Maruyama Kimio

J-GLOBAL         Last updated: Jul 20, 2018 at 02:58
 
Avatar
Name
Maruyama Kimio
E-mail
k-maruyaman-seiryo.ac.jp
Affiliation
Niigata Seiryo University
Section
Faculty of Social Welfare and Psychology, Department of Social Welfare
Research funding number
30440465

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Prenatal and Postnatal Methylmercury Exposure in Niigata, Japan: Four Cases Descriptive Study
Kimio Maruyama, Hisashi Saito and Naoji Hagino
Journal of Clinical Case Reports      2015   [Refereed]
Sensory Disturbance as a Characteristic Symptoms of Methylmercury Poisoning in Niigata, Japan
Hisashi Saito, Kimio Maruyama and Naoji Hagino
Journal of Environmental Science and Engineering A 4      2015   [Refereed][Invited]
Maruyama Kimio
新潟医学会雑誌   127(11) 620-627   Nov 2013   [Refereed]
【背景】メチル水銀に起因する大規模な中毒症は日本(1950年代の水俣と1960年代の新潟)とイラク(1970年代)に発生した. WHOはイラクと新潟の調査をもとに毛髪水銀値50μg/g未満の曝露では神経学的傷害のリスクは低いという見解を示した. 一方, 著者らは毛髪水銀濃度が50μg/g未満でも神経学的徴候を生じる可能性があることをすでに指摘したが, その中に多くの水俣病認定患者が含まれていることにも着目した. そして, WHOの見解に統計学的検証を加えることを目的として, 1965年6月...
Kimio Maruyama, Takashi Yorifuji, Toshihide Tsuda, Tomoko Sekikawa
Journal of Biomedicine and Biotechnology   2012(7) 1-7   Jul 2012   [Refereed]

Misc

 
丸山 公男
Japanese journal of psychiatric rehabilitation   11(2) 170-173   Nov 2007
家族全員が統合失調症に罹患しているという不利な家族状況にあって、13年間の入院の後、援護寮に入所しデイケア通所を続け、その後アパートで一人暮らしを始めた統合失調症患者(34歳男性)について報告した。本事例を通じ、長期入院から一人暮らしへの家庭を支える要因について検討し、医師-患者関係を中心とした治療経過についてリカバリーの考え方に触れ考察した。そこで、援助する上でまず重要なのは、リカバリーの希望の段階に向けていかにエンパワーしていくかということであることが示唆された。リハビリテーションシス...
【いわゆる非定型精神病の経過と転帰】 挿話性緊張病
大橋 正和, 丸山 公男
精神科治療学   15(6) 593-600   Jun 2000
細貝 菜穂子, 濁川 和彦, 柳 義子, 斉藤 朋奈, 丸山 公男
病院・地域精神医学 = The Japanese journal of hospital and community psychiatry   42(3) 264-265   Sep 1999
既報症例のその後 挿話性緊張病の経過
大橋 正和, 丸山 公男
精神科治療学   14(4) 447-451   Apr 1999
10年以上経過観察した挿話性緊張病の2症例(初診時34歳男,23歳女)を報告した.2症例の長期経過観察から,挿話性緊張病は,以前著者等が仮定したように,躁うつ病(DSM-IVでは気分障害)に属する疾患の可能性が高いと考えられた
濁川 和彦, 細貝 菜穂子, 斉藤 朋奈, 柳 義子, 丸山 公男
病院・地域精神医学 = The Japanese journal of hospital and community psychiatry   42(1) 38-39   Mar 1999

Conference Activities & Talks

 
The administrative cover-up of Minamata disease patients; The denial of methylmercury poisoning cases by the Japanese government in courts.
Naoji Hagino, Hisashi Saito, Kimio Maruyama
The 13th International Conference on Mercury as a Global Pollutant   16 Jul 2017   
Sensory disturbances as a chracteristic symptome of the methylmercury poisoning in Niigata、Japan
Hisashi Saito, Kimio Maruyama and Naoji Hagino
The 12th International Conference on Mercury as a Global Pollutant   15 Jun 2015   
Methyl Mercury Exposure at Niigata, Japan: Results of Neurological Examinations of 103 Adults
Hiroto Nakadaira, Kimio Maruyama, Takashi Yorifuji, Toshihide Tsuda, Tomoko Sekikawa, Hisashi Saito
International conference on Mercury as a Global Pollutant Edinburgh, Scotland 28th   1 Aug 2013