is to clarify supports provided by school social workers (SSW) to elementary school and junior high school students with behavioral problems, and to evaluate outcomes resulting from the introduction of SSWs and remaining ...
中村 恵子
児童心理   67(14) 1256-1261   2013年10月
中村 恵子, 塚原 加寿子, 伊豆 麻子
日本養護教諭教育学会誌 = Journal of Japanese Association of Yogo Teacher Education   17(1) 23-32   2013年9月
石﨑 トモイ, 中村 恵子, 伊豆 麻子
日本養護教諭教育学会誌 = Journal of Japanese Association of Yogo Teacher Education   17(1) 57-66   2013年9月
伊豆 麻子, 中村 恵子, 塚原 加寿子, 佐藤 美幸, 栗林 祐子, 大森 悦子, 渡邉 文美, 石﨑 トモイ, 西山 悦子, Izu Asako, Nakamura Keiko, Tsukahara Kazuko, Sato Miyuki, Kuribayashi Yuko, Omori Etsuko, Watanabe Ayami, Ishizaki Tomoi, Nishiyama Etsuko
新潟青陵学会誌   6(1) 107-115   2013年9月
佐藤 美幸, 中村 恵子, 塚原 加寿子, 伊豆 麻子, 栗林 祐子, 大森 悦子, 渡邉 文美, 石﨑 トモイ, 西山 悦子, Sato Miyuki, Nakamura Keiko, Tsukahara Kazuko, Izu Asako, Kuribayashi Yuko, Omori Etsuko, Watanabe Ayami, Ishizaki Tomoi, Nishiyama Etsuko
新潟青陵学会誌   6(1) 71-78   2013年9月
The purpose of this paper was to clarify the current situation of the Coordination between schools and external organizations regarding children's mental health problems. We administered a questionnaire survey to all the 938 yogo teachers in Niiga...
中村 恵子, 塚原 加寿子, 伊豆 麻子, 岩﨑 保之, 栗林 祐子, 大森 悦子, 佐藤 美幸, 渡邉 文美, 石﨑 トモイ, Nakamura Keiko, Tsukahara Kazuko, Izu Asako, Iwasaki Yasuyuki, Kuribayashi Yuko, Omori Etsuko, Sato Miyuki, Watanabe Ayami, Ishizaki Tomoi
新潟青陵学会誌   6(1) 47-58   2013年9月
Schools' Coordination with applicable external organizations and professionals is necessary for children's mental health problems in an increasing number of cases, and the role of school counselors is increasingly important in Coordination. The pu...
塚原 加寿子, 中村 恵子, 伊豆 麻子, 岩﨑 保之, 栗林 祐子, 大森 悦子, 佐藤 美幸, 渡邉 文美, 石﨑 トモイ, Tsukahara Kazuko, Nakamura Keiko, Izu Asako, Iwasaki Yasuyuki, Kuribayashi Yuko, Omori Etsuko, Sato Miyuki, Watanabe Ayami, Ishizaki Tomoi
新潟青陵学会誌   6(1) 59-69   2013年9月
In order to resolve children's problematic behaviors, it is repeatedly addressed through various suggestions and information that it is important for schools to provide guidance to students and for schools and relating organizations to coordinate....
伊豆 麻子, 中村 恵子, 塚原 加寿子
新潟青陵学会誌   6(1) 107-115   2013年9月
中村 恵子, 塚原 加寿子, 伊豆 麻子, 栗林 祐子, 大森 悦子, 佐藤 美幸, 渡邉 文美, 石﨑 トモイ, 西山 悦子, Keiko Nakamura, Kazuko Tsukahara, Asako Izu, Yuko Kuribayashi, Etsuko Omori, Miyuki Sato, Ayami Watanabe, Tomoi Ishizaki, Etsuko Nishiyama
新潟青陵学会誌   5(3) 1-9   2013年3月
The purpose of this study is to clarify how experienced yogo teachers interpret signs of children with mental health problems and how they provide protective care diagnosis andcountermeasures. Interviews about support for children with mental heal...
中村 恵子
新潟青陵学会誌   4(3) 55-63   2012年3月
The objective of this study was to clarify the factors affecting academic ability and views of learning in arithmetic and math lessons. Question items were compiled on the basis of the results of interviews with university students and between Jul...
中村 恵子, 河内 浩美, 小林 正子, 丸山 公男, 平川 毅彦, Nakamura Keiko, Kawauchi Hiromi, Kobayashi Masako, Maruyama Kimio, Hirakawa Takehiko
新潟青陵学会誌   4(1) 35-44   2011年9月
