Nakamura Keiko

J-GLOBAL         Last updated: Jul 20, 2018 at 02:58
 
Avatar
Name
Nakamura Keiko
E-mail
knakamuran-seiryo.ac.jp
Affiliation
Niigata Seiryo University
Section
Faculty of Nursing, Department of Nursing
Research funding number
20410251

Research Areas

 
 

Published Papers

 
看護学生の初年次教育におけるロールプレイングを用いた話の聴き方指導の成果と課題
中村 恵子, 柄澤 清美, 中村 圭子
新潟青陵学会誌   7(3) 13-24   Mar 2015
本論文の目的は、看護学生対象の初年次教育に導入した話の聴き方の指導の分析から、話を聴くことに関する知識やスキル、態度について構造化を図り、ロールプレイングを用いた話の聴き方の指導の成果と課題を明らかにすることである。指導前の話の聴き方チェックシートの項目を因子分析し、共分散構造モデルを作成した。その結果、「無反論・無批判」→「聴くスキル」→「傾聴・態度」→「確認・解釈」→「問題の見極め」という順に有意に影響していた。指導後にはそれぞれの下位尺度得点が有意に高くなっていた。また、授業後の感想...
看護学生の初年次教育におけるリーディング指導の効果
柄澤 清美, 中村 恵子, 中村 圭子
新潟青陵学会誌   7(1) 11-22   Sep 2014
本論文の目的は、看護学生対象の初年次教育として組織的な取り組みで実施した「リーディング指導」の効果を明らかにすることである。指導前の「文章の読み方チェックシート」の28項目を因子分析した結果、「深く読む」「大局に立って読む」「構造を意識して読む」「手順を踏んで読む」「創造的に読む」の5因子が抽出され、指導後すべての因子の下位尺度得点が有意に向上した。また、学生の「ためになったこと」の記述から14のカテゴリーが抽出され、それらは5因子に対応した。さらに、学生の「役立ったこと」を分析した結果、...
久保田 美雪, 中村 圭子, 柄澤 清美
新潟青陵学会誌   5(1) 11-21   Sep 2012
本研究の目的は、看護業務シミュレーション演習で下級生が模擬患者を担う妥当性と意義を検討することである。演習後に、模擬患者になった3年生13人、看護師役になった4年生41人に質問紙調査を行った。その結果、3年生にとって模擬患者体験は、「看護マネジメント」「患者対応」について気づき、「自己の振り返り」を行う学習機会になっていた。また、シナリオに基づき患者を演じ、看護師役に「マナー」「看護技術の安全性・安楽性」という観点からフィードバックでき、4年生の学習を助けていた。このことより、下級生が模擬...
障害者とボランティア活動に対する学生の意識変化 ボランティア参加者の調査結果から
李 在檍, 中村 圭子, 栄長 敬子
新潟青陵学会誌   3(2) 25-30   Mar 2011
ボランティア活動に参加した学生の障害者に対するイメージの変化を明らかにすることを目的に、全国障害者スポーツ大会にボランティアとして参加した大学生133名へアンケート調査を行った。その結果、7割以上の学生が過去にボランティア活動への参加経験があり、障害者に対する意識は、障害者との関わり経験の有無を問わず、ポジティブな方向に、あるいは障害がない人と変わらないという認識に変化していることが分かった。
緩和ケアに関わる一般病棟看護師の心身の負担度とその要因
中村 悦子, 中村 圭子, 清水 理恵
新潟青陵学会誌   3(1) 1-9   Sep 2010
8施設の一般病棟の看護師を対象に、緩和ケアを受ける患者・家族、医師との関わりを中心に心身の負担度とその影響要因について質問紙調査を行った。心身の負担度は、「悩み」「辛さ」「逃避」「無力」「不眠」「疲労」「イライラ」とし、5段階で評価した。心身の負担度は、全体では「一日の仕事を終え疲労を感じる」「患者とどのように関わっていいのか悩む」が高かった。若い年代ほど負担度が高い傾向にあった。心身の負担度に影響する因子は、ロジスティック回帰分析より3つの尺度の影響因子が抽出された。「職場環境」「患者と...
Hidetaka Hasegawa, Keiko Nakamura, Aiko Igarasi
Journal of Niigata Seiryo academic society   1(1) 101-112   Mar 2009
The purpose of this study was to investigate with questionnaire the number of workingcertified nurses (CNs) and needs for clinical training at 401 health care facilities (hospitals,clinics, geriatric health service facilities) in Niigata Prefectur...
Keiko Nakamura, Yoshiko Arai, Kiyomi Karasawa
Bulletin of Niigata Seiryo University   7(7) 187-197   Mar 2007
This paper analyzes the records of clinical practice of Geriatric Nursing and incidentsencountered during such practice, and examines the failures and the factors causing such failures.The failures are identified at each stage of assessment and cl...
Kiyomi.Karasawa, Keiko.Nakamura, Yoshiko Arai
Bulletin of Niigata Seiryo University   7(7) 199-209   Mar 2007
This paper examines the formative assessment for the individual practice guidance.The information employed by three teachers for assessment and their ways to relate thoseinformation with assessment are compared and analyzed here.As the result, the...
Nashimoto Mitsue, Nakamura Keiko, Igarashi Hiroshi, Tanabe Yosuke, Saitou Masako, Maruyama Keiko, Shintani Keiko, Oyamatsu Yoshiyasu, Miura Youko
Niigata journal of health and welfare   6(1) 96-100   Dec 2006
This study aimed to examine the state of emotional quotient (EQ) of nursing vocational school students and their differences among school years, and to define the potential factors related such differences. The study sample included 385 students f...
Kiyomi Karasawa, Keiko Nakamura, Kiyoko Yanagihara
Bulletin of Niigata Seiryo University   5(5) 141-163   Mar 2005
This paper focuses on the procedures at the conference for clinical practice in geriatric nursing. This indicates theprocess by which we can explore the meaning of students' experiences in nursing.As a result, what the teachers have carried out as...