In mental friend activities at this university, students interested in child welfare provide support,as mental friends, to local children in hospitals, schools and welfare facilities. The aim of thisstudy is to discover the effects of mental frien...
中村 恵子, Nakamura Keiko
新潟青陵学会誌   3(1) 43-51   2010年9月
In the present study, I clarified factors influencing consideration of learning of arithmetic and mathematics at elementary, junior and senior high schools and considered the ideal method for teaching arithmetic and mathematics. Interview surveys ...
河内 浩美, 中村 恵子, 小林 正子, 丸山 公男, 平川 毅彦, Kawauchi Hiromi, Nakamura Keiko, Kobayashi Masako, Maruyama Kimio, Hirakawa Takehiko
新潟青陵学会誌   3(1) 53-61   2010年9月
 The present study aimed to elucidate the subjective experiences of mental friends (MFs) in MF activities conducted as part of the "Development of Community Welfare Through Mental Friend Activities", a Support Program for Contemporary Educational ...
石? トモイ, 中村 恵子, 伊豆 麻子, 栗林 祐子, 大森 悦子, 佐藤 美幸, 西山 悦子, Ishizaki Tomoi, Nakamura Keiko, Izu Asako, Kuribayashi Yuko, Omori Etsuko, Satou Miyuki, Nishiyama Etsuko
新潟青陵学会誌   3(1) 63-72   2010年9月
中村 恵子, 石崎 トモイ, 伊豆 麻子[他]
新潟青陵学会誌   1(1) 31-39   2009年3月
本研究は、学校保健関連の主要な学会誌3誌(学校保健研究、日本養護教諭教育学会誌、日本健康相談活動学会誌)に掲載された質的研究論文を対象として、「研究の質」の分析を行うものである。養護教諭における質的研究の実践上の問題点を明らかにし、研究のあり方について考察することを目的とした。対象となる論文において、18項目のチェック項目について記載があるかどうか分析し、分析結果を一覧表にして比較検討を行った。「目的」や「対象」、「方法」、「手順」など研究の柱となる項目については、よく記述がされていた。研...
中村 恵子
日本デューイ学会紀要   (48) 141-149   2007年10月
中村 恵子
新潟青陵大学紀要   7 167-176   2007年3月
構成主義の考えは、現在、教育の文献に浸透している。構成主義は、学習理論、教授技術、一般的な教育学のアプローチを特徴づけるために用いられる。構成主義は、知識はいつも人が構成するものであることを意味する。構成主義は、生徒による積極的な参加を促進する必要性を強調するものである。構成主義の2つの主要なタイプ-心理学的構成主義と社会的構成主義-には、重要な教育的な意味がある。心理学的構成主義は、個人の学習に焦点を合わせる。「分析の単位」は、個々の知る人である。しかしながら、社会的構成主義にとって、正...
中村 恵子
現代社会文化研究   34 37-54   2005年12月
A "Period for Integrated Study" was set up by the revision of the Japanese National Curriculum Standard in 1998, and the curriculum organizations and practices of Integrated Study are performed at each school. However, Integrated Study has been co...
中村 恵子, 佐藤 茂幸
創造的な知性を培う   1 57-70   2005年1月
子どもは環境と主体的にかかわって遊ぶ中で、事象の性質や仕組みを理解し、自らの世界を広げていく。本研究では、子どもらしい学びを具現するために、幼稚園と小学校の学校文化の違いによる段差を埋める中間ステップとして「幼・小接続期」を設け、発達段階をふまえた総合的に学ぶカリキュラムの編成を試みた。まず、科学教育推進の幼小中連携カリキュラムにかかわる研究開発の立場から幼稚園年長児11月から小学校1年生7月までの期間、「幼・小接続期『かがく』」を設けることとした。幼・小接続期「かがく」においては、科学に...
中村 恵子
現代社会文化研究   31 211-225   2004年11月
Teachers' beliefs influence their perceptions and judgments, which affect their behavior in the classroom (M. Frank Pajares, 1992). One of the concepts of learning (beliefs) is constructivism. Jonassen (1991) distinguishes between the assumptions ...
中村 恵子
日本デューイ学会紀要   (43) 173-179   2002年6月
中村 恵子
現代社会文化研究   21 283-297   2001年8月
The idea of "constructivism" now pervades the educational literature. Constructivism implies that knowledge is always knowledge that a person constructs. It stresses the need to encourage greater participation by students in their appropriation of...
中村 恵子
日本デューイ学会紀要   (42) 162-168   2001年6月

書籍等出版物

 
地域資源を活かした発達障害のある子どもへの支援ー療育・保育・教育の視点からー
中村 恵子
ウェストン   2017年   ISBN:9784990697846
子どもの抱える問題への支援と連携
岩崎 保之, 中村 恵子
ウェストン   2014年   ISBN:9784990697822
中村 恵子, 石崎 トモイ
ウエストン   2014年   ISBN:9784990697815
中野 啓明, 伊藤 敦美, 岩崎 保之, 中村 恵子, 齋藤 勉
考古堂書店   2007年   ISBN:9784874996744

担当経験のある科